Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画シラノ(2022)|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ピーター・ディンクレイジのかっこいい姿が光るミュージカルでの“情熱的な恋愛模様”

  • Writer :
  • 西川ちょり

名作を再構築したジョー・ライト監督によるミュージカル映画!

1897年のパリでの初演以降、世界中で映画化やミュージカル化されているエドモンド・ロスタンによる戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』。

映画『シラノ』は、2018年にエリカ・シュミットが脚色・演出したオフ・ブロードウェイ・ミュージカル『シラノ』を見た『プライドと偏見』(2005)、『つぐない』(2007)のジョー・ライト監督が舞台を映画化した作品です。

舞台と同じく、ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011~2019)で知られるピーター・ディンクレイジがシラノを演じ、『Swallow/スワロウ』(2019)などのヘイリー・ベネットがヒロイン・ロクサーヌを演じています。

ロクサーヌが恋するクリスチャンには『ルース・エドガー』(2020)、『WAVES/ウエイブス』(2020)などのケルヴィン・ハリソン・Jr.が扮し、17世紀フランスを舞台に、複雑な三角関係に陥る男女の恋愛模様が描かれます。

映画『シラノ』の作品情報


(C)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年公開(イギリス・アメリカ合作映画)

【原題】
Cyrano

【監督】
ジョー・ライト

【原作】
戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』(エドモンド・ロスタン)

【脚本】
エリカ・シュミット

【キャスト】
ピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソン・Jr.、ベン・メンデルソーン

【作品概要】
不朽の名作『シラノ・ド・ベルジュラック』(1897)を、『プライドと偏見』(2005)『つぐない』(2007)のジョー・ライト監督が壮大なスケールで再構築し映画化。

シラノ役をピーター・ディンクレイジ、ロクサーヌ役をヘイリー・ベネット、クリスチャン役をケルビン・ハリソン・Jr.が演じています。

映画『シラノ』あらすじとネタバレ


(C)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

17世紀のフランス。

軍きっての剣の達人、シラノは、詩の才能にも恵まれた、文武両道の騎士として知られていました。

しかし、自らの外見に自信がもてず、思いを寄せる女性、ロクサーヌになかなか気持ちを伝えることができません。

ある日、ロクサーヌから「ふたりきりで会いたい」と呼び出されたシラノは、「告白したい」と言う彼女の言葉を聞いて、期待で胸が高まります。

しかし彼女の告白は、シラノと同じ部隊に所属するクリスチャンに恋をしているというものでした。彼が部隊でひどい目にあわないように守って欲しいと頼まれ、シラノは失意を抑えてうなずきます。

以前、シラノはクリスチャンからもロクサーヌへの思いを聞かされていました。クリスチャンはハンサムな青年でしたが、まったく文才がありませんでした。

そのため、シラノはクリスチャンにロクサーヌへの手紙を代筆することを提案します。

シラノは自らの溢れる思いを手紙に込めました。2人の文通が始まり、クリスチャンからの手紙を受け取ったロクサーヌは美しい言葉の数々に心ときめかせます。

ロクサーヌは直接話がしたいとクリスチャンと2人きりで会いますが、クリスチャンはシラノが手紙に書いたような美しい言葉を発することができません。

ロクサーヌは手紙とイメージが違うクリスチャンに驚き立ち去ってしまいます。

2人の仲を取り持つため、シラノはクリスチャンと共にロクサーヌの屋敷を訪ね、クリスチャンはバルコニーの下に立ちました。

シラノは陰に身を隠して、ロクサーヌへの言葉をささやき、クリスチャンがその言葉を繰り返してロクサーヌに届けました。

クリスチャン自身の言葉だと信じるロクサーヌはその言葉に酔いしれ、こちらに来てほしいとクリスチャンを呼びます。クリスチャンとロクサーヌはキスを交わし、それを見たシラノは激しく心をかき乱されます。

そんな中、以前からしつこくロクサーヌに求婚し続けているド・ギーシュ公爵からの手紙を預かった司祭がやって来ました。

手紙は強引にロクサーヌをものにしようとするド・ギーシュの欲望が詰まったおぞましい内容でした。

ロクサーヌは、叔母に何の手紙かと問われ、手紙を読むふりをしながらまったく違った内容を口にしました。

いわく、「クリスチャンとの結婚を認める。遣わした司祭のもとで結婚式をあげよ」というものです。皆驚く中、クリスチャンが呼ばれ、シラノと共にロクサーヌ邸にやってきました。

結婚式が行われる中、ロクサーヌのもとに現れたギーシュはその様子を見て、さっと姿を隠し、「兵士と結婚とは正気ではない」と怒りを顕にしました。

彼はロクサーヌとクリスチャンの前に現れ、クリスチャンに出兵するよう命じました。慌ただしく出ていくクリスチャンの姿を呆然と見送りながら、側にいたシラノに「寒さや飢えからクリスチャンを守って」と頼みます。

「約束できない」と応えるシラノ。ロクサーヌは「手紙を書くように伝えて」と言い、シラノは「それは守る」とうなずきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シラノ』ネタバレ・結末の記載がございます。『シラノをまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

クリスチャンと共に戦地に赴いたシラノは、クリスチャンの名でロクサーヌに思いを込めた手紙を書き、危険を犯して、毎日のように送り続けていました。戦地の状況は想像以上に過酷なものでした。

ド・ギーシュはクリスチャンのいる部隊に戦の先陣を切るよう命じます。

兵士たちは皆、死を覚悟し、各々、大切な家族や恋人に手紙を書きました。クリスチャンはロクサーヌに自分の言葉で手紙を書きたいとシラノに告げますが、シラノは「だめだ」と答えます。

シラノが書いた手紙をみせてくれとクリスチャンは言い、シラノは手紙を渡しました。手紙に涙のあとがあるのを見て、クリスチャンはようやく気付きます。シラノもロクサーヌに恋をしていることを。

「ロクサーヌは手紙を読んで、俺の内面が好きだと自身の手紙に書いてきた。その内面とは、お前のことだ。ロクサーヌもお前を愛している」とクリスチャンは苦しそうに言葉を絞り出しますが、シラノは首をふります。

クリスチャンは飛び出していき、敵に狙撃されて死亡してしまいます。シラノは彼を抱き起こし、彼の軍服の胸元にそっと手紙を忍び込ませました。

それから3年。シラノは過酷な戦火をかいくぐり生き延びました。しかし、体は傷だらけで、食事も喉を通らず、日に日に弱っていました。

彼は毎日のようにロクサーヌのいる修道院を訪ねました。シスターが、スープを飲んでいくように声をかけ、またロクサーヌもすすめますが、シラノはあとでいただくと応えました。

シラノはロクサーヌにクリスチャンが最後に残した手紙を見せてほしいと頼みます。ロクサーヌは肌見離さず持っていた手紙を差し出しました。

声を出して読み始めるシラノ。しかしロクサーヌはシラノが手紙を見ておらず、諳んじているのに気が付きます。手紙を書いたのはシラノだったことにロクサーヌは気が付きます。

ロクサーヌは手紙を書いた人に恋をしていました。それがシラノだったことにまったく気がついていなかったのか?どこかでうっすらと気付いていたのではなかったでしょうか。

自分など愛されるはずがないのだと語るシラノに、ロクサーヌは私が愛していたのはあなただと告げます。

それでも首を振るシラノにロクサーヌは唇を近づけ、二人は熱いキスを交わしました。しかし時はすでに遅く、シラノはロクサーヌの腕の中で静かに息を引き取りました。

映画『シラノ』解説と評価


(C)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

エドモンド・ロスタンによる戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』は、1897年、フランスはパリで初演されて以来、世界各国で上演され続け、今なお、衰えぬ人気を誇っている作品です。

映画では、ジェラール・ドパルデューがシラノを演じたフランス、ベルギー合作映画『シラノ・ド・ベルジュラック』(1990)や、舞台を現代のアメリカに置き換え、スティーヴ・マーティンとダリル・ハンナが主演した映画『愛しのロクサーヌ』(1987)などがあり、戯曲の誕生秘話を描いた『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』(2018)という作品も制作されています。

また、多少変化球ではありますが、ラブレターの代筆から始まる高校生の三角関係を描き、「高校生版シラノ・ド・ベルジュラック」とも称された『ハーフ・オブ・イット』(2020)といった作品があることも記憶にとどめておきたいところです。

「コンプレックス」と「代筆」というモチーフの面白さ、「内面」と「外面」の美しさについて問うテーマの深淵さ、そして、何よりも胸をしめつけられるような純愛物語が時代を超えて、人々を魅了するのでしょう。

『プライドと偏見』(2005)、『つぐない』(2007)などの作品で知られるジョー・ライト監督は、エリカ・シュミットが脚色・演出した2018年のオフ・ブロードウェイ・ミュージカルの『シラノ』の舞台を観て感銘を受けます。

舞台では、HBO制作の人気ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」や『スリー・ビルボード』(2017)などで知られるピーター・ディンクレイジがシラノを演じていました。

並外れて大きな鼻を持ち、そのコンプレックスゆえに自分は愛される資格がないと思いこんでいる男性というのが、これまでのシラノ・ド・ベルジュラック像でしたが、ピーター・ディンクレイジ扮するシラノは「体が小さい」が故に自分はロクサーヌの愛にふさわしくないと恋の成就を諦めています。

これまでシラノ役を演じた俳優たちは決まって付け鼻を付けてきましたが、小人症として社会から受ける残酷さと戦っているシラノはジョー・ライト監督にとって、非常に新鮮なものでした。

映画化にあたって、ジョー・ライト監督は、舞台と同じく、シラノにピーター・ディンクレイジを、ロクサーヌにヘイリー・ベネットをキャスティングし、音楽も舞台と同じく、アメリカのロックグループ、「ザ・ナショナル」が担当しています。

18世紀が舞台のコスチュームドラマとモダンなサウンドの出会いは新鮮で、ミュージカルという形になることで、登場人物の複雑な心情がよりダイレクトに観る者に伝わってきます

ピーター・ディンクレイジのバリトンボイスと、ヘイリー・ベネットの美しい伸びやかな声は、驚くほどの調和をみせ、また、戦場に送られ、死を覚悟した兵士たちが歌い上げる国歌は重く強く心に響いてきます。

まとめ


(C)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

ジョー・ライト監督はまるで煙幕がはっているかのような独特の色合いを全編に施し、個性的なメイクやコスチュームで着飾ったキャラクターの動きをカメラを細やかに移動させながら捉え、まるで絵画のような幻想的な空間を作りあげました。ロケはイタリア・シチリア島で行われたそうです。

舞台版で翻案・演出を務めたエリカ・シュミットが映画ではプロデューサー、脚本を担当。エリカ・シュミットとピーター・ディンクレイジ、ジョー・ライトとヘイリー・ベネットは実はそれぞれ夫婦なのだそうです。

信頼感のある現場で悲しくも情熱的な愛の物語が生まれたことは、想像に難くありません。


関連記事

ラブストーリー映画

【ネタバレ】帰らない日曜日|あらすじ感想考察と結末の評価解説。ラスト“記憶の競争馬”で官能ラブストーリーが描く“人生の本質”

人生をかけて綴った永遠の一日 ブッカー賞作家グレアム・スウィフトの小説『マザリング・サンデー』を『バハールの涙』(2019)のエバ・ユッソン監督が映画化。 第一次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子 …

ラブストーリー映画

映画『ベイビーティース』感想解説と考察。ラストまでエリザ・スカンレンの演技力と家族愛に泣ける感動作!

映画『ベイビーティース』は、2021年2月19日(金)よりロードショー。 前衛的な世界観で少女の最初で最後の恋をヴィヴィッドに描き出した、シャノン・マーフィ監督長編デビュー作『ベイビーティース』。 『 …

ラブストーリー映画

映画『胸が鳴るのは君のせい』ネタバレあらすじと結末の感想評価。キャスト浮所飛貴と白石聖の青春ラブストーリー

ドキドキが止まらない!「好き」が鳴り止まない。 紺野りさ原作、累計発行部数250万部を突破する大人気恋愛コミック『胸が鳴るのは君のせい』が、ジャニーズJr.「美 少年」の浮所飛貴と白石聖の共演で実写映 …

ラブストーリー映画

映画『最初の恋、最後の恋人』あらすじ感想と評価解説。純愛ラブストーリーを韓流人気アイドルたちがピュアに熱演!

映画『最初の恋、最後の恋人』は2022年4月1日(金)より全国ロードショー! 韓国純愛ラブストーリーの王道を行く物語、『最初の恋、最後の恋人』。 2人の男女が青年期に抱いた恋心を、絶望的な運命を抱えな …

ラブストーリー映画

映画『カクテル』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。若きトム・クルーズが演じる甘く苦い青春ラブストーリー《真実の愛を知って生まれ変わる》

本当の愛を知った青年の成長記 『トップガン』(2022)シリーズで知られる大人気スターのトム・クルーズが主演を務める青春映画です。 野心ある主人公が喪失や再生を経験して本当の愛にめぐりあうまでを、『追 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学