Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/01/29
Update

【ワンダヴィジョン感想】4話をネタバレ考察!マーベルMCUへ繋がる謎・伏線と真相に迫る新展開など見どころを解説

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

「Episode1」から「Episode3」にかけて50年代から70年代のアメリカドラマのブームでもあった「シチュエーション・コメディ」通称「シットコム」をオマージュしたドラマを展開してきた『ワンダヴィジョン』。

コメディでありながらも物語の様々な部分に不穏な描写を盛り込むことで、そこはかとない不安を煽ることに成功していた本ドラマも遂に「Episode4」を迎えます。

今回はこれまでの物語の裏を描いた「Episode4/番組を中断します」を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。


【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報

(C)2021 Marvel

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【原題】
WandaVision

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク

【作品概要】
アメリカンコミック『マーベル・コミックス』を映像化する企画「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・ボーイズ』など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきたドラマ監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode4のあらすじとネタバレ

(C)2021 Marvel

サノスによる「デシメーション(全宇宙の人口を半分に削減する虐殺)」の犠牲者は、5年後にアベンジャーズによって復活。

母親の見舞いの最中に「デシメーション」が発生し、5年後に復活したモニカ・ランボーは自身が消えてる間に母が癌で死去していたことを知ります。

「知覚兵器観察対応局(S.W.O.R.D)」のエージェントであったモニカは僅か数週間で職場に復帰し、かつてからの知り合いであるヘイワードと再会します。

宇宙からの未知の脅威に対する観察と対応を主任務とする「S.W.O.R.D」は、モニカの母マリアが設立し長官を勤めていましたが、モニカの死によってヘイワードに引き継がれていました。

早速宇宙での任務を望むモニカでしたが、ヘイワードからしばらくは地上での任務を担当して貰うと釘を刺されてしまいます。

「デシメーション」から復帰直後の人間は、宇宙の任務から一定の期間離れるというルールは、他ならぬ母のマリアが定めたルールであり、「デシメーション」からの復活を確信していた彼女の想いを受けて、モニカは地上の任務を引き受けることにします。

ニュージャージーのウエストビューで住民の集団失踪が発生し、異常を感じたFBIは「S.W.O.R.D」に協力を要請。

現場を訪れたモニカはFBIの捜査官ウーからウエストビューで発生した異常な事態の説明を受けます。

ウエストビューに住む3892人の住民全員と連絡が取れないだけでなく、近隣の保安官はウエストビューという町は存在しないと証言します。

ウエストビューに関係している人間から町や住民に関する記憶が消えており、その異常な事態を認めたモニカはウエストビューの方面に向かって、ヘリコプター型のラジコンを飛ばします。

ラジコンはウエストビューの看板を越えた付近で消失し、町に何かしらのフィールドが発生していることに気づいたモニカは境界線に向かって手を伸ばすと、ウーの目の前で町の方角に向かって吸い込まれ消えてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode4ネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode4をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

24時間後、ウエストビューを囲むように「S.W.O.R.D」の臨時基地が展開され、基地には各方面の研究者や専門家が集められていました。

「S.W.O.R.D」はウエストビューを囲むように六角形に展開されたフィールド内で発生している現象を突き止めるため、エージェントのフランクリンに防護服を着せ、下水道からウエストビューへと潜入させます。

一方、天文学者のルイスは計器によってウエストビューを取り囲むフィールドから多量の「宇宙マイクロ波背景放射(CMBR)」が発生していることに気づき、旧式のテレビを使い内容を受信させます。

テレビにはアベンジャーズのワンダと、サノスによって直接殺害されているため復活することはないはずのヴィジョンが主役の「シットコム」が映し出されます。

番組内に登場する人物は全員行方不明になっている住民であり、その中にはモニカが「ジェラルディン」という役名で登場していました。

ルイスは番組内で1話に1回必ずラジオの近くでワンダが皿を洗う描写があることに気づき、ウーにラジオを使った交信を行わせます。

ウーはワンダがラジオの近くにいる時を狙い「誰に指示を受けている?」とラジオでワンダに話しかけますが、少しの画面のブレが発生したのみで大きな変化は見られませんでした。

下水から潜入したフランクリンとは、フィールドに入った際に全ての通信機器が断たれ、音信不通となってしまいます。

その後も観察を続けるルイスたちでしたが、1950年代から60年代、そして70年代と1話ごとにドラマの風潮が10年代ずつ変わっていくことしか主だった特徴を発見できません。

しかし、物語内でモニカが演じるジェラルディンがワンダに対し「ウルトロン」のことに切り込むと画面からジェラルディンが消えエンディングに入り、ルイスはこの番組が何者かによって「検閲」を受けていることに気づきます。

一方、番組の裏側ではワンダがジェラルディンが町の外から来たよそ者であることに気づき、サイコキネシスを使いジェラルディンをウエストビューの外まで吹き飛ばします。

直後にヴィジョンが家の中に戻り、ワンダにはヴィジョンがサノスに殺害された時の無残な姿に見えます。

ヴィジョンに心配されるワンダは、全てがコントロール可能な状態にあるとヴィジョンに言い聞かせます。

フィールドの外まで吹き飛ばされ「S.W.O.R.D」に回収されるモニカは、「全てはワンダによるもの」と繰り返し呟いていました。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン Episode4』の感想と評価


(C)2021 Marvel

『ワンダヴィジョン』は「Episode1」から「Episode3」まで、観客から笑いの声が聞こえるような「シットコム」の体裁で物語が進んでいました。

今までの「MCU」の作風から大きく外れた内容に戸惑う声も大きかった一方で、作品内に散りばめられた今後の不安を煽るような描写の数々に、ドキドキしながらも次の話を楽しみにする声も強い本作。

そして遂に公開された「Episode4」では今までの物語の「裏側」を描き、これまでの話を観ているからこその没入感を作り出すことに成功していました

「世界」を作り出した「ワンダ」


(C)2021 Marvel

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でアベンジャーズがサノスを倒し、「デシメーション」による被害者を復活させた後から始める「Episode4」は「Episode2」と「Episode3」にジェラルディンとして登場していたモニカの目線で物語が始まります。

様々な驚異から地球を守る組織「S.W.O.R.D」のエージェントである彼女は、ウエストビューで起きた異変に気づき、ウエストビューに発生した「世界」の中に侵入してしまいます。

本話ではこれまでの話で「世界」に干渉していた「防護服の男」や「ジェラルディン」、そして「ヘリコプター型のラジコン」が「S.W.O.R.D」によるものであることが確定し、同時に終盤のワンダによる「全てコントロールできている」と言うセリフから彼女が「世界」を作り出していることも示唆されました。

しかし、同時にモニカをサイコキネシスで「世界」の外に追い出したワンダの顔は戸惑いに満ちており、彼女の言葉とは裏腹に、ワンダは彼女自身すらコントロール出来ていない可能性が、今後の注目点となると推察できます。

気になる今後の展開に繋がる要素

(C)2021 Marvel

「Episode4」によって多くの部分に説明がなされましたが、未だに明らかになっていない部分や今後に繋がる伏線が多く存在しています。

テレビで放映されているワンダとヴィジョンの「シットコム」は、作中でルイスが気がついたように、ワンダにとって都合の悪い描写は「検閲」されてしまいます。

ワンダは自らの意思で「世界」を作り出したのか、それとも番組を「検閲」している「何者か」によって導かれてしまっているのか

そしてワンダに注目しなければならない一方で、「防護服の男」である「S.W.O.R.D」のエージェントフランクリンにも注目の要素があります。

フランクリンは外の「世界」からウエストビューに入ったにも関わらず、現段階で外に吹き飛ばされた描写はありません。

登場時に蜂を身体に纏っていた演出もあり、原作に登場する蜂を操るヴィラン「スウォーム」との繋がりを匂わせるフランクリンにも目を光らせておくべきだと断言できます

まとめ

(C)2021 Marvel

次々と明らかになる「シットコム」の裏側と悪に堕ち始めたワンダによる悲劇。

物語は果たしてここからハッピーエンドに向かうのか、それとも惨劇になってしまうのか。

凄まじい盛り上がりを見せる一方で、まだまだ中盤である『ワンダヴィジョン』は今最も注目したいドラマです。








関連記事

海外ドラマシリーズ

『ウェントワース女子刑務所』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』は、もともとはオーストラリアの人気ドラマ『Prisoner Cell Block H』のリメイク作品として制作されました。 主なキャラクターはそのままにストーリー …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『シャーロック シーズン2』2話ネタバレと動画無料視聴

コナン・ドイルの名作、シャーロック・ホームズを現代のイギリスを舞台した海外ドラマのシーズン2。 存在するはずのない「巨大な犬(ハウンド)」の正体を追います。 第2話、「バスカヴィルの犬」を紹介します! …

海外ドラマシリーズ

ワンダヴィジョン8話ネタバレ感想解説|アグネス=アガサが知るヘックスの真実とヘイワードの嘘/計画とは?

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。 毎話鑑賞者に鳥肌が出るほどの驚きを与えてくれるドラマ『ワンダヴィジョン』。 「Episode7」では、物語の観測者であったモニカが能力を開眼したことで、本 …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『プリズンブレイク』あらすじとキャスト!WOWOW全シーズン放送

伝説的ドラマ『プリズン・ブレイク』が遂にWOWOW初登場!新作を含む全5シーズンの一挙放送決定。 アメリカで2005年に放送された世界各国で知られる人気のサスペンスドラマは、2017年に9話構成された …

海外ドラマシリーズ

Hulu『ハンドメイズテイル侍女の物語』あらすじとキャスト!原作小説紹介も

第69回エミー賞受賞式が9月17日(現地時間)に開催されました。 毎年エミー賞のなかでも最も注目が集まるのが、プライムタイム・ドラマシリーズ部門の作品賞! 有力作品が大激戦でひしめくなか、見事!栄冠を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学