Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『彼女の生きる道』あらすじ感想と解説評価。‟自由な女性の戦い方”をセシル・デュクロック監督が描く|2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集4

  • Writer :
  • 星野しげみ

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022国際コンペティション部門観客賞受賞のセシル・デュクロック監督作品『彼女の生きる道』

2004年に埼玉県川口市で誕生した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでいく若い才能の発掘と育成を目指した映画祭です。

第19回目を迎えた2022年度は、3年ぶりにスクリーン上映が復活。7月21日(木)から27日(水)までの期間は、オンライン配信も行われていました。

今回ご紹介するのは、国際コンペティション部門観客賞を受賞したセシル・デュクロック監督のフランス映画『彼女の生きる道』です。

【連載コラム】『2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集』記事一覧はこちら

映画『彼女の生きる道』の作品情報


(C)Domino Films

【日本公開】
2022年公開(フランス映画)

【英題】
Her Way

【監督】
セシル・デュクロック

【キャスト】
ロール・カラミー、ニッシム・レナード

【作品概要】
『彼女の生きる道』は、息子の学費を稼ぐため、人の2倍も3倍も働く気丈な女性の生き様を讃えた人間ドラマです。

主人公マリーを演じたのは、『My Donkey, My Lover & I』(2020)で受賞を果たした昨年に続き、本作の演技で2年連続セザール賞の主演女優賞にノミネートされるなど、現在のフランス映画界を牽引する活躍を見せるロール・カラミー。

本作が長編初監督となるセシル・デュクロックが監督を務めます。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022国際コンペティション部門観客賞受賞作。

セシル・デュクロック監督のプロフィール

映画監督、脚本家。

2011年の短編『世界中がジュ・テーム』で監督デビュー。同作はカンヌ映画祭ではユニフランス特別賞受賞しました。その後、『Back Alley』(2014)でカンヌ映画祭批評家週間とサンダンス映画祭に入選し、2015年にセザール賞最優秀短編賞も受賞。

また「The Bureau」「Call My Agent!」などのテレビドラマの脚本を手掛け、2020年にはOCS制作のテレビ番組「Opera」で脚本、制作総指揮、監督を担当。『彼女の生きる道』が初長編監督作となりました。

映画『彼女の生きる道』のあらすじ


(C)Domino Films

マリーは、娼婦の仕事に誇りを持つシングルマザー。仕事を愛し息子のアドリアンを愛して日々過ごしています。

ある時、アドリアンが学校を退学となりました。彼女は料理に興味を持つ息子をトップクラスの調理師学校に入学させようとします。

専門学校に面接に行きますが、多額の学費が高い障壁となりました。

学資ローンなども考えますが、自由業という彼女の職業のため、融資案件も通りません。

せっかく合格した一流の調理師学校にアドリアンを通わすため、困ったマリーは売春を斡旋する店で働き出します。

期日までに学費を納めなければアドリアンの入学は取り消されてしまいます。

一生懸命に働くマリーですが、それでもまだ指定の学費には足りません。

マリーは次第に追い詰められていきました。

映画『彼女の生きる道』の感想と評価


(C)Domino Films

やる気がなく自堕落に生きる息子アドリアンを愛しているシングルマザーのマリー。

彼に社会から認められる仕事に就いて欲しく、料理好きの彼を一流のシェフにするため、調理師学校への入学を希望します。

面接などの難関を乗り越えてやっと合格した学校で、マリーたち母子に待っていたのは莫大な学費の納入でした。

マリーの職業は娼婦です。安定性のない自由業なので銀行はお金を貸してくれません。

学費を稼ぐために、仕方なくマリーは今まで以上に仕事に励むこととなります。

娼婦という仕事は、女性が身体一つで稼ぐ最後の手段とも言え、暗いイメージがつきまといますが、マリーは誇りを持って仕事をしています。

生きるため、息子を育てるため、娼婦という仕事に従事するマリーからは、例えようもない逞しさがあふれています。

ですが、強いマリーにも、ひとり息子に弱いという一面がありました。

息子のアドリアンの将来について彼と話すとしょっちゅう口論となります。

そこには、チャーミングで生命力にあふれる行動派の娼婦に反するように、息子の将来を気遣う優しい母の姿がありました。

仕事に精を出す娼婦のマリーと息子のために社会と戦う母のマリー。2つの顔の女性を見事に演じ切るロール・カラミーに注目です。

まとめ


(C)Domino Films

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022国際コンペティション部門において、観客賞に輝いた『彼女の生きる道』をご紹介しました。

普通の女性以上に逞しいマリーですが、彼女は自分の息子に人並以上と言える強い愛情を持っています。

本作を手がけたセシル・デュクロック監督も以下のようにコメントしています。

マリーは経済的に苦しい身ですが、自由な女性です。学校を退学になり、母親にお金がないからという理由で、息子は自分の将来を選べない運命だという社会的決定論を拒絶する女性です。彼女はそれを受け入れません。だから、彼女は戦うのです。彼女自身の手段で。

無慈悲な社会と彼女自身の手段で戦うというマリー。これがタイトルの意味でもあるのです。

わが身を犠牲にしても、息子のために戦うというマリーの強い決意が作品から満ち溢れ、楽しい楽曲とともにインパクトの強い作品となりました。

【連載コラム】『2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ようこそ、革命シネマへ』あらすじと感想レビュー。劇場復興を通して表現の自由が奪われた政権下の人々に笑顔を取り戻す|映画という星空を知るひとよ1

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第1回 第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門でドキュメンタリー賞と、観客賞を受賞した、スハイブ・ガスメルバリ監督の映画『ようこそ、革命シネマへ』をご紹介いたし …

連載コラム

【スーパーナチュラルシーズン14】第1・2話ネタバレあらすじと感想。ドラマの見どころ解説も|海外ドラマ絞りたて3

連載コラム『海外ドラマ絞りたて』第3回 『スーパーナチュラル』のフィナーレ、シーズン15の撮影が現在進行中。主演の2人ジェンセン・アクレスとジャレッド・パダレッキが望む限り、番組は続くと製作側から言わ …

連載コラム

映画『エージェントスミス』ネタバレ感想と考察評価。実話の犯罪事件をモチーフにフィリップノイス監督が描くダーク・ヒロイン!|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録1

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第1回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、新型コロナウイルス感染症の影響に翻 …

連載コラム

【ネタバレ】最後に神永/リピアは死んだ?シンウルトラマン解説考察で“分からない者=未来の人間”を信じる超人像を探る|光の国からシンは来る?14

連載コラム『光の国からシンは来る?』第14回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組み制作した新たな「シン」映画。 それが、19 …

連載コラム

映画『毒娘』あらすじ感想と評価解説。元ネタの‟ちーちゃん”を内藤瑛亮監督がリアルに演出する|映画という星空を知るひとよ196

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第196回 少女の無邪気な悪意が、幸せな家族の「毒」を暴き出す! 『ミスミソウ』(2018)『許された子どもたち』(2020)の内藤瑛亮監督が手がけたパラサイト …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学