Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

特撮ドラマ映画の人気声優まとめ。昭和のレジェンド達の悪の大王の声とは|邦画特撮大全16

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第16章

特撮作品にはゴジラやバルタン星人、ショッカーの怪人といった“着ぐるみ”、もしくは“ぬいぐるみ”のキャラクターが登場します。

こうした怪獣や怪人、宇宙人の登場が特撮作品の魅力のひとつでもあります。

生身の人間ではない“着ぐるみ”のキャラクターの魅力はデザイナーと造形師、スーツアクターと声をアテる声優、各分野のプロフェッショナルの力を結集したものです。

今回はその中から声優に注目し、数々の特撮作品を彩ってきた声優たちを紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

昭和特撮のレジェンド声優たち

この項でご紹介するのは昭和の特撮作品を彩った大御所声優の3人です。

ご存知!大魔王で知られた大平透(1929~2016)

『ハクション大魔王』第1話「出ました大魔王の話」「モーレツブル公の話」

まずはアニメ『ハクション大魔王』や『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造、「スターウォーズ」シリーズのダース・ベイダーの吹替で知られる大平透(1929~2016)。

大平が特撮作品で声を担当して最も有名なのが『マグマ大使』の敵キャラクター・ゴア。

2018年上半期のNHK朝ドラ『半分、青い。』の劇中で、原田知世がこのゴアのモノマネをしたことでも話題になりました。

ゴアは悪役ですが紳士的な物腰で丁寧な口調なのが特徴です。大平はゴアのキャラクターを掴むため、声だけではなくスーツアクターも担当しました。

またスーパー戦隊シリーズのナレーションも数多く担当しました。

『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975)から『科学戦隊ダイナマン』(1983)まで連続して担当したほか、『宇宙刑事シャイダ―』(1984)や『巨獣特捜ジャスピオン』(1985)、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992)などのナレーションを担当しています。

視聴者の子どもに訴えかけるような講談調のナレーションが特徴です。

ショッカー首領でもおなじみの納谷悟朗(1929~2013)

『仮面ライダー』第01話

次にご紹介するのは納谷悟朗(1929~2013)。

納谷の代表作はアニメ「ルパン三世」シリーズの銭形警部。また『宇宙戦艦ヤマト』の沖田十三艦長、『銀河英雄伝説』のメルカッツといった威厳のある役も多いです。

納谷は『仮面ライダー』(1971)のショッカー首領、『仮面ライダーV3』(1973)のデストロン首領、『仮面ライダーBLACK RX』(1988~1989)のクライシス皇帝など、仮面ライダーシリーズで悪の首領を演じ続けました。

銭形警部のような濁声ではなく、地声に近い高貴さを感じさせる声でこれらの首領を演じています。

悪の首領が多い一方で、『ウルトラマンA』(1972)ではヒーローであるウルトラマンAの声を担当しています。ただし裏番組であった『変身忍者嵐』(1972)では敵の首領・血車魔神斎の声を演じています。

悪の首領役なら飯塚昭三(1933〜 )

『巨獣特捜ジャスピオン』第01話

飯塚昭三も納谷悟朗と同じく悪の首領役が多いです。

『超人バロム・1』(1972)の魔人ドルゲ、『イナズマン』(1973)の帝王バンバのほか、『宇宙刑事ギャバン』(1983)のドン・ホラーから『巨獣特捜ジャスピオン』(1985)のサタンゴースまで“メタルヒーローシリーズ”の敵の首領を4作連続で演じました。飯塚の低く貫禄のある声は悪の首領にはピッタリです。

悪の首領だけでなく『人造人間キカイダー』(1973)のハカイダ―、『秘密戦隊ゴレンジャー』の鉄人仮面テムジン将軍などのライバル役、スーパー戦隊シリーズの各話に登場する敵怪人も数多く担当していました。

余談ですが飯塚はリュウ・ホセイ役で出演していたアニメ『機動戦士ガンダム』(1979)の収録の際、共演者から「悪の帝王」とからかわれていたそうです。

また納谷と飯塚、『電撃戦隊チェンジマン』(1985)などで悪の首領を演じた加藤精三は、『仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』(2003)に顔出しで特別出演。

3人は『仮面ライダーBLACK RX』で悪の首領と幹部怪人を演じており、そうした縁での特別出演です。役柄もこれまで数多くの特撮作品で悪の首領や幹部の声を演じていることもあり、怪人(オルフェノク)を管理している大企業・スマートブレインを影で操る大物の役でした。

ヒーローから悪役の声に

【新番組PR】『仮面ライダージオウ』

かつて顔出しで特撮作品のヒーロー役等を演じていた俳優がその後、俳優活動の中心を声の仕事にするというパターンが多くあります。

例えば現在放映中の『仮面ライダージオウ』でOPナレーションとオーマジオウの声を担当している小山力也。

小山というとジョージ・クルーニーやキーファー・サザーランド(『24』のジャック・バウアー)の吹替など声の仕事で知られますが、劇団俳優座に所属している俳優です。

そしてかつて『仮面ライダーBLACK RX』で主人公・南光太郎の仲間である霞のジョーを演じていました。

またブルース・ウィルスやケネス・ブラナーの吹替で知られる内田直哉。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットの吹替で知られる土田大。アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』に出演していた小宮有紗。

彼ら3人はそれぞれ『電子戦隊デンジマン』(1980)、『忍者戦隊カクレンジャー』(1993)、『特命戦隊ゴーバスターズ』(2012)でヒーローを演じていました。

3人は昨年放映された『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2017)に中盤から登場した強敵・フクショーグンの声で、スーパー戦隊シリーズに再出演しました。

このようにヒーローを演じていた俳優たちが声優活動をはじめた後、怪人などの着ぐるみキャラクターの声として特撮作品に再出演することが近年では多くあります。

フィルム撮影の時代、特撮作品はオールアフレコが一般的でした。

つまり撮影現場で録音したセリフではなく、撮影後に映像に合わせてセリフを録音していたのです。

『炎神戦隊ゴーオンジャー』第01話

2000年以降はデジタル撮影が主流となりほとんどの特撮作品は同時録音方式に切り替わりました。

それでもスーパー戦隊シリーズは『炎神戦隊ゴーオンジャー』(2008年)までフィルム撮影・オールアフレコを行っていました。

つまり特撮作品に出演していた俳優はアフレコの経験を活かして、声の仕事にシフトしていったということです。

敵の首領やレギュラーで登場する幹部怪人の声にベテラン声優たちが起用されるのは、デビュー間もない若手俳優のアフレコ演技を支えるためでもあったのです。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、今年10周年をむかえる特撮TVドラマ『ケータイ捜査官7』(2008)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『破天荒ボクサー』ネタバレ感想と解説。山口賢一がリング外でも闘い続ける姿を捉えた物語|だからドキュメンタリー映画は面白い22

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第22回 闘う相手は、反対コーナーのボクサーだけではなかった――。 今回取り上げるのは、2018年製作の武田倫和監督作『破天荒ボクサー』。 日本ボクシン …

連載コラム

韓国映画『未成年』あらすじと感想レビュー。初監督キム・ユンソクが大胆にドロ沼愛憎劇を描く|2019SKIPシティ映画祭11

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・キム・マンドク監督作品『未成年』が7月20日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2019年 …

連載コラム

映画『サンダーフォース 正義のスーパーヒロインズ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。無法地帯シカゴで正反対の2人によるヒーローチームの戦いを描く|Netflix映画おすすめ31

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第31回 超人的な能力を持つ悪の存在ミスクリアンにより、無法地帯となったシカゴを舞台に、2人の女性ヒーローの戦いを描いたNetflix映画『 …

連載コラム

映画『ドミノ/復讐の咆哮』ネタバレあらすじと感想。ラストはデ・パルマの演出が光る三つ巴の追走劇|サスペンスの神様の鼓動29

サスペンスの神様の鼓動29 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、同僚の …

連載コラム

映画『遠い光』あらすじと感想。宇津野達哉監督の物語から垣間見えてくる“鹿踊り”|2019SKIPシティ映画祭13

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・宇津野達哉監督作品『遠い光』が7月15・19日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでいく若い才能の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学