Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『ミューズは溺れない』ネタバレあらすじ感想と結末評価の解説。上原実矩×若杉凩による“存在証明の揺らぎ”を問う演技力

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

上原実矩、若杉凩ら新鋭女優がみずみずしい高校生の葛藤と揺らぎを演じる

私をくいとめて』(2020)、『勝手にふるえてろ』(2017)などの大九明子監督などのもとで助監督を務め、中・短編を手がけてきた淺雄望監督の初長編作。

第22回TAMA NEW WAVEと第15回田辺・弁慶映画祭、2つの映画祭でグランプリを受賞するほか、第22回TAMA NEW WAVEでは、若杉凩が俳優賞を受賞し、第15回田辺・弁慶映画祭でも上原実矩がベスト女優賞を受賞しました。

美術部員の朔子は、美術部員らと船のスケッチをしている際誤って海に落ちてしまいます。

その様子を同じ美術部員の西原が絵にし、その絵がコンクールで賞を受賞し、次の絵のモデルになってほしいと言われます。

親の再婚、引っ越し、そして進学といった環境の変化を前に決断がうまくできず、うまく書けない悔しさから絵を諦めようとしていた朔子は、西原の絵を見て悔しさ、惨めさを感じていました。

しかし、西原のモデルになることを朔子は承諾し、少しずつ西原と交流していくことで朔子は葛藤しながらも前に進んでいく……高校生の一夏の葛藤と揺らぎを描くみずみずしい青春映画。

映画『ミューズは溺れない』の作品情報


(C)カブフィルム

【公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
淺雄望

【キャスト】
上原実矩、若杉凩、森田想、川瀬陽太、広澤草、新海ひろ子、那須愛美、桐島コルグ、佐久間祥朗、奥田智美、菊池正和、河野孝則

【作品概要】
朔子役を演じたのは子役からキャリアをスタートし、『この街と私』(2022)、『青葉家のテーブル』(2021)などに出演する上原実矩。

西原役には、『ジオラマボーイ・パノラマガール』(2020)、『スウィートビターキャンディ』(2022)の若杉凩、大谷役は、『アイスと雨音』(2018)、『タイトル、拒絶』(2020)の森田想と新鋭の女優陣が顔をそろえます。

監督は、本作が初長編監督作となる淺雄望。様々な登場人物に自分の要素をどこか投影し、かつての十代の悩みや、今同じように悩んでいる子達に向けて作ったと言います。

映画『ミューズは溺れない』のあらすじとネタバレ


(C)カブフィルム

高校で美術部に所属する木崎朔子(上原実矩)は、漁港でスケッチをしていますが、なかなかうまく線が描けません。

顧問の先生がやってきて、まずは書いてみて進めなきゃ先に進めない、力が入りすぎだと言われます。

アドバイスを聞きつつもうまく描けない朔子は、離れたところにいる西原(若杉凩)にチラリと視線を向けますが、西原と視線が合いそうになり慌ててそらします。

そんな時一緒に漁港に来ていたSF研の部員2人がふざけていたところに巻き込まれてしまい、朔子は海に落ちてしまいます。

溺れた朔子の姿を西原は絵にし、その絵がコンクールで入賞し、飾られています。飾られた絵を大谷(森田想)と並んでみていた朔子は「ムカつく」と言います。

大谷と美術室に向かう朔子。大谷は、グラウンドの方を見て野球部の遠藤の話を始め、朔子に遠藤のことどう思っているのか?と聞きます。

遠藤から朔子のこと色々聞かれるんだよね、遠藤朔子のこと好きなんだよ、という大谷に朔子は言葉を濁します。

大谷は遠藤のこと好きだけれど遠藤は自分ではなく、朔子のことが好きだから…と、朔子とうまくいくようにしようとしているのです。

そんな大谷気持ちがわからない朔子に大谷は朔子の考えていることわかんない、馬鹿にしているんでしょうと言います。

しかし、朔子は違う言いつつも大谷に自分の気持ちがうまく話せないでいました。更に、父親が再婚し、再開発のため家を引っ越すことになり、環境の変化にもついていけずにいました。

それだけでなく、進路先を決めなくてはいけない時期に差し掛かっていました。

「美術部やめようと思って…受験とかあるし」と朔子が顧問に伝えると、「木崎さんはてっきり美大に行くのかと思ってた」と言い、何事もトライアンドエラーよ、文化祭に向け作品を作ってみて考えればいいと言います。

「部活やめるの?」朔子と顧問の会話を聞いていた西原が朔子に訪ねます。そして朔子にモデルになってよ、と言います。

これ以上惨めな思いしたくないと朔子は言い逃げようとします。西原は朔子を追いかけ、そんなにこの絵だめだった?と聞きます。だめじゃない、良かったから悔しいと朔子は言います。

西原の絵がコンクールで賞を受賞したことにより、メディアが取材にやってきます。大谷やSF研の部員は人と距離をとる西原を、皆を見下しているんだと陰口を言っています。最初は朔子もそう思っていましたが、そうではないのかもしれないと思い始めます。

終始無愛想なままインタビューを受けていた西原は、他の展示をみて上には上がいることを知って悔しかった、だから今度はこれを越える作品を作ります、と宣言し、再び朔子にモデルになってほしいと言います。

西原の誘いを了承した朔子に大谷は私だったら何考えているのかわからない西原のモデルなんて嫌だと言います。すると朔子は私も馬鹿にしていると思っていたけれどただ絵が好きなだけなのかもしれないと言います。

すると大谷は、「絵が好きなんじゃなくって朔子が好きなのかも。朔子も遠藤のこと全然興味持たないのはもしかして、そうなの?全然いいと思う誰が誰を好きでも」と言います。

朔子は思わず「やめてよ」と言います。その言葉に大谷も何がと強めの口調で言うと、朔子は笑ってごめん、何でもないとやり過ごそうとすると「そうやって笑って誤魔化されると拒絶されている気がするんだけど」と責めます。

そこに西原がやってきて誰だって踏み込まれたくないことくらいあると言います。大谷は気が合いそうで良かったねと言います。

モデルをすることになり西原と向き合った朔子は「なぜ私なの?つまらない絵になるよ」と言います。すると西原は「それは私が決めることだよ」と返します。

うまく書こうと思ったり、自分らしさを出そうと思うと怖くなって描けなくなることとかないのと朔子が聞くとそんなのしょっちゅうだよ。最初の線が間違っていると思っても書き続けるしかないと言います。

更に、朔子が美大に行くのかと聞くと親にこれ以上迷惑をかけられないし、美大に行って好きを職業にできるのは一握りだけ、これで終わりにすると西原は言います。

諦められないから描いているんじゃないの、私は西原さんの絵が好きだから続けてほしいと言います。そして西原が授業中描いているスケッチブックを手に取ります。

するとそこに描かれていたのどれも朔子でした。大谷が言ったように西原は自分のことが好きなのかもしれないと思った朔子は混乱し、飛び出してしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ミューズは溺れない』ネタバレ・結末の記載がございます。『ミューズは溺れない』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)カブフィルム

朔子は、家に帰るもなかなか引っ越しの作業が進まず、自分の気持ちを上手くいいだせないでいました。

父と再婚した聡美は朔子のことを気遣い、好きなことはやった方がいいと後押しし、父は好きなことを仕事にすることに反対するような姿勢でいました。

まだ美大に行くとも言っていないのに話が進んでいることに朔子は複雑な気持ちでいます。しかし、朔子自身も将来のことについてきちんと答えは出せないでいました。

引っ越しの作業をしながら突然思い立った朔子は、上手くかけずに破いてしまった船の絵をゴミ袋の中から取り出し、片付けで出てきた使わなくなった家電などを解体して自分なりの船を夢中で作り始めます。

次の日、部活に向かった西原は、自分が描いた朔子の絵を見つめ考え込んだ後白の絵の具でその絵を消そうとしました。その時、大谷が美術室に入ってきます。

「消しちゃうんだ、よく描けていると思うのに。西原さんにはそう見えてるんだ」と大谷は言い、更に「好きなんでしょ」と言います。

どんな言葉で言っても納得しないよ、そんな簡単な言葉で表せるものじゃないという西原に分かるように教えてよ、どうして自分から一人になるのと大谷は詰め寄ります。

勝手に噂して離れていく、結局一人になるなら最初から一人でいた方がいいと西原は心を開こうとしません。

美術室に向かおうとしていた朔子は2人の会話を外で聞いていましたが、意を決して美術室に向かいます。

私は木崎さんや大谷さんとは違う人間なんだよという西原に朔子は、何が違うの、そんなこと言うなら私だって違うと言います。

「私今まで人を好きになったことがないの、変だよね。正直わからなかった。でもそう言ったら嫌われるんじゃないかって思っていた」と初めて自分の気持ちを伝えます。

「そんなこと気にしていたの、嫌いになんてなるわけない」と大谷は言います。それぞれが心の内を曝け出したとき、突然教室が真っ暗になります。

隣のSF研究室から部員とともに煙が飛び出してきます。そこに何をやっているんだと教師がやってきて皆慌ててグラウンドに飛び出します。SF研の部員が教師に捕まってしまい、大谷は教師を遮るように立ち、朔子と西原に逃げてと言います。

外は真っ暗で土砂降りです。その中を朔子と西原は走り、逃げ出し、2人は学校から近い朔子の家に向かいました。

朔子は西原に自分が作っている船を見せます。「描けないなら作ろうと思って」と朔子は言い、親の再婚や引っ越しなど環境が変化していくなか自分だけが置いてけぼりのような気分だったと話します。

しかし、色んなものを壊して、新たにこの船を作っていると、自分は確かにここにいると思えたと言います。その話を聞いた西原は自分が絵を描いている時も同じだと言います。

モデルをする代わりに船を作るのを手伝ってほしいと朔子はいい、2人は朝まで様々なことを話し合いました。

「誰かと朝までいたいと思ったことなかった」と朔子はいい、2人は微笑みます。

その後、朔子と西原が船を作っているのを見たSF研が映画を作るのにかしてほしいと言われ、朔子と西原はSF研の撮影の手伝いに行きます。

重い船を朔子と一緒に運びながら西原はSF研や大谷、そして朔子を見て嬉しそうに目を細めるのでした。

映画『ミューズは溺れない』の感想と評価


(C)カブフィルム

アイデンティティの揺らぎ

上原実矩、若杉凩ら新鋭女優がみずみずしい高校生の葛藤を演じた映画『ミューズは溺れない』。

上原実矩演じる朔子は好きだったはずの絵が上手く描けなくなり、自分がしたいことも分からなくなってしまっています。

周りと自分は違うけれど、そのことを言ったら嫌われてしまうのではないかと不安に思い、言葉を濁し、笑って誤魔化す八方美人なところもあります。

そんな朔子に対し、大谷は何を考えているのか分からないと言います。他人を詮索するような発言をし、自分の物差しで測ろうとしているようにも思える大谷ですが、それは彼女なりの理解したいという気持ちの表れでもあるのです。

話してくれないと拒絶されている気がして悲しいとも言います。人によっては踏み込まれることを好まない人も当然います。

しかし、大谷のように怖がらずに踏み込んできてくれたことで、分かり合えることもあります。

お互い未熟だからこそ、怖がったり、ぶつかったりする、そんなみずみずしさが本作には詰まっています。

また、他人の目を気にしてしまう朔子は、一人で堂々としている西原に興味を持っている様子が伺えます。しかし、絵が上手くいかず悩んでいる朔子は、溺れる朔子を描いてコンクールで賞を取った西原に悔しいと感じています。

更に西原と自分を比較し、引け目を感じ自分を惨めだと思っています。自信のなさなどから引け目を感じ、モデルをしていても朔子は西原と目を合わせられません。

絵を描くの怖くなったりしないの?と朔子が聞くと、そんなのしょっちゅうだけど描くしかないと言います。堂々としていて悩みなんてないと思っていた西原も自分と同じように悩みながら絵を描いていることを知り西原に対する印象が変わっていきます。

そして西原は朔子に、他人にどう思われるかより、自分がどう思うかが大事だと思うと告げます。その前にも魅力的なモチーフだから描こうと思ったと言っており、西原は朔子に魅力を感じ描きたいと思ったというのです。

だからこそ、朔子に自信を持ってほしい、つまらない人間ではないと伝えたかったのかもしれません。そんな西原ですが、自身の思いが朔子に気づかれてしまったことにより、朔子と向き合うことに怖いと感じ始めます。

多くは語りませんでしたが、過去の出来事により自分は親の期待に答えられない、人から怖がられてしまう、だから最初から一人の方がいいと西原は言います。

怖くないの?と聞く西原を朔子は抱きしめ、夜怖くて眠れなかった時、お母さんにこうしてもらったと言います。一方、朔子は今まで誰も好きになったことない自分に悩み、その気持ちを大谷に打ち明けられないでいました。

それぞれが抱えていた悩みを打ち明けることで皆が同じではないけれど、同じように悩んでいるということを知る姿は、かつて同じような悩みを抱えていた人や、今なお悩んでいる人にとっては希望のように映るでしょう。

更に本作は、アイデンティティなど様々な揺らぎを揺らぎのまま描き、答えを出そうとはしない姿勢が伺えます。

朔子は人を好きになったことがないと言い、アセクシャル(エイセクシャル)のような印象も受けますが、明確にカテゴライズすることはありません。

そのように揺らぎを揺らぎのままで描き、明確な答えを出そうとしない姿勢はセリーヌ・シアマ監督の『トム・ボーイ』(2021)に通ずるものがあるように感じます。

まとめ


(C)カブフィルム

淺雄望監督の初長編作となった映画『ミューズは溺れない』は、揺らぎを揺らぎのままみずみずしく描き、上原実矩、若杉凩ら新鋭女優がそれぞれの役柄に息を吹き込んでいきます。

タイトルは、『ミューズは溺れない』とありますが、冒頭上原実矩演じる朔子が、ふざけ合っている部員に巻き込まれ誤って海に落ちてしまうところから始まります。

そして進路や、親の再婚、引っ越し…と自分だけ置いてけぼりかのような気持ちを抱え、大好きだったはずの絵も上手く描けないでいる朔子は、まさに溺れかけている中必死で足掻いているかのような印象を受けます。

そんな朔子が船を作り、船について語る朔子と西原の姿とともに波打ち際が映し出されることで朔子が西原や仲間とともに新たな未来へと漕ぎ出していこうとするかのような希望も感じられます。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

バッドジーニアス 危険な天才たち|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【タイ映画監督ナタウット・プーンピリヤの代表作】

中国、香港、台湾、マレーシア、フィリピン、ベトナム…8つの国と地域でタイ映画史上歴代No.1の大ヒットを記録! 中国で実際に起きたカンニング事件を題材にしたクライム青春エンタテインメント、『バッド・ジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『メインストリーム』ネタバレ結末あらすじと解説考察。タイトルの意味からYouTuberの現実が見えてくる

人気YouTuberを目指す若者たちの野心と暴走 映画『メインストリーム』が、2021年10月8日(金)より新宿ピカデリーほかで全国順次公開中です。 『アンダー・ザ・シルバーレイク』(2018)のアン …

ヒューマンドラマ映画

『全員死刑』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。小林勇貴監督おすすめ代表作を紹介!

実際に起こった大牟田4人殺人事件を映画化! 日本映画史上類を見ない程に過激でぶっ飛んだ映画が誕生!! 主演に間宮祥太朗を迎え、今冬の映画界に話題を巻き起こす!!! 弱冠27歳、小林勇貴監督による『全員 …

ヒューマンドラマ映画

『ムーンライト下落合』あらすじとキャスト!柄本佑監督作に加瀬亮出演!

『美しい夏キリシマ』や『フィギュアなあなた』、また『追憶』などの映画で出演で知られる俳優である柄本佑。 その柄本佑が自ら監督を務めた短編映画『ムーンライト下落合』は、11月11日(土)より渋谷ユーロス …

ヒューマンドラマ映画

『学校の中のシマウマたち』あらすじ感想と評価解説。“2分の1成人式”や子どもの権利条約をテーマに真に子どもの声を聞く大切さを知る

短篇映画『学校の中のシマウマたち』がYouTubeにて無料公開中! 「2分の1成人式」や「子どもの権利条約」をテーマにした子ども向け短編映画『学校の中のシマウマたち』がYouTubeにて無料公開中です …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学