Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/02/28
Update

【ネタバレ】ワース 命の値段|あらすじ結末感想と評価解説。実話からマイケル・キートンがテロ被害者に“価格”をつけた男を丹念に描く

  • Writer :
  • 松平光冬

人間の命はお金に換えられるのか?

映画『ワース 命の値段』は、アメリカ同時多発テロ被害者の補償金分配を束ねた弁護士ケネス(ケン)・ファインバーグの実話を映画化。

ファインバーグをマイケル・キートンが演じ、スタンリー・トゥッチ、エイミー・ライアンら実力派が脇を固めた2023年日本公開のヒューマンドラマを、ネタバレ有りでレビューします。

映画『ワース 命の値段』の作品情報

(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
Worth

【監督】
サラ・コランジェロ

【脚本】
マックス・ボレンスタイン

【製作】
マーク・バタン、アンソニー・カタガス、マイケル・シュガー、バード・ドロス、ショーン・ソーレンセン、マックス・ボレンスタイン、マイケル・キートン

【製作総指揮】
ニック・バウアー、ディーパック・ネイヤー、アラ・ケシシアン、アレン・リウ、キンバリー・フォックス、チャールズ・ミラー、エドワード・フィー

【編集】
ジュリア・ブロッシュ

【キャスト】
マイケル・キートン、スタンリー・トゥッチ、エイミー・ライアン、テイト・ドノバン、タリア・バルサム、ローラ・ベナンティ、マーク・マロン

【作品概要】
『ザ・フラッシュ』(2023)で約30年ぶりにバットマン役を演じる事が話題のマイケル・キートン製作・主演による、2019年製作の実録ドラマ。

2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロを受けた被害者の補償金分配を束ねた、弁護士ケン・ファインバーグの軌跡を描きます。

キートンがファインバーグを演じ、キートン主演の『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)のスタンリー・トゥッチ、やはりキートン主演の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)のエイミー・ライアンらが顔を揃えます。

監督は、『キンダーガーテン・ティーチャー』(2018)でサンダンス映画祭監督賞を受賞したサラ・コランジェロです。

映画『ワース 命の値段』のあらすじとネタバレ


(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

2001年、コロンビア大学にて法律学を教えるケン・ファインバーグは、自他ともに認める調停のプロとして活躍していました。

そんな中、9月11日にアメリカで同時多発テロが発生。同月22日に、アメリカ政府は被害者と遺族を救済するための補償基金プログラムを立ち上げます。

ファインバーグは司法長官ジョン・アシュクロフトから、プログラムを束ねる特別管理人の重職に任命され、無償でこのプロジェクトに取り組むことに。

早速ファインバーグは、自身の法律事務所の経営パートナーであるカミール・バイロスや、大卒後に世界貿易センタービル内にあった法律事務所カイル&マッカランに入社予定だった新人のプリヤ・クンディたちとともに、約7000人もの被害者と遺族たちに収入に応じた独自の計算式にのっとって、補償金額を算出。

7000人の対象者には補償金を受け取る代わりに、航空会社や空港、警備会社、または世界貿易センターといった非難対象となり得る組織への提訴の権利を放棄してもらいます。

ファインバーグは、プログラム申請の最終期限となる2003年12月22日までに、対象者のうち80%の賛同を得ることを目標に掲げます。

対象者との初の説明会に臨んだファインバーグ。しかしその事務的な説明ぶりに不満の声が続出し、「娘の命も金持ちの命も同じなのだから、全員同じ額にしろ」などと怒号が飛び交う事態に。

そこへ、遅れて参加してきたチャールズ・ウルフという男が、参加者をなだめてその場を収めます。

会が終わったファインバーグに、松葉づえをついたフランク・ドナートという男が近づきます。彼には消防士をしていたニックという弟がいて、事件当日に貿易センタービル内にいたフランクを救助しようとして、命を落としていました。

フランクは、飛行機が突っ込んだ後にビルが崩壊する危険があるという警告が発せられるも、ニックがビル内に救助に入っていったとして、コミュニケーションシステムの不備の可能性も考えられるのでプログラムの再調査をすべきだと主張。

しかし、それをしっかり聞くことなくバイロスに応対を任せてしまうファインバーグ。

賛同者も20%に満たないまま、ついにはファインバーグの提案に反対声明を掲げるブログまで立ち上がります。ブログ設立者は、あのチャールズ・ウルフでした。

説明会用に作った資料のミスを指摘したウルフに一目置いていたプリヤは、ファインバーグに彼と話し合うよう提言。しかしファインバーグは、一刻も早く基金を成立させることを念頭に考えるあまり、首を縦に振りません。

(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

一方、プリヤらスタッフと共に対象者たちとの聞き込みを始めたバイロスは、そこでグラハム・モリスという男性と会います。友人男性をテロで失ったというグラハムは、彼とは同性愛のパートナー関係にあったと告白。

バイロスは、補償金は規則として彼の両親に与えられることになっており、彼らは息子が同性愛者と認めておらず、さらにグラハムが住むバージニア州の法律では、同性愛者は対象外になっていると知ります。

ファインバーグは、知人で弁護士のリー・クインから、賛同者がなかなか増えないことへのプレッシャーをかけられます。

テロ被害者の中でも高所得者層を担当していたリーは、賛同者が増えなければプログラムが失敗に終わって、その層たちによる集団訴訟に持ち込めると考えていたのです。

そんな折、フランクがニックの妻で義妹カレンを連れて事務所を訪れます。対応者がおらず、ファインバーグ自ら話を聞くことに。

カレンは補償金はいらないと前置きしつつ、テロ当日、夫が朝食も摂らずに呼び出しを受け、そのまま帰らぬ人となったことへの無念を訴えるのでした。

その頃、バイロスの助言でウルフ主催の対象者の会合に参加したプリヤは、テロで亡くなった彼の妻キャサリンは、プリヤが入社予定だったカイル&マッカランに勤めていたと知ります。

(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

ウルフとの話し合いをすべきというプリヤの再度の提言を受け、ファインバーグは事務所に彼を招きます。ウルフは「人間誰もが同じ価値だ」とし、ブッシュ政権の利益のために働いているだけとファインバーグを非難します。

プログラム申請の最終期限が刻一刻と迫っていたある休日、愛犬を連れて散歩していたファインバーグに1本の電話が。発信者はニックと不倫関係にあったという女性の弁護を請け負う人物からでした。

弁護士によると、ニックはその女性との間に2人の娘をもうけており、その子たちも補償金を受け取る権利がある。しかしそれには本妻であるカレンの承諾が必要なため、ファインバーグにその説得を依頼したのです。

後日、カレンの家を訪ねたファインバーグでしたが、居合わせたフランクに追い返されます。その態度から、ファインバーグは彼が全てを把握していると直感するのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ワース 命の値段』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

ある夜、リンカーンセンターにオペラを観に行ったファインバーグは、そこでウルフと再会。お互いの妻がアマチュアオペラ歌手という共通点があることを知ります。

ウルフは、今は亡き妻が失敗しても耐え忍ぶようにと励ましてくれた経験を語りつつ、対象者一人ひとりと向き合って彼らの声を聞くべきだと改めて訴えるのでした。

オペラ上演後、帰宅せず事務所に向かったファインバーグは、対象者リストを夜通しでチェック。翌朝出社してきたバイロスたちに、できる限り対象者と直接会って話を聞こうと提案します。

対象者が補償を受けられる条件の範囲をもっと広く出来るよう動き出したファインバーグたち。やがて彼のオフィスは、対象者たちから貰った形見や思い出の詰まった品々で埋め尽くされていきます。

そんな中、再度カレンの家を訪ねたファインバーグは、ニックの隠し子について伝えようとするもフランクに拒絶されます。

賛同者たちの数は順調に増えていきますが、プログラム申請の最終期限までに目標の80%に到達するのは難しいと分かり、ファインバーグたちは落胆します。

リーからプログラム法案不成立を認めるサインを求められたファインバーグでしたが、昔、リーにアドバイスした言葉を彼が自慢げに語り出したことでサインを拒否し、その場を立ち去ります。

事務所に戻ったファインバーグは、そこで大勢の対象者が訪れている光景に出くわします。ここ数ヶ月のファインバーグたちの努力を認めたウルフがブログにて、「ファインバーグは信頼に値する人間」と評価したのを機に、プログラムに賛同する者が続々と現れたのです。

目標の80%を超える、95%もの賛同者を得ることに成功したファインバーグ。

その一方で、グラハムに留守電メッセージを残すバイロスの姿が。それは、グラハムの訴えによりニューヨークでは同性愛者のパートナーにも補償金が支払われることになったものの、ヴァージニアでは州法によりそれは適用されないというものでした。

また、ファインバーグを訪ねたカレンは夫の不倫に最初から気づいていたと明かし、不倫相手との間に生まれた娘たちにも補償金が行くようにと、サインした書類を手渡します。

被害者補償基金は2003年まで運営され、最終的に計5,560人に公的資金から70億ドル超が支払われました。その後、2011年と19年に再開および延長が決定し、長期の健康被害に苦しむ人々の救済を続けています――。

映画『ワース 命の値段』の感想と評価


(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

被害者補償のからくりと難題

2001年の911テロによって犠牲となった被害者と遺族を救済するために政府が立ち上げた、補償基金プログラム。これはテロ発生間もない9月22日に、「航空運輸安全およびシステム安定化法案」として時のアメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュ(子ブッシュ)の署名のもと作成された中の1つです。

このプログラムは、表向きこそ遺族や負傷者への救済ですが、真の目的は企業の救済だったと云われています。

アメリカは言わずと知れた訴訟大国。友人関係のもつれや夫婦喧嘩など、ちょっとしたいざこざでもすぐ裁判沙汰になるケースが多く、人身事故や事件は言わずもがなです。

911テロに当てはめると、被害者が訴えるべきは実行犯アルカーイダになるのでしょうが、当然それは不可能。そうなると、実行犯が乗っていた航空会社を「乗客の身元をよく調べなかった」とし、空港やセキュリティ会社を「警備が甘すぎた」とし、あるいは世界貿易センターを「あんな高いビルを建てたからテロリストに狙われた」として、訴訟の矛先を変える可能性が高くなります。

もし被害者や遺族が続々と企業を訴えて勝訴するようなことになれば、それこそアルカーイダの思惑どおりアメリカの経済が破綻する恐れがありました。

そこで公的に補償金を支払う代わりに、提訴する権利を放棄してもらうわけですが、犠牲者といっても境遇はさまざま。消防士や警官、アルバイトで生計を立てていた人もいれば、やり手の企業家や株式トレーダーといった高所得者もいました。

一律同額支給ではなく、年収や扶養家族の有無から金額を算出していくというこのプログラムが正しかったのか否かは、現在でも議論されています。

その影響からか、2013年のボストンマラソンでの爆破テロや2017年のニューヨークで起こったトラック突入テロの死傷者に補償金が支払われていないことからも、プログラムの難しさが垣間見えます。


(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

ベテランになっても人は成長する


(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

テロ被害者に支払う補償金額を決める責任者となったケン・ファインバーグ。人間に”価格”をつけるという、ある意味での嫌われ役を無報酬で引き受けた点で、彼に悪意がない人物なのは間違いないでしょう。

しかし彼は、元連邦検事にして1980年代の枯葉剤訴訟で自身が調停者となって和解を成立させるなどの輝かしい実績と経験に任せた算出法を推し進めて、対象者の個々の声に耳を傾けようとしない。そればかりか、メモ取りも出来なければ家族と夕食する際の伝達も秘書に任せるなど、自分では何もしない、何も出来ない人物であることが露わとなっていきます。

しかし、プログラム反対派のリーダーとなるチャールズ・ウルフの訴えや、部下であるカミール・バイロスやプリヤの助言により変わっていく――ただでさえ共感しづらい人物を、百戦錬磨のベテランになっても、さまざまな問題と向き合うことで成長するという構成にしたのは上手い作劇といえます。

余談ですが本作では、プログラムを失敗させて高所得者による集団訴訟を目論む弁護士のリー・クイン、それを黙視するしかない司法長官ジョン・アシュクロフト、そして何よりも当時の大統領だった子ブッシュといった共和党の人間を遠回しに揶揄しています(リー・クインのみ架空の人物)。

911テロ以降、子ブッシュを中心とする政府の対応が非難の嵐だったことを鑑みれば当然なのかもしれませんが、バラク・オバマ元大統領夫妻が設立した製作会社ハイヤー・グラウンド・プロダクションズが、本作の配給権をいち早く取得したのも納得できるというものです。

まとめ


(C)2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

補償基金プログラムの管理人を無報酬で引き受けた理由について、ファインバーグ本人は「愛国心から」とし、「プログラム事業を難しくしたのは、同時多発テロから数日しか経っておらず、悲しみも癒えていない人たちに向き合わなくてはならないことだった」と述懐しています。

ドラマチックに盛り上げる描写がないため、エモーションに欠けるという感想も目にする本作。

ですが、被害者側の証言をじっくり丹念に取り上げて、彼らの癒えぬ喪失感に手を差し伸べようとする製作者たちの意図は、ファインバーグと通底するものを感じます。

人間の命に価格はつけられるのか?と問われたら、否定する人は多いでしょう。しかし人間は、就労金や保険金など、何かしらの形で価格がつけられているのと同じなのかもしれません。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『Love Letter』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。岩井俊二監督による恋文(ラブレター)が引き寄せた“偶然と奇跡”

映画『Love Letter』は岩井俊二監督の長編デビュー作 映画『Love Letter』は『Undo』『花とアリス』の岩井俊二監督の長編第1作。 雪山の遭難事故で恋人を亡くした女性に、彼の昔の住所 …

ヒューマンドラマ映画

映画『日本で一番悪い奴ら』ネタバレあらすじと感想レビュー。綾野剛演じる熱血な警察官が悪の道へ踏み込んだわけとは

実際の事件を題材に白石和彌監督が描く警察の裏の顔 北海道警察で起こった実際の事件を白石和彌監督が映画化し、2016年全国ロードショーされた『日本で一番悪い奴ら』。 綾野剛演じる熱血漢の新米刑事・諸星要 …

ヒューマンドラマ映画

映画『リバーズ・エッジ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【二階堂ふみ×行定勲監督】

蜷川実花監督&沢尻エリカ主演で映画化された『ヘルタースケルター』などで知られる、伝説的な女流漫画家の岡崎京子の同題原作を、行定勲監督が二階堂ふみ主演で映画化。 二階堂ふみは作品に触れたことで …

ヒューマンドラマ映画

映画『新解釈・三國志』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。大泉洋と福田雄一監督で描く新解釈の歴史エンタテイメント

映画『新解釈・三國志』は、2020年12月11日(金)全国ロードショー。 コロナ禍での公開ながらヒットを記録した『今日から俺は!!劇場版』の福田雄一監督がオールスターキャストで描く「三國志」の物語。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『セールスマン』感想とあらすじネタバレ!ラスト結末も

第89回アカデミー賞で外国語映画賞を獲得した、イランの名匠アスガー・ファルハディ監督による『セールスマン』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『セールスマン』 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学