Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】レジェンド&バタフライ|あらすじ結末感想と評価解説。キムタク演じる信長と綾瀬はるかの濃姫を軸に“戦国時代の新解釈”として活写!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

戦国時代を駆け抜けた織田信長と彼を支えた濃姫の誰も知らない物語

日本中が戦火に包まれた動乱の戦国時代。

裏切りや虐殺が日常であった戦国の世で、天下を統一し平和に導いた「戦国三英傑」の一人として「織田信長」の存在と偉業は現代にまで語り継がれています。

多くのエピソードが残る戦国武将でありながらも、妻の濃姫もまた人間性も含め謎に包まれており、創作物に登場する織田信長は製作者によるさまざまな解釈がなされて来ました。

今回はそんな織田信長と濃姫の出会いと死までに焦点を当てた映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』(2023)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』の作品情報


(C)2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【監督】
大友啓史

【脚本】
古沢良太

【キャスト】
木村拓哉、綾瀬はるか、宮沢氷魚、市川染五郎、斎藤工、北大路欣也、伊藤英明、中谷美紀

【作品概要】
大人気漫画を実写化し大ヒットを記録した映画「るろうに剣心」シリーズを手がけた、大友啓史が監督を務めた伝記映画。

日本のエンターテインメント界を牽引し続け、『検察側の罪人』(2018)や「マスカレード」シリーズで主演を務めた木村拓哉が織田信長を演じたことで話題となりました。

映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』のあらすじとネタバレ


(C)2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

1549年、尾張の国を治める織田信秀は「マムシ」と呼ばれる美濃の斎藤道三と和平を結ぶため、嫡男の信長に斎藤道三の娘・濃姫との縁談を行わせます。

婚姻の日、礼儀に欠ける信長は妻となった濃姫に酌や肩を揉むことを命じますが、濃姫は毅然とした態度で断り、自身が織田家と婚姻を結んだのはあくまでも斎藤道三が尾張を乗っ取るためだと言い張ります。

怒る信長は濃姫を手打ちにしようとしますが、濃姫は信長よりも武芸に長けており、逆に信長を組み伏せてしまいました。

ふたりの関係が険悪なまま進んだある日、信長が鷹狩りへと向かう際に濃姫が同行し、獲物の大きさでふたりは競い合うことになります。手柄に焦る信長は足を踏み外し崖から落ちてしまいますが、駆けつけた濃姫が信長の腕を掴み彼の命を救いました。

崖上で美濃には無かった海を初めて見た濃姫は、いずれ海の向こうにある異国「南蛮」に行ってみたいと信長に気持ちを吐露。

1556年、斎藤道三は息子の斎藤義龍に謀反を起こされ長良川の戦いで討ち死にします。その知らせを聞いた濃姫は織田家に「人質」として惨めな扱いをされるくらいならばと自刃を試みますが、信長は彼女を止め「人質」ではなく「妻」であると言い聞かせました。

1560年、駿河一帯を治める今川義元の尾張への侵攻が始まり、織田家は混乱の渦中に陥ります。

濃姫は侍女の各務野から城を捨て落ち延びるようにと勧められていましたが、濃姫はひとり信長のもとを訪れ、あまりの戦力差に自身の命を諦める信長に喝を入れます。

濃姫はマムシならば勝つ見込みが少なくとも相手の急所を突くと言い、今川が狙う丸根砦や鷲津砦への救援を提案。信長は救援は今からでは間に合わないとその案を切り捨て、ふたりはさまざまな案を出し合います。

信長は濃姫の提案する今川の進軍路「桶狭間」での奇襲作戦を実行することを決め、濃姫は侍従の貞家に今回の作戦はあくまでも信長がひとりで決めたことにするように命令。

信長は桶狭間で今川を討ち取り、勢いのままに美濃へと攻め込み斎藤義龍を討ち取ると濃姫に所領を与えました。

美濃を岐阜と改めると信長は今川を倒す快進撃から室町幕府再興を目指す足利義昭に目をつけられ、共に上京し足利義昭を「将軍」に擁立することで大きな権力と利益を得る「道」を見つけます。

一方でその道は日本中の多くの大名を敵に回す「道」であり、逡巡する信長に濃姫はかつて斎藤道三が夢見た「道」の先を見せて欲しいと言い、信長は上京を決意。

上京を成し遂げた信長は濃姫を連れ京の街を歩き、濃姫は置物を購入し、信長は初めて食べた金平糖を購入しますが、スリに金平糖を奪われてしまい、追っていった先で濃姫が浮浪者に襲われたことで殺害してしまいます。

ふたりは襲い来る浮浪者を次々と殺害しその場から離れ小屋へと隠れると、濃姫は信長に惹かれその場でふたりは初めて結ばれました。

1570年、敵対する朝倉義景を攻める信長は、妹のお市の方を妻として差し出した浅井長政が裏切ったことで窮地に陥り、家臣の羽柴秀吉と明智光秀の奮闘で、何とか生き延びたものの多くの犠牲者を出しました。

同時期に濃姫は信長との子供を流産していましたが、信長は窮地に追い詰められており、濃姫に優しい言葉をかけることはしませんでした。

1571年、朝倉や浅井と手を組み織田家を攻撃する比叡山延暦寺に痺れを切らした信長は比叡山の焼き討ちを決意し、女子供を含めた皆殺しを家臣団に命令。

人のすることではないと家臣の丹羽に忠言を受けた信長は自身を「魔王」と名乗り、「魔王」である信長に惹かれた光秀は、女子供を含めた比叡山に立て篭る仏教徒を虐殺しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『THE LEGEND & BUTTERFLY』のネタバレ・結末の記載がございます。『THE LEGEND & BUTTERFLY』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

信長の狂気は増長し、年始の宴では光秀の用意した朝倉義景、浅井長政、浅井久政の3人の頭蓋骨を加工した杯で酒を飲み干し、家臣にも飲むことを命じます。

宴が終わり、足のふらつく信長に忠言する濃姫でしたが、もはや信長は濃姫の言葉には耳を貸すことはなく、天下を統べる以外に落ち着いて寝ることができる日々は訪れないと吐き捨てました。

斎藤道三の命で尾張の乗っ取りのために織田家に嫁ぎ、道山亡き後は信長を使い天下統一の夢を見ていた濃姫でしたが、次第に死に向かっていく信長を見ていられなくなり、信長に離縁を申し出ます。

濃姫は「南蛮」に憧れた理由は、家系のしがらみから逃れた土地で新たに生き直したかったからだと言い、信長は離縁を承諾し、貞家を夫として新たな人生を幸せに過ごすようにと濃姫を見送りました。

濃姫は貞家や各務野たちと山奥に住んでいましたが、病にかかり次第に床に伏せり始めてしまいます。

一方、信長は長篠で武田家を打ち破り、天下統一は順調に進んではいましたが、多くの人間を死に追いやったことで悪夢を見始め、徐々に自身の「道」に疑問を抱き始めていました。

ある日、貞家からの連絡を受けた信長は、貞家を夫としながらも信長を想い続ける濃姫が病に伏せていると知り、濃姫を安土城へと連れ戻します。

その日から信長は濃姫の病を治療するために薬草畑を作るなど「魔王」と呼ばれた頃の狂気は消え始め、軍議では家臣団の中に居眠りする人間すら出始めます。

光秀は「魔王」の威厳を取り戻すため、安土城を訪ねてきた徳川家康の前でわざと失態を起こし信長に叱責を受けるという芝居を演じますが、信長は光秀を殴る演技を上手くこなすことが出来ず、家康に演技を見抜かれてしまいました。

1582年、毛利家との戦に苦戦する秀吉の応援のため備中国へと向かうことにした信長は、病に伏せ立ち上がることすら困難になった濃姫に、この戦を最後にして共に「南蛮」に行くことを約束。

濃姫は信長に「無事に帰る」ことを望み願をかけた置物を渡し、信長の出陣を見送りました。

6月21日、京都本能寺に滞在中の信長は「魔王」としての威厳を失った信長に変わり天下を狙う光秀の裏切りに遭い、光秀配下の大群に本能寺を襲撃されます。

信長は自ら弓と刀を持って敵兵を打ち取りますが、圧倒的な兵数の差に押し込まれ、本能寺に火を放つと殿中の奥深くにひとりで入り、自刃のため衣服を緩めます。

すると、濃姫から預かった置物が服から現れ、置物を見つめる信長は部屋の床下に隙間を発見。

隙間は脱出口として本能寺の外へとつながっており、脱出を果たした信長は安土城に戻り濃姫を連れ出すと、ふたりで南蛮船に乗り込みました。

南蛮船の中で苦楽を共にしたふたりは強い絆で結ばれ、やがて見え始めた「南蛮」を見つめる信長に濃姫は子供を身篭ったことを伝え、ふたりの新たな人生が始まろうとしていました。

しかし、それは全て信長の見た幻想であり、置物は戦いの最中にすでにどこかに落としてしまっていました。

その頃、濃姫は病によって眠るように息を引き取り、信長は最後の舞を踊ると「ずっと好いておった」と言い残し、自身の首を刀で切り燃え盛る本能寺の中で息絶えました。

スポンサーリンク

映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』の感想と評価


(C)2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

「濃姫」を物語の中心に据えた新たな戦国物語

織田信長の妻として実在したとされる「帰蝶」こと濃姫の存在。

実は斎藤道三の娘であることや政略結婚の目的で織田信長を婚姻を結んだことははっきりとしているものの、濃姫はその後の信長の記録には殆ど登場することはなく、死のタイミングすら定かではありません。

そのため、戦国時代を題材とした作品では織田信長の命を狙う存在であったり、または織田信長に付き従う存在であったりとさまざまに自由な描かれ方がなされて来ました。

大友啓史が手がけた『THE LEGEND & BUTTERFLY』では、綾瀬はるかが演じる濃姫が織田信長の覇道を導き彼の人生に大きく関わる人物として物語を牽引しており、織田信長を描く作品の中でも珍しい切り口の映画となっていました。

想像を越える「信長の最期」


(C)2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

織田信長は天下統一を目前にした1582年に、配下の武将である明智光秀に謀反を起こされ死亡します。

「本能寺の変」と呼ばれるこの出来事は小学校の教科書にも載っているほどに有名であり、織田信長を知る誰もが知っている最期であると言えます。

本能寺での出来事は他の合戦に比べ詳細に記録に残っており、多くの映像作品で同じ流れの「本能寺の変」が描かれ、「織田信長の最期」と聞くだけで概ねの想像すらついてしまいます。

しかし、本作で描かれる「織田信長の最期」は直前と直後の演出と木村拓哉による演技が合わさり、想像を遥かに超える壮絶さとなっていました。

序盤の軽めなノリからは想像も出来ないほど悲愴なエンドロールに、きっと誰もがその胸を打たれること間違いなしです。

まとめ


(C)2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

戦国時代を駆け抜け、後の世に間違いなく強い影響を与えた戦国武将・織田信長。

彼の偉業は決して彼一人の力によるものではなく、多くの家臣や大名に影響を受けて成し遂げたものに違いありません。

その中で織田信長に影響を与えた人間のひとりに濃姫の存在があったとしても不思議ではなく、『THE LEGEND & BUTTERFLY』ではそんな新たな解釈を見せてくれる歴史ファンとしても見どころの多い映画でした。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』あらすじ感想と評価解説レビュー。女性の生き方から読み解く現代の“2つの審美眼”

映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』は2022年4月8日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国ロードショー! 愛し合う二人の年老いた女性をめぐる物語、『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』。 フランスの街中で密 …

ヒューマンドラマ映画

映画『レッドドラゴン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。レクター博士と共に殺人鬼の思考に潜り込む

「ハンニバル・レクター博士」シリーズ第三作目『レッド・ドラゴン』 『ラッシュアワー』(1998)や『天使のくれた時間』(2000)のブレット・ラトナーが監督を手掛けた『レッド・ドラゴン』は、トマス・ハ …

ヒューマンドラマ映画

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』あらすじとキャスト。感想レビューも

2018年7月14日公開の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、押見修造の漫画を映画化した作品で、作者の実体験を基にした青春ストーリーです。 上手く言葉が喋れない志乃と、ミュージシャンを夢見てい …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『パラサイト』感想とレビュー評価。日常と2つの家族によって描かれた資本主義の構造

ポン・ジュノ監督のカンヌパルムドール受賞『パラサイト 半地下の家族』。 映画『パラサイト 半地下の家族』は、世の中にベジタリアンを増やしたと言われるほど注目を集めた映画『オクジャ』(2017)に続く、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『この世界に残されて』ネタバレあらすじと結末の感想考察。家族を失った者同士の42歳男性と16歳少女の心の交流を描く

ホロコーストを生き延びた者同士の年齢差を超えた触れ合いを描く 映画『この世界に残されて』が、2020年12月18日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開されます。 第二次世界大戦後のハンガリーを …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学