Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『はじめて好きになった人』あらすじ感想と評価解説レビュー。香港発でLGBTと青春をテーマに描いた秀作がABCテレビ賞を受賞|大阪アジアン映画祭2022見聞録5

  • Writer :
  • 西川ちょり

2022年開催、第17回大阪アジアン映画祭上映作品『はじめて好きになった人』

第17回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、2022年3月20日(日)に閉幕しました。

グランプリに韓国映画『おひとりさま族』が選ばれたのを始め、香港映画『アニタ』が観客賞とコンペテイション部門スペシャル・メンションの二冠を制するなど、2022年もアジア各国の素晴らしい作品の数々に出逢うことができました。

映画祭は終了しましたが本連載はまだまだ続きます。

今回ご紹介するのは、ABCテレビ賞を受賞した香港映画『はじめて好きになった人』(2021)です。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2022見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『はじめて好きになった人』の作品情報


(C)OAFF2022

【日本公開】
2022年(香港映画)

【原題】
喜歡妳是妳(英題:The First Girl I Loved )

【監督】
キャンディ・ン(吳詠珊)、ヨン・チウホイ(楊潮凱)

【キャスト】
ヘドウィグ・タム(談善言)、レンシ・ヨン(楊偲泳)

【作品概要】
香港城市大学クリエイティブメディア学科の同窓生であったキャンディ・ン(吳詠珊)、ヨン・チウホイ(楊潮凱)の共同監督作品で長編デビュー作品。

ヘドウィグ・タム(談善言)、レンシ・ヨン(楊偲泳)が主人公である2人の女性の17歳から29歳までを演じ、燃え上がった高校時代の恋を経て、2人がたどりつく心の軌跡が描かれます。

映画『はじめて好きになった人』のあらすじ


(C)OAFF2022

29歳独身、映画監督として成功し始めたウィンラムのもとに、突然かかってきた電話は、女子校時代の同級生だったサムユからでした。

サムユは、結婚することになったので、ウィンラムにブライズメイドをしてほしいと依頼してきたのです。

ウィンラムは、友情と呼ぶにはあまりに激しい想いに流された若き日のことを思い出していました。

最初は仲の良い友人でしたが、サムユのアプローチから始まって、2人は次第に友情を超えた愛情で結びつくようになりました。

2人の関係が学校で騒ぎになり、学校から指導を受けたのをきっかけにサムユは転校し、ウィンラムの前から姿を消してしまいます。

数年後、大学生になったふたりは偶然再開しますが、サムユからボーイフレンドが出来たと知らされたウィンラムは深く傷つきます。

2度目の再会時にはサムユは深い悲しみの中にありました。30歳になってもお互い独身であれば結婚しようというサムユの言葉だけを支えにしてきたウィンラムでしたが・・・。

スポンサーリンク

映画『はじめて好きになった人』の感想と評価


(C)OAFF2022

青く澄んだ美しいプールと水面に映る2人の少女のショットからスタートする本作は、みずみずしくも切ない青春映画として、観る者の心を捕えます。

17歳の夏。ミッションスクールに通う2人の女子生徒の友情が恋に変わり、夢のような時が過ぎます。制服の際立つ白さや、青々とした夏の風景が、沸き立つような彼女たちの歓びを象徴しています。

そんな燃えるような感情のあとに訪れる試練の中で二人が見せる繊細さと脆さにはひりひりと胸を締め付けられてしまいます。

彼女たちの関係が封建的な学校の知るところとなり、それぞれの親が呼び出されますが、これまで何度も見てきたような類型的なリアクションを親たちがとらないのが新鮮です。

ただ、彼らは娘を叱りつけるようなことはしませんが、年頃になれば異性との恋愛に戻るだろうと楽観視しているだけで、決して良き理解者であるわけではありません。

互いに、強烈に惹かれ合い、愛し合っているにもかかわらず、2人は、真逆の選択をし、違った人生を歩んでいくことになります。

高校時代は、まだ自身のアイデンティティーを考えたこともなく、ただ純粋に惹かれ合った2人でしたが、大人になるにつれ、ウィンラムは、自身の性的指向に背かず生きて行く道を選び、サムユはそこから撤退していくのです。

サムユの撤退は、将来への不安、家庭の経済的な事情などが複雑に絡んでいるように見えますが、映画はそのあたりを詳しくは描きません。

従って、好きな人が何を思い、何を考えているのかわからないもどかしさを抱えたウィンラムと同じ観点で観客もサムユを観ることになります。

ヘドウィグ・タム(談善言)、レンシ・ヨン(楊偲泳)という二人の若手俳優が、それぞれウィンラムとサムユの17歳から29歳までを演じています。それが違和感なく観られるのもこの映画の魅力のひとつでしょう。

キラキラとして、美しい色彩に満ちていた少女時代に比べて、大学時代、社会人時代の風景は落ち着いたトーンへと変わっていきます。

自分を愛しているとわかっている相手に、結婚式のブライズメイドを依頼するという展開は物語の最初に示されており、それは残酷なメロドラマのようなものではないかと少々懐疑的にもなったのですが、ラストに向けての二人のやり取りはエモーショナルに胸に迫ってきて号泣必至です。

人間の感情というものは、簡単に言葉で言い表したり、理屈で定義づけたりできるものではないことを映画は教えてくれるのです。

まとめ


(C)OAFF2022

本作は、TVB傘下アーティストとして10年以上活動を続けてきたヨン・チウホイが、映画制作者として実績を積み上げてきた大学時代の友人、キャンディ・ンと組み、長年の夢であった初監督を務めた作品です。

2003年から始まる時代設定になっており、ヨン・チウホイとキャンディ・ンが青春を過ごした時期にあたります。

台湾や中国で優れた青春映画が作られているのに、香港では青春映画があまり作られないことから、香港の21世紀の青春映画を作ろう、自分たちの生きた時代を記録しておこうと、本作を企画したといいます。

待望の青春映画であると共に、香港でLGBT+をテーマとしたという点でも本作は大変貴重な作品と言えるでしょう。

ABCテレビ賞を受賞しましたので、2023年の1月か2月ごろ、テレビ放映(関西圏のみ)される予定です。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2022見聞録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

特撮ドラマ『怪奇大作戦』考察と評価。ショッキングな怪奇現象の裏にある社会背景とは|邦画特撮大全20

連載コラム「邦画特撮大全」第20章 今回取り上げる作品は2018年に初放送から50周年をむかえる特撮ドラマ『怪奇大作戦』(1968)です。 すでに来年2019年3月6日に新たにブルーレイボックスの発売 …

連載コラム

映画『VIDEOPHOBIA』あらすじと感想評価レビュー。白黒の大阪とネットを舞台に描くサイバースリラー|銀幕の月光遊戯 69

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第69回 宮崎大祐監督の映画『VIDEOPHOBIA』が、2020年10月24日(土)よりK’s Cinema、11月07日(土)より池袋シネマ・ロサ、大阪・第七藝術劇場他 …

連載コラム

映画『草の響き』ネタバレ含む結末を小説と比較考察。奈緒と東出昌大が熱演するニューシネマ|映画道シカミミ見聞録62

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第62回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年10月8日(金)に新宿武蔵野館ほか全国ロードショー公開された映画『草の響き』を紹介いたします。 『海炭市叙景』(2 …

連載コラム

映画『デンマークの息子』あらすじと感想評価レビュー。衝撃の展開から結末で伝えたダイレクトなメッセージ【ウラー・サリム監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭6

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・ウラー・サリム監督作品『陰謀のデンマーク(日本劇場公開名:デンマークの息子)』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティ …

連載コラム

ネタバレ感想『トラウマゲーム 恐怖体験アトラクション』西村喜廣が参加のハイテンションホラーを解説|未体験ゾーンの映画たち2019見破録14

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第14回 ヒューマントラストシネマ渋谷で絶賛開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。ジャンルと国籍を問わない貴重な映画計58本が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学