Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2022/10/20
Update

『血ぃともだち』ネタバレ結末あらすじと感想考察の評価。キャスト唐田えりか主演×押井守監督が手がける異色の青春譚

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

血を抜かれることの快楽に魅せられてる「献血部」の女子4人とバンパイアの交流を描く異色の青春譚

コロナ禍の2020年に本広克行監督、押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督が立ち上げた映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第4段として制作された本作は、4度にわたる公開延期により“お蔵入り”寸前となり、東京・テアトル新宿で一日限りで上映されました。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(1995)などの押井守監督が手がけ、主演は『寝ても覚めても』(2018)の唐田えりかが務めました。

また、グローバル・ガールズグループ“NiziU”のメンバーであるニナ(牧野仁菜)が“NiziU”としてデビュー以前に出演し、バンパイヤの美少女マイを演じました。

私立来栖学園高校の「献血部」に所属するマキ、仁子、ナミ、カオルの4人は血を抜かれる快感に魅せられ、学校では変態扱いされていました。

ある日、いつものように献血をしに行ったマキ(唐田えりか)は、看護師相手に大暴れしたマイ(牧野仁菜)に出会います。

気を失ってしまったマイを部室に連れて行くと、マイは自分は人を襲えないバンパイアだと明かします。

マイをどこか放っておけないマキたちは自分らの血でマイを養おうとしますが……献血部とバンパイア、異色の交流を描く青春譚ムービーです。

スポンサーリンク

映画『血ぃともだち』の作品情報


(C)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会

【公開】
2022年(日本)

【監督】
押井守

【脚本】
山邑圭

【キャスト】
唐田えりか、尾碕真花、天野菜月、日比美思、牧野仁菜、近藤里沙、小柳友貴美、鈴木敏夫、古賀哉子、毛利愛美、辻夏樹、イマニシケンタ、小林博、菅登未男、にぼし、藤木義勝、マアリ・アルチョモフ、日下雄一朗、綿貫竜之介、阿部里果、竹内絢子、松本圭未、松井玲奈、筧利夫

【作品概要】
「Cinema Lab」第一弾として、本広克行監督の『ビューティフルドリーマー』(2020)が公開され、押井守監督の『血ぃともだち』は第二弾として公開される予定でしたが、緊急事態宣言などを経て公開が延期されました。

その後、第二弾として、小中和哉監督『星空のむこうの国』(2021)、第三弾として上田慎一郎監督『ポプラン』(2021)が公開され『血ぃともだち』はお蔵入りになりかけましたが、2022年2月5日テアトル新宿にて一日上映される運びとなりました。

主演を務めたのは、『寝ても覚めても』(2018)の唐田えりか、マイ役は、グローバル・ガールズグループ“NiziU”としてデビューする以前のニナ(牧野仁菜)が務めました。

その他のキャストは、スーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でヒロイン・アスナ/リュウソウピンク役を演じた尾碕真花、『氷菓』(2017)の天野菜月など。

映画『血ぃともだち』のあらすじとネタバレ


(C)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会

私立来栖学園高校の「献血部」の部長のマキ(唐田えりか)は、いつものように献血ルームで血を抜いてもらい帰ろうとしているところでした。

全身黒づくめの美少女がマキの後に献血ルームに向かうと、物凄い物音と看護師の悲鳴が聞こえてきました。

何事かとマキが様子を見に行くと美少女が看護師や医師相手にプロレスの技を決めています。驚いてその様子を見ていたマキでしたが、美少女が意識を失ってしまったので慌てて助けます。

どこに連れて行けば良いのか迷ったマキは「献血部」の部室に美少女を運ぶことにしました。献血部の皆にも連絡し、部室に皆が集まってきます。

皆でどうするのか相談していたところに美少女が目を覚まします。何語を話しているのか分からなくても、同時通訳のように日本語として頭に入ってきます。

皆が驚いていると、美少女は皆の話す言葉は話せないけれど翻訳されて皆の頭の中に話しかけることができる能力があるのだと説明します。

マイと名乗った少女は、自身の身の上話を始めました。継母とウマが合わず逃げてきたと言います。そしてマイはなんとバンパイアだと言うのです。

皆が驚き動揺すると、人は襲えないと言います。襲えないからこそ空腹で困っていると言います。そしてどこかで血をもらえる場所はないかと言います。

マイの儚げな表情に胸を打たれ、放っておけないマキは皆で協力してマイのために血を集めようと決めます。そして分担表を作り、マイは部室のロッカーを棺桶のようにして匿うことにします。

保険医の血祭血比呂(松本圭未)のコレクションから盗んだり、採血で何とかマイのために血を集めようとしていましたが、なかなか足りません。

するとマイは部室にあったパンを何気なく手にとり食べ始めました。血以外食べられないのかと思ってた皆は驚きます。

腹の足しにはならないけれど食べることはできるとマイは言います。

その頃、部員の様子がおかしいことに気づいた血祭血比呂は、部員に尋問し、マイのことを話してしまいます。どうするんだと詰め寄られた部長のマキは、私たちでマイを守るんだと宣言します。

すると血祭血比呂は、見逃す代わりに体重を測って問題ない体重であれば研究のため採血をさせてほしいという条件を突きつけます。

血祭血比呂は、様々なバンパイアにまつわる通説を検証していきますが、ニンニクも十字架も聖水も全く効果はなくマイは平気そうにしています。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『血ぃともだち』ネタバレ・結末の記載がございます。『血ぃともだち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会

献血部のメンバーは貧血気味を解消するためお気に入りの餃子の店にいきます。マイも連れていき、ここの餃子は美味しいよと進めるとマイは大皿のまま全て平らげてしまいます。

驚いた部員らは皆食べるなんて…と言うとマイは何か文句あるかと関西弁のような言葉できつく言い始めます。

そして、焼きそばも大皿ごと食べようとして部員に止められるとマイは怒りそのまま餃子屋の屋根を突き抜け空に飛んでいってしまいます。

幸いなことに騒動は大事にならず、警察もまさかバンパイアがいるとは思っていないのでマイの正体がバレることにはなりませんでしたが、部員は血祭血比呂に叱られます。

ある日、部室にいたはずのマイの姿がなく探していると、社交ダンスの練習をしているホールで踊っているマイの姿を見つけます。

そしてそのままマイはステージに上がり、ダンスの教員とペアになり踊ります。

そうしてマイの姿を献血部以外にも見られてしまいます。

血祭血比呂は、教頭に呼び出されます。最近美少女の幽霊の姿を見たという話が出ているが何か知らないか?と探りを入れられますが血祭血比呂ははぐらかします。

献血部の皆は、部室にマイを置いておくことが危険だと考え、両親が海外に出張に行っていて留守のマキの家に置くことにしました。

マキの家に着くと隣のお節介なおばさんが早速やってきてマキに色々話し、マイの姿を見て驚いた顔をします。

マキは何とかおばさんを帰らせると食事の支度をします。

食事を作り、甲斐甲斐しくマイの面倒を見るマキでしたが、学校を休むことは出来ず学校にマイを連れて行くのは危険なため家で待つように言います。

不安ながらも学校に行き、帰宅するとマイの姿がありません。

そして、机の上には餃子がありました。

慌てて隣のおばさんに聞くと、息子の大好物だからと朝から餃子を作りマキの家に行き、家にいたマイに渡したと言うのです。

「何でよりによって餃子なの!」とマキは焦り、部員の皆にも連絡してマイを探しに行きます。

すると、マイは河川敷で一人、座っていました。

餃子を食べて興奮してしまったため、一人で頭を冷やそうと思ったというのです。

家に置いておくことも危険となり、再び部室に匿い、交代で部員が泊まり込むことになりました。

最初はマキの番です。何事もなく夜になったかと思っていましたが、ふとマイが眠るロッカーの蓋を開けるとマイの姿がありません。

すると背後にマイの気配があり、マイが首筋に噛みつこうとしてきます。

「許してサラ…」

聞き慣れぬ名前にマキは驚きつつも、噛んでもいいよと言います。

まさにマイが噛みつこうとした瞬間マキの頭に何かがぶつかり慌てて周りを見渡すと部員の皆が部室に来ていました。

様子が気になって、眠れなくてやってきたのだと言います。

そこには血祭血比呂の姿もありました。

マキは先ほどのサラのことが気になり、先ほど様子が変だったけれどとマイに尋ねます。

すると、マイは皆に話さなければいけないことがあると話し始めます。

マイはルーマニアで生まれましたが、バンパイアの弾劾に遭い、祖国を逃れ、途中で母は捕らえられ殺されてしまいます。

逃れ父と暮らすことになったマイに、父はサラという孤児院から引き取った少女を紹介します。

すぐにサラと仲良くなります。マイにとってサラは初めて出来た友達でした。

その後成長したマイに父は、そろそろ自分で獲物を捕らえるようになる時期だと言い、あろうことか最初の獲物はサラだと言うのです。

父は最初からそうするつもりでサラをマイと引き合わせたのです。

友人であるサラの血を吸うことなどできないとマイは言うと父はそれまで与えていた自分の血を与えなくなります。

飢えが限界に達したマイは気づくとサラの血を吸ってしまったと言います。

バンパイヤに噛まれた人もバンパイヤになってしまいますが、しもべにはしたくないとサラに釘を打ち、二度と人は襲わないと誓ったのです。

「それに私、友達が欲しい!」と言うマイに献血部の皆は笑って友達ならもういるよ、と言います。

「血で繋がった友達だから、血ぃともだちだね」と言い、笑い合います。

そして、晴れて献血部員となったマイと共に献血部は新たな部員を獲得するため活動するのでした。

スポンサーリンク

映画『血ぃともだち』感想と評価


(C)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会

コロナ禍で設立された「Cinema Lab」は、映画化の条件は「限られた制作予算であること」のみです。

企画開発、脚本、全てを監督が自由に出来るという実験的なレーベルです。

そのような潤沢な資金もないなか作られた映画『血ぃともだち』はこれまでの押井守監督作とは違うだけでなく、今までになかった異色の映画になっています。

ポスターの雰囲気やバンパイアという設定からダークファンタジーやアクションをイメージするかもしれません。

しかし、本作で描かれているのは至ってピュアな高校生のちょっと不思議な日常と友情という青春譚なのです。

唐田えりか演じる献血部部長のマキは、両親が出張ばかりで家にいることが少なく孤独を抱えています。

そんなマキにとって、マイは放っておけない存在だったのです。

同じくマイも居場所がなく、血に飢え彷徨っていました。

首に噛み付こうとする場面もあるものの実際には噛み付くこともなく、バンパイアにありがちなイメージにマイはことごとく当てはまりません。

そして、マイが何より求めていることは友達が欲しいということでした。

「献血部」というあまり聞かない部活動や、様々な血のデータを集めている保険医の血祭血比呂をはじめ、個性豊かな献血部の部員たち。

不思議な設定と個性豊かなキャラクターによるシュールな世界観で描く、ピュアな友情譚は観客の期待を色んな意味で裏切ってくれる実験的な映画になっています。

まとめ


(C)八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会

「献血部」とバンパイアのマイの不思議な出会いを描く映画『血ぃともだち』。

随所に不穏さを散りばめつつも、変態と呼ばれる献血部の皆が協力してマイを助けようとする青春譚になっています。

本作における異色さは限られた予算であることだけでなく、監督が自由に描けるからこそ出来たものでしょう。

関連記事

ファンタジー映画

映画『ゆれる人魚』あらすじとキャスト。上映館と公開日情報も

映画『ゆれる人魚』は2月10日(土)より新宿シネカリテほか全国順次公開! 1980年代の共産主義下にあったポーランドを舞台に、新鋭監督アグニェシュカ・スモチンスカがアンデルセン童話にツイストを加えた新 …

ファンタジー映画

映画『山中傳奇』あらすじネタバレと感想!キンフー(胡金銓)監督が4K上映版で復活させたシーンと作風の特徴を詳細に解説

“香港の黒澤明”と称された映画監督キン・フーが1979年に製作した『山中傳奇』が、このほど192分という【4Kデジタル修復・完全全長版版】での上映が実現しました。 1人の男が、2人のミステリアスな女性 …

ファンタジー映画

映画『野性の呼び声』ネタバレあらすじと感想。犬との友情を原作8度目の映像化で描いたものとは⁈

自分の本当の居場所とは。 野性の呼び声に従え。 1903年、アメリカの作家ジャック・ロンドンが発表した名作冒険小説「野性の呼び声」が、ディズニーのクリエーター陣により、初の完全実写映画化となりました。 …

ファンタジー映画

ハムナプトラ2黄金のピラミッド|あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。イムホテップは前作では敵であったが裏切られて可哀想⁈

前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から9年後の世界が舞台になった『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』。 強敵イムホテップを倒し、つかの間の平和を享受していましたが、冒険心を抑えられないリックとエヴ …

ファンタジー映画

映画『メリーポピンズ』あらすじネタバレと感想。続編リターンズ公開前におさらい

風に乗って彼女はやってきます。 からっぽのバッグに大きな魔法を詰め込んで。 いまなお根強いファンのいる、1964年製作の名作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』。 当時のアカデミー賞を総なめにした、心 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学