Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

【ネタバレ】スター・トレック イントゥ・ダークネス|あらすじ感想とラスト結末の評価解説。ベネディクト・カンバーバッチも登場してスケールアップした新シリーズ第2弾!

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

J・J・エイブラムスが手掛ける、新生“スター・トレック”

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は、前作『スター・トレック(2009)』公開から4年を経て、製作された待望の“愛”と“犠牲”の物語。

新たな敵、ハリソンにベネディクト・カンバーバッチを迎え、スケールアップしたストーリーが展開されます。

宇宙艦隊の調査船、エンタープライズを指揮する型破りな艦長、カークは、とある事件をきっかけに規則を軽視する傾向を問題視され、艦長職を解かれてしまいます。

そんな中、宇宙連邦に対し、反旗を翻す謎の男、ハリソンが現れ、宇宙連邦は危機に見舞われます。

ハリソンの抹殺を命じられたエンタープライズとカークは宇宙連邦の裏に潜む陰謀の気配を感じながらも最大の危機をどう切り抜けるのでしょうか。そして、ハリソンの驚愕の正体とは?

前作を遥かに凌ぐスケールで贈るSF超大作、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の作品情報


(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【原題】
Star Trek Into Darkness

【監督】
J・J・エイブラムス

【キャスト】
クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ベネディクト・カンバーバッチ、ゾーイ・ザルタナ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、アリス・イブ、カール・アーバン、アントン・イェルチン、ブルース・グリーンウッド、ピーター・ウェラー、ノエル・クラーク、レナード・ニモイ

【作品概要】
アメリカで社会現象を巻き起こし、『スター・ウォーズ』と並び、SFの金字塔と呼ばれるテレビドラマ「スター・トレック」シリーズを『M:i:III』(2006)や『SUPER8/スーパーエイト 』(2011)で知られるヒットメーカー、J・J・エイブラムスによりリブートされた第2弾。

主演は前作『スター・トレック(2009)』に引き続きクリス・パインはもちろん、ザカリー・クイント、カール・アーバン、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグらが再集結。

新たに主人公 カークたちと敵対することになる謎の男、ハリソン役に、テレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズや『クーリエ』(2021)のベネディクト・カンバーバッチが演じます。

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のあらすじ


(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

西暦2259年。

宇宙艦隊の調査船、USSエンタープライズが調査に向かった惑星ニビルは火山の爆発が迫っていました。

しかし、ニビルの住人の文化レベルは低くこのままでは星もろとも消滅してしまいます。

エンタープライズの艦長、ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)は船医のレナード・“ボーンズ”・マッコイ(カール・アーバン)と共に住民の気を引いている間、副長のスポック(ザッカリー・クイント)通信士のニヨータ・ウフーラ、操舵手のヒカル・スールー(ジョン・チョウ)が火山を凍結、ニビルを守る計画を立てます。

しかし、スポックたちが乗る飛行艇にトラブルが発生、スポックは火山に取り残されてしまいます。

救助に向かおうとするカークですが、未発達の文明に過度に干渉してはならない艦隊規則により、エンタープライスの姿を見られるわけにはいかず、スポックを助けに行くことが出来ません。

自らの命と引き換えに凍結装置を起動しますが、カークはエンタープライズを発進させ、住民に見られることを厭わず、スポックを救出します。

一方、地球では、難病に苦しむ娘を持つ宇宙艦隊士官の前に謎の男(ベネディクト・カンバーバッチ)が現れ、娘を助けることが出来ると語ります。

地球に帰還したカークはサンフランシスコの艦隊本部か呼び出され、スポックと共に向かいます。

カークはニビルでの規則違反を隠ぺいしようとしていましたが、規則を重んじるバルカン人であるスポックが真実を話していたことにより、上司であるクリストファー・パイク(ブルース・グリーンウッド)の知るところとなり、カークはエンタープライズの艦長を解任、養成学校へ戻されることになります。

その頃、謎の男は自らの血を用いた血清を士官に与え、士官はその血清で娘の治療に成功します。その見返りとして、士官は自らの命と引き換えにロンドンの宇宙艦隊のデータ保管庫を爆破します。

時を同じく、艦長の任を解かれたカークはやけ酒を煽っていました。

そこに現れたパイクは自身がエンタープライズの艦長に任命された事を伝え、カークを自身の副長にするよう責任者であるマーカス提督を説得したことを明かします。

思いがけぬ状況に言葉を失うカークですが、直後、ロンドンで起きた爆破事件により、緊急会議が招集。パイクとカークは向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スター・トレック イントゥ・ダークネス』ネタバレ・結末の記載がございます。『スター・トレック イントゥ・ダークネス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

会議を招集したマーカス提督(ピーター・ウェラー)は事件の概要と士官が脅迫され犯行に及んだ事を自白するメールを送信、その中で脅迫相手である謎の男こと、ジョン・ハリソンが主犯であることを明かします。

マーカスはハリソンが宇宙艦隊に対し宣戦布告したと判断、身柄を拘束するよう集まった面々に通達します。直後、会議室をハリソンが襲撃します。

ハリソンは宇宙艦隊の主要な艦の艦長、副長を殺害し、艦隊を無力化しようとしていました。

カークの機転を利かせた対応により、ハリソンを撃退することに成功しますが、パイクが重傷を負い、死亡します。

一夜明け、カークはエンタープライズのメカニック、モンゴメリー・スコット(サイモン・ペッグ)がハリソンが使っていた小型ワープ装置を発見、ハリソンが逃げた先が惑星クロノスであることが判明します。

しかし、クロノスは艦隊と敵対するクリンゴン星人が支配する領域であるため、カークはマーカスにエンタープライズ単艦でハリソンを追う許可を求めます。

マーカスはクリンゴンとの緊張が高まることを恐れ、開発されたばかりの新型魚雷でハリソンを攻撃するよう指示します。

出港準備を進めるエンタープライズでしたが、マーカスの指示で受領した新型魚雷を巡りスコットとカークは意見が対立、スコットは船を降りることとなります。

スコットは最後に得体のしれない新型魚雷は使うなと言い残し、去っていきます。

一方、エンタープライスに新任となった技術士官、キャロル・ウォレス(アリス・イブ)が気になったスポックは、その素性を調べ、キャロルがマーカスの娘であり、身分を偽っていることを知ります。

クロノスに到着したエンタープライズですが、カークはスコットの言葉とスポックの反対から魚雷による攻撃を取りやめ、スポック、ウフーラと共に小型艇でクロノスへ乗り込みます。

しかし、パトロールしていたクリンゴンの部隊と遭遇、包囲されます。一触即発の状況にハリソンが現れ、ほぼ一人でクリンゴン部隊を壊滅させます。

驚くカークたちをよそにハリソンは事前に行った魚雷攻撃をする警告に触れ、魚雷の数を知ると、ハリソンは唐突に降伏します。

エンタープライズに戻ったカークは、ハリソンから魚雷の中身と、とある座標に自身が降伏した理由があると聞かされ、地球にいるスコットをその座標に向かわせます。

また、艦にスコットがいない中、どうやって魚雷を分解するか悩むカークにスポックはキャロルを推薦、その際、マーカスの娘であることを告げます。

真実を確認するカークにキャロルはマーカスがひた隠しにしようとしていた魚雷の中身を知るためにエンタープライズに乗り込んだことを明かし、カークはキャロルの頼みを聞き入れボーンズと共に魚雷を分解させます。

分解に成功した魚雷の中には人間が人工冬眠させられていました。

キャロルとボーンズの分析の結果、魚雷の人物は300年前の人物であることが判明、カークは事実をハリソンに問い詰めます。

ハリソンの本当の名はカーンといい、かつて、遺伝子を改造し生まれた超人であることを明かします。

しかし、ある時、犯罪者の烙印を押され、宇宙に追い出されたカーンたちは人工冬眠し、時代が変わるのを待っていましたが、眠っているところを宇宙艦隊が発見、カーン一人が目覚めさせられました。

目覚めさせたのはマーカスでカーンの優れた頭脳を利用し、様々な兵器を開発、宇宙艦隊を軍隊化し、クリンゴンとの戦争に臨もうとしていました。

カーンは同胞を魚雷に隠し、逃亡、マーカスの命を狙い、事件を起こしますが、マーカスはこの事件を逆手に取り、カークにカーンの同胞を乗せた魚雷を発射させ、カーンたちを処分しようとしていました。

その時、エンタープライズの前に正体不明の艦が現れます。その艦は新造された軍艦でマーカスが乗っていました。

マーカスは、カーンの身柄を求めますが、カークはこれを拒否、ワープで逃走を図りますが、すぐに追いつかれてしまいます。

攻撃を行うマーカスにキャロルが説得を試みますが、マーカスはキャロルのみ転送し、エンタープライズを破壊しようとします。

しかし、突然、マーカスの艦のシステムがダウン、攻撃が出来なくなります。

その原因は、カークに言われた座標に向かったスコットがマーカスの艦を見つけ潜入、エンタープライズの危機を感じ取り、妨害を行った為でした。

カークはマーカスの艦に乗り込み、内部から攻撃することを思いつき、カーンに協力を求め、潜入します。

スコットの協力もあり、マーカスの元にたどり着いたカークですが、一瞬のスキを突きカーンはマーカスを殺害、カークを人質に取り、エンタープライズを臨時で指揮するスポックに魚雷を引き渡すよう要求します。

おとなしく要求に従うスポックですが、カーンの行動を読んでおり、カークたちが戻ったころに起爆するよう、魚雷の起爆装置をセットし引き渡し、カーンが乗った艦は致命傷を負います。

無事、戻ったカークですが、エンタープライズは、度重なる攻撃を受け、航行不能に陥り、地球の重力に引かれ落下し始めます。

カークはスコット、チェコフと協力し、艦の動力を復旧させようとしますが、動力コアのズレにより動力が復帰できないことが判明します。

カークは放射能で被爆することを承知で動力室へ入り、コアを修復、エンタープライズに動力が戻り難を逃れます。

しかし、カークは、瀕死の状態にあり、スポックに看取られ、息を引き取ります。

悲しみに暮れるクルーをよそに、生きていたカーンはサンフランシスコの宇宙艦隊司令部へ向かいます。スポックは単身、カーンを追います。

一方、カークの死に意気消沈のボーンズはカーンの血液が驚異的な再生能力があることに気付きます。

ボーンズはスポックにカーンを生きたまま捕まえるように伝えようとしますが通信する手段がありません。

ウフーラは自ら、転送でスポックの元へ出向き、怒りに任せカーンを殺めようとしていたスポックを寸前のところで止めることに成功します。

その後、カーンの血液を投与されたカークは意識を取り戻し、拘束されたカーンは再び人工冬眠させられます。

一年後、修復を終えたエンタープライズは5年の長期にわたる調査任務を任命され、カークをはじめとしたクルーたちは広い宇宙へと旅立って行きます。

スポンサーリンク

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の感想と評価


(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

SF界の麒麟児、J・J・エイブラムス監督によって描かれる本作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は、ファンの間では前作『スター・トレック(2009)』から繋がる“ケルビン・タイムライン”と言われる時間軸の物語で従来のテレビシリーズを基準とする物語とは一線を画し、新たなファンを獲得しながらも、過去シリーズのオマージュやスター・トレックシリーズが紡いできた冒険と仲間との絆を描き、往年のファンたちからも支持されています。

とりわけ、本作では“愛情”と“犠牲”をキーワードに、豊かなキャラクターたちが織り成す濃厚なドラマの中で、それぞれが抱く‟愛情”のために何を‟犠牲”にするのかという深いテーマが描かれています

劇中で描かれた‟愛”と‟犠牲”の形も様々で、クルーを守るため自身の命を顧みず動力コア炉へ飛び込んだカークはもちろん、同胞を救うため、宇宙艦隊に戦いを挑んだカーン、父親の蛮行を止めるため、身分を偽りエンタープライスに乗り込んだキャロルなど、それぞれの‟愛”と捧げる‟犠牲”が描かれていました。

特に印象的だったのが、自らの命を捧げ、汚名を着せられることを覚悟で娘を助けた艦隊士官の姿でした。

いわば、‟ヒーロー”ではない無名のキャラクターだからこそ、その決断と想いが私たちにとって身につまされ、心象に深く刻まれる演出となっているのではないでしょうか

この一連の士官の決断を促したカーンの暗躍も以降、得体がしれず謎の多い悪役として活躍するため強い印象を残すためのいわば布石になっている点も見事な演出でした。

また、J・J・エイブラムスと言えば、アクションシーンにおいて、“走る”シーンを多様することで知られ、本作でもその片鱗がうかがえます。

特に、制御不能に陥ったエンタープライズを復旧するため、動力コアへと向かうカークたちが、重力制御を失い上下反転する通路や、船体の破損で落下する機材を避けながら、時に宙づりになりながらも目的地を目指す場面は、切迫する状況と緊迫の生身のアクションにより、手に汗握る展開を見せ、SF作品でありながらVFXによる映像に頼らず、いかに迫力ある映像を演出できるかと言う製作陣の意気込みが伝わってくるシーンでした。

キャスト陣の演技も見事で、特に、本作の悪役、カーンにキャスティングされたベネディクト・カンバーバッチの演技は圧巻でした。

特に印象的だったのが、劇中で同胞を想い涙を流す場面です。

表情は一切変えずに語気に怒りを孕ませながら、いつしか一筋の涙が零れるという一瞬で複数の感情を組み込んだ演技は見事でした。

また、この場面でカークらに背を向けていた為、おそらくカーンが涙を流していたことに誰も気づいていないというのも、カーンが見せた一瞬の純情をさらに印象付けていました。

本作への出演をきっかけに、ベネディクト・カンバーバッチは広く世界に知られることになるのも納得のできるほどの名演技だったのではないでしょうか

まとめ


(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

本作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』を手掛けた、J・J・エイブラムスはインタビューの中で、「本作はエンターテイメント作品であるが、ただ、アクションシーンの連続では飽きられてしまう。観客が作品の中でどれだけキャラクターに感情移入させられるかが大事だ」と語っています。

確かに本作がテーマに掲げている“愛”と‟犠牲”をテーマにした作品や、宇宙を舞台にしたスペクタクル作品は多く存在しますが、それでも、本作が大ヒットしたのは、個性的なキャラクターが直面する危機に何かを“犠牲”にして“愛”を貫く姿が身につまされて感じられたからではないでしょうか

このテーマは往年のSFドラマ「スター・トレック」シリーズの主題と通じるところがあり、広くファンに評価される作品となっていると感じられます。

本作の最期でエンタープライズは新たな旅立ちを迎えました。

これからキャプテン・カークとエンタープライズは宇宙の彼方でどのような冒険を繰り広げるのか楽しみでなりません

関連記事

SF映画

映画『夏への扉 キミのいる未来へ』内容感想と解説考察。山崎賢人が原作小説のラストをいかに締めくくるかに注目!

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は2021年6月25日公開。 冷凍睡眠、タイムトラベル…時空を超え、青年は『夏への扉』を探す旅に身を投じていきます…。 SF作家ロバート.A.ハインラインの不屈の …

SF映画

映画『ザ・シェル第三次大戦』あらすじ解説。 DVDレンタルと発売日

アンドロイドの身体=シェルを装着した女性軍曹。自分の肉体に戻れなくなった彼女の運命とは? サスペンスあり、またSFスリラー要素も加わって、最後まで途切れない緊迫感はSFファンを魅了! 2017年12月 …

SF映画

映画『シン・ゴジラ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

誰しもが2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を観た際に、「怪獣映画」というジャンルも、ハリウッドに持って行かれたと嘆いたことでしょう。 しかし、庵野秀明監督が、初代ゴジラに並ぶ、あるい …

SF映画

映画『移動都市 モータル・エンジン』あらすじネタバレと感想。原作フィリップ・リーヴの人気SF小説をハリウッドの醍醐味で演出!

映画『移動都市/モータル・エンジン』3月1日公開! イギリス人作家のフィリップ・リーヴのSF小説『移動都市』シリーズを『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズのピーター・ジャクソン監督のチーム …

SF映画

『ビルとテッドの大冒険』ネタバレあらすじとラストまでの感想考察。SFタイムトラベル映画でキアヌリーブスの人気を確立したコメディ!

キアヌ・リーブスを一躍スターにした、伝説のSFコメディシリーズ第1弾 レンタルビデオにアーケードゲーム、ミュージック・ビデオやMTVなど新たに誕生したポップカルチャーがアメリカと、全世界を席巻しようと …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学