Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/05
Update

映画『ジュリアン』監督&キャスト子役が来日。呉美保監督が感想を述べたトークイベント報告

  • Writer :
  • かりごめあき

映画『ジュリアン』は2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

離婚した両親の間で揺れ動く息子ジュリアンを主人公に、家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る者を襲う傑作サスペンス『ジュリアン』。

2017年ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞し、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録しています。

本作を手掛けたグザヴィエ・ルグラン監督と主人公ジュリアン役のトーマス・ジオリアの来日を記念して開催された特別試写会の模様をお届けします。

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』の監督&子役来日記念!特別試写会レポート


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

2018年冬、注目のサスペンス映画『ジュリアン』のグザヴィエ・ルグラン監督とトーマス・ジオリア(ジュリアン役)の来日を記念し、12月4日(火)に特別試写会が渋谷のユーロライブで開催されました。

本作『ジュリアン』と同じく、家族をテーマにした映画『きみはいい子』(2015)、『そこのみにて光輝く』(2014)などを手がけた呉美保監督と共にトークショーを行い、本作の細部にまでこだわりぬいた秀逸な演出術の裏側や、注目ポイントについて熱く語りました。

呉監督も絶賛!ルグラン監督こだわりの演技指導


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

登壇早々から「最近見た映画の中で最も胸を打つ作品」と本作を絶賛した呉監督。

観賞後は涙を流し「しばらく席が立てなかった」と告白するほど、衝撃を受けたそうです。

離婚した父親と母親の間で揺れ動く息子ジュリアンら家族の複雑な思いを丁寧に描いた本作の演出について、ジュリアン役のトーマスは次のように話しました。

素晴らしい演技指導をシーンごとにしていただいたので不安はなかったです

監督の演技指導について「不安はなかった」と笑顔で話したトーマス。

舞台俳優としても活躍するルグラン監督は「目線の指導など、細かく言いました」と、人物の作り込みやディテールへのこだわりを明かしました。


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

ルグラン監督の言葉を受けて呉監督も「まさに一番引き付けられたの目!」と続けます。

冒頭から話が進んでいくにつれて登場人物の目の色が変わっていく。そこに怯えを感じ、家族のもろさや儚さを俳優の目で感じました

呉監督は、ルグラン監督もこだわったと話す“目の演技”について、“家族のもろさや儚さ”を感じ取ったとコメントしました。

注目ポイントは“音”の使い方


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

本作を語るうえで重要なポイントである“音”の使い方について、ルグラン監督は次のように語りました。

通常の映画は後から音を入れたりもしますが、俳優たちを現実の本物のような環境に置き、その音が聞こえるように配慮した

ルグラン監督のコメントに対して呉監督は「そう!音に感情が動かされました。すごく繊細な音がついていて、それがクライマックスに結びついていく。そこが驚きでとても良かった!」とまたもや本作を絶賛しました。

本作は世界的にも評価が高く、第74回ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞し、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録しています。

アメリカの映画批評サイトRotten Tomatoesでは94点の高評価を得ている注目作です。

本作『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。

映画『ジュリアン』の作品情報


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Jusqu’a la garde(英題:CUSTODY)

【監督・脚本】
グザヴィエ・ルグラン

【製作】
アレクサンドル・ガヴラス

【撮影】
ナタリー・デュラン

【キャスト】
レア・ドリュッケール、ドゥニ・メノーシェ、トーマス・ジオリア、マティルド・オネヴ

【作品概要】
離婚し共同親権を持つ両親の間で揺れ動く11歳の息子ジュリアンを、父親が執拗に追いつめていく様子をスリリングに描いたサスペンス。

フランス映画界の新星グザヴィエ・ルグラン監督の長編デビュー作。

第74回ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞。

スポンサーリンク

映画『ジュリアン』のあらすじ


© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma Julien-movie.com

両親が離婚したため、母ミリアム、姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン。

離婚調整の取り決めで親権は共同となり、ジュリアンは隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごさねばならなくなりました。

母ミリアムはかたくなに父アントワーヌに会おうとせず、電話番号さえも教えません。

アントワーヌは共同親権を盾にジュリアンを通じて母の連絡先を突き止めようとします。

ジュリアンは母を守るために必死で父に嘘をつき続けますが、それゆえに父アントワーヌの不満は徐々に溜まっていきます。

家族の関係に緊張が走る中、想像を超える衝撃の展開が待ち受けていました…。

まとめ


© 2016 – KG Productions – France 3 CinémaJulien-movie.com

本作『ジュリアン』が長編監督デビュー作となるフランス映画界の新星グザヴィエ・ルグラン監督と、主人公ジュリアンを好演したトーマス・ジオリアの来日を記念して特別試写会が開催されました。

二人とともに登壇したのは、『オカンの嫁入り』(2010)や『酒井家のしあわせ』(2006)など、家族をテーマにした作品を描いてきた呉美保監督。

『きみはいい子』では自分の娘に手をあげてしまう母親ら、問題を抱えて生きる3人の大人と周囲の子どもたちの群像劇を描いた呉監督が、本作観賞後は涙を流し「しばらく席から立てなかった」と明かしました。

繊細な感情表現を必要とする本作でのルグラン監督こだわりの“目線の演技指導”や“音の演出”についても語られ、「感情が動かされた」と呉監督が大絶賛しました。

家族をテーマにした映画を描いてきた呉監督が太鼓判を押す本作に期待が高まります。

映画『ジュリアン』は、2019年1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

『世界一と言われた映画館』初日舞台挨拶リポート。大杉漣が最後にナレーションを務めたドキュメンタリー映画とは

映画『世界一と言われた映画館』は、2019年1月5日より有楽町スバル座ほかで全国順次公開中です。 40年前までは山形県酒田市に存在していた伝説の映画館“グリーン・ハウス”。 2019年の1月5日に映画 …

新作映画ニュース

『ある船頭の話』ヴェネチア国際映画祭公式上映レポート!オダギリジョー監督作に確かな手ごたえ

満席&鳴り止まぬ拍手。 『ある船頭の話』ヴェネチアでついにお披露目! 2019年9月13日(金)より公開されるオダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が、第76回ヴェネチア国際映画祭の“ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』あらすじと8月先行上映・11月劇場公開決定!マイノリティカップルの結婚式までを描く

日本に暮らすマイノリティカップルの日常と結婚式までを描いたドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』。 ベトナム難民2世の青年と介護の必要な母親と暮らす日本人青年、ふたりの青年の日常と結婚式までを追ったド …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの速水秀悟役は坂口健太郎【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

映画『グレート・ウォー』あらすじとキャスト。戦争アクション大作が未体験ゾーンの映画たち2020にて公開!

いまだ語られることのなかった戦場の真実。 2020年1月3日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて、2月7日(金)からはシネ・リーブル梅田にて開催される、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち20 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP