Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

【ネタバレ】ブリジット・ジョーンズの日記3 ダメな私の最後のモテ期|あらすじ感想と結末の評価解説。完結編はアラフォーになった幸せを見届けられる!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

アラサーの星・ブリジットがアラフォーになって帰ってくる

女性から絶大な支持を受けたレネー・ゼルウィガー主演の大人気ロマンティックラブ・コメディ『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)シリーズの、前作『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(2005)から11年ぶりとなるシリーズ第3作。

アラフォーとなったブリジットに訪れる新たな恋がコミカルに描かれます。

元恋人のマーク役でコリン・ファースが引き続き登場するほか、パトリック・デンプシーが新たに参戦。

年を重ねても変わらぬキュートさがたまらないブリジットの魅力が炸裂するシリーズ第3弾をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の作品情報


(C)Universal Studios.

【公開】
2016年(イギリス映画)

【原作】
ヘレン・フィールディング

【脚本】
ヘレン・フィールディング、エマ・トンプソン、ダン・メイザー

【監督】
シャロン・マグワイア

【編集】
メラニー・アン・オリバー

【出演】
レネー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ、エマ・トンプソン

【作品概要】
大人気ロマンティック・コメディ『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの第3作目。シリーズ第1作を手がけたシャロン・マグワイアが再び監督を務めます。

アラフォーとなったチャーミングなヒロイン・ブリジットをレネー・ゼルウィガーが続投。元彼のマーク役のコリン・ファースをはじめ、ブリジットの両親役のジム・ブロードベントとジェマ・ジョーンズも再集結しました。

新たな恋の相手・ジャック役でテレビドラマ『グレイズ・アナトミー』のパトリック・デンプシー、ドクター役でエマ・トンプソンが登場します。

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のあらすじとネタバレ


(C)Universal Studios.

5月9日。43才の誕生日をひとりきりで祝うブリジット・ジョーンズ。

その12時間前。朝一番に母から電話で子どもを生むようにせつかれた彼女は、飛行機事故で亡くなったダニエルの葬式に参列します。昔の恋人のマークが妻と共に現れたのを見て切なくなるブリジット。

ブリジットと軽く挨拶を交わしてマークは立ち去りました。

いまやニュース番組の敏腕プロデューサーとなったブリジット。しかし若き新経営陣の前でミスをしてしまいます。

友人たちが皆子育てに追われる中、彼女はタフなミランダと週末旅行に行きますが、着いた先は野外ロック・フェス会場でした。長く恋人のいないブリジットに、ミランダは最初に出会った男と寝るように言います。

泥の水たまりで派手に転んだ全身白い服のブリジットを、イケメンのジャックが助け起こしてくれました。彼女は初めて出会った男にときめきます。

ライブで飲んで歌ってはじけまくったブリジットは、間違えてジャックのテントに入り、服を脱いでベッドに入ってしまいます。間違いに気づいて驚くものの、彼女はダンディなジャックと勢いで関係を持ってしまいました。

その1週間後。旧友の子どもの洗礼式に名付け親として参加したブリジットは、同じく名付け親を務めるマークと再会します。マークは離婚調停中でした。ふたりの思いは再燃し、一夜を共にします。

しかし、いつも仕事優先のマークといた頃の寂しさを思い出したブリジットは、それきり彼と連絡を断ちます。

しばらくしてから、妊娠していることに気づいたブリジット。期限切れのコンドームを使ったことが原因でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Universal Studios.

どちらが父親か悩むブリジットは、産婦人科医のローリングスに妊娠濃厚なのはどちらか執拗に聞きますが、結局わかりませんでした。

ある日、ジャックが婚活サービスを経営をする大金持ちだとわかります。ブリジットはジャックを番組にゲストとして呼び、メイクの際に羊水検査に用いる爪や髪の毛をゲットします。自分に気づいた彼に謝り、妊娠したことを話すブリジット。

検診で赤ちゃんの画像と心音に感動し、人生で最高に幸せだと感じたブリジットは、流産の危険があると聞いて羊水検査を受けるのをやめました。

妊娠を告げられたマークはこれまでの人生で一番嬉しいニュースだと言って喜び、ブリジットは父親がどちらかわからないとことを言えなくなってしまいます。

ジャックも彼女にやさしい言葉をかけ、プレゼントを贈って喜びを伝えます。医師の協力のもと、マークとジャックふたりを別々に定期健診に付き添わせながら、どうにか本当のことを伝えようと悩むブリジット。

鉢合わせしたマークとジャックに、とうとうブリジットは真実を伝えます。ふたりは驚きながらも父になるための努力を始め、両親教室にも参加するように。

ブリジットが腹痛になった際にジャックが付添い、マークは仕事で遅れてしまいます。嫉妬するマークにジャックが自分はコンドームを使わなかったと嘘をつき、ジャックこそ父親だと思ったマークは、ブリジットと距離を置くようになりました。

ジャックはブリジットに一緒に暮らそうと話します。しかし、子どもが自分の子どもでなかったら受け入れられないと言うジャック。

彼の婚活サービスの相性診断の数値が良いから大丈夫だという彼に、ブリジットは愛は数字ではないとこたえ、マークに会いに行きます。

しかしブリジットはマークの家の前で、カミラが彼を迎えるのを見てしまいました。そんなブリジットを、医師のローリングスはひとりでも育てられると勇気づけます。

クリスマスに実家を訪れたブリジット。以前は妊娠中の娘を隠そうとした母が、今回は「自慢の娘だ」と言って温かく迎えます。

娘の妊娠をきっかけに、シングルマザー、ゲイらを応援することを決めた母は、村議会候補者としても支持を広げていました。

仕事でミスをしたブリジットは、クビになる前に自分から会社を辞めてしまいます。

気もそぞろに買い物に出た彼女でしたが、銀行の暗証番号を忘れて口座がロックされてしまい、そのショックで荷物を行内に置きっぱなしにしてしまったため、雨に濡れたまま家にも入れなくなります。

家の前で震えていた彼女の前に現れたマークは、びしょぬれのブリジットに驚きます。

「世界を救いたいと思ってきたが、君が僕の世界だ」

マークはそう告白し、ガラスを壊してカギを開けて彼女を部屋へ入れます。

すると、ブリジットは破水してしまい、陣痛も始まりました。車もキーもないふたりはピザ配達車に乗せてもらいましたが、渋滞やデモで前に進まないことに耐え切れずブリジットは飛び出します。

痛みで歩けない彼女を抱えて歩くマーク。あまりの重さによろよろになっていたところにジャックが駆けつけ、2人がかりでブリジットを抱えて病院に乗り込みます。

痛みにうめくブリジットに2人が手を差し伸べますが、彼女は無意識にマークの手を選びました。

「子どもが自分の子どもではなくても愛する。ありのままの君を愛するように」と言うマークとブリジットの絆を前に、ジャックは部屋を出ていきます。

ジャックはマークに卑怯なことをしたことを謝りました。そこに産声が聞こえ、2人は分娩室に飛び込みます。

ブリジットの腕にはかわいい子どもが抱かれていました。かわるがわるキスした後、男同士は抱き合います。

とうとう父親がどちらなのか調べることになり、男たちは「幸運を」と言い合って握手して部屋を出て行きました。

1年後。教会ではブリジットの結婚式が行われていました。ジャックが子どもを抱いています。ブリジットとマークは手をとりあい、神の御前に夫婦となりました。

子どもを抱いて歩き出したブリジットのヴェールが風に飛んでいきます。新聞では、ダニエルの奇跡の生還が報じられていました。

スポンサーリンク

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の感想と評価


(C)Universal Studios.

愛の多様性を追求する一作

11年を経てアラフォーとなったブリジットの姿を描く本作では、愛や家族の多様性が描かれます。

独身のまま43才の誕生日を迎えたブリジットの周りの友だちは、子育ての真っ最中です。味方だと思っていたゲイの友人は、パートナーとの間に養子をもらうといいます。

何年も恋から遠ざかっていた彼女は、アラサーの友人に連れられて出会いを求めるフェスに参加し、イケメンのジャックと熱い一夜を過ごすことに。

その数日後、離婚調停中の元カレのマークとも意気投合して関係を持ってから妊娠が発覚し、どちらが父親かわからずにブリジットは困り果ててしまいます。

ここで特筆すべきはブリジットと父親の絆です。母には内緒のまま、彼女は父にだけは複雑な状況を打ち明けます。

すると父は「よくあることだ」とサラリと言い、子どもが生まれるのはとても嬉しいと、一番ほしかった言葉を娘に贈るのです。そして、「大切なのは真実を言うこと」だと娘を諭します。

ブリジットは決して不実なわけではなく、自分を大切にしてコンドームも持ち歩いていました。日が経ちすぎて劣化していたことから大騒動になってしまいましたが、このような困った状況に陥る人は今も昔も少なくないはずです。

しかし、貞操観念を持つ彼女の母は、父とは異なり、最初は世間体を気にして未婚で妊婦となった娘を隠そうとします。

マークもきっと古い思想の持ち主だったと思われますが、最初はショックを受けながらもブリジットへの愛情から状況を受け入れ、自分とジャックのどちらの子であってもブリジットの子を愛する、ありのままの君を愛するように、と言いきります。

対称的にジャックはするりと真実を受け入れます。女性にガードの固いマークと違って、彼の方が女性との垣根が低かったからでしょうか。しかし、ジャックは自分の子でなければ受けいれないと答えます。

会ってたった一晩で父親とならなければならなかったジャックと、長い年月を重ねてきたマークとの絆を比べるのは気の毒です。

ジャックにとっては、ブリジットとの「相性診断」のパーセンテージが良いということが大きな拠り所でした。これは現代ならではの感覚ですよね。

ブリジットは「愛は数字ではない」と言ってマークを選びましたが、今の日本でも婚活サイトなら条件と相性で選ぶのですからあながちジャックを責めることはできません。

前2作では、ブリジットのお尻の大きさがクローズアップされるなどの描写が目立ちましたが、今回はセクハラ的要素はなく、ゲイのカップルの養子、婚活サービス、父親のわからない子どもをどう受け入れるかなど、現代の新しい愛のカタチがフューチャーされ、第2作目と本作の間に流れた11年の時の長さをしみじみ感じさせます

激痛と戦うブリジットに「痛みを消し去れ」と言うジャック。エマ・トンプソン扮する女医があきれて言う「痛みが消えるわけがないでしょ。」という言葉は、女性たちの胸をスカッとさせてくれます。

そんな中でもブリジットの巻き起こす笑いは健在です。陣痛に苦しむブリジットを、彼氏2人が抱えて走るシーンは爆笑必至ですよ。

まとめ


(C)Universal Studios.

アラサーの星だったブリジット・ジョーンズが、アラフォーとなって帰って来る本作『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』。ブリジットが幸せになる姿を見届けることができるファン感涙の一作です。

運命のいたずらで同時期にふたりの男性と関係を持って妊娠しても、チャーミングな彼女は彼らから終始愛され続けます。そして最愛の息子という宝物を授かるハッピーな物語です。

ヒュー・グラントが演じた憎めないプレーボーイのダニエルは残念ながら出演しませんが、大事なところで名前と写真が登場し、ブリジットとマークの縁結びとなります。

堂々の完結編。ブリジットの変わらぬ雄姿に笑い、ベビーのかわいさに泣いて存分に楽しんでください。





関連記事

ラブストーリー映画

映画『世界の涯ての鼓動』ネタバレ考察。ラストの意味とラブストーリーの深さを原題から解説

映画『世界の涯ての鼓動』は2019年8月2日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開。 第二次世界大戦後、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する映画監督として、ロードムービーの名手として数々 …

ラブストーリー映画

映画『男と女(2020)人生最良の日々』ネタバレ感想とレビュー評価。ロケ地ドーヴィルの海辺を舞台に撮影10日間で描く

映画『男と女 人生最良の日々』は、2020年1月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー。 “愛の伝道師”クロード・ルルーシュ監督が紡ぐあの恋愛映画 …

ラブストーリー映画

映画『ひるなかの流星』あらすじとキャスト一覧。【永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐出演】

“はじめて人を好きになった瞬間、はじめての告白、はじめての失恋、そしてはじめての…” 究極の三角関係を描いた胸キュン度200%のラブストーリー『ひるなかの流星』をご紹介します。 スポンサーリンク CO …

ラブストーリー映画

『ノッティングヒルの恋人』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。魅力ある恋愛映画をヒューグラント×ジュリアロバーツで紡いだ“おしゃれで最高の楽しさ”

ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラントを迎えて名手リチャード・カーティスが紡ぐ珠玉のラブコメ 『プリティ・ウーマン』(1990)のジュリア・ロバーツと『ラブ・アクチュアリー』(2004)のヒュー・グラン …

ラブストーリー映画

映画『ぼくらの亡命』あらすじ感想と考察解説。自主インディーズの渾身となる秀作【内田伸輝監督作品】

前作『さまよう獣』から四年。内田伸輝監督の新作『ぼくらの亡命』は、思いっきり、じっくり撮ってみたいという監督の想いから、完全自主制作という形で生まれました。 第7回サハリン国際映画祭(2017年8月2 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学