Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/08/16
Update

映画『黄龍の村』感想評価と解説。村ホラーという洋画が得意な怖いジャンル設定の定番を覆す快作!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

映画『黄龍の村』は2021年9月24日(金)より池袋シネマ・ロサ他にて劇場公開!

ジャンルとして常に人気の最前線に位置し続ける「ホラー映画」ですが、その中には様々な「サブジャンル」が存在しています。

サブジャンルの種類は多岐に及び、和ホラーの代名詞でもある「オカルトホラー」や猟奇殺人を描いた「サイコホラー」など、ホラー映画はサブジャンルが違うだけで全く方向性の違う面白さを見せてくれます。

今回は新進気鋭の映画監督である阪元裕吾が「日本」の雰囲気を徹底的に活かし製作した映画『黄龍の村』(2021)を、「村ホラー」というサブジャンルの視点からその魅力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『黄龍の村』の作品情報


(C)2021「黄龍の村」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
阪元裕吾

【キャスト】
水石亜飛夢、松本卓也、鈴木麻由、秋乃ゆに、ウメモトジンギ、石塚汐花(アイドルカレッジ)、大坂健太、上のしおり、藤井愛稀、中村龍介、小玉百夏、安田ユウ、陸野銀次郎、海道力也、一ノ瀬ワタル、伊能昌幸

【作品概要】
過激な社会風刺で話題となった『ファミリー☆ウォーズ』(2018)で商業映画デビューを果たし、『ベイビーわるきゅーれ』(2021)で注目を集める阪元裕吾が監督を務めた最新ホラー映画。

ミュージカル「テニスの王子様 2nd Season」での俳優デビュー後、『鋼の錬金術師』(2017)や『青夏 きみに恋した30日』(2018)など話題作に多く出演する水石亜飛夢が主演を務めました。

映画『黄龍の村』のあらすじ

同窓の生徒たち7人と共に思い出づくりのキャンプへと向かう大学生の北村優希(水石亜飛夢)。

旅の途中、宿泊先へと向かう道中の山道で車がパンクしてしまい、助けを求めた一行は山奥の辺境で「龍切村」を発見します。

しかし、村を訪れた一行を出迎えたのは頭部に包丁の刺さった案山子や話しかけても反応しない村民でした。

徐々に気味の悪さを覚える優希たちでしたが、親切な村民である新次郎(陸野銀次郎)に出会い温かく迎え入れられます。

優希は旅行者を歓迎する新次郎の過剰な接待に違和感を覚えながらも、彼に勧められるがままに「龍切村」で一晩を過ごすことにしますが……。

スポンサーリンク

孤立無援、「村民全員」が恐怖の対象!


(C)2021「黄龍の村」製作委員会

旅行者が怪異や殺人鬼に襲われる」というホラー映画の定番プロット。定番であり定石であるからこそ、恐怖の対象となる存在やビジュアルなどが工夫され続け、色褪せることのない魅力が詰まっています。

映画『黄龍の村』では、恐怖の対象が旅行者たちの訪れた村そのものとなる「村ホラー」を、日本でしか出来ない風土的魅力たっぷりに描写していました。

「村ホラー」の魅力がつまった映画


(C)2021「黄龍の村」製作委員会

日本の「村ホラー」映画といえば、清水崇監督による『犬鳴村』(2020)を始めとした「実録!恐怖の村シリーズ」が記憶に新しいと思います。

しかし、『犬鳴村』はサブジャンルとしては「村ホラー」というよりは「オカルトホラー」に分類される作品であり、「呪怨」シリーズを手がけてきた清水崇監督らしさの光る作品でした。

一方、『黄龍の村』における恐怖の対象は「心霊的な現象」ではなく、あくまで生きた人間が住む「村」そのもの

「携帯の電波すら届かない村の中で、村民全員が自分たちを狙う人間だとしたら」という、人がたくさんいるにも関わず閉塞感を味わうことが出来る「村ホラー」であり、奇抜なビジュアルの相手ではないからこその恐怖が映画からは伝わってきます。

日本と「村ホラー」の相性の良さ


(C)2021「黄龍の村」製作委員会

現代では日本人の多くが、恒例的な行事への参加を除けば無宗教とされています。そして無宗教者であるがゆえに、宗教に傾倒する人に対し、認識のズレから発生する違和感を恐怖と感じることもあります。

しかしその一方で、日本では古くから民間信仰が盛んであり、地域共同体に根付いた氏神に対する信仰は現代でも一部の地域で続いています。

見慣れた国内の風景の中で全く別の信仰が行われている様子、言わば「同じ言語」と「同じ風景」の中にある自身の理解の及ばない文化がもたらす違和感と恐怖は、自身の知る世界とのズレを描く「村ホラー」にとっては格好の材料。

本作は日本の持つ独特な田舎の雰囲気とあいまって、「村ホラー」が「村」の持つ温かさと冷たさを双方に描くことの出来るジャンルだと確信できるような作品となっていました。

「常識」に「NO!」を叩きつける異色の物語


(C)2021「黄龍の村」製作委員会

名作映画『食人族』(1983)やスウェーデンのコミューンを舞台とした映画『ミッドサマー』(2019)など、「村ホラー」に分類することの出来る映画の多くは本作と同様に「民間信仰」を題材としています。

「常識」というものは生まれた地域や国の文化によって形成されるものであり、生まれた場所が違うのであれば同じ人間であっても「常識」が違って当然と言えます。

ミッドサマー』では主人公たちの訪れたコミューンの中で行われる「他者の死」を前提とした儀式を淡々と描き恐怖を煽りながらも、一方でそのコミューンではその儀式こそが彼等の「常識」である様も描いていました。

そんな「常識が異なるのであれば仕方がない」という、否定しにくいメッセージ性が「村ホラー」の定番ともされていますが、映画『黄龍の村』ではその「定番」を良しとはしていません。

「固定概念」や「古くからの悪習」に毅然と「NO!」と叩きつける本作は、そのコミュニティの「常識」があるにせよ時代の変化や他の文化の「常識」にも対応して行くべきだという、若き監督だからこそ込められる力強いメッセージ性のある作品でした。

まとめ


(C)2021「黄龍の村」製作委員会

「村ホラー」の定番のプロットを突き進みながらも、その一方で「村ホラー」の定石を打ち破る映画『黄龍の村』

物語がテンポよく展開される本作は中盤に驚愕の展開が待ち受けており、一瞬たりとも目を逸らすことは許されません。

阪元裕吾監督自身が「ごった煮」映画と語るほど異色すぎる、新感覚の和製「村ホラー」映画『黄龍の村』は、2021年9月24日(金)より池袋シネマ・ロサ他にて劇場公開です。






関連記事

ホラー映画

樹海村ネタバレ感想|犬鳴村の遼太郎&明菜の再登場シーンを考察解説!“別世界線”説からみえる避けがたき呪いと死

映画『樹海村』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開! 2020年に大ヒットした『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾であり、「自殺の名所」と知られる富士・青木ヶ原樹海、インターネット …

ホラー映画

映画『インヘリタンス』ネタバレ結末とラスト解説の感想。どんでん返しな本格ミステリーはタイトルの意味である“遺産”という意味深な謎を受け継ぐ恐怖

父親が遺した遺産の謎の男の存在と耐え切れない真実を描く『インヘリタンス』 映画『インヘリタンス』は、ヴォーン・スタイン監督のミステリースリラーのアメリカ映画。 父親が残した遺産が地下壕に埋まっているこ …

ホラー映画

映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』あらすじ感想と評価レビュー。釈由美子が殺人ウィルスと闘うパンデミックホラー!

映画『ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染』は2021年7月2日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開予定 コロナ禍の世界を予言した映画として話題となり、釈由美子の衝撃の熱演が世 …

ホラー映画

こどもつかいキャストとあらすじ!滝沢秀明映画の舞台挨拶や試写会は?

“悪いオトナに「死」を届ける…簡単なおつかい…” 『呪怨』の清水崇監督が再び世界を震撼させる究極のホラー映画『こどもつかい』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『こどもつかい』の作 …

ホラー映画

The Mortuary Collection/葬儀館のコレクション|ネタバレあらすじと感想。ラスト結末の解説も【死体に纏わる残酷ホラーをファンタジックに描く】

《全ての死には物語がある》 幻想的な『葬儀館のコレクション』は奇妙な葬儀屋が語る、死体にまつわる残酷で悲劇的な物語たちを描いたオムニバス・ファンタジーホラー映画。 脚本・演出を担当したライアン・スピン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学