Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/06/11
Update

映画『こどく/蠱毒ミートボールマシン』あらすじとキャスト。西村喜廣監督が描く世界観

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

個性派俳優の田中要次が映画初主演作を果たした『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』のディザービジュアルがネットに解禁されました。

高橋一生が出演した『ミートボールマシン』の続編で、『シン・ゴジラ』『進撃の巨人』などの特殊造形を手がけた西村喜廣が監督を務めます。


(C)2017 キングレコード

スポンサーリンク

1.映画『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』の作品情報

【公開】
2017年(日本映画)

【脚本・監督】
西村喜廣

【キャスト】
田中要次(野田勇次)、百合沙(カヲル)、鳥居みゆき、川瀬陽太、村杉蝉之介、三元雅芸、仁科貴、安部智凛、矢部太郎、ジジ・ぶぅ、こまつよしお、冨手麻妙、沼澤邪鬼、島津健太郎、山中アラタ、屋敷紘子、栄島智、富田海人、小林実由、加藤桃子、笹野鈴々音、水井真希、松田リマ、倖田李梨、しいなえいひ、斎藤工(謎の宇宙人)

【作品概要】
謎の生命体に寄生されネクロボーグに化した人類の死闘を描いたアクション『ミートボールマシン』の続編。

脇役ながらインパクトのある風貌で名バイプレイヤーの田中要次が映画初主演を務め、ダークヒーローの中年男を演じる。

2.映画『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』のあらすじ


(C)2017 キングレコード

50歳の中年男である野田勇次は借金の取り立て屋をしていますが、なかなかノルマの金額を回収することが出来ません。

いつも上司になじられたあげく、実母にお金の無心をされてしまいます。

さらにツイていないことにガンの余命宣告を受けてしまいます。

生きている意欲もなくなってしまった野田は、謎の生命体「ユニット」に寄生されてしまいます。

ユニットに寄生された人間はやがて人格を奪われたネクロボーグ化するのだが、なぜか、野田だけはネクロボーグにはなりませんでした。

そして、心から思いを寄せるカヲルを守るため、次々と現れるネクロボーグたちと血煙を上げた戦いを繰り広げて行く…。

スポンサーリンク

映画『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』の感想と評価


(C)2017 キングレコード

2017年3月にアメリカのテキサス州で開催された「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」にて、映画『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』は上映されました。

同イベントは、各国から屈指のクリエイターが結集する祭典で、会場に集まったクリエイターたちは、日本的な特殊造形や特殊メイク、また、約4トンの血糊を使用したスプラッター・アクションが大注目を集めようです。

さらには、ベルギーのブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、アメリカのシアトル国際映画祭 、スイスのヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭など、各国の映画祭から上映希望が殺到しています。

まとめ


(C)2017 キングレコード

『蠱毒(こどく)ミートボールマシン』に個性派俳優の田中要次が、主人公の野田勇次役で映画初主演を果たしたことも大きな話題です!

また、グラビアアイドルの百合沙がヒロインのカヲル役も楽しみな見どころです。

他にも鳥居みゆき、川瀬陽太、村杉蝉之介、三元雅芸、しいなえいひ、そして、謎の宇宙人役の斎藤工にも注目です!

2017年8月19日から日本公開です。ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

SF映画

『ヴェノム』ネタバレ感想と評価。寄生獣と似たバディムービーを傑作洋画と割り切って楽しもう

「最悪」というキャッチコピーに強烈な牙をむいたポスタービジュアルが話題になっていますが、意外にも映倫審査ではPG12。 それもそのはず、本作『ヴェノム』は、ヴィランが残虐に大暴れする映画ではなく、悪そ …

SF映画

映画『スターウォーズ/最後のジェダイ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

全世界のファンが待ち望むシリーズ最新作が遂に公開! タイトルに込められた真意とは!? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ス …

SF映画

映画『レディ・プレイヤー1』あらすじとキャスト。原作者はウルトラマン好き⁉︎

VRワールド「OASIS(オアシス)」に隠された「宝の卵」を巡る冒険を描いた、新時代のアドベンチャームービー『レディ・プレイヤー1』は4月20日より全国公開。 今回はアーネスト・クライン原作の『ゲーム …

SF映画

【ネタバレあり】『テネット』『メメント』比較考察。ノーラン代表作の見どころ原点とこだわりポイントを解説

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 世界中のSF映画ファン、クリストファー・ノーラン映画ファンが内容について語り合い、様々な解釈を披露している『TENET …

SF映画

ブレードランナー2049あらすじネタバレと感想【考察:前日譚30年史】

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の30年後を舞台にした続編がついに公開。 監督は今最も世界から注目を集めるドゥニ・ヴィルヌーヴ。 主演には今や世界的スターとなったライアン・ゴズリング。 今年最大の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP