Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2022/10/09
Update

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』チケット15名様に抽選でプレゼント《12月9日より池袋HUMAXシネマズにて公開》

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の劇場鑑賞券を15名様にプレゼント

2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開される映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』

「トラック野郎」鈴木則文監督の愛弟子にして、「ウルトラマンギンガ」など特撮作品を多数手がけてきた石井良和監督が、コロナ禍を経験する全ての人々に送る“なんでもアリ”の痛快コメディ映画です。

このたび、映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の公開を記念して、Cinemarche読者様から抽選で15名様に『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の劇場鑑賞券をプレゼントいたします。

スポンサーリンク

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』とは


(C)TEAM BETTER TOMORROW

「トラック野郎」鈴木則文監督の愛弟子にして、「ウルトラマンギンガ」など特撮作品を多数手がけてきた石井良和監督

『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』は、そんな石井監督が「混迷の時代にこそ、喜劇と特撮を絡めた娯楽映画で楽しんでもらいたい」「日本特撮の《怪獣着ぐるみ》の伝統を後世に伝えた い」という信念のもと制作した、コロナ禍を経験する全ての人々に送る“なんでもアリ”の痛快コメディ映画です。

石井監督が慣れ親しんできた怪獣のほか、ギャグ・アクション・ミュージカルなど、作中には石井監督の映画人生と映画観が色濃く反映されており、特撮ファンはもちろん国内外・老若男女問わず楽しめる一大エンターテインメント作品となっています。


(C)TEAM BETTER TOMORROW

主演は『とおいらいめい』の藤田健彦。さらに元HKT48で本作が映画初出演作となった草場愛「特撮界のレジェンド」こと町田政則など、強烈な個性に満ちたキャスト陣が勢揃いしました。

このたび、映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の新特報&場面写真が解禁

主人公の中年サラリーマン・大木勇造が怪獣を相手に奮闘する姿をはじめ、勇造が再就職した胡散臭い会社「ギャラクター商会」の変人揃いの社員たちなど、“なんでもアリ”の展開を予感させる内容となっています。

【公式HP】
『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の作品情報


(C)TEAM BETTER TOMORROW

【日本公開】
2022年(日本映画)

【製作・監督・脚本・特技監督】
石井良和

【脚本】
田中元

【撮影】
高橋義仁

【録音】
飴田秀彦

【怪獣造形】
佐藤大介

【キャスト】
藤田健彦、町田政則、藤崎卓也、斉木テツ、草場愛、前田ばっこー(瞬間メタル)、豊田 崇史、行永浩信、中條孝紀、石井花奈、杉山裕右、野村宏伸

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』のあらすじ


(C)TEAM BETTER TOMORROW

2020年、世界は新型コロナウイルスの脅威に晒された。

その影響は人々の健康のみならず経済へも波及し、 リモート生活を満喫していた自称エリートの大木勇造はリストラされてしまいます。

慌てて再就職したものの、勇造を待っていたのは銭ゲバ社長を筆頭に、ブルース・リー信者のフィットネ ス講師や廃品回収とは名ばかりの粗大ゴミ泥棒、ギャンブル狂の営業担当や着ぐるみの中に引きこもる男 など、社会の底辺に限りなく近い場所を這いずるクレイジーな面々ばかり。


(C)TEAM BETTER TOMORROW

そんな職場にもめげずにがんばる勇造だったが、身勝手な彼らに振り回されたあげく、最愛の恋人・玲子 にもフラれてしまいヤケを起こす。

ところが、突如出現した巨大怪獣により街は大混乱に陥ってしまう……!

スポンサーリンク

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』の劇場鑑賞券プレゼント応募方法

【当選者数】
15名様

【応募締切】
2022年11月30日(水)23時59分

【抽選・当選発表】
・厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の方には封書でチケットの当選ご案内とさせていただきます。
・その他、メッセージ欄へのコピペでのご応募はご遠慮ください。お書きいただいたメッセージは、石井監督をはじめとする映画製作者や、キャストさん、またライターへ必ずお届けいたします。

【応募先】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送を持って返させていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

【注意事項】
・チケットの転売目的でのご応募は、固くお断り致します。また、金券ショップ・ネットオークションへの売買行為は違法となります。
・ご来場の際は、必ずマスクの着用と検温をお願いいたします。
・開映後および満員の際は、消防法の規定により入場をお断りさせていただく場合がございます。
・上映中のカメラ(携帯電話含む)やビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

まとめ


(C)TEAM BETTER TOMORROW

石井良和監督が演出を手がけた映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』。

本作には、石井監督の友人で、『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督からも応援コメントが到着。

怒りは創作の原動力だ。
怒りのない創作物は弛緩したマニュアルに過ぎない。
喜劇と謳いクネクネと歌い踊る本作も石井監督の日頃から鬱積していたであろう、
諸事万端有象無象に向けた怒りのエネルギーが炸裂して映画のタガが外れる勢いだ。
でも犬はかわいいぞ。 樋口真嗣(映画監督)

石井監督の情熱と創作のエネルギーに満ち溢れた本作への高い評価が語られています。

特撮ファンはもちろん国内外・老若男女問わず楽しめる一大エンターテインメント作品に、期待は高まり続けるばかりです。

映画『特撮喜劇 大木勇造 人生最大の決戦』は2022年12月9日(金)より池袋HUMAXシネマズにてロードショー!!

Cinemarche読者様から抽選で15名様に劇場鑑賞券をプレゼントいたします。

どうぞ、奮ってご応募ください!


(C)TEAM BETTER TOMORROW



関連記事

プレゼント応募

【映画『ステップ』試写会中止のお知らせ】新型コロナウイルス感染症対策のため

Cinemarcheにて募集しておりました映画『ステップ』の一般試写会プレゼントですが、新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府に要請された方針に従い、本試写会の実施が中止となりました。 それに伴い、 …

プレゼント応募

【完成披露試写会プレゼント】吉川愛・萩原みのり・今泉佑唯映画『転がるビー玉』5組10名様ご招待!1月14日渋谷シネクイントにて

キャスト登壇の試写会にご招待。 カエルム株式会社より発行している女性ファッション誌『NYLON JAPAN(ナイロン ジャパン)』の創刊15周年プロジェクトとして製作された長編映画『転がるビー玉』。 …

プレゼント応募

スタジオジブリのオリジナルグッズプレゼント!ウィンターキャンペーンの卓上カレンダーを5名様に進呈

『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』開催! ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)が、2020年12月2日(水)より、スタジオジブリ関連ブルーレイ・DVDを対象としたキャンペーンを実施します。 …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『はりぼて』チケットを抽選10名様へ。全国の上映館で使用可能な鑑賞券を進呈

映画『はりぼて』の劇場鑑賞券を10名様にプレゼント。 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 本作は2 …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『横須賀綺譚』抽選チケット20名様へ。7月11日よりケイズシネマにてレイトショー公開

大塚信一監督の『横須賀綺譚』劇場鑑賞券20名様にプレゼント! 名匠・長谷川和彦を師とする大塚信一監督は吠える……「世の中を変えるために映画を撮りたい。せめて“今の世の中はクソだ!”ぐらいは言いたい」。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学