Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2020/09/21
Update

【映画プレゼント応募】劇場公開パンフレット『ファンファーレが鳴り響く』を3名様に!上映は10月17日より

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『ファンファーレが鳴り響く』は2020年10月17日(土)より全国公開。

2020年9月18日(金)から開催されている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」の特別招待作品『ファンファーレが鳴り響く』。

映画『ファンファーレが鳴り響く』は、2020年10月17日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに、横浜シネマジャック&ベティ(神奈川)、名古屋シネマスコーレ(愛知)、第七藝術劇場(大阪)などで公開されます。

劇場公開を記念して、本作『ファンファーレが鳴り響く』のパンフレットを3名様にプレゼントいたします。

スポンサーリンク

映画『ファンファーレが鳴り響く』とは?

(C)「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

映画『ファンファーレが鳴り響く』は、吃音症によりいじめを受ける高校生・神戸明彦(笠松将)が、殺人欲求を抱えたクラスメイト・七尾光莉(祷キララ)とともに、殺人を犯しながら逃亡するスプラッター青春群像劇です。

『されど青春の端くれ』で2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019にてグランプリ&シネガーアワード(批評家賞)の二冠を受賞した森田和樹監督の待望の最新作となります。商業作品デビューとなる森田監督の人生を投影する作品となりました。

主演は『デイアンドナイト』、『ラ』、『花と雨』などの話題作に次々と出演する笠松将、ヒロインに『左様なら』『アイネクライネナハトムジーク』『楽園』など、存在感のある役柄を演じることに定評がある祷キララ

その他、川瀬陽太、黒沢あすか、大西信満、日高七海、上西雄大、木下ほうかなど、日本映画を支えてきた役者たちが脇を固めます。

主題歌は、話題のシンガーソングライターのsachi.が完全書き下ろしで新曲『美しい人生』を発表しました。

映画『ファンファーレが鳴り響く』の作品情報


(C)「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
森田和樹

【主題歌】
sachi.『美しい人生』

【キャスト】
笠松将、祷キララ、黒沢あすか、川瀬陽太、日高七海、上西雄大、大西信満、木下ほうか

スポンサーリンク

映画『ファンファーレが鳴り響く』のあらすじ

(C)「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会
高校生の明彦(笠松将)は、鬱屈した日々を過ごしていました。

持病の吃音症が原因でクラスメイトからイジメられ、家族にその悩みを打ち明けられないどころか、厳格な父親(川瀬陽太)からは厳しく叱咤され、母親(黒沢あすか)からは憐れんで過度な心配をされ、脳内で空想の神を殺しなんとか自身を保っている状態。

そんなある日、明彦はクラスメイトの才色兼備な女子生徒・光莉(祷キララ)が野良猫を殺している現場に偶然居合わせてしまいます。

光莉は、生理の時に見た自分の血に興味を駆られ、他者の血を見たい欲求を持っていたんです。

光莉は「イジメてくる奴らを殺したいと思わない?」と明彦に問いかけます。

その日から明彦の中で、何かが変わりました。

明彦は、自身が学校でイジメられていることをホームルーム中に訴えます。

そのせいで明彦はさらにイジメグループから追い回されることになり、街中逃げ回りますが、ついに追いつめられてしまいました。

しかしそこで、光莉がまた野良猫を殺していたんです。

そしてそのナイフで、光莉はなんと明彦をイジメている同級生を殺してしまい…。

二人はその現実から逃げるように都会へと向かいます。

その最中に出会う、汚い大人たちをさらに殺していき、二人の血に塗れた逃亡劇は確実に悲劇に向かっていくのでした…。

映画『ファンファーレが鳴り響く』のパンフレットプレゼント

(C)「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会
 
映画『ファンファーレが鳴り響く』の公開を記念して、劇場用パンフレットを3名様にプレゼントいたします。

パンフレットプレゼントの応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2020年10月19日(月)PM23:59まで

【当選者数】
3名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

(C)「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

映画『ファンファーレが鳴り響く』は2020年10月17日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに、横浜シネマジャック&ベティ(神奈川)、名古屋シネマスコーレ(愛知)、第七藝術劇場(大阪)などで全国順次ロードショー

公開を記念して、劇場用パンフレットをCinemarcheの読者3名さまにプレゼント。ご応募締め切りは2020年10月19日(月)となっております。

ぜひ奮ってご応募ください。



関連記事

プレゼント応募

劇場鑑賞券プレゼント【ミューズは溺れない】映画チケットを抽選で5組10名様に《テアトル新宿9/30~10/6、シネ・リーブル梅田10/14・15》

映画『ミューズは溺れない』の劇場鑑賞券を5組10名様にプレゼント インディーズ映画界の登竜門とされる第22回TAMA NEW WAVEと第15回田辺・弁慶映画祭の双方でグランプリに輝いた青春映画『ミュ …

プレゼント応募

《映画チケットプレゼント》ミニシアター【京都みなみ会館】から『凱里ブルース』無料招待券を抽選5名様に!

『凱里ブルース』京都みなみ会館限定の劇場鑑賞券5名様にプレゼント! 最新作映画『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督の原点とも言える初長編映画『凱里ブルース(かいりブルース)』。 全国順次公開中 …

プレゼント応募

【一般試写会プレゼント】映画『ソン・ランの響き』5組10名様ご招待。2月6日市ヶ谷の日本シネアーツ試写室にて

世界が絶賛したボーイ・ミーツ・ボーイの物語。 孤独なふたりの男の刹那的な出会いを繊細なタッチで綴る『ソン・ランの響き』が2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開されま …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『はりぼて』チケットを抽選10名様へ。全国の上映館で使用可能な鑑賞券を進呈

映画『はりぼて』の劇場鑑賞券を10名様にプレゼント。 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 本作は2 …

プレゼント応募

【ディリリとパリの時間旅行のDVD発売記念】斎藤工らサイン入りプレスシートをプレゼント!抽選で3名様のお手もとへ

『ディリリとパリの時間旅行』ブルーレイ/DVDは2020年1月22日(水)発売! 『キリクと魔女』『アズールとアスマール』『夜のとばりの物語』など、アニメーションで独特の美しい世界を表現する、フランス …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学