Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『サムワン・インサイド』ネタバレあらすじ結末と感想考察。スラッシャー映画の定番を抑えたサスペンスホラー|Netflix映画おすすめ59

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第59回

殺人鬼によって人がひとり、またひとりと殺されていく「スラッシャー」映画は、ホラー映画のジャンルの中でも特に人気があるジャンルです。

「スラッシャー」の始祖とも言われている「ハロウィン」シリーズは、初作から2020年を越す今に至るまでその高い人気から新作が制作され続けているほどです。

2021年10月6日(水)にNetflixで配信された映画『サムワン・インサイド』(2021)は、そんな「スラッシャー」映画の定番をしっかりと抑えた作品。

そんなわけで、今回は『サムワン・インサイド』を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『サムワン・インサイド』の作品情報

【配信日】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
There’s Someone Inside Your House

【監督】
パトリック・ブライス

【キャスト】
シドニー・パーク、テオドール・ペルランテオドール・ペルラン、アスジャ・クーパー、デール・ウィブリー、ジェシー・ラトゥーレット、サラ・ダグデイルサラ・ダグデイル、ウィリアム・マクドナルドウィリアム・マクドナルド

【作品概要】
アメリカの小説家ステファニー・パーキンスによって執筆された同名小説を、『クリープ』(2015)などの映画を監督したパトリック・ブライスが映像化した作品。

『モキシー 私たちのムーブメント』(2021)に出演したシドニー・パークが主演を務めました。

映画『サムワン・インサイド』のあらすじとネタバレ

畑に囲まれた家に暮らすジャクソンはキッチンタイマーで目を覚まします。

家の中に誰かが侵入した形跡があり、家の中にはジャクソンが同じアメフトチームのケイレブに過剰とも言えるイジメをしていた証拠の写真が貼られていました。

ジャクソンは家の中にいる犯人を恫喝しますが、突如現れたジャクソンの顔の仮面を被る何者かに刺殺されます。

警察はいじめを受けていたケイレブを疑いますが、彼は殺害時刻にアメフトの試合に出ており、完璧なアリバイがありました。

翌日、ケイレブは校内でアメフトチームのメンバーから距離を置かれますが、アメフトチームに良い印象を持っていなかったマカニたちによって1人にはなりませんでした。

次の日、ポッドキャストで白人至上主義的持論を配信し続けていた生徒会長のケイティが、ケイティの顔の仮面を被った殺人鬼に殺害されます。

警察の捜査を受けるマカニたちは被害者の2人が表沙汰に出来ない秘密を抱えていることから、秘密が被害者の共通項だと考えます。

大地主であり警察にも顔が効くサンドフォード家の長男ザックはマカニたちの親友ではありましたが、近隣住民からは妬みが混じった陰湿ないじめを受けていました。

マカニは警察官の兄を持ち、マカニの隠された秘密を知るオリーと秘密裏に愛し合っていました。

しかしその日、ザックの家でパーティがあることを知ったマカニはサンドフォード家に良くない噂が多いことを思い出し、パーティに駆けつけます。

パーティはザックが同級生を呼んだマリファナパーティであり、父親を快く思わないザックは自分の秘密を洗いざらい公表します。

パーティの最中、参加者全員にマカニの友人であるロドリゴが抗精神薬の中毒者であることを告発するメッセージが送られ、突如の停電に合わせロドリゴの仮面を被った殺人鬼が現れ、ロドリゴの首を切り殺害。

数ヵ月後、休校が明け学校が始まりますが、ロドリゴの彼女のアレックスを始めとした多くの生徒が学内で浮いた存在であるオリーを殺人鬼と疑っていました。

オリーの両親は事故で亡くなっていましたが、アルコール中毒であったことから話に尾鰭がつき、異常者だと吹聴されており、そのことがオリーの犯人説をより後押ししています。

夜、マカニの家にマカニの仮面を被った殺人鬼が現れ、テーザー銃で彼女を撃ち痙攣させます。

殺人鬼はマカニが親友に火傷で重症を負わせた過去を持っていることを知っており、彼女を焼死させようとします。

マカニはアレックスが家を訪ねてきたことで助かり、マカニは殺人鬼が自身の過去を知っていてなおかつテーザー銃を容易に手にできるオリーだと名指しし、警察に彼を逮捕させます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『サムワン・インサイド』のネタバレ・結末の記載がございます。『サムワン・インサイド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

秋の収穫祭の日、オリーが釈放され、恐怖から逃走するマカニの目の前でケイレブが刺されます。

犯人とは別の位置からオリーが救助に現れ、マカニやアレックスはオリーが犯人ではないと確信し、彼と共に犯人を追います。

収穫祭の演目としてサンドフォード家のトウモロコシ畑で行われるイベントで畑が何者かによって放火されたとザックから電話を受けたマカニたちは、父を助けるため現場に残るザックを救うためトウモロコシ畑へ向かいます。

火に包まれたトウモロコシ畑内では多くの人が殺害されており、生存者をアレックスたちに任せマカニはオリーと共に奥へと進みます。

ザックの父親を殺害する殺人鬼を目撃した2人は、殺人鬼の正体がザック本人であることを知ります。

オリーを刀で刺したザックは、裕福な家庭に生まれただけで誰も彼もが偽善者の仮面を被り自分を妬むことに辟易としており、元凶である父親と心に仮面を被った偽善者たちを殺害することを目論んでいました。

ザックは全ての殺人をオリーとマカニになすりつけようとしていましたが、オリーがザックにテーザー銃を撃ちます。

テーザー銃は外れますが、ザックがひるんだ隙にマカニがザックを刺し殺しました。

数ヶ月後、オリーとケイレブは回復し、マカニは自身の秘密を知りつつも友情を捨てなかった友人たちやオリーと共に高校を卒業するのでした。

スポンサーリンク

映画『サムワン・インサイド』の感想と評価


Netflix映画『サムワン・インサイド』

「殺人鬼」の存在を巡る謎解きスラッシャー映画

さまざまな「スラッシャー」の定番を兼ね揃えた最新ホラー映画『サムワン・インサイド』。

本作は「スラッシャー」映画と言っても、「ハロウィン」シリーズや「13日の金曜日」シリーズのように人知を越えた存在が「殺人鬼」となるわけではなく、あくまでも普通の日常を過ごしているように見える一般人の中に殺人鬼が存在します。

どちらかといえば、本作は名作スラッシャーシリーズ「スクリーム」に近い構成であり、「惨たらしい殺人」と「誰が犯人なのか」に重点が置かれています。

残酷描写をはっきりと映すバイオレンス要素と、意外すぎる犯人の正体をその目に焼き付けて欲しい作品でした。

誰もが仮面を被った人間

本作では「殺人鬼」は、これから殺す「被害者」の顔を3Dプリントした「仮面」を被り殺人を実行します。

「被害者」は全員が人には言えない「秘密」を抱えながらも、まるで自分はやましい事を一切してないような顔で友人たちと話しながら日常を過ごしていました。

自らの本心をすべて公表し生きている人間はおらず、人間は誰もが心に「仮面」を被って生きていると言えます。

その「仮面」を使い誰かを傷つけた時、本作で描かれるような「殺人鬼」が生まれてしまうのでは、と恐ろしさを感じる作品でした。

まとめ

目を逸らしたくなるような残虐な殺人シーンが存在し、決して誰にでもオススメできる作品とは言えない本作。

ですが、「殺人鬼」の意外な正体や、犯人の抱える殺人の動機は一見の価値が充分にあります。

映画『サムワン・インサイド』は上記のように「サスペンス」映画好きの方に、そしてもちろん「スラッシャー」映画が好きな人にも一度は鑑賞して欲しい作品です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ファナティック』感想レビューと内容考察。ラストまでガチ怖なハリウッドの狂愛者が最恐の来日|SF恐怖映画という名の観覧車115

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile115 猛暑や連日続く暗いニュースがある現代社会で、好きになれるものがあることは人生を潤す原動力になります。 しかし、行き過ぎた「好き」と言う感 …

連載コラム

クワイエット・プレイス2|ネタバレあらすじと結末の感想解説。サバイバルホラーでどんでん返し逆転の破られた沈黙とは|SF恐怖映画という名の観覧車145

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile145 『ドント・ブリーズ』(2016)から着想を受け製作され、本国で大ヒットを記録しただけでなく「音を立てたら、即死」と言うキャッチコピーが日 …

連載コラム

新海誠の全作品解説。世界観から倫理観へ|新海誠から考える令和の想像力2

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第3回 「人間の感情という小さなものと、宇宙という極大なものがつながっていく物語」への強い関心。 これが新海誠監督自身の“セカイ”観であり、彼の作品群が「セカ …

連載コラム

映画『祖谷物語 おくのひと』あらすじと感想。解説はロケ撮影で四季を描く『楢山節考』との比較|映画道シカミミ見聞録24

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第24回 こんにちは、森田です。 2018年12月14日、吉祥寺パルコ地下2階に全5スクリーンの複合型ミニシアター「アップリンク吉祥寺」がオープンします。 これまで「 …

連載コラム

映画『別れるということ』あらすじ感想と評価解説。渡邉高章監督が描く別れの喪失感と出会いからの始まり|インディーズ映画発見伝15

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第15回 インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。 2021年3月にサイトがリニュー …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学