Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2024/01/15
Update

映画『きまぐれ』あらすじ/キャスト/上映館。瀬戸かほ初の原案・プロデュース・主演作に永岡俊幸監督のコメントも到着!

  • Writer :
  • 大塚まき

瀬戸かほ初の原案・プロデュース・主演作品『きまぐれ』

最後の家族旅行できまぐれに彷徨う女たちと、取り残される父。とある一家の「家庭の事情」を描く短編映画『きまぐれ』。


(C)八王子日本閣 2023

この度、短編映画『きまぐれ』が、2024年3月15日(金)よりシモキタ-エキマエ-シネマ『K2』ほか全国順次公開することが決定しました。

併せて、ポスタービジュアルと予告編が解禁となります。また、本作のプロデューサー・主演の瀬戸かほと監督を務めた永岡俊幸よりコメントが届きました。

映画『きまぐれ』について


(C)八王子日本閣 2023

本作は、近年『クレマチスの窓辺』(2020)(永岡俊幸監督)『この日々が凪いだら』(2021)(常間地裕監督)、『ストレージマン』(2022)(萬野達郎監督)など、出演作が多数公開され、俳優・モデルとして活躍する瀬戸かほの初プロデュース作品

そして、自身で主演と原案も務めます。家族の物語である本作では、瀬戸かほ、内田周作、石本径代、櫻井成美が最後の家族旅行をする一家を演じ、二見悠とミネオショウが旅先の街で出会う人物を演じます。

いずれも瀬戸が共演を熱望した豊かで個性的な俳優陣が揃いました。

監督と脚本は、2022年に劇場公開された瀬戸かほ主演作『クレマチスの窓辺』以来のタッグを務めた永岡俊幸

25分という短編映画ながら、色彩豊かな映像と個性的な登場人物たちが織り成す充実した作品に仕上がっています。

映画『きまぐれ』の予告編

この度解禁された予告編では、冒頭から最後の家族旅行に出かける姿が映し出されます。

長女・桃子(瀬戸かほ)と次女・桜子(櫻井成美)、そして、母・和美(石本径代)がそれぞれに事情を抱えていました。

また、宿にひとり取り残された父・智(内田周作)の姿も切り取られています。

とある一家がきまぐれに彷徨った家族旅行の顛末とは…。

瀬戸かほ(プロデューサー・主演)のコメント

この度、自身初の原案・プロデュース・出演作『きまぐれ』の上映が決定いたしました。本当に嬉しいです、ありがとうございます。一昨年の秋に原案の台本を書いていたときに、いつかこの作品を作れたらいいなとふんわり思っていたのが遠い昔のことのようです。本作は映画を作ることの苦悩、それを上回る喜びを改めて私に教えてくれた大切な作品です。一緒に作品を作ってくださった監督の永岡さん、スタッフ・キャストのみなさん、俳優・モデル 瀬戸かほ初プロデュース作品短編映画『きまぐれ』劇場公開決定!! ポスタービジュアル、予告編も解禁! プロデューサー・主演の瀬戸かほ&永岡俊幸監督のコメントも到着! ま、ご協力くださった方々に心より感謝申し上げます。とある家族の一幕を、ぜひ劇場でご覧いただけますと幸いです。みなさまをお待ちしております。

永岡俊幸(監督)のコメント

人生は過酷なものです。他者や自分、社会の情勢などに向き合うのはしんどい。この『きまぐれ』という短い映画は、そんな過酷さを少しだけ忘れられるような「軽さ」を持ったものだと思います。この映画に出てくる家族はおかしな家族かもしれません。けれど、まったく同じ人がこの世にいないように、まったく同じ家族もいない。僕が人生や映画の過酷さに打ちのめされていた時に、瀬戸さんから声を掛けてもらって動き出したこの映画も、同じもののない個性的なものになっていると思います。劇場で素敵な俳優陣によるお芝居をご覧ください。お待ちしております。

映画『きまぐれ』の作品情報


(C)八王子日本閣 2023

【日本公開】
2024年(日本映画)

【原案】
瀬戸かほ

【監督】
永岡俊幸

【脚本】
永岡俊幸、瀬戸かほ

【キャスト】
瀬戸かほ、内田周作、石本径代、櫻井成美、二見悠、ミネオショウ

映画『きまぐれ』のあらすじ


(C)八王子日本閣 2023

親戚の結婚式に来た岩田家。この遠出は旅行を兼ねているが、各々が最後の家族旅行だと感じている。

長女・桃子(瀬戸かほ)は結婚間近、次女・桜子(櫻井成美)は海外へ留学。そして、母・和美(石本径代)
は離婚を考えている。

桃子は街で婚約者そっくりな男に出会い、桜子はフラメンコ教室に飛び込みで入って踊りを習う。そんな風に女たちが彷徨うように街へ繰り出していく中、ひとり宿に取り残された父・智(内田周作)。

果たしてこの家族旅行の顛末は…。

まとめ


(C)八王子日本閣 2023

俳優・モデルとして活躍する瀬戸かほ初プロデュース作品『きまぐれ』。

瀬戸かほ、内田周作、石本径代、櫻井成美らが演じる、とある家族の一幕をぜひ劇場でご覧ください。

短編映画『きまぐれ』は、2024年3月15日(金)より、シモキタ-エキマエ-シネマ『K2』にてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

『ホゾを咬む』佐伯日菜子/芸人永野ら推薦コメントと予告編が到着!瀬々敬久監督は《金魚鉢を頭から被ったような圧迫感》と称賛

映画『ホゾを咬む』は2023年12⽉2⽇(⼟)より新宿K’s cinemaほかで全国順次公開! 「後悔する」という意味のことわざ「臍(ホゾ)を噛む」からタイトルをとった映画『ホゾを咬む』。 …

新作映画ニュース

インド映画『燃えよスーリヤ!!』あらすじとキャスト。公開日が12月27日と決定したヒーローアクション作品

世界中の映画ファンが燃え上がったインド発のカンフーアクションエンターテインメント。 『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard …

新作映画ニュース

『アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画』公開日情報。遺作と未公開作品含め同時上映

フランス映画界を代表する女性監督アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画が公開決定! 2019年3月に90歳で亡くなったフランス映画界を代表する女性監督、アニエス・ヴァルダ監督の遺作『Varda …

新作映画ニュース

映画『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田由美役は森絵梨佳【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

『未体験ゾーンの映画たち2020』の開催日は1月3日より!ヒューマントラストシネマ渋谷にて

2020年の年明けは、劇場で未知のエンタテインメント体験で決まり! 各国のあらゆるジャンルから厳選した作品を一挙上映。 この度、様々な理由から日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンの皆 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学