Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/05
Update

映画『ジュリアン』監督&キャスト子役が来日。呉美保監督が感想を述べたトークイベント報告

  • Writer :
  • かりごめあき

映画『ジュリアン』は2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

離婚した両親の間で揺れ動く息子ジュリアンを主人公に、家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る者を襲う傑作サスペンス『ジュリアン』。

2017年ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞し、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録しています。

本作を手掛けたグザヴィエ・ルグラン監督と主人公ジュリアン役のトーマス・ジオリアの来日を記念して開催された特別試写会の模様をお届けします。

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』の監督&子役来日記念!特別試写会レポート


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

2018年冬、注目のサスペンス映画『ジュリアン』のグザヴィエ・ルグラン監督とトーマス・ジオリア(ジュリアン役)の来日を記念し、12月4日(火)に特別試写会が渋谷のユーロライブで開催されました。

本作『ジュリアン』と同じく、家族をテーマにした映画『きみはいい子』(2015)、『そこのみにて光輝く』(2014)などを手がけた呉美保監督と共にトークショーを行い、本作の細部にまでこだわりぬいた秀逸な演出術の裏側や、注目ポイントについて熱く語りました。

呉監督も絶賛!ルグラン監督こだわりの演技指導


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

登壇早々から「最近見た映画の中で最も胸を打つ作品」と本作を絶賛した呉監督。

観賞後は涙を流し「しばらく席が立てなかった」と告白するほど、衝撃を受けたそうです。

離婚した父親と母親の間で揺れ動く息子ジュリアンら家族の複雑な思いを丁寧に描いた本作の演出について、ジュリアン役のトーマスは次のように話しました。

素晴らしい演技指導をシーンごとにしていただいたので不安はなかったです

監督の演技指導について「不安はなかった」と笑顔で話したトーマス。

舞台俳優としても活躍するルグラン監督は「目線の指導など、細かく言いました」と、人物の作り込みやディテールへのこだわりを明かしました。


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

ルグラン監督の言葉を受けて呉監督も「まさに一番引き付けられたの目!」と続けます。

冒頭から話が進んでいくにつれて登場人物の目の色が変わっていく。そこに怯えを感じ、家族のもろさや儚さを俳優の目で感じました

呉監督は、ルグラン監督もこだわったと話す“目の演技”について、“家族のもろさや儚さ”を感じ取ったとコメントしました。

注目ポイントは“音”の使い方


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

本作を語るうえで重要なポイントである“音”の使い方について、ルグラン監督は次のように語りました。

通常の映画は後から音を入れたりもしますが、俳優たちを現実の本物のような環境に置き、その音が聞こえるように配慮した

ルグラン監督のコメントに対して呉監督は「そう!音に感情が動かされました。すごく繊細な音がついていて、それがクライマックスに結びついていく。そこが驚きでとても良かった!」とまたもや本作を絶賛しました。

本作は世界的にも評価が高く、第74回ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞し、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録しています。

アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesでは94点の高評価を得ている注目作です。

本作『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。

映画『ジュリアン』の作品情報


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Jusqu’a la garde(英題:CUSTODY)

【監督・脚本】
グザヴィエ・ルグラン

【製作】
アレクサンドル・ガヴラス

【撮影】
ナタリー・デュラン

【キャスト】
レア・ドリュッケール、ドゥニ・メノーシェ、トーマス・ジオリア、マティルド・オネヴ

【作品概要】
離婚し共同親権を持つ両親の間で揺れ動く11歳の息子ジュリアンを、父親が執拗に追いつめていく様子をスリリングに描いたサスペンス。

フランス映画界の新星グザヴィエ・ルグラン監督の長編デビュー作。

第74回ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞。

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』のあらすじ


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

両親が離婚したため、母ミリアム、姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン。

離婚調整の取り決めで親権は共同となり、ジュリアンは隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごさねばならなくなりました。

母ミリアムはかたくなに父アントワーヌに会おうとせず、電話番号さえも教えません。

アントワーヌは共同親権を盾にジュリアンを通じて母の連絡先を突き止めようとします。

ジュリアンは母を守るために必死で父に嘘をつき続けますが、それゆえに父アントワーヌの不満は徐々に溜まっていきます。

家族の関係に緊張が走る中、想像を超える衝撃の展開が待ち受けていました…。

まとめ


© 2016 – KG Productions – France 3 CinémaJulien-movie.com

本作『ジュリアン』が長編監督デビュー作となるフランス映画界の新星グザヴィエ・ルグラン監督と、主人公ジュリアンを好演したトーマス・ジオリアの来日を記念して特別試写会が開催されました。

二人とともに登壇したのは、『オカンの嫁入り』(2010)や『酒井家のしあわせ』(2006)など、家族をテーマにした作品を描いてきた呉美保監督。

『きみはいい子』では自分の娘に手をあげてしまう母親ら、問題を抱えて生きる3人の大人と周囲の子どもたちの群像劇を描いた呉監督が、本作観賞後は涙を流し「しばらく席から立てなかった」と明かしました。

繊細な感情表現を必要とする本作でのルグラン監督こだわりの“目線の演技指導”や“音の演出”についても語られ、「感情が動かされた」と呉監督が大絶賛しました。

家族をテーマにした映画を描いてきた呉監督が太鼓判を押す本作に期待が高まります。

映画『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。

スポンサーリンク

関連記事

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/9/7より公開】

今週9月7日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩みを …

新作映画ニュース

柳楽優弥映画『夜明け』あらすじとキャスト。東京フィルメックス2018開催情報の紹介も

第19回東京フィルメックスが、2018年11月17日(土)~11月25日(日)の9日間、有楽町朝日ホールほかで開催されます。 2018年のラインナップが発表され、東京フィルメックスならではの作品たちが …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

新作映画ニュース

西島秀俊×佐々木蔵之介映画『空母いぶき』あらすじとキャスト。かわぐちかいじ原作を実写化

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ 一体、日本に何が起ころうとしているのか…。 かわぐちかいじの原作を壮大なスケールで初映画化する超話題作! 映画『空母いぶき』は20 …

新作映画ニュース

映画『あの頃、君を追いかけた』山田裕貴がキャストに囲まれ坊主⁈動画解禁

主演:山田裕貴×ヒロイン:齋藤飛鳥(乃木坂46)で贈る、珠玉のラブストーリー。 映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金) TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー。 この度、役作りのために山田 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP