Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/07/08
Update

映画『きらきら眼鏡』あらすじとキャスト紹介。公開する劇場情報も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映

また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

本作は第21回上海国際映画祭に正式出品され、「最後の1ページまで切ない…」と絶賛された森沢明夫原作の恋愛小説を映画化。

大切な人がいなくなる時、どう生きるのか?

スポンサーリンク

映画『きらきら眼鏡』の作品情報


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉文庫) 

【監督】
犬童一利

【キャスト】
金井浩人、池脇千鶴、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美、志田彩良、安藤政信、鈴木卓爾、大津尋葵、成嶋瞳子、菅野莉央、大西礼芳、長内映里香、山本浩司、モロ師岡

【作品概要】
森沢明夫の同名小説を原作を『カミングアウト』『つむぐもの』の犬童一利監督が新人俳優の金井浩人と演技派女優の池脇千鶴のダブル主演で映画化。

主人公の明海役を映画デビューとなる金井浩人、ヒロインのあかね役を池脇千鶴が演じ、あかねの恋人役を安藤政信、そのほか古畑星夏らが脇を固めています。

脚本はドラマ「相棒」シリーズなどの守口悠介が担当。またエンディング曲「Reminiscence〜回想〜」は柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江。 

映画『きらきら眼鏡』の主なキャスト


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

金井浩人(立花明海役)のプロフィール

 
1992年5月12日生まれ。新潟県出身。

2012年『この空の花 長岡花火物語』(大林宣彦監督作)にて映画デビュー。

その後もショートフィルムなどに出演作が多数続き、演技力に注目が集まます。

本作が本格的な映画デビューとなります。

池脇千鶴(大滝あかね役)プロフィール 

1981年11月21日生まれ。

1997年に「三井のリハウス」第8代リハウスガールでデビュー。

1999年『大阪物語』(市川準監督)で映画デビュー。

2001年にはNHK連続テレビ小説『ほんまもん』で主演。

映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003/犬童一心監督)、『そこのみにて光輝く』(2014/呉美保監督)など数多くの映画やドラマに出演し、国内外の数々の映画賞を受賞。

公開待機作に『半世界』(阪本順治監督)などがあります。

安藤政信(木場裕二)のプロフィール

1975年5月19日生まれ。

1996年に北野武監督の映画『キッズ・リターン』にて俳優デビュー。同年の映画賞新人賞を総なめにしました。

その後、2001年に『サトラレ』(本広克行監督)への出演をはじめ、数多くの映画・テレビに出演。

2009年にチェン・カイコー監督の『花の生涯・梅蘭芳』にて海外進出を果たします。

俳優のみならずフォトグラファーとしても活躍し、多才ぶりを発揮しています。

近年のテレビドラマでは『コード・ブルー -ドクターヘリ救急救命- 3rd season』に出演しています。

スポンサーリンク

映画『きらきら眼鏡』のあらすじ


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

高校時代の恋人の死後、周囲に心を閉ざしたまま、駅係員の仕事でやり過ごすように日々を過ごす立花明海。

毎日、同じ落とし物を探しに来る訳ありの乗客に対し、冷たい対応を見せる同僚の女性駅係員の松原弥生がこぼす愚痴を、明海は上手く聞き流していました。

読書家である明海は非番の日に立ち寄った古書店で『死を輝かせる生き方』という気になった本を購入。

その本のページをめくると、ある一文が明海の目に飛び込んできました。

「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。他に何ができる?」

そこには「大滝あかね」と書かれた一枚の名刺が挟まっていました。

他人と関わりを避けてきた明海でしたが、名刺に記された人物に興味を抱き、その本を返すため会う約束をします。

待ち合わせの喫茶店に現れたあかねは、産業廃棄物処理場で事務員として働く、よく笑う女性でした。

彼女は何もない空に美しさを感じ、またゴミを生きている証だという少し風変わりな女性で、「私ね、きらきら眼鏡、かけることにしてるんです。見たものぜんぶ輝かせる眼鏡」と、あかねは笑いながら明海に話しました。

やがて明海は、あかねと度々会うようになり、奇妙な交流が始まります。

しかし、時たまスマホを気に掛けるあかねには、肺を患った余命わずかの木場裕二という恋人がいました…。

映画『きらきら眼鏡』の感想と評価


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

本作品の原作者は、『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など多数の小説が映画化されている人気作家の森沢明夫

「最後の1ページまで切ない…」と絶賛された恋愛小説『きらきら眼鏡』を、森沢自らが犬童一利に熱烈なオファーをし映画化が実現しましたた。

きらきら眼鏡とは、心にかける眼鏡。心の持ち方ひとつ、考え方ひとつで、何気ない日常を輝かせる生き方を持つ姿勢のようなものです。

上海国際映画祭のワールドプレミア様子

犬童監督がこれまで発表してきた作品『カミングアウト』(2014)や『つむぐもの』(2016)では、社会の片隅に生きる弱者であるマイノリティにフォーカスをあて、観客に新しい問題意識を提示しました。

共感させる境地にまで引き揚げてきた。

まったく違う世界にいた人と人とが出会い、交流したことで心が触れ合ったときに起こる共感した描写が特徴的でした。

人が生きているなかで、何かとの境を感じてしまった人物を見つめる犬童監督の姿勢は、本作品『きらきら眼鏡』でも、優しさのある眼差しは変わってはいません。

この作品で主演の明海役にはワークショップを経て、新人の金井浩人を抜擢しました。

金井浩人が見せるピュアさと実直な演技が明海というキャラクターと重なり、みごとに初の大役を成し遂げました。

その金井とダブル主演となるあかね役には、『ジョゼと虎と魚たち』(2004)『そこのみにて光輝く』(2014)など、近年の秀作として知られる映画に出演してきた演技派女優の池脇千鶴が挑みます。

池脇千鶴にしかできない艱難を伴いながらも、どこか菩薩のような優しさで包み込む魅力は、彼女にしかできない唯一無二の演技力で、見る者を魅了してくれます。


(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会

さらにあかねの恋人の裕二役は安藤政信が演じ、設定上で身動きのできない役柄ですが、ベットで死を前にした者の魂の慟哭を披露して、確かな演技力で新境地を見せてくれます。

そのほかの共演者には、NHK朝の連続ドラマ『半分、青い』などに出演中のあけみの同僚・弥生役の古畑星夏、出演作が目白押しの『あのコの、トリコ。』『春待つ僕ら』の公開が控える杉野遥亮。

また『万引き家族』に出演の片山萌美たち、旬な若手俳優から鈴木卓爾、大津尋葵、成嶋瞳子、山本浩司、モロ師岡たち、個性派や実力派がストーリーに花を添えています。

スポンサーリンク

まとめ

本作品は、犬童一利監督は、前作『つむぐむもの』に続き、第21回上海国際映画祭正式出品されました。

また、映画協力を申し出た船橋の美しい街並みを舞台に、日々には愛や感動が溢れていると気づかせてくれるひたむきな恋と人生の物語です。

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映

また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

ぜひ、お見逃しなく!

本作を上映する劇場情報

【北海道地区】
北海道 シアターキノ 近日公開

【関東地区】
東京 有楽町スバル座 9月15日〜
東京 シネマート新宿 9月29日〜
東京 イオンシネマむさし村山 9月28日〜

神奈川 シネマジャック&ベティ 近日公開
神奈川 小田原コロナシネマワールド 9月29日〜

千葉 TOHOシネマズららぽーと船橋 9月7日〜

【東海・北陸地区】
愛知 名演小劇場 9月28日〜
愛知 イオンシネマ名古屋茶屋 9月28日〜
愛知 中川コロナシネマワールド 9月29日〜
愛知 半田コロナシネマワールド 9月29日〜

岐阜 大垣コロナシネマワールド 9月29日〜

福井 福井コロナシネマワールド 9月29日〜

【近畿地区】
大阪 第七藝術劇場 9月29日〜

京都 イオンシネマ京都桂川 9月28日〜

【九州地区】

福岡 小倉コロナシネマワールド 9月29日〜

*上記の情報は7月8日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページを確認の上お出かけください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『バハールの涙』あらすじと感想。実話から描かれた女性たちが戦地へと身を投じた理由とは

映画『バハールの涙』は、1月19日(土)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国でロードショー。 本作はニュースだけでは決して分からないイラク紛争の光景を、IS(イスラム国)が行ってきた人身売買の …

ヒューマンドラマ映画

映画『岬の兄妹』あらすじと感想レビュー。初日舞台挨拶で語った片山慎三が真正面から描く貧困とは

映画『岬の兄妹』初日舞台挨拶リポート 2019年3月1日(金)全国ロードーショーの映画『岬の兄妹』。 2018年に開催された『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018』のコンペティション部門に選ばれた …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリード2炎の宿敵』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ロッキーシリーズから新たな挑戦!

永遠の名作「ロッキー」の精神を見事に継承してみせた大傑作『クリード チャンプを継ぐ男』から3年。 チャンピオンになったアドニスの前に30年前父アポロ・クリードを殺した宿敵が現れる…! ロッキーシリーズ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブックスマート』ネタバレ感想と結末まであらすじ考察。洋画青春もの新機軸をガリベン女子高生で爽快に描く

「人生の物語を変えるの。一晩で高校生活を取り戻す!」 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』が2020年8月21日(金)より、全国公開されています。 映画『ブックスマート 卒業前夜のパー …

ヒューマンドラマ映画

映画『ゲット・オン・ザ・バス』ネタバレ感想と結末あらすじ解説。スパイクリーが黒人の人権問題を歴史的背景と内省を込めて描く

Black Lives Matterを掲げる黒人の人種問題を描いたロードムービー 『マルコムX』『ブラック・クランズマン』で知られるスパイク・リーが監督を務めた1996年の映画『ゲット・オン・ザ・バス …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学