Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2024/01/19
Update

【ネタバレ】ゴールデンカムイ|あらすじ感想と結末の評価解説。山﨑賢人が実写で描くアイヌ文化と金塊争奪戦の始まり

  • Writer :
  • 糸魚川悟

北海道を舞台に描かれる究極の金塊争奪戦!!

2014年から2022年まで『週刊ヤングジャンプ』にて連載され、過激でコミカルな作風ながらアイヌ文化への造詣の深さが話題となり、当時の官房長官が記者会見で言及するほどとなった異色の漫画『ゴールデンカムイ』。

金塊を奪い合う壮絶な戦いと、北海道を舞台とした広大な自然の地を生き抜くサバイバルを両立させた『ゴールデンカムイ』は、累計発行部数が2700万部を越える人気となりました。

連続アニメ化も果たした本作は、2024年についに実写映像化。

今回は山崎賢人主演で実写映画化された『ゴールデンカムイ』を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『ゴールデンカムイ』の作品情報


(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

【公開】
2024年(日本映画)

【原作】
野田サトル

【監督】
久保茂昭

【脚本】
黒岩勉

【キャスト】
山﨑賢人、山田杏奈、眞栄田郷敦、矢本悠馬、工藤阿須加、柳俊太郎、大谷亮平、勝矢、木場勝己、大方斐紗子、マキタスポーツ、秋辺デボ、玉木宏、舘ひろし、高畑充希、泉澤祐希、島津健太郎

【作品概要】
2022年に完結した野田サトルの大ヒット漫画『ゴールデンカムイ』を、数多くのミュージックビデオや「HiGH&LOW」シリーズを手掛けた久保茂昭が実写映画化。

大ヒット実写映画「キングダム」シリーズで主演を務めた山﨑賢人が主人公の杉元佐一を演じ、『ミスミソウ』(2018)の山田杏奈がヒロインのアシㇼパを演じました。

映画『ゴールデンカムイ』のあらすじとネタバレ


(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

1905年、日露戦争最大の激戦地「203高地」に派兵された杉元佐一は、銃で撃たれようと銃剣で刺されようと怯むことなく奮戦し、その鬼神の如き強さから「不死身の杉元」と呼ばれました。

2年後、気に入らない上司を半殺しにしたために軍を除隊した杉元は、砂金での一攫千金を狙い北海道を訪れていましたが、道内の砂金はすでに採り尽くされ、納得のいく成果を得られてはいませんでした。

川で酔っ払いの後藤竹千代と出会った杉元は、後藤からある儲け話について聞かされます。

5年前、自分たちの土地を奪った和人への復讐を考えるアイヌが資金源として密かに20貫(現代の価値で8億円)もの金塊を貯めていましたが、ある男がアイヌを皆殺しにしその金塊を強奪。

その男は金塊の在処を語らぬまま網走監獄に収監され、脱獄を阻止するために足の腱を切断されます。獄中生活の中、男は刑務所外の仲間に金塊の在処を伝えるべく、刑務所内の24人の囚人の体に暗号を「刺青」として彫り、囚人たちの護送の最中に脱獄させたのでした。

金塊の噂を聞いた杉元は、酔っ払いの与太話だと聞き流していましたが、素面に戻った後藤が杉元を口封じのために殺害しようとしたことで、噂が真実ではと信じ始めます。

杉元の気迫に押され逃走した後藤はヒグマによって殺され、彼を追いかけた杉元もまたヒグマに襲われます。しかし突如として現れたアイヌの少女・アシㇼパによってヒグマは仕留められました。

アシㇼパは後藤を襲ったヒグマは冬眠できずに凶暴化した別の個体だと話し、二人は再度ヒグマとの対峙を余儀なくされます。

白い狼・レタラの助けもありヒグマを狩ることに成功した二人。また杉元から金塊の噂を聞いたアシㇼパは、噂に登場する「殺害されたアイヌたち」の一人が自身のアチャ(父親)であることから、真相の解明と復讐のために杉元に同行することを決めました。

後藤の遺体に彫られていた例の刺青の文様から、刺青は「皮膚ごと切り取り利用することを前提にした暗号」であると理解した2人は、後藤の遺体から刺青人皮を切り取りました。

脱獄囚を見つけるため「北のウォール街」と呼ばれる小樽を訪れた二人は聞き込みの後に、自分たちを尾行する笹原と白石を捕らえます。

笹原・白石がともに「刺青囚人」だと知った杉元は二人を殺害し刺青人皮を剥ごうとしますが、アシㇼパとの「人を殺さない」という約束から思いとどまり、絵の上手なアシㇼパに刺青を模写してもらいます。

しかし、模写の最中に笹原が狙撃によって射殺され、杉元はアシㇼパと白石を逃がしながら狙撃犯と距離を詰めて対峙します。

狙撃犯は陸軍第七師団所属の尾形百之助であり、対峙した杉元に金塊探しから手を引くように忠告しますが、尾形は対峙した相手が「不死身の杉元」であることを察し、襲いかかります。

近接戦闘に優れる杉元は尾形を崖下へと投げ飛ばしその場を制しますが、杉元とアシㇼパの元から逃げようとする白石を追ううちに、杉元は白石とともに川へ転落。

真冬の川に浸かった二人は凍死寸前となり、白石は「自分を見逃すこと」を条件に胃の中に隠していた銃弾を吐き出します。杉元は銃弾の火薬を使って火を起こし、二人は助かります。

アシㇼパも合流し服を乾かした白石を見送った二人。一方で第七師団の鶴見中尉は瀕死となった尾形を保護し、「不死身の杉元」の存在を知ります。

その後、杉元とアシㇼパは第七師団の追っ手に追われることに。二手に分かれると、杉元はヒグマの巣穴に潜り込み、ヒグマを利用して追っ手を全滅させ、アシㇼパもレタラの助けによって追っ手の一人・谷垣を退けます。

アシㇼパの誘いでアイヌの村を訪れた杉元は、アシㇼパの家族と触れ合うと同時に自身がアシㇼパを危険な戦いに引き込んだことを痛感。その日の夜、寝静まるアシㇼパを見届けた杉元は独り静かに村を去ることにしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ゴールデンカムイ』のネタバレ・結末の記載がございます。映画『ゴールデンカムイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

小樽の街をぶらつく白石は、同じく刺青囚人で監獄では顔見知りだった牛山と遭遇し、不穏な空気から牛山の元から逃げ出します。その逃走劇は第七師団をも巻き込む騒動となり、金塊を狙い刺青囚人を狙う第七師団は牛山と対峙することに。

「ある人物」の後ろ盾を持つ牛山は、手投げ弾を持つ部下に第七師団と対峙させます。街中で小規模な戦闘が巻き起こる中、騒ぎを聞きつけた鶴見が駆けつけます。

鶴見は牛山とその部下たちが起こした戦闘が「陽動」であると察すると、戦闘の起きた場所とは反対側にある銀行を訪れ、奥の金庫が地下から爆破されていることに気づきます。

金庫には金の他に、絵画・刀剣といった文化資産が保管されており、その一つである名刀「和泉守兼定」が盗まれたと知った鶴見は、函館戦争で死亡したはずの「新選組」副長・土方歳三こそがこの騒動の主犯だと確信します。

土方歳三は網走監獄からの護送中に囚人たちを脱獄させた張本人であり、牛山たちと手を組み金塊を狙っていました。

騒動によって街の警戒が強まる中、一人で情報収集をしていた杉元は第七師団の二階堂浩平・洋平の双子に発見され、第七師団に捕縛されてしまいます。

第七師団の兵舎に移送された杉元は、鶴見と接見。鶴見は日露戦争で負傷し仲間を失いながらも、帰った国で不遇の扱いを受ける帰還兵の惨状を救うべく、金塊を手にして北海道でケシ(アヘンの原料)の大規模生産を行い、その資金に基づく軍事政権の樹立を計画していました。

鶴見の野望を一笑に伏した杉元は倉庫に監禁されると、手に入れた刺青人皮の隠し場所を聞き出そうとする浩平・洋平から拷問を受けます。二人の隙を突き反撃を試みた杉元でしたが、あと一歩のところで駆け付けた兵士たちに制止され、脱走は失敗してしまいました。

杉元の後を追い小樽を訪れたアシㇼパは白石を発見し、金塊を手に入れた暁には白石にも分け前を与えることを条件に、「脱獄王」と呼ばれた白石に兵舎への潜入を依頼。

全身の関節を外し、体に油を塗ることで狭い鉄格子を潜り抜けた白石は杉元の拘束を解き、杉元は彼の挑発に憤慨し殺害するために倉庫に入ってきた洋平に襲いかかります。

騒動を聞き駆けつけた鶴見は、倉庫内で死亡した洋平と銃剣によって内臓が飛び出した杉元を目にします。杉元は「刺青人皮の在処を話す代わりに病院に連れて行ってほしい」と頼むと、鶴見は部下に彼の病院への搬送を命じました。

杉元が運ばれていった後も倉庫内に残った鶴見は、洋平の遺体に違和感を覚えます。そして杉元の体から飛び出していたように見えた内臓が、実はカモフラージュのために遺体から抜き取った洋平の物であると気づきます。

杉元は搬送の最中に兵士たちを倒すと、駆けつけたアシㇼパとともに事実に気づき追ってきた浩平と鶴見を撃退、脱走に成功しました。

一方その頃、兵舎に隠れていた白石が兵舎に火を放ったことで、舎内は混乱の渦中となっていました。炎上する兵舎に戻った鶴見は、杉元たちを土方歳三一味と同じほどの脅威だと認識した上で、杉元一味にこれからも刺青人皮を探させ、それを最後には総取りすることを決めます。

また部下たちは、第七師団が入手していた刺青人皮を火事によって失ったことを悔やみますが、その刺青人皮は鶴見が着ていました。

雪の中に隠していた刺青人皮を掘り起こし回収した杉元をアシㇼパは殴りつけ、「父親の復讐をすると決めた段階から、危険は承知の上だ」と自分を置いていった杉元を責めます。

杉元は203高地で自分をかばって戦死した親友・寅次の妻であり、自身の幼馴染でもある梅子の目の病気を治すために大金が必要であることをアシㇼパに明かします。

アシㇼパは父親の死の真相を探るため、杉元は親友との約束を果たすため、二人は金塊を手にすることを決心しました。

杉元とアシㇼパの食事の最中、兵舎を燃やし脱出した白石も合流。一方、土方の元に身を寄せる牛山は、土方の武器弾薬の供給源が元新選組の二番隊組長・永倉新八であると知り、高々20貫の金塊で幕末の夢を見ていると嘲笑します。

しかし土方は、アイヌたちが集めた金塊は実は20000貫(現代の価値で8000億円)だと訂正します。そして、その情報は鶴見も把握していると知った上で、「まもなく北海道は戦場になる」と告げました。

映画『ゴールデンカムイ』の感想と評価


(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

「アイヌ文化を知れる作品」も原作に忠実

日本列島北部周辺、とりわけ北海道の先住民族であるアイヌ民族。

狩猟や採集を主として生活し、自然界のすべての物に魂が宿るとされる「精神文化」など、独特の風習を持つアイヌの文化は、知ろうとしなければなかなか知る機会の少ないものでした。

そんな中、映画の原作にあたる漫画『ゴールデンカムイ』は、北海道アイヌ協会の理事長を務めた加藤忠氏が太鼓判を押すほどに、アイヌの文化が正確に描かれており、アイヌ文化の継承と周知に大きく貢献しました。

実写映画化となる本作でも、原作での丁寧なアイヌ文化の描写を引き継いだ実写映画化となっており、アイヌの言葉を分かりやすく説明しつつ、自然を狩り生きるということがどういうことかを見せてくれる作品となっていました。

曲者揃いの金塊争奪戦を彩る俳優たち


(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

『ゴールデンカムイ』の人気はアイヌ文化の正確な描写や、先の気になる金塊争奪戦の行方ももちろんですが、個性のありすぎるそれぞれのキャラクターの魅力によって生まれたものでもあります。

「実写映画化」では原作の登場人物の高い再現性が求められ、その再現性の高さが作品の前評判や作品そのものの評価につながることもあり、「実写映画化」における重要な要素ともなります。

映画『ゴールデンカムイ』では、テルマエ・ロマエ』(2012)などに出演した勝矢演じる牛山や、大御所俳優・舘ひろし演じる土方歳三のビジュアルが話題になるなど、再現性の面でも大きく話題となっていました。

中でも、実写映画化にあたって原作者から直々の指名を受けたとされる玉木宏演じる鶴見中尉のビジュアルは凄まじく、公開前から原作ファンたちの心を鷲掴みにしていました。

前頭葉を砲弾によって傷つけられたことでの異貌はもちろん、高いカリスマ性と異常性、計算高さもあわせもちながらも直情的にも動ける鶴見を演じきった玉木宏は「実写映画化」という点において、本作の評価を高めた俳優といえます。

まとめ


(C)野田サトル/集英社(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

北海道の広大な自然と、迫力満載の戦いを堪能できる映画『ゴールデンカムイ』。

本作は原作における旅の始まり部分を映像化しており、この後金塊争奪戦は戦火を拡大しつつ過激さを増して続いていくこととなります。

原作へのリスペクトを忘れず、原作への興味も生ませてくれる「実写映画化」というジャンルのあるべき姿として、原作ファンにも原作未読の人にもオススメしたい作品です。



関連記事

アクション映画

『アイアンマン』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。スーツ誕生編となる1作目は“アベンジャーズ/エンドゲーム”までの入門編!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)第1弾 マーベル・コミックの人気キャラクターをアイアンマン主演で実写映画化した痛快SFアクション『アイアンマン』。 軍需産業の経営者であり発明家のトニー・ …

アクション映画

映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

妻を奪った悪魔を狩る!ニコラス・ケイジ、ジョルジ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス、ヨハン・ヨハンソンがチームを組み、全く予想できない世界を作り上げました。 理不尽な地獄の中でただひたすら“赤 …

アクション映画

【ネタバレ】パーフェクト・ドライバー|結末の感想考察とあらすじ評価。韓国映画ならではのカーアクションとパク・ソダム演じる運転手のテクニックに注目!

凄腕ドライバー、パク・ソダムが韓国の街を駆け抜ける! 『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』は、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』で半地下の家族の長女役を演じたパク・ソダムが、 …

アクション映画

忍びの国大野智アクションは本人?スタントマン?演技評価や感想も

“和田竜(原作・脚本)× 大野智(主演)× 中村義洋(監督)”誰も見たことがない戦国エンターテインメント作品『忍びの国』。 今回はアイドルグループ嵐のリーダー大野智を中心に話題の『忍びの国』をご紹介し …

アクション映画

映画『テネットTENET』あらすじ感想と考察評価。クリストファーノーラン新作おすすめの見どころ解説

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)全国ロードショーされます。 “ダークナイト3部作”「インセプション」「インターステラー」「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督の3年ぶりの …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学