Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2021/01/23
Update

ワンダヴィジョン3話ネタバレ考察とストーリー解説。世界の創造者の犯人は誰なのか推察!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のMCU本編と密接にリンクした配信ドラマ『ワンダヴィジョン』(2021)。

今までの物語との繋がりがありながらも、数多くの矛盾が見られる本ドラマはその矛盾こそが本質である未だ謎の多い作品。

今回は、徐々に世界の全貌が見え始めてきた「Episode3」をネタバレあらすじを含め紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン』の作品情報

(C)2021 Marvel

【原題】
WandaVision

【配信】
2021年1月15日(Disney+独占配信)

【監督】
マット・シャクマン

【キャスト】
エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、テヨナ・パリス、キャスリン・ハーン、カット・デニングス、ランドール・パーク

【作品概要】
アメリカンコミック「マーベル・コミックス」を映像化する企画「MCU」の「フェーズ4」開始作となる配信ドラマ。

監督を務めたのは「ファーゴ」や「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ザ・ボーイズ」など大ヒットドラマのエピソードを数多く手がけてきたドラマ監督のマット・シャクマン。

ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode3のあらすじとネタバレ

(C)2021 Marvel

妊娠したワンダを医者に見せるヴィジョンは、昨日突如妊娠したワンダが妊娠4ヶ月であると宣言され驚愕します。

医者を玄関まで見送り部屋に戻るとワンダのお腹はさらに成長しており、既に妊娠6ヶ月の兆候を見せ始めていました。

本から妊娠についての知識を取得したヴィジョンは、これまでの成長スピードから計算しワンダの出産が3日後に迫っているのではないかと考えます。

お腹の中の子供が成長するに連れて、家電製品が故障したり停電が発生するなど街中で異常が起き始めます。

ワンダの子供の成長スピードや身の回りで起きる異変に対しヴィジョンは疑問を口にします。

すると時間が巻き戻り、ヴィジョンの疑問はなかったことになりました。

突然、先程まで妊娠6ヶ月だったワンダに陣痛が始まり、ヴィジョンは旅行に出かけると言っていた医者を呼び戻すため家を出ます。

家で医者の到着を待つワンダの前に同じ街に住む友人のジェラルディンが訪ねてきます。

街の人間に自身とヴィジョンの異常性を隠したいワンダはジェラルディンに対し妊娠を隠しますが、本格的に陣痛が始まったことで彼女に介助されながら出産を行うことになります。

ジェラルディンの介助もあり、ヴィジョンが医者を連れて帰ってくるまでに男の子のビリーを出産したワンダ。

ヴィジョンは喜びビリーを抱き抱えますが、その時再び出産が始まりビリーの双子となるトミーも出産しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ワンダヴィジョン』Episode3ネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ワンダヴィジョン』Episode3をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ビリーとトミーが健康体であることを確認した医者をヴィジョンは玄関の外まで見送ります。

医者は「どうせ街から逃げることはできない」と旅行を諦めたことを話し去って行きました。

その後、ヴィジョンは庭で隣人のハーブが住民の女性とジェラルディンについて話している様子を聞き、会話に加わります。

ハーブたちはジェラルディンに夫や子供がいないだけでなく、街に家すらないことを不審な様子で話していました。

彼女はなぜこの街に来たのかとヴィジョンが口にすると、ハーブは「俺たちはみんな」とまで言ったあとに言い淀み、それ以上先の言葉を女性に静止され、2人は不自然な様子でその場を後にします。

一方、家の中でワンダはジェラルディンに自身の双子であるピエトロの話をしていました。

するとジェラルディンは「ピエトロはウルトロンによって殺された」と一部の人間しか知らないピエトロについての真実を言い放ちワンダは驚愕します。

なぜジェラルディンがピエトロの最期を知っているのかを疑問に覚えるワンダは彼女を詰問しますが、彼女は何も話そうとしませんでした。

ヴィジョンがワンダのもとに戻ると既にジェラルディンの姿はなく、ワンダはヴィジョンに対し「ジェラルディンは帰った」と言うばかりでした。

空中に出来た謎の穴から見知らぬ場所の地面に放り出されたジェラルディンは、車で大量に駆けつけた人間たちによって確保されてしまうのでした。

スポンサーリンク

ドラマ『ワンダヴィジョン Episode3』の感想と評価

(C)2021 Marvel

前話のラストから画面に色がついたことでカラーとなった「Episode3」では、2人の生活に大きな変化が訪れます。

本話では、前日に妊娠し翌日に出産という過密スケジュールにてんてこ舞いとなるワンダとヴィジョンをコミカルに描きながらも、今後の物語に非常に重要になる要素がいくつも登場していました。

「世界」の創造者はワンダ?

(C)2021 Marvel

『ワンダヴィジョン』内で描かれるワンダとヴィジョンの幸せな夫婦生活は、ヴィジョンと死別したことで叶うことのなくなってしまったワンダの一番の夢でもあります。

それゆえに前話の考察ではワンダによる世界の創造説を挙げさせていただいましたが、「Episode3」ではその説を肯定する要素と否定する要素が登場します。

「世界」に疑問を持たれることは創造者にとって望ましいものではなく、劇中ではヴィジョンが世界に違和感を覚えるとシーンが巻き戻り、ヴィジョンの違和感がなかったことにされてしまいます。

「Episode3」でも巻き戻しは1度発生しますが、ワンダが見ていない時にヴィジョンが疑問を覚える場面では1度も巻き戻しが起きません。

このことはワンダこそが「世界」の創造者であることを想起させますが、同話には不自然な点も多くありました。

「世界」の創造者はワンダではない?

(C)2021 Marvel

ワンダはヒドラと言う悪の組織により超能力者として育てられますが、彼女にはピエトロと言う双子の兄弟がいました

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でワンダとピエトロはヴィランとして登場しますが、同じくヴィランのウルトロンの思想についていけずに袂を分かち、アベンジャーズと共闘します。

しかし、ピエトロは子供を守るためにウルトロンによる銃撃を浴び死亡してしまいます。

ワンダにとってピエトロはヴィジョンと同等に大事な存在であり、その存在が本ドラマ内で言及される以上、ワンダの作り出した世界ならばピエトロも復活していなければ不自然です。

ワンダが作り出した世界なのか、それとも全く別の人間が作り出した世界なのか。

まだまだ本ドラマから目を離すことはできなさそうです。

まとめ

(C)2021 Marvel

「Episode3」では主題歌に「ザ・モンキーズ」の楽曲「デイドリーム・ビリーバー」が起用されています。

「ザ・タイマーズ」が本楽曲を日本語化し、高畑充希など多くの著名人が日本語版をカバーしているため日本では馴染み深い曲でもあります。

1話1話物語の謎がさらに深まり、考察の楽しみを与えてくれるドラマ『ワンダヴィジョン』。

MCU好きの方にこそオススメしたい考察系海外ドラマです。








関連記事

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ地上波2018『リーサル・ウェポン』あらすじとキャスト。地上波

海外ドラマ『リーサル・ウェポン』は、6月18日(月)からテレビ東京にて、毎週月から金曜の昼12時40分~放送スタートです。 “刑事なのに、イカれてる⁈ ”、ひとりの命知らずな刑事は妻を亡くし傷心の元ネ …

海外ドラマシリーズ

ブラックミラー シーズン1 「1500万メリット」ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も

海外で絶大な人気を誇る英国製SFオムニバスドラマ『ブラック・ミラー』。 前回ご紹介したシーズン1の第1話「国歌」では、SNSの普及による大衆の「悪意の麻痺」による危険性が、現代社会により近い世界観で描 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『オスマン帝国外伝』あらすじとキャスト!Huluにて

今までほとんど日本に上陸することのなかったトルコ発のテレビドラマ。 いよいよ!『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』が、2017年8月8日(火)からHuluプレミアにて配信スタート! トルコ国内で …

海外ドラマシリーズ

Netflix韓国ドラマ『梨泰院クラス』ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛・復讐・経営という3つの物語が一方通行の恋愛模様を含んで展開

恋愛・復讐・サクセス、3要素が秀逸な韓国ドラマ『梨泰院クラス』 Netflixで配信されている韓国ドラマ『梨泰院クラス』。韓国のケーブルテレビ局で放映されていた連続ドラマです。 主演は、映画『パラサイ …

海外ドラマシリーズ

【プリズンブレイク.シーズン5】無料動画視聴方法。1話あらすじネタバレ

『プリズン・ブレイク』は2005年から放送が始まり、シーズン4がファイナルでした。 しかし、なんと!2017年にシーズン5であるファイナル・ブレイクがスタートしました。 かつて一緒に脱獄した仲間たちが …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学