Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/04/23
Update

映画『スプリー』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【ジョー・キーリーが演じるデジタル時代の恐怖】

  • Writer :
  • ジンリナ

SNSの恐怖と不条理を描き、若者世代が抱える心の闇を表したスリラー『スプリー』。

2020年、サンダンス映画祭でNEXT部門として初上映され、演出は新進気鋭のユージーン・コトリャレンコ監督で、脚本と製作も兼務しています。

キャストには、Netflixドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016〜)シリーズのスティーブ・ハリントン役で知られるジョー・キーリーが長編映画初主演を飾り、ライドシェアドライバーのカート・カンクル役を演じています。

また、カートに立ち向かうコメディアンを『サタデー・ナイト・ライブ』のサシーア・ザメイタが務めるほか、デビッド・アークエット、ミーシャ・バートン、ララ・ケント、フランキー・グランデらも出演。

ソーシャルメディアで人生の一発逆転を狙う狂気のライドシェアドライバーをカートが、乗客を殺害する様子を生配信するという、‟フォロワー至上主義”から生まれる新たなる恐怖を描いています。

スポンサーリンク

映画『スプリー』の作品情報

(C)2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Spree

【監督】
ユージーン・コトリャレンコ

【キャスト】
ジョー・キーリー、サシェア・ザマタ、デヴィッド・アークエット、カイル・ムーニー、ミーシャ・バートン、フランキー・グランデ、ララ・ケント、ジョシュア・オーバル、サニー・キム、ライナス・フィリップス、ジョン・デルカ、ジェサリン・ギルシグ

【作品概要】
『スプリー』は、ソーシャルメディアのスターになるため、大量殺人をして注目されることを切望する青年の物語です。

監督・脚本・製作は、新進気鋭のユージーン・コトリャレンコ。主演は、Netflixドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016~)シリーズのスティーブ・ハリントン役で知られるジョー・キーリー。

無邪気なスティーブ役とは一転、狂気に満ちた青年を演じるジョー・キーリーの怪演ぶりに注目です。

『インフィニット』(2016)のサシェア・ザマタ、「The.OC」シリーズ(2003〜)のミーシャ・バートン、ダンサーのフランキー・グランデ、『スクリーム』(1996)シリーズで知られるデヴィッド・アークエットらが出演しています。

映画『スプリー』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

カート・カンクルは明るい性格の23歳の青年。彼は、過去10年間、ソーシャルメディアのスターとして成功したいと努めてきました。

しかし、世の中には何十万人ものフォロワーを持つ人もいるのに、カートは2桁の数のフォロワーも持っていません。

やがて、カートは独創的なアイデアを思いつきます。それは、相乗りアプリ”Spree”でドライバーとして働くことをSNSに投稿するというものでした。

カートは、視聴者に車内の全体像を見せることが出来るように、車の中に8台のカメラを取り付けます。

さらに有名になる方法を視聴者に教える、”The Lesson”というタイトルの新しいライブストリーミングも始めました。

「僕を知らない人へ。アプリの準備して。だって僕を知ることになるから」カートは、視聴者に向けた言葉を発し、車で出発します。

1人目の乗客を迎えに行き、フレデリックという男性を後部座席に乗せたカート。フレデリックに車内でカメラを回してることを説明します。

彼らは他愛もない会話をしながら車は走り出します。その時に、ライブストリーミングで表示されるコメントを読むカート。それは、唯一彼をフォローしているボビーのコメントでした。

ボビーは、カートがベビーシッターをしていた少年です。今ではインターネット上で頻繁に”@BobbyBaseCamp”という名前でライブストリーミングを行っていますが、視聴者数が多いため、カートは嫉妬心を抱いています。

カートがボビーの名前を出して話しをすると、フレデリックはボビーを知っているようでした。

するとカートは不機嫌になり、悪ふざけのつもりか、左右から車が迫る十字路を急加速して通過しました。最初は驚いたフレデリックですが、カートのドライビングテクニックは上手いと笑い出します。

それからカートは、フレデリックに車内に置いてあるペットボトルの水を飲ませようとしました。水を飲んだフレデリックは、突然咳き込み始め、倒れてしまいます。

そのペットボトルには、吸入すると死に至る防水剤が入っていました。カートは事前に、水の入ったペットボトルに防水剤を入ていたのです。

倒れたフレデリックを見て、カメラに向けて不気味な笑みとピースサインを見せるカート。「自分自身を動画に記録しなかったら、僕は存在しないということなんだよ」と言います。

フレデリックを処理したカートは、次の乗客を乗せるために再び出発しました。

2人目の乗客は、キャリアウーマンのアンドレアでした。彼女を後部座席に乗せたカートは、一方的なアンドレアの話を聞きながら運転をしてます。

その後、目の前にあったペットボトルの水を飲んだアンドレアは、案の定、倒れてしまいました。

人の気配がない場所に車を止めたカートは、彼女のスマートフォンを開きます。そこで相乗りアプリ”Spree”で自分の運転手評価を星5つにしました。

ソーシャルメディアでの注目を欲するカートの行為は、さらにエスカレートします。

3人目の乗客となったマリオを乗せたカートは、彼の目的地を無視して、別の乗客を迎えに行きました。

そこで待っていた乗客は、ソーシャルメディアでファンが多いコメディアンのジェシー・アダムスです。

車に乗ろうとしたジェシーは、マリオが乗っていたので最初は断りますが、説得するカートに押されて渋々乗車。

カートはジェシーに畏敬の念を抱いていますが、いざ車が出発すると、彼女はカートと彼のフォロワー獲得への執着に感動せず、途中で車を降りてしまいました。

それから更に、目的地と違う山の奥の方へ進むカートに、マリオは怒り出します。言い争いになった挙げ句、車から降りたマリオをカートは何の躊躇いもなく轢き殺します。

これらは全てカメラの前で行われました。

時間が経つにつれて、より独創的になり、もっと多くの視聴者を集めたいと益々激しくなるカート。

それにも関わらず、彼はボビー以外の視聴者を得ることはありません。ボビーは殺害はニセモノだと思い混んでおり、カートの行動を見ているほとんどの人も、全てが作られた行為だと信じていました。

その夜の帰り道で、ジェシーのインスタグラムによって、ジェシーが何百万人もの人が見る生中継のコメディ番組に出演することを知るカート。

以下、『スプリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『スプリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

ガソリンスタンドに到着したカートは、スマートフォンでライブストリーミングしながら、ガソリンを入れます。

すると、そこへやって来たのはパトカー。焦るカートは、車の下から漏れていた血とフロントガラスに付いた血を、さり気なく掃除します。

パトカーから降りた警官は、カートに気付きますが、疑いもなくガソリンを入れます。何とか、その場から逃げることが出来たカートは、次の乗客を迎えに行きました。

パーティーの帰りである若者リチャード、ケンドラ、ロンドンの3人乗客を乗せたカートは、誰もいない廃車工場へ連れて行きます。

カートは、車のサンルーフを開けて、スリル感を味わせようとします。リチャードとケンドラがサンルーフから顔を出して、ライブストリーミングする一方、助手席のロンドンと他愛ない会話をするカート。

その時にカートは速度を上げて走り出し、ロンドンは怖がりますが、リチャードとケンドラはジェットコースター並みのスリル感を楽しんでいました。

しかし車を停車させ、カートは車のサンルーフを閉め始めて、リチャードとケンドラが身動き取れないようにします。

そこへ狂犬が襲いかかって来て、リチャードとケンドラを食べてしまいす。そんな衝撃的な場面に泣き叫ぶロンドンを、小型ドリルで殺すカート。

「みんな僕をフォローしているじゃないか」。そう言いながら、楽しむカートは、ボビーの家まで向かいます。

カートは、自分の計画を共にしようとボビーに要求しますが、ボビーは彼の主張を拒み、ライブストリーミングを開始して、多くの視聴者を引きつけました。

腹が立ったカートはボビーをナイフで刺します。ボビーは銃を取り出しますが、カートに奪われて逆に撃たれてしまいます。

ボビーの家でシャワーをするカートは、血まみれの顔で、ライブストリーミングを行うという狂気ぶりを見せました。

そして、カートの父・クリスは、彼が演奏しているクラブまで「車で連れて行って欲しい」とカートにお願いをします。

さらに、uNoという有名なDJがそこにいると教えてくれた上に、uNoが写真でカートにタグをつけることを約束します。

カートはクリスを迎えに行って、クラブへ向かいます。その車内で銃を見つけますが、危険なために持たないようにとクリスは言いいます。

しかし、聞く耳を持たないカート。その時に信号待ちしている前方には、パトカーが止まっていました。目をつけられないよう大人しく運転して、彼らはクラブに到着します。

そこで彼らは、uNoに声を掛けました。彼女は最初、タグをつけることを拒否しますが、その後、カートにタグをつける約束で、「タコスの屋台トラックに連れて行って欲しい」とお願いをします。

カートが屋台トラックからタコスを持って来るのを待っている間に、uNoは車内でボビーの銃を発見します。

uNoは銃を手にしながら、自分のライブストリーミングでポーズをとると、ペットボトルの水を飲んで、意識を失ってしまいました。

戻って来たカートは、uNoが水を飲んだことに気付きましたが、屋台には2人の警官が並んでいました。

ペットボトルの水を車外に投げたカートに、2人の警官が彼に疑いを抱くようになります。そして警官は、カートに身分証提示を求め、降りるよう指示します。

アルコール検査を受けるカートですが、そんな中、正気に返ったuNoがパニック状態でカートを撃とうとして、警官の1人を射殺してしまいます。

もう1人の警官が逃げた彼女を追いかけ、カートはその隙に車に乗って逃走しました。

身元を特定出来なかったことから、カートは”相乗りキラー”と呼ばれるなど、殺害事件は既に世間に知れ渡っていることが明らかになりました。

彼は高速道路で数台のパトカーに追われて、事故に遭ってしまいます。

一方で、ジェシーは生中継のコメディ番組に出演し、カートとの出会いやソーシャルメディアでの名声への切望について語ります。

その観客の中には、銃をジェシーに向けながら、ライブストリーミングしているカートがいました。

演説の最後にステージ上でスマートフォンを壊し、マイクを落としたジェシー。彼女の行動によって演説は大流行になります。

カートの殺人事件の知名度が高まるにつれ、捜査を行うため、相乗りアプリ”Spree”は一時的に閉鎖されました。

そのため、別の配車アプリ”GoGo”を注文し、運転手のキャビーを殺した後、車を乗っ取るカート。

予想通り、ジェシーが”GoGo”を注文し、カートは彼女を迎えに行きます。ジェシーは車に乗って出発した後、運転手がカートであることに気付きました。

カートは、2人の以前の交流を思い出しながら、今は愛がすべてだと言い、一緒に行動しようと申し出ます。

そして、行き先と道が違うことに気付いたジェシーは、カートが自分を彼の家に連れて行くことを知りました。

ジェシーは危険を感じるも、車から降りることが出来ず、スマートフォンの充電器で彼を絞め殺そうとします。

それによって車は柱に衝突。カートの力が強いため、形勢が逆転してカートがジェシーを殴ります。

やがて車はカートの自宅の前に到着。カートは意識不明のジェシーを車の外に置いて、車に戻ります。

そこでライブストリーミングで熱狂している視聴者から、ジェシーの殺害を依頼されました。

カートはジェシーを車で轢き殺そうとしますが、彼が落としたカメラに気を取られている間に、ジェシーが意識を取り戻し逃げ出します。

カメラを設置し直したカートは、その場にジェシーがいないことに気付き、捜しに車外へ出ました。

その隙に、カートの車に乗り込んだジェシー。気がついて逃げるカートを、ジェシーは車で追い掛けながら、彼の家に激突しました。

家の中には酔っ払ったクリスがいて、驚きとともに怒りを抑えきれず、ジェシーに「お前は誰だ」と尋ねます。その間に、家の中に逃げ込むカート。

クリスがジェシーに向かって行くと、ジェシーの近くにカートの母親の遺体がありました。

実はその日、出掛ける前にカートは母親を殺害していたのです。クリスが状況を理解する前に、彼の背後ではカートが銃を向けていました。

その間に、落ちていたライブストリーミング中のカートのスマートフォンを持ち出したジェシーは、車の後ろに隠れます。

そして、カートはクリスを撃ち殺します。現場を目撃したジェシーは、車に乗り込んで逃げようとしますが、車が壁に突っ込んでいるため動けません。

するとカートはジェシーに向かって銃を向けますが、弾が無くなっていました。ジェシーは車を発進して、カートを壁に挟み撃ちしました。

車と壁に挟まれて動かなくなったカートの様子を見るために、ジェシーは車から降りました。その時、突然頭を持ち上げたカートを、ジェシーはスマートフォンで殴り殺します。

こうしてジェシーはカートの犯罪行為を妨害した功績を残して、全国的なスターになりました。

一方でカートと彼の殺人事件ニュースは、インターネットの端っこで、小さく取り上げられるようになります。

スポンサーリンク

映画『スプリー』の感想と評価

(C)2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

ソーシャルメディアの世界

本作はデジタル時代の『アメリカン・サイコ』(2000)のような作品です。

ソーシャルメディアがもてはやされる世界では、フォロワー数や「いいね」の数によって、自身の価値が決まってしまうような錯覚を持つ人も少なくないでしょう。

ソーシャルメディアが与えた影響により、‟インフルエンサー”と呼ばれる世間へと拡散力を大きく持つ人物も生まれています。

本作は、ソーシャルメディアの世界に生きるという人々の考え方や、フォロワー数を獲得したい人々にとって、どれほど重要なのかを視覚化しています。

ジョー・キーリーが演じた主人公カート・カンクルは、犯罪を犯してまで、より多くのフォロワーを得ようとしますが、観客はソーシャルメディアでの名声を得るために、そこまでするのかという“人の心の闇”に疑問を持つことでしょう。

日常で何気なく依存しているネット上のソーシャルメディアですが、本作を観るうちに、“過激な依存にに陥らない節度と健全とは何か”。その恐ろしいをまざまざと見せつけられます。

サイコパスに扮したジョー・キーリー

(C)2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

ジョー・キーリーは、この作品で不気味で狂気に輝きながらも、悲壮感に溢れた殺人という世界への導き手を演じ切りました。

ジョーの演技の最も素晴らしいところは、フォロワーを集めたいがために、お祭り気分で殺人を犯す人物の欲求に隠された“人間の本性”を視覚化した点であり、誰もがその怪演に釘付けになることでしょう。

カートにとっての“スター性”

ジェシーの行動によって、SNSは最終的に急上昇し、今ではハリウッドでとても有名になっていることが明らかになりましたが、一方でカートの犯罪は世間に知れ渡り、カートは成りたがっていた有名人として、もてはやされています。

では、カートは憧れであったスター性を獲得できたのでしょうか。答えは「YES」。まさに自分が望んでいたものを手に入れたのです。

フォロワーの数を増やそうと必死になっている人間の業は、犯罪行為におよんでしまう“挑戦する道の結末”を教示したのです。

まとめ

(C)2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.

映画『スプリー』は、日常生活に不要不可欠なインターネットのライブストリーミングによって、世界中に自分を見せる青年カート・カンクルにとっての“日常(非日常)”の姿を描いていました。

インターネットのマイナスな道徳観を披露し、その暴力行為はリアルで衝撃的なものです。主人公カートは倫理観を失い、人々と関わる方法を真のコミュニケーションの喜びを理解することはできませんでした。

「いいね」の数という承認欲求のみに支配され、殺人を過激なゲームのように扱います。また誰かの言葉を客観的なものとして、他者理解することなくフォロワー数のカウントのみを“信仰した信者”でもあります。

主人公カートの笑みを浮かべて獲物を仕留めるという行動は極端なように見えますが、その裏に隠された欲求は決して彼だけのものではありません。

人間の持つ欲望の末路とは、その行動によっては、誰にでも大なり小なりの悪夢のようなことが起こり得といるでしょう。



関連記事

ホラー映画

映画『シライサン』ネタバレ感想とレビュー評価。JホラーがSNSと繋がることで“現在だからこその恐怖”を映し出す

名前を知った者の前に現れ、目を逸らすと命を奪う「シライサン」と呼ばれる都市伝説を巡り、男女が遭遇する恐怖を描いたホラー映画『シライサン』。 SNSでの情報、あるいは感情の共有がメディアの主流となりつつ …

ホラー映画

『ダニエル(2021)』ネタバレ感想と結末あらすじの解説。スリラー映画にシュワルツェネッガーとロビンスの息子2世同志が“耽美と狂乱”を織りなす

2世俳優のマイルズ・ロビンスがシッチェス・カタロニア国際映画祭にて男優賞作『ダニエル』。 映画『ダニエル』は、自らをジャンル映画マニアと自任する新鋭アダム・エジプト·モーティマー監督の作品。 善と悪、 …

ホラー映画

映画『貞子』ネタバレ感想と評価。結末で見せた「リング」シリーズ の新たな時代への挑戦

世界的なホラーキャラクターとなった貞子による、新たな恐怖を描いた映画『貞子』。 映画『リング』で貞子を生み出した、中田秀夫監督が、新たな貞子の恐怖を描いた本作をご紹介します。 スポンサーリンク CON …

ホラー映画

映画『ザ・ゴーレム』あらすじと感想レビュー。救世主なのか怪物か?忠実さと暴走する破壊者の二面性

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

ホラー映画

映画『ポラロイド』あらすじネタバレと感想。アナログな恐怖の秘密はカラヴァッジョの陰影とスピルバーグファンとしての遊び心

『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』のロイ・リーがプロデューサーを務めた、ポラロイドカメラが巻き起こす怪奇ホラー! 『ポラロイド』は、ノルウェー出身のラース・クレヴバーグが製作・監督・脚本を …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学