Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/04/21
Update

映画『ルース・エドガー』感想レビューと評価。人権問題の闇に棲む青年ルースの正体

  • Writer :
  • 山田あゆみ

サスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が日本に上陸

アメリカ社会の根深い人権問題を炙り出すサスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が公開されます。

主演は『イット・カムズ・アット・ナイト』(2017)で注目されたケルヴィン・ハリソン・Jr.が務め、オクタヴィア・スペンサー、ティム・ロス、ナオミ・ワッツら豪華俳優陣が、圧巻の演技で物語を盛り上げます。

完璧な青年と思われるルースの本当の姿とは? 人間の本質に迫り、アメリカの歴史や政治をも取り込み、その理想と現実をあぶり出した映画『ルース・エドガー』は、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて2020年6月5日(金)より全国公開。

スポンサーリンク

映画『ルース・エドガー』の作品情報

 
(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)
 
【監督】
ジュリアス・オナー
 
【キャスト】
ケルヴィン・ハリソン・Jr.、ナオミ・ワッツ、ティム・ロス、オクタヴィア・スペンサー

【作品概要】
17歳の高校生ルースの知られざる内面に迫り、人間の本質とアメリカ社会に切り込んだヒューマンサスペンス。青年ルース役には『イット・カムズ・アット・ナイト』のケルヴィン・ハリソン・Jr.が務め、教師ウィルソンを『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサー、養父母をティム・ロスとナオミ・ワッツが演じています。演出は『クローバーフィールド・パラドックス』などで知られるジュリアス・オナー監督。

映画『ルース・エドガー』のあらすじ


(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

アメリカのバージニア州の高校に通う黒人青年ルース・エドガー(ケルヴィン・ハリソン・Jr.)。

彼は、アフリカの戦地で生まれ育ち、7才の時に養子として白人夫婦のエミリー(ナオミ・ワッツ)と、ピーター(ティム・ロス)の元へ迎えられました。

成績優秀かつ品行方正で校内一の優等生として学校からの期待も厚いルースでしたが、ある日彼が書いたレポートの内容を問題視した教師ハリエット・ウィルソン(オクタヴィア・スペンサー)が母親を学校に呼び出します。

その日を境にルースの知られざる一面が少しずつ明かされていきます……。

スポンサーリンク

映画『ルース・エドガー』の感想と評価


(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

監督とキャストの背景

映画『ルース・エドガー』は、2019年のサンダンス映画祭で正式出品され高い評価を集めたのをはじめ、インディペンデント・スピリット賞で監督賞、主演男優賞、助演女優賞にノミネートされた注目作

監督、製作、共同脚本を務めたのは、ジュリアス・オナー。ナイジェリアで生まれ、本作の舞台となったバージニア州アーリントンに移住してから、長期に渡る移民手続きに悩まされた過去を持ちます。

オナー自身の経験と、原作であるJ・C・リーの戯曲「Luce」にインスパイアされた映画『ルース・エドガー』。黒人のアイデンディティに深く切り込んで制作。また、オナーは、Netflix配信のSFスリラー映画『クローバーフィールドパラドックス』(2018)の監督も務め、JJ・エイブラムスとコラボレーションするなど、新鋭監督という一面も持っています。

主演のケルヴィン・ハリソン・Jr.は『イット・カムズ・アット・ナイト』での演技で、第27回ゴッサム・インディペンデント映画賞のブレイクスルー演技賞にノミネートされました。

米国で2019年公開の『WAVES/ウェイブス』と本作『ルース・エドガー』でも活躍し、その繊細な演技力に注目が集まる若手俳優のひとりとなっています。

物語のカギを握る教師役を務めたのは、『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(2012)でゴールデングローブ賞助演女優賞とアカデミー賞助演女優賞をダブル受賞したオクタヴィア・スペンサー。

アカデミー作品賞の『シェイプオブウォーター』(2018)や『グリーンブック』(2018)など名作映画の常連女優です。ほかにはない彼女ならではの存在感が光っています。

夫婦役のナオミ・ワッツとティム・ロスは『ファニーゲームU.S.A.』(2007)でも夫婦役を演じています。それぞれの長年のキャリアから見せる高い演技力と息の合ったやりとりが絶妙です。

立場によって姿を変える真実


(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ルース・エドガー』は、緊張感の中にリアリティ溢れる心理描写が織り交ぜられた見応え十分なヒューマンドラマです。

アメリカが長い間抱えている社会問題を浮き彫りにすると同時にその危険性を私たちに問いかけています。

物語の発端は、主人公のルースと教師であるウィルソンの衝突です。

2人とも同じアフリカ系アメリカ人ですが、社会における黒人または有色人種のアイデンティティについて考え方が違い、激しくぶつかりあいます。

2人の攻防戦ともいえるやりとりは張り詰めた緊張感があり、特にルースの一見冷静に見えながら、底知れない怒りをちらつかせる様子にひやひやせずにはいられません。

黒人差別問題は、日本人の私たちにとって実感しにくいことですが、この映画からはルースが抱える苦悩が生々しく伝わってきます

白人社会で生きる黒人は優等生でいなければ認められません。血の滲む努力をして優等生になったとき、黒人社会からは「どうやったら特別扱いされるのか」と疎まれます。

そんな板挟みの中で、本当の自分は何なのかと悩む青年ルース。その姿から、人間の“価値”とは何によって決定されるのかと、考えさせられることでしょう。

母親の決断


(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

母親エミリーがルースを養子に迎えたのは、ただ子どもが欲しかっただけではありませんでした。

自分の人生の大部分である「苦労した子育て」を否定したくない気持ちと、息子を疑わなければならない現実に揺れ動く様子は心をざわつかせます。

また、彼女に寄り添う夫は違った視点で息子を見ていました。夫婦それぞれの視点と行動から、観客は「自分だったらどうするか」と考えさせられるはずです。見どころの一つは、母親役を演じたナオミ・ワッツの緊迫感溢れる演技。苦悩の末に辿り着いた母親の決断に注目です。

まとめ


(C)2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

称賛される少年の“知られざる真実”をめぐって展開するサスペンスフルなストーリーの『ルース・エドガー』

この作品は、観る者の好奇心をかき立てるだけでなく、内面にある潜在意識を揺さぶり先入観を根底から覆します。

人の本質は何が決めるのでしょうか。国籍、血筋、環境などが複雑に関係して人をかたち作っていますが、果たしてそれだけでしょうか?

私たちは無意識のうちに固定概念で他者を決めつけているのではないでしょうか。

映画『ルース・エドガー』は、最初から最後までハラハラし、観終わった後も心の隅に問いが残る骨太な一作です。

映画『ルース・エドガー』は、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて2020年6月5日(金)より全国公開。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ワイルドライフ』ネタバレ感想とラストまでのあらすじ。原作が自己体験に近かったと語るポール・ダノ監督

個性派俳優ポール・ダノが初監督を務め、『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホールと『ドライヴ』のキャリー・マリガンが夫婦役を演じる。 『ワイルドライフ』は、ピューリッツァー賞作家リチャード・フォード …

ヒューマンドラマ映画

映画『ノーカントリー』ネタバレ感想と評価。コーエン兄弟のアカデミー賞4部門受賞作

アメリカ映画の巨匠コーエン兄弟の最高傑作『ノーカントリー』 兄弟監督としてすでに世界的名声を得ているジョエル&イーサン・コーエンのフィルモグラフィーをみると、どれも粒揃いの作品ばかりですが、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』あらすじネタバレと感想。ウィレム・デフォーにしか成し得ない演技力

今回ご紹介するのは2019年に日本公開が決まっている『At Eternity’s Gate(原題)』。 後期印象派を代表するオランダ出身の画家フィンセント・ファン・ゴッホの生涯に迫った伝記 …

ヒューマンドラマ映画

松坂桃李映画『居眠り磐音』あらすじネタバレと感想。NHK版からのリブート作品の見所は

映画『居眠り磐音』は、2019年5月17日(金)よりロードショー! 時代小説累計6500万超えのベストセラー作家佐伯泰英の代表作『居眠り磐音』が初の映画化。 主人公の坂崎磐音に松坂桃李。共演に木村文乃 …

ヒューマンドラマ映画

映画『漂流ポスト』あらすじ感想と評価解説。震災から10年“一歩踏み出すことが忘れることになりそうで怖い” 色褪せて行くことへの「罪悪感」

東日本大震災から10年。 あの人に伝えたい想いを手紙にして。 「手紙を書くことで心に閉じ込められた悲しみが少しでも和らぎ、新たな一歩を踏み出す助けになるなら」。 東日本大震災で亡くなった人への想いを受 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学