Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

『ビルとテッドの地獄旅行』ネタバレあらすじと結末の感想考察。続編映画は“死神や宇宙人科学者ステーション”とタイムトラベルからハチャメチャSFワールドへ!

  • Writer :
  • 増田健

悪ノリが加速し炸裂する、伝説のSFコメディシリーズ第2弾

タイムパラドックス?そんなモノは「Excellent!」と叫んで、ノリで解決した痛快タイムトラベルコメディ『ビルとテッドの大冒険』。

大ヒットを受けシリーズ第2作が誕生します。その名も『ビルとテッドの地獄旅行』。

アレックス・ウィンター演じる”ビル”と、1作目より大人の顔に成長したキアヌ・リーブス演じる”テッド”が、今度は死後の世界を旅するハメに。

おバカが死んでも治らなかった2人組は、新たな相棒と出会います。

スポンサーリンク

映画『ビルとテッドの地獄旅行』の作品情報


© 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1991年(アメリカ映画)

【原題】
Bill & Ted’s Bogus Journey

【監督】
ピーター・ヒューイット

【脚本】
クリス・マシソン、エド・ソロモン

【キャスト】
キアヌ・リーブス、アレックス・ウィンター、ジョージ・カーリン、ジョス・アクランド、パム・グリア、ウィリアム・サドラー

【作品概要】
未来に音楽で世界に平和をもたらすロックスターとなる、今はお気楽高校生2人組のビルとテッド。しかし未来には、彼らの存在を快く思わぬ者がいました。

その人物にビルとテッドは殺されます。しかしお調子者の彼らは地獄旅行を繰り広げる、と前作をあらゆる意味でスケールアップした、痛快SFコメディ映画です。

前作と同じくクリス・マシソンとエド・ソロモンが手掛けた脚本を、『ハロルド・スミスに何が起こったか?』(1999)や『ガーフィールド』(2004)のピーター・ヒューイットが監督します。

キアヌ・リーブス、アレックス・ウィンター、ジョージ・カーリンが引き続き登場、『シシリアン』(1987)や『リーサル・ウェポン2 炎の約束』(1989)のジョス・アクランド、ブラックスプロイテーション映画の人気女優、『ジャッキー・ブラウン』(1997)のパム・グリアと共演。

ビルとテッドの新たな相棒となる”死神”を、『ダイ・ハード2』(1990)などの悪役や『ミスト』(2007)の印象に残る演技で有名な、個性派俳優ウィリアム・サドラーが演じ、彼を代表する役となりました。

映画『ビルとテッドの地獄旅行』のあらすじとネタバレ


© 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

西暦2691年のカリフォルニア州サン・ディマス。

世界はビル・プレストン(アレックス・ウィンター)とテッド・ローガン(キアヌ・リーブス)のバンド、”ワイルド・スタリオンズ”(綴りは”Wyld Stallyns”)の音楽の力で、愛と平和に包まれていました。

しかし、中には世界はバカ2人が残した騒がしい音楽に支配されたと、怒りを募らせる者もいたのです。

その首領、デ・ノモロス(ジョス・アクランド)は、”ワイルド・スタリオンズ”の音楽が世界に広まる、第2の運命的瞬間を迎える前に、ビルとテッドを始末しようと動き出します。

2425年創立の”ビル&テッド大学”で、お馴染み電話ボックス型タイムマシンから、学生たちの前に現れるルーファス(ジョージ・カーリン)。

彼は歴史上の偉人エジソンとバッハとジェームズ・マーティン(ロックバンド”フェイス・ノー・モア”などで活躍したギタリスト、ジム・マーティン )と、23世紀の技術者を紹介します。

偉人と共に講義を始めようとした時、教室を武装したデ・ノモロス一味が襲撃します。デ・ノモロスはルーファスの恩師でした。

過去の世界にビルとテッドそっくりのロボットを送り込み、本物の2人を殺害してロボットとすり替え、異なる音楽と思想を広めようと企てるデ・ノモロス。

2人のおバカな性格までコピーされたロボットは、タイムマシンで過去の世界に向かいます。

しかしデ・ノモロス一味の隙をつき、タイムマシンと共に過去へ旅立つルーファス。

現在のサン・ディマスで、15世紀のイギリスからやって来た、愛するジョアンナとエリザベスと共に”ワイルド・スタリオンズ”を結成したビルとテッド。

彼らは音楽業界にコネのあるワードロー(パム・グリア)の前で演奏を披露していました。

しかし音楽は滅茶苦茶だと、彼女からダメ出しを喰らいます。これではロック・ミュージシャンの登竜門、ロックバトルでの優勝など叶いそうもありません。

バイト暮らしの2人はロックバトルで優勝し、ジョアンナとエリザベスにプロポーズしようと考えていました。

中世から来た恋人の521歳の誕生パーティーで、ロックバトルに優勝すれば、借りた金を返すと父に伝えるテッド。

成り行きで負けた時には、男女4人まとめて陸軍学校に送られそうな雰囲気になります。警部であるテッドの父は、ビルの父と離婚したミッシーと結婚しラブラブでした。

パーティーが落ち着くと、ビルとテッドはそれぞれの相手にプロポーズします。酷い文句の告白ですが、それを受け入れたジョアンナとエリザベス。

同じ頃サン・ディマスのコンビニ、Kマート前に現れたタイムマシンから、ビルとテッドの偽ロボットが登場しました。

ルーファスの姿はありません。彼は時空の狭間に消え去ったようです。

偽ロボットは電話をかけ、ジョアンナになりすましてビルとテッドに別れを告げました。そして傷心の2人の前に姿を現すロボットたち。

ロボットを恋の手助けに現れた、未来から来た自分たちと信じたビルとテッドは、ロボットによって砂漠に連れ出されます。

そこで正体を現したロボットに崖から突き落とされ、あっさり殺されたビルとテッド。

哀れにも亡骸から離れたビルとテッドの魂。彼らの前にグリム・リーパー(死神。同時にイギリスのヘヴィメタバンドの名前)が現れました。

自分と共にあの世に向かえと促す死神(ウィリアム・サドラー)。愛する彼女のためにこの世に残りたい2人は、とりあえず死神のタマを痛めつけ逃げ出します。

家に戻った2人の魂の前で、ジョアンナとエリザベスを手荒に扱うロボットたち。すっかり様子の変わったビルとテッドに、彼女たちは失望しました。

ロボットがロックバトルの後に、恋人たちを殺すつもりだと知って、阻止を決意するビルとテッド。

とはいえ実体が無く、語りかけることも出来ぬ魂となった2人。そこで映画『エクソシスト』よろしく、テッドの父に憑りつこうと考えます。

警察署にいた父に憑依して、警官たちにロボットを逮捕し2人の姫君を守れと命令しますが、まるで相手にされません。

見かねたビルも同僚に憑りつき説明に加わりますが、お話にならず諦めます。

今度は降霊会をしていたビルの元義母、今はテッドの義母ミッシーの前に現れます。

ところが悪霊扱いされ、適当な呪文を唱えられた結果、地獄に落とされたビルとテッドの魂。

2人の堕ちた地獄は、ヘヴィメタのジャケットと大違い。お気楽に地獄を冒険するつもりの2人は、陸軍学校の教官に出会ってシゴかれます。

これは個人仕様の地獄だと気付く2人。ビルは子供時代のトラウマ、お祖母ちゃんにキスを迫られ、テッドはイースターバニーの人形に追われます。

えげつない目に遭わされた2人は、死の運命から逃れ地獄を脱出しようと、死神との勝負を決断します。

死神との勝負に勝った魂は、死から解放されます。ただし、今まで死神との勝負に勝った者など、存在しないのです…。

以下、『ビルとテッドの地獄旅行』のネタバレ・結末の記載がございます。『ビルとテッドの地獄旅行』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


© 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

死神からゲームを選べと言われ、映画『第七の封印』の様にチェスではなく、浅野忠信の出演で映画化されるゲーム「バトルシップ」を選んで対決し、勝利するビルとテッド。

すると突然、3本勝負だと告げ再戦を要求する死神。当然2人は文句を言いました。

今度は『殺人ゲームへの招待』として映画化された、探偵ボードゲーム「クルー」で2人に負かされ、実は5本勝負と言い張る死神。

卓上ゲーム「エレクトリック・フットボール」、パーテイーゲーム「ツイスター」でも敗北し、ようやく負けを認めた死神は2人を元の世に戻すと告げました。

しかし悪の偽物ロボットと、どう戦うか悩むビルとテッド。ならば善のロボットを用意すべきと思いつき、頼りになる助っ人を紹介して欲しいと死神に頼みます。

勝者の願いに従うしかない死神は、2人を天国の入口に案内しました。善良な魂からはぎ取った衣装で変装し、天国に入る3人。

天国の神様にタメ口で感謝の言葉を告げると、ビルとテッドは悪と戦うロボットを作れる人物を教えてもらいます。

神様から授かった地図に従って進み、亡くなった天才たちが集まる場所でロボットを作れる地球人以上の天才、宇宙人の科学者2人組”ステーション”を見つけました。

こうしてビルとテッドの魂は自分の体に戻ります。生き返った2人の前には”ステーション”、そして死神の姿もあります。

街に戻るとホームセンターチェーン店で、”ステーション”が作るロボットの材料を調達した一同。

その頃悪の偽ロボットは、テッドの家にいたジョアンナとエリザベスの前に姿を現し、正体を明かし2人をさらっていました。

電話をかけたビルとテッドは、偽ロボットたちとロックバトルの会場での対決を約束します。

調達したガラクタを前にした2人の”ステーション”は、ビルとテッドと死神の前で合体して1人となり、天才の本領を発揮してロボットを作り始めました。

こうして正義のロボット・ビルと、ロボット・テッドが完成しますが、活躍の場の無い死神は不満な様子です。

サン・ディマスの街でロックバトルが始まります。ジョアンナとエリザベスを会場の天井から吊るし、ワードローを騙して演奏の番を待つ偽ロボットたち。

ワードローの司会で偽の”ワイルド・スタリオンズ”が舞台に立った時、ビルとテッドはリモコンで正義のロボットを操作し、会場に乗り込みます。

舞台の偽ロボットに対決を宣言するビルとテッド。天井から吊るされたジョアンナとエリザベスと共に殺すと言い放つ偽ロボット。

そこに正義のロボット版、ビルとテッドも乱入します。会場の観客たちには、全てが派手なパフォーマンスに見えます。

偽ロボットは粉砕され、ジョアンナとエリザベスは”ステーション”に救われました。

恋人との再会を喜ぶビルとテッドの前に、電話ボックス型タイムマシンでやって来た、デ・ノモロスが姿を現します。

ビルとテッドを始末する姿を全世界に見せつけようと、世界中のTV放送をジャックするデ・ノモロス。

絶体絶命の危機ですが第1作同様に、後でタイムマシンで過去に戻り仕掛けを用意すれば勝てます。

そう気付いたビルとテッドは、この方法でデ・ノモロスの銃を奪い、用意した檻に閉じ込めました。

しかしタイムマシンを操るデ・ノモロスにも、同じ手は使えます。未来の自分に用意させた鍵で檻の扉を開け、改めて準備した銃を手します。

しかしその銃は、ビルとテッドによって細工済み。そう、時間を有利に操る事が出来るのは勝者のみ、全てはビルとテッドの操作でした。

死神はビルとテッドにやられた方法で、デ・ノモロスのタマを痛めつけます。彼を逮捕して連行するテッドの父。

こうして悪の陰謀が阻止された時、会場のワードローが正体を明かします。中から現れたのはルーファスでした。

正しい歴史の守護者であるルーファスは、最初からワードローに化けてビルとテッドを励まし、彼らを正しい方向へ導いていたのです。

ルーファスからステージは君たちの物だ、と告げられるビルとテッド。とはいえ演奏はまだヘタクソのまま。

そこでジョアンナとエリザベスらと過去に戻り、みっちり16ヶ月練習した上で、舞台に舞い戻る”ワイルド・スタリオンズ”。

もっともその内2週間はハネムーンで、ビルとテッドはしっかりベイビーを作った上での登場でした。

“ステーション”もロボット版ビルとテッドも、そしてイメチェンした死神もメンバーに加えた、新生”ワイルド・スタリオンズ”が全世界に向け演奏します。

この日、全ての人々を魅了しデビューした”ワイルド・スタリオンズ”は快進撃を続けます。

ビルとテッドたち何かと騒ぎを起こしながらも、世界をより良い方向へ導いて行きました。

スポンサーリンク

映画『ビルとテッドの地獄旅行』の感想と評価


© 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

続編が描いたのは、まさかの死後の世界!?

第1作では時空を超え、歴史上の偉人たちに巡り合うビルとテッド。

続編で死後の世界を旅行し、地獄の悪魔や天国の神様にタメ口をきくとは、誰が予想できたでしょうか

しかも”ワイルド・スタリオンズ”には死神、ロボット、宇宙人に2人の子供まで加わる、実にブっ飛んだ展開を繰り広げます

ハチャメチャぶりに付いていけない人も続出、前作同様のヒットを期待して多額の予算を費やした割に、興行成績は今一つといった結果に終わりました。

映画業界的には期待外れの失敗作、といった烙印を押されます

さらに問題は、神様すらネタにした事かもしれません。ポップカルチャー全盛の時代を迎えたとはいえ、アメリカはキリスト教の価値観が強い国。

この世は神が作ったとする、創造主義を信じる人々には科学やSFは目の敵。まして悪魔を讃えるヘビー・メタルの歌詞などは論外、ロックとの相性も良くありません。

もちろん科学の発展の先に神秘性を見出す人も存在し、音楽にもクリスチャン・ロックがありますが、どう考えてもビルとテッドは「真面目な」人々から嫌われる存在です

逆に言えば『ビルとテッドの地獄旅行』は、宗教的価値観に縁の無い、ポップカルチャーに慣れ親しむ人たちからは、強く愛される作品であることを意味します。

本作は第1作『ビルとテッドの大冒険』と共に、カルトと呼ぶには多すぎる人々から、時代を超えて愛される映画に成長します

大人気キャラとなったグリム・リーパー(死神)


© 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

60年代生まれのクリス・マシソンとエド・ソロモン、アレックス・ウィンターとキアヌ・リーブスたちの、悪ノリを詰め込んだ映画『ビルとテッドの地獄旅行』

ベテラン俳優ジョス・アクランドが後に、本作に出演したことを後悔している、と発言した件も大いに理解できます。

一方で本作の出演を楽しんだ人物も存在します。それは死神を演じたウィリアム・サドラーでした

西洋人がイメージする、イングマール・ベルイマン監督作品『第七の封印』(1957)の死神そのままの姿で登場し、間抜けな行為を繰り広げます。

『第七の封印』の死神は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演作『ラスト・アクション・ヒーロー』(1993)にも現れます。この映画もコケますから、実は恐ろしい貧乏神かもしれません

映画では悪役の多いウィリアム・サドラーですが、舞台ではコメディを演じていた彼はこの役に興味を持ち、オーディションを受け獲得します。

このキャラクターは大ウケし、賞に縁の無い本作で唯一、ウィリアム・サドラーがSF・ホラー・ファンタジー系作品を評価するサターン賞で助演男優賞を獲得しました

ちなみに本作で、全編白塗りメイクで登場する彼ですが、素顔を出して奥さんと娘さんと共に、カメオでも本作に出演

そのシーンは家族3人そろって登場しているので、誰でも判るはず。本作への彼の入れ込みがよく判るエピソードです。

お馬鹿な世界は加速を遂げますが…

参考映像:『ミュータント・フリークス』(1993)

悪ノリの限りを尽くした『ビルとテッドの地獄旅行』、しかし興行的失敗から続編の製作は企画されません

しかし味をしめたアレックス・ウィンターは、この世界観をさらに発展させた映画の製作に挑み、その作品にキアヌ・リーブス、ウィリアム・サドラーも参加します。

これがアレックス・ウィンターが、後にNetflixドキュメンタリー『ボクらを作ったオモチャたち』(2017~)を手掛ける、トム・スターンと共同監督した『ミュータント・フリークス』です。

タイトルから想像できる通り、「ビルとテッド」シリーズの悪ノリは本作でさらに発展。全編ほぼ出演したキアヌ・リーブスは、顔を見せない役という有様。

その過激な内容に映画会社は激怒。アメリカでは限定公開後、封印されます

日本でも東京国際ファンタスティック映画祭などで公開された以外は、長らく観る機会が失われた作品となりました。

映画の製作・監督に挑んだアレックス・ウィンターは、本作の失敗でハリウッドから事実上の出禁状態になります。

その後はビルを演じることは無く、ドキュメンタリー映画を監督する道に進むアレックス・ウィンター。俳優の姿を『グランドピアノ 狙われた黒鍵』(2013)で目撃した時は驚きました。

この後映画スターの道を歩むキアヌ・リーブス。しかし彼は『ミュータント・フリークス』が公開された1993年に、親友の俳優リヴァー・フェニックスの死に遭遇します

『マトリックス』(1999)で再ブレイク直後には恋人の死産、その恋人との死別を経験するキアヌ。

セレブ生活に興味がなく、音楽活動やバイクレースへの参加、公園でのボッチ飯や日本でラーメン店に入る姿が話題になる人物です。

大スターらしからぬ振る舞いが注目されますが、それは幼少期の体験を含めた数々の出来事が、彼に影響を与えた結果でしょう

俳優キアヌ・リーブスにとって最も幸せな時は、テッドを演じていた時代かもしれません

まとめ


© 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

熱狂的なファンを獲得した『ビルとテッドの地獄旅行』。その続編は長らく作られませんでした。

しかし時代は移り変わります。封印された『ミュータント・フリークス』が再評価されカルト的人気を獲得した結果、「ビルとテッド」シリーズの続編が作られる環境が整います

その現場にキアヌ・リーブスとアレックス・ウィンター、クリス・マシスンとエド・ソロモン、そしてウィリアム・サドラーが再結集します。

こうして29年ぶりに誕生した作品こそ、シリーズ3作目となる『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』(2020)です

50歳を越えたビルとテッドは、以前同様におバカな人物なのか。演じる2人同様に、様々な辛苦を味わった人物として登場するのか。

『ビルとテッドの地獄旅行』で誕生した子供たちは、物語にどう絡んでくるのか、と興味は尽きません。

無邪気なありのままの自分を晒して、成功を収めたビルとテッドの姿は、現在見るとユーチューバーやインスタグラマー、TikTokで成功した人々の姿に重なるから不思議です。

この機会に改めて、MTV時代に世界を席巻した、ビルとテッドの姿を目撃しませんか?







関連記事

SF映画

映画『E.T.』あらすじネタバレと感想。スピルバーグ監督の作風と特徴が画期的だった「トモダチ宇宙人」

イツモココニイルヨ。 離れていても心はいつも一緒。 1982年公開、スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒットSFファンタジー『E.T.』を紹介します。 公開当時、世界興行収入ナンバーワンという記録を叩 …

SF映画

ブレードランナー2049|あらすじネタバレ感想と結末考察。ラストまでの前日譚30年史とドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が描いたものとは?

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の30年後を舞台にした続編がついに公開。 監督は今最も世界から注目を集めるドゥニ・ヴィルヌーヴ。 主演には今や世界的スターとなったライアン・ゴズリング。 今年最大の …

SF映画

映画『囚われた国家』感想とレビュー評価。近未来SFの地球外生命体の侵略という物語を2つの名作映画をヒントにリアルに描く

映画『囚われた国家』は2020年4月3日(金)よりイオンシネマほかでロードショー。 地球外からの侵略者に支配され、絶滅の危機に瀕した地球。果たして人類に未来はあるのか? エイリアンの侵略に降伏した現代 …

SF映画

『アベンジャーズ/エイジオブウルトロン』あらすじと動画無料配信法

「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第11作品目です。 前作、映画「アベンジャーズ」のメンバーを新たな脅威が襲いかかり、謎の石が登場! 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を紹介します。 …

SF映画

東京喰種主題歌illion(イリオン)『BANKA』歌詞と発売日情報!

2017年7月29日から公開される映画『東京喰種 トーキョーグール』。 この映画の主題歌として、野田洋次郎こと、illionが新曲「BANKA」を書き下ろしが提供されることが決まなりました! スポンサ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学