Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/08/23
Update

映画『子供はわかってあげない』ネタバレ考察感想と結末あらすじ。上白石萌歌×細田佳央太の胸キュン青春ラブで新しい自分を探す⁈

  • Writer :
  • もりのちこ

わかっているけど、わかってあげない。
もどかしい感情があふれだす。忘れられない夏休み。

漫画家・田島列島の人気コミック『子供はわかってあげない』を、沖田修一監督が上白石萌歌を主演にむかえ、実写映画化しました。

女子高生の美波は、ひょんなことで意気投合した同級生のもじくんと、もじくんのお兄さんの協力で、幼い頃別れたままの実の父を捜すことになります。

知らなかった感情があふれだし新しい自分と出会う。これぞ、青春。それは、忘れられない夏休みとなりました。映画『子供はわかってあげない』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『子供はわかってあげない』の作品情報


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
田島列島

【監督】
沖田修一

【キャスト】
上白石萌歌、細田佳央太、千葉雄大、古舘寛治、斉藤由貴、豊川悦司、高橋源一郎、湯川ひな、坂口辰平、兵藤公美、品川徹、きたろう、中島琴音、富田美憂、浪川大輔、櫻井孝宏、鈴木達央、速水奨

【作品概要】
田島列島の同名コミックを原作に、『南極料理人』(2009)『横道世之介』(2013)の沖田修一監督が映画化。

主人公を演じるのは、ドラマに舞台に声優としても大活躍、主演作が続く上白石萌歌。相手役には『町田くんの世界』(2019)で町田くんを演じ注目を集めた細田佳央太が登場。

他キャストは、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治、きたろう、豊川悦司らが、高校生の主人公を取り巻く個性的な大人たちをそれぞれ演じます。

劇中アニメとして製作された『魔法左官少女バッファローKOTEKO』には、声優の富田美優、浪川大輔らが出演し、映画と一緒にアニメも楽しめる内容になっています。

映画『子供はわかってあげない』のあらすじとネタバレ


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

朔田美波は、アニメ「魔法左官少女バッファローKOTEKO」をこよなく愛するJK。父と母、弟の4人家族です。

今日もアニメのエンディングをKOTEKOと一緒に踊り熱唱する美波。いつの間にか帰ってきていた父も踊っています。

母は酢飯をうちわで扇ぎ、風呂あがりの弟はパンツ一丁で走り回っています。歌声と笑い声で賑やかな朔田家は、平和です。

学校で水泳部に所属している美波は、背泳ぎをしながら笑ってしまうという癖があります。真剣にならなければならない場面で、なぜか笑ってしまう。そんなお年頃です。

ある日、美波はプールから見える校舎の屋上でKOTEKOの絵を書く男の子を発見。駆けつけた美波が出会ったのは、書道部の門司昭平、もじくんでした。

同じアニオタな2人は一気に仲良くなり、美波はもじくんの家に遊びにいくことになりました。もじくんの家は先祖代々、書道家一家です。

美波は、もじくんの家で見覚えのある「お札」を見つけます。それは、幼い頃いなくなってしまった実の父から、最近届いた「お札」とまったく同じものでした。

もじくんが言うには、その「お札」はある宗教団体のもので、教祖の変わりに門司家が執筆をしてきたということでした。

美波から事情を聞いたもじくんは、実の父親を捜そうと提案します。探偵をしているという、もじくんの兄を訪ねます。

もじくんの兄・明大(明ちゃん)は、情に脆く涙もろいジェンダーレスです。バイトで猫を捜した程度の探偵歴でしたが、美波の境遇になぜか感情移入し父親探しを手伝うと言い出します。

そして、あっけなく見つかる父・藁谷友充。友充は、宗教団体「光の匣」の教祖でしたが、最近は田舎でひっそり暮らしていました。

「やばいね、会ったら継承問題に巻き込まれて、拉致されんじゃない」。同じ水泳部の友達・ミヤジが脅します。当の本人である美波は、「ふへへへ」とやっぱり笑ってしまいました。

学校は夏休みに入り、水泳部は合宿があります。美波は、その合宿にこじつけ、実の父を訪ねてみようと、家族に内緒で計画を立てていました。

もじくんは、夏休みの間、子供たちに書道を教えています。「気持ちを込めて文字を書くと、半紙から文字が飛び出すことがあります」。「ないよー」子供たちに猛反発を食らうもじくん。

書道教室には美波の書いた「暗殺」の文字が風に吹かれて揺れていました。もじくんが心配するなか、美波は明ちゃんに連れられ実の父・友充に会いに行きます。

友充がいた場所は、美波の幼い頃の写真に写っていた海がある小さな町でした。家を訪ねるとひとりの女の子が顔を出しました。「いま、おっちゃんは、かっこつけてます」。隣に住んでる友充の指圧の師匠・阿掘の孫じんこちゃんです。

事前に、明ちゃんから美波のことを聞いていた友充は緊張しているようです。「やぁ、よく来たね」。

美波は聞きたいことがたくさんあるのに、言葉が出てきません。ぎこちない時間がただ過ぎていきます。

以下、『子供はわかってあげない』ネタバレ・結末の記載がございます。『子供はわかってあげない』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

「なんで、教祖だったんですか?」。美波は友充に聞いてみました。「見えるんだ。人の頭の中が」。真剣に答える友充。

「じゃあ、私の頭の中を見て下さい」。なにやら集中した友充は「晩御飯はハンバーグにしような」と笑います。

その夜、美波は水泳部の合宿所に合流する予定でしたが、友充の家に残ることにしました。「みずいらずー」、明ちゃんはそう叫び泣きながら帰っていきました。

友達のミヤジに電話を入れると、「それ洗脳始まってるって」と止められます。「だって全く頭の中読めてないんだって。可哀そうなんだよね」。すでに美波は、友充に興味を持っていました。

ハンバーグを食べたいわけではなかった美波でしたが、合宿の今夜のメニューがハンバーグだったことは知る由もありませんでした。

隣の阿掘家族がやってきます。「生き別れだ!生き別れ。美波ちゃん覚えてる?おじちゃんだよ」。阿掘は美波の幼い頃の写真に写っていた人でした。

友充のお願いで、じんこちゃんと一緒に友充にも水泳を教えることになった美波。変わりに、頭の中が見えるという「光の眼」を教わることにしました。

こうして、美波の夏休み合宿は友充の所で過ごす夏休みに変わりました。海辺の町での暮らしは穏やかで楽しいものでした。次第に素直に心を開いていく美波。

「本当は信じてないんだろ。いいんだ。世のため人のためと思っていたけど、ひとりの力じゃ無理だってわかったんだ」。友充にも色々な事情がありました。

「じゃあ、私が2代目だね。光の眼はできないけど」。笑い合う姿は本当の親子のようでした。

合宿最終日、ミヤジは連絡がつかなくなった美波を心配し、もじくんに助けを求めます。兄の明ちゃんも出かけています。慌てたもじくんは、とにかく走ります。美波のところまで。

探しても探しても見つからない美波を思い、砂浜に心を込めて文字を書きます。「朔田美波」。書き終えると海の中からザバッと美波が現れました。「あれ、もじくん!」。

美波を連れ戻しにやってきたもじくんに、焼きもちを焼く友充。それでも娘の成長を喜ばずにはいられません。「ちゃんと誰かを好きになれる子に、良い子に育ててくれた。感謝してる」。

寂しそうな友充に美波は声をかけます。「ありがとう、お父さん」。初めて「おとうさん」と素直に呼ぶことができました。明日、美波は帰ります。

美波が去った友充の家からは、アニメ「魔法左官少女バッファローKOTEKO」の音が流れていました。

家に帰った美波に、母が尋ねます。「で、本当はどこに行ってたの?」、母はすべてお見通しでした。

「ごめんなさい」。嘘をついたこと、内緒で父とご飯を食べたり、海に行ったり、楽しかったことへの罪悪感を抱く美波。

母は「謝ることなんかない」と美波を抱きしめます。「お父さんからお札が送られて来た時、美波は何も言わなかったよね。美波なりに家族を守ろうと思ってくれたんでしょ。これからは、嘘をつかないで行くのよ」。

「また会いに行っていいの?」。「OK牧場」。母の十八番のギャグがでました。

夏休みが終わり、水泳部の合宿をさぼった美波は、罰としてプールの居残り掃除をしていました。

校舎の屋上が気になる美波は、プールサイドに水文字を書きます。「もじくん」。すると、もじくんが姿を現しました。駆け出す美波。

もじくんに伝えたい想いがあふれだします。「もじくん、あのね、あの…どうしよう」。笑ってしまいます。「あのね。アハハハ!」。

「これでどう?」。墨だらけの手のひらが、美波の視界をさえぎりました。隙間から見えるもじくんの瞳。美波の口から自然と言葉が出てきます。「もじくん、好き」。「うん。僕も好き」。

ぽろぽろと流れ出す涙。いままで知らなかった感情を知った夏。美波は成長したようです。

その頃、海では、じんこちゃんの「おっちゃん浮いてるよ!」と興奮する声が響いていました。海で浮けるようになった友充も成長したようです。

スポンサーリンク

映画『子供はわかってあげない』の感想と評価


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

タイトルの『子供はわかってあげない』から想像するに、少し挑戦的な反抗期のお話かと思いきや、思春期の恥ずかしさや、素直になれないもどかしさが詰まった心温まる青春ドラマでした。

主人公の女子高校生・美波は、真面目な場面になればなるほど笑ってしまうという癖があり、その様子はこの映画全体の雰囲気にも通ずるものがあります。

シリアスな場面も可笑しな台詞でクスっと笑えたり、辛い境遇の中にも明るさがあり、随所に優しいユーモアがあふれています

美波の成長する姿は、青春時代の気持ちを思い出させてくれました。また年齢に関係なく、素直になることは成長につながると教えてくれます

素直になることで見えてくる相手の気持ち、自分の大切な人たち。美波は、自分を包み込んでくれていた大きな愛に気付いた時、人にも優しくなることが出来ました

素直になることの恥ずかしさ、気持ちを言葉にすることの照れくささ、感情がコントロール出来ず涙があふれること、初めての恋、青春の尊さがぎゅっと詰まった作品です。

美波を演じた上白石萌歌と、もじくんを演じた細田佳央太の等身大の演技が、きらきらと眩しく、青春感を増長させています。胸キュンの告白シーンは、「青春っていいな」と思わずにはいられません。

また、美波を取り巻く大人たちも、みんな良い人ばかりです。美波の実の父・友充は、一見胡散臭い感じですが、不器用ながらも美波を理解し向き合おうとしてくれます。

久しぶりに会った美波の成長を喜びながら、どこか寂しい父親の心理が垣間見えます。「人を好きになれる子に育ってくれてありがとう」と言える友充は、素敵な父親です。

演じたのは豊川悦司。ミステリアスな雰囲気が魅力的な豊川悦司ですが、今作では娘と仲良くなろうと奮闘するお父さんをユーモラスに演じています。海パン姿で娘に嫌われるお父さんに注目です。

ほかにも、すべてを知っていながらも、温かく見守る母。本当の娘のように心配し、寄り添ってくれる今の父。自分のことのように世話を焼いてくれる、もじくんの兄・明ちゃん。

様々な事情があっても、穏やかに心優しく受け止めてくれる人たち。人生は色々あって、面白いと思わせてくれます。

そして、「人はひとりでは何も出来ない」と、劇中アニメ「魔法左官少女バッファローKOTEKO」が教えてくれました。

まとめ


(C)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (C)田島列島/講談社

田島列島の人気コミックの実写映画化、上白石萌歌の主演作『子供はわかってあげない』を紹介しました。

青い海、青い空、そして超能力!?「好き」な気持ちは時に奇跡を起こす。忘れられない夏休みが始まります。

主人公・美波と一緒に青春の1ページをめくってみませんか。来ますよ、胸騒ぎってやつが

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』あらすじネタバレと感想。詩人の生涯をシンシア・ニクソン主演で描く

映画『エミリー・ディキンソン静かなる情熱』の内容解説 エミリー・ディキンソンという詩人をご存知でしょうか。 画家のゴッホと同じく、生前は無名に等しかったものの、今では19世紀最高の天才詩人と称される女 …

ヒューマンドラマ映画

ネタバレ考察で映画『82年生まれ、キム・ジヨン』と小説の違いをラスト結末の終わり方まで比較!

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『オリエント急行殺人事件』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

密室の中で起こった殺人事件。列車の中に犯人が潜んでいる。果たして誰なのか?またその動機は。 謎が謎を呼ぶ難解な事件に名探偵ポアロが挑む!豪華キャストで映像化されたアガサ・クリスティの原作『オリエント急 …

ヒューマンドラマ映画

映画『イージーライダー』ネタバレラスト感想と結末あらすじの解説。理不尽な最後の意味とその裏にある“現実のアメリカ”を若者の死で描く

1960年代のロードムービーの全ては、映画『イージー★ライダー』の中にあった 公開当時からおよそ50年の時を経た今もなお、映画ファンを魅了しつづける『イージー★ライダー』。 2人の若者が、ロサンゼルス …

ヒューマンドラマ映画

ポエトリーエンジェルあらすじとキャスト!上映劇場情報も

和歌山県で開催されている第10回を迎える、「田辺・弁慶映画祭」を記念して製作された、飯塚俊光監督の『ポエトリーエンジェル』。 モデルとしても活躍する武田玲奈と、若手俳優として注目される岡山天音のダブル …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学