Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

実話映画『スポットライト』ネタバレ解説と結末までのあらすじ。新聞記者がスキャンダル事件を暴く

  • Writer :
  • 松平光冬

巨大権力を相手に正義を貫く新聞記者たちを描いたアカデミー賞作品

マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスらが出演の、2016年に公開された映画『スポットライト 世紀のスクープ』

アメリカの新聞「ボストン・グローブ」の記者たちによるカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を、『扉をたたく人』『靴職人と魔法のミシン』のトム・マッカーシー監督が映画化。

カトリック教会の信じがたいスキャンダルを追及した記者たちを描き、アカデミー賞作品賞を獲得した社会派ドラマです。

スポンサーリンク

映画『スポットライト 世紀のスクープ』の作品情報

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【原題】
Spotlight

【監督・共同脚本】
トム・マッカーシー

【脚本】
ジョシュ・シンガー

【撮影】
マサノブ・タカヤナギ

【編集】
トム・マカードル

【キャスト】
マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、スタンリー・トゥッチ、ビリー・クラダップ

【作品概要】

2002年に、アメリカの新聞「ボストン・グローブ」の記者たちによるカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を、『扉をたたく人』(2007)、『靴職人と魔法のミシン』(2014)のトム・マッカーシー監督が映画化。

主要キャストに、マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバーなど。

第88回アカデミー賞では、『レヴェナント 蘇えりし者』(2016)、『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』(2015)などの有力候補を抑えて、見事に作品賞と脚本賞を獲得しました。

映画『スポットライト 世紀のスクープ』のあらすじとネタバレ

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

1976年、マサチューセッツ州ボストン。

ボストン警察に、神父ジョン・ゲーガンが子どもに性的虐待を遭わせたとの通報が入るも、駆けつけた地方検事補は、事もなげにゲーガンを別の教会への移動させることで処理します。

2001年のボストン。

地元の有力日刊紙「ボストン・グローブ」では、新局長としてマーティ・バロンを迎えます。

就任間もなく開かれたミーティングで、バロンは76年に起こったゲーガンの事件の再調査を、同紙の取材チーム「スポットライト」に命じます。

この事件を取り上げた地元紙が2紙のみで、いずれも小さなコラム扱いだったという点に、バロンは疑問を抱いたのです。

またバロンは、スポットライトのチームリーダーのロビンソン(ロビー)に、一人の弁護士ミッチェル・ガラベディアンに接触するようにと併せて命じます。

ガラベディアンは、ゲーガンをはじめとする神父たちが30年にも渡って約80人の子供を性的虐待したという事実を隠蔽したとして、枢機卿を相手に訴訟を起こしていたのです。

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

スポットライトチームのマイクが早速ガラベディアンにコンタクトを取ろうとするも、彼は教会から監視されており、弁護士資格を剥奪される恐れがあるとして取材を拒否します。

一方、ロビーと女性記者サーシャの2人は、ボストンの別の神父が性的虐待をしたという新聞記事を元に、その事件を担当した弁護士マクリーシュを訪ねます。

しかしエリックは、性的虐待に遭った被害者の多くが名前を公表したがらないことや、守秘義務を理由に協力には応じません。

ロビーも、旧友で教会の相談役をする弁護士ジムから情報を聞き出そうとするも、教会と関わらない方がいいと忠告されてしまいます。

別の日、ロビーとサーシャは、聖職者からの虐待被害を受けた者を支援する団体SNAPを訪問。

自身も虐待に遭った経験を持つ団体代表のフィルから、5年前に事件の詳細資料をボストン・グローブ社に送るも無視されたと言われ、驚く2人。

資料を伝手に、被害者たちと会っていくチームメンバーですが、彼らの大半が貧しい家庭環境にあることや、性格が気弱といった共通項を見つけます。

ボストンだけでも90人近い神父にペドフィリア(自同性愛者)の傾向があるという実情に、憤りを覚えるメンバーたち。

そして、被害者側に立たねばならない弁護士も、原告の教会側と通じて示談に持ち込んでいた者がいたことも明らかに。

その一人には、あのマクリーシュもいました。

被害者の証言を元に、メンバーは病休あるいは移動させられた神父を追跡して、追跡取材を続行します。

新聞の統括部長のベンから、事件から手を引いた方がいいと忠告されたロビーは、次第に調査内容を伏せることに。

また、虐待神父の身辺調査をしていたチームメンバーのマットは、近所に教会の療養施設があることに気づき、「ここには決して近づかないように」と子どもへの注意メモを冷蔵庫に貼りつけるのでした。

一方、改めてマクリーシュを訪ねたロビーとサーシャは、不正に示談に持ち込んだことを記事にすると告げると、彼は以前、グローブ社に虐待神父のリストを送ったと言います。

グローブ社の中にも、事を荒立てたくないと考える者がいたことが明らかとなります。

また、スポットライトチームが開示を求めてるゲーガン事件の光文書は、教会の圧力によって止められているとして、ガラベディアンが文書を提出します。

そんな折の2001年9月11日に、アメリカで同時多発テロが発生。

スポットライトチームは、教会の取材を一旦中断してテロの取材にあたることに。

犠牲者に追悼の意を示すロウ枢機卿への支持が集まる今は動くべきではないとして、マイクはガラベディアンに証拠文書の再提出を待つよう頼み込むも、彼はそれを拒み、裁判所に証拠文書を再提出してしまいます。

誰でも閲覧できる状態になった証拠文書のコピーを取りにマイクが裁判所に駆け込んだ一方、ロビーは母校の高校でホッケー部員だった後輩と接触。

その後輩が、部のコーチをしていたタルボット神父から性的虐待を受けていたという裏付けを取ります。

母校に足を運んで真偽を問うロビーに、学校側は記事にしないよう嘆願。

しかしロビーは、「もしかしたら被害に遭ったのは自分だったかもしれない」と、それを突っぱねるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スポットライト 世紀のスクープ』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

マイクが手に入れた証拠文書には、ゲーガンの被害を受けた子の母親がロウ枢機卿に宛てた手紙が含まれていました。

これが枢機卿による事件隠蔽の決定的な証拠になるとして、マイクはすぐ記事にするよう提言するも、ロビーはゲーガンだけでなく教会全体を摘発しなければ意味がないとして、それを却下。

クリスマスの夜、ジムの家を訪ねたロビーは、虐待に関わった神父のリストを差し出し、教会側の裏付けを取ってから記事にすると伝えます。

「皆が薄々気づいていた街の問題を終わりにすべきだ」というロビーの言葉にジムは激高し、彼を追い出すも、外に出たところを呼び止め、リストに記載された神父の名前を丸で囲むのでした。

事件記事を掲載した新聞の発刊を明日に控え、バロンとスポットライトチームは打ち合わせをします。

事件の隠蔽に関わった弁護士を改めて非難するマイクたちに対し、ロビーは自分たちにも非があると告げます。

「故意にではなかったにせよ、マクリーシュから送られてきた虐待した神父のリストを見逃していた責任は自分にあり、もっと早くに気づいていれば犠牲者を減らせたかも」と、後悔の念を露わにするロビー。

バロンは、そんなロビーを含むメンバーたちに「今回の記事は読者に大きな衝撃を与える。こうした記事を書くことが我々ジャーナリストの使命だ」と労いの言葉をかけるのでした。

刷り上がったばかりの、教会のスキャンダルを報じたボストン・グローブ紙を、マイクから直接受け取ったガラベディアンは微笑みます。

開けて日曜日、ボストン・グローブが町中に配られます。

サーシャとマットが出社するや否や、編集部の電話が鳴りはじめます。

その後に出社したロビーとマイクが編集部へ向かうと、ひっきりなしに鳴り続ける被害者たちからの電話に応対するサーシャたちの姿が。

2人はその光景に驚くも、すぐに彼らも電話の応対をはじめるのでした――

スポンサーリンク

映画『スポットライト 世紀のスクープ』の感想と評価

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

カトリック教会の神父による児童虐待を、ボストンの地方紙がスクープしたという実話を元に映画化した本作『スポットライト 世紀のスクープ』。

テーマこそ一見地味ではありますが、登場人物たちが一丸となって、一つの目的を達成するという、いわゆるチーム・ムービーとしても見応えのある内容となっています。

こうした、真実のジャーナリズムを描いた実録もので代表的な作品に『大統領の陰謀』(1976)がありますが、本作監督のトム・マッカーシーは、明らかにこの作品にインスピレーションを受けています。

また、ロビー役のマイケル・キートンも、『大統領の陰謀』でジェイソン・ロバーズが演じた編集主幹のベン・ブラッドリーの立ち振る舞いを役作りに活かしています。

なお、実在の新聞記者を描いたチーム・ムービーとしては他に、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を抱いた記者たちを描いた『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』(2019)などがあります。

まとめ

(C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

フランスの映画情報サイト「allocine」が推薦する、ジャーナリストの重要性を再認識させる作品4本

ビリー・ワイルダー監督の『地獄の英雄』(1951)、デビッド・フィンチャー監督の『ゾディアック』(2007)、スティーブン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017)などと並び、本作『スポットライト 世紀のスクープ』も選出されています。

インターネットやSNSの普及により、誰でも簡単に情報発信ができるようになりました。

しかしながら、それと同時にフェイクニュースという言葉も生まれるなど、真実を追及するジャーナリズムの価値も問われるようになっています。

そんな今だからこそ、要チェックしてほしい作品です。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・ビューティフル・デイズ』あらすじと感想評価。シャラメの眼差しに高校教師が揺れる

傷つき笑い恋をした、忘れられない週末。 あの時、あなたはたしかに私を見つめていた。 ティモシー・シャラメが出演した『マイ・ビューティフル・デイズ』が2019年11月1日(金)より新宿シネマカリテ、ヒュ …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトサイダーズ』あらすじと感想。マイケル・ファスベンダーの演技力とは

映画『アウトサイダーズ』は、2018年2月10日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開! トラヴェラーズコミュニティの長であるコルビーは、絶対的な権力でカトラー・ファミリーを …

ヒューマンドラマ映画

映画『武曲 MUKOKU』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

剣を棄てた男と、剣に出会った少年。運命は2人の人生を交錯させる…。 映画『私の男』の熊切和嘉監督が若手の実力派俳優・綾野剛を主演に迎え、芥川賞作家・藤沢周の小説「武曲」を映画化。 綾野剛が主人公・研吾 …

ヒューマンドラマ映画

祈りの幕が下りる時あらすじとキャスト!ロケ地やエキストラ情報も

ますます人気とともに安定感を見せる俳優・阿部寛。 彼が演じる刑事の加賀恭一郎。東野圭吾の原作による『新参者』シリーズの完結編の映画化です。 2018年公開の映画『祈りの幕が下りる時』を一足先にご紹介し …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブラック校則』あらすじネタバレと感想。佐藤勝利×高橋海人らキャストによるドラマと連動する青春劇

映画『ブラック校則』は2019年11月1日(金)より全国ロードショー公開! テレビドラマ×ネット配信ドラマ×映画がクロスオーバーする形で展開される青春映画『ブラック校則』。 主演には人気アイドルグルー …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP