Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『ミラクルシティコザ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。桐谷健太が1970年代と2022年をタイムスリップする沖縄エンターテイメント!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

伝説のロックンローラーが時代を越えて平和を歌う

日本復帰前の1970年代の沖縄市・コザと現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・ストーリー。

桐谷健太を主演に迎え、クリエイターの発掘・育成を目的とする映像コンテスト「未完成映画予告編大賞(MI-CAN)」でグランプリと堤幸彦賞を受賞した作品を基に、沖縄市出身の平一紘が監督・脚本を手がけました。

1970年代に活躍した沖縄県出身の伝説的ハードロックバンド「紫」が劇中バンドのライブ音源を担当し、劇伴音楽を同バンドベーシストのChrisが担当。

主題歌「エバーグリーン」を沖縄出身のバンド「ORANGE RANGE」が手がけています。

映画『ミラクルシティコザ』の作品情報


(C)2021 Office Crescendo

【公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
平一紘

【編集】
又吉安則

【出演】
桐谷健太、大城優紀、津波竜斗、小池美津弘、津波信一、神崎英敏

【作品概要】
日本復帰前の70年代と現代が交錯する沖縄・コザを舞台に展開するタイムスリップ・エンターテインメント。

第3回未完成映画予告編大賞グランプリならびに堤幸彦賞を受賞した沖縄出身の平一紘監督が自らオリジナル脚本を担当しました。

アメリカ統治の時代やベトナム戦争当時の沖縄の世相などを盛り込み、沖縄の歴史や現在と未来を全編沖縄ロケで映し出しています。

主演は映画『火花』(2017)『ビジランテ』(2017)などで活躍中の俳優・桐谷健太。共演は大城優紀、津波竜斗、小池美津弘。

ストーリーに共感した伝説のロックバンド「紫」が楽曲を提供し、劇中で登場するバンドのライブ音源を新たにレコーディングしました。

主題歌「エバーグリーン」を、結成20周年を迎えた沖縄県出身のバンド「ORANGE RANGE」が歌っています。

映画『ミラクルシティコザ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Office Crescendo

かつて1970年代には華やかだった沖縄・コザ。しかし、2022年の現在、数多くあったライブハウスは姿を消し、熱気は消え去っていました。

本土復帰前の沖縄の人気バンド「インパクト」はとっくに解散し、そのメンバーのひとりである比嘉は建設会社社長として都市開発計画を進めていました。ほかの年老いたメンバーたちは喫茶店で比嘉の出演するテレビを観て悪態をついています。

店に再開発を進める業者が現れて計画について説明し始めます。あとから現れた元ボーカルのハルは、はっきり反対意思を示しました。

ハルの息子のたつるはこの喫茶店を営んでいましたが、近く店をたたむ気でした。そのため、28歳のぼんくら息子の翔太に家を出て職を自分で探すようにと告げます。

そんな中、突然ハルが交通事故で亡くなります。現世に未練のあるハルは翔太の体を乗っ取り、意識をはじき飛ばされた翔太は1970年のハルの体の中に入ってしまいます。

「インパクト」の仲間に事情を話しても、頭がおかしいと思われてしまう翔太。自分の女だったマーミーを奪ったハルを恨むヤクザの火元は、「インパクト」のプロデューサーとなって金を巻き上げると宣言します。

マーミーは翔太の祖母で、この時すでにたつるを身ごもっていました。未来から来たとマーミーに話した翔太は笑い飛ばされてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『ミラクルシティコザ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ミラクルシティコザ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 Office Crescendo

翔太の体に入ったハルは、平良に「ビリーを見た」と話します。ハルであることを信じようとしない仲間の前で、彼は超絶技巧でギターを弾いてみせました。

その頃、とうとうステージに立つことになった若きハルの体に入った翔太は、ひどい歌を歌ってブーイングを浴び、ファンからビンで殴りつけられ気を失います。

翔太の助けを求める声に気づいた現代のハルの魂は1970年に飛んできました。ハルの歌声は熱狂的ファンの喝采を受けますが、歌っていたのは1970年の本物のハルでした。

潜在意識のなかで、老人のハルと翔太が顔を合わせます。ハルはもう少しの間だけこのままでいさせてほしいと孫に頼みました。再び翔太は若きハルの体に、死んだハルの魂は孫の体に戻っていきます。

ヤクザの火元の手を逃れるために、ヤクザの麻薬取引現場を警察に見せるというアメリカ人のビリーの計画にメンバーは乗ることにしました。

ステージの日に警察を呼び、店にいた人間をすべて逮捕してもらうことになりましたが、火元はマーミーを連れて逃げ去ります。

銃をつきつけられながらも必死でマーミーを守ろうとする翔太。ボコボコに殴られる翔太を助けるために、マーミーは後ろから火元をブロックで殴り殺してしまいます。

逃げ出した翔太とマーミーは抱き合い、彼女のリクエストにこたえて彼は歌いました。マーミーはお腹の子をハルに頼んで、刑務所へ入ります。

その後、米兵に対する町人たちの激しい暴動が起こり、焼き討ち事件が発生します。ひとけのない場所で襲われているビリーを翔太がみつけますが、比嘉は翔太の手を引いて立ち去ろうとしました。

そんなのはおかしいといって比嘉を責める翔太。比嘉は妹が米兵に殺されたことを話し、アメリカ人への恨みを叫びます。

殺したのはビリーではないと言う翔太を、殴りつける比嘉。途中でハルの意識が若いハルの体に戻り、「もうやめとけ、マー坊」と言って友の拳を抑えます。ハルはビリーを助け起こして逃がしました。

ビリーは実はハーフで日本語を話せました。日本人でもアメリカ人でもない彼は軍から逃げ出していましたが、「インパクト」の曲を聞いているときだけはベトナムのことを忘れられたと比嘉に向かって叫びます。

翌日、ビリーはベトナム戦争へ行ってしまいました。その3日後に撃たれて死んだと聞かされた比嘉はバンドを抜けます。

比嘉を引き留めなかったことを平良に責められた翔太は、平良は50年後も女ばかり追いかけるみっともないジジイになり、比嘉はもう戻らないとつい言ってしまい、ケンカ別れします。

現代では、スナックでハルが絶対にビリーを見たと平良に話していました。そこに、ビリーそっくりなジョシュという青年が現れます。彼の祖父の兄がビリーでした。

大ケガを負いながらも生きていたビリー。ずっと沖縄で会いたい人間がいると言い続けていましたが、ケガが原因で今ではなにも覚えていないビリーを、ジョシュが沖縄に連れてきていました。

ハルはビリーのために「インパクト」の最後のライブを開くことを決めます。

たつるは父の車の中から、若い頃の両親を撮影した映像や、お腹にいた自分への愛情をつづった母の刑務所からの手紙をみつけて涙を流し、都市計画の悪どさに気づいて人々に伝えます。

1970年の翔太はメンバーたちに謝り、将来コザが変わってしまう事実を話します。もがくハルの苦悩を知っていた翔太は、50年残る最高の曲作りを手伝ってほしいと彼らに頭を下げました。

現代ではインパクトの演奏を比嘉が止めようとしていましたが、ジョシュとビリーの姿に気づき硬直します。コザのロックはビリーに聞かせなければ終わらないだろうというハルの言葉に、比嘉は葛藤を乗り越え演奏に加わりました。

インパクトの演奏を聴いたビリーが伏せていた目を上げます。演奏風景は配信され、多くの人々の心を動かしました。

やりたいことをやり終えたハルは、翔太に礼を言って去ろうとしますが、翔太はあとちょっとだけ見ててほしいと祖父を引き留めます。

その時、翔太の魂が現代の翔太に戻りました。彼はメンバーたちに一緒に作った歌を演奏してほしいと頭を下げます。死んだハルに捧げる歌だと紹介した翔太は、祖父の時代本当にすごかったポジティブな町・コザとじいちゃんが大好きだと言いながら涙を流しました。

1970年のメンバーと現代のメンバーが共に奏でる曲が、時を越えて鳴り響きます。

映画『ミラクルシティコザ』の感想と評価


(C)2021 Office Crescendo

誰もがかけがえのないひとりの人間であること

活気あふれる1970年代の刺激的な町・コザと、現在のさびれたコザを何度も行き来しながら展開するストーリー『ミラクルシティコザ』。

コミカルで軽やかなシーンを交えながら、本土復帰前の厳しい沖縄の情勢、ベトナム戦争へ向かう米兵たちの深い苦悩も丁寧に描かれます。

人気ロックバンドが一大旋風を巻き起こし、情熱と活気に満ちた1970年のコザ。英語やドルが飛び交うその町には、暴力も憎しみも欲望もむき出しのまま存在していました。

町はベトナム戦争特需に沸いていました。戦争に駆り出される明日をも知れない米兵たちは、たくさんの金を店でおとして酒や女を求め、ロックに救いを求めていたのです。そんな中だからこそでしょうか。人々の生命は強い光を放ち煌めいていました。

戦争や暴動で多くの人々が死んだり、大ケガを負って人生を狂わされる時代。これがほんの50年前のことかと思うと、信じられない思いにとらわれます。

米兵を憎む沖縄人が数多くいましたが、人気ロックバンド「インパクト」の一員だった比嘉もそのうちのひとりでした。彼には妹を殺された過去がありました。

アメリカ人を憎む彼は、「インパクト」のファンであるアメリカ人のビリーのことも毛嫌いします。しかし実はビリーは日本人の母を持つハーフで、アメリカ人でも日本人でもなく、沖縄人でもない自分のアイデンティティに苦しんでいました。

軍を逃げ出していたビリーは、「インパクト」の演奏を聴いているときだけはベトナムを忘れ、勇気が湧いたことを話して比嘉を動揺させます。

本来なら自分の妹を殺した人間だけを憎むはずですが、アメリカ基地があるために起きた悲劇であるがゆえに、比嘉はアメリカすべてを憎むようになっていました。しかし、ビリーはそもそも人種で分けることができない、ビリーという名だけを持つたったひとりの存在だったのです。

そんな不安定な価値観や、これまで抱いて来た憎しみに疑問を持ち苦しんだ比嘉は、ビリーがその後戦地で命を落としたと聞いた時、バンドを続けることができませんでした。

現代にビリーとその孫であるジョシュが現れたことにより、物語は大きくうねりながらクライマックスへと突入していきます。

若くして不毛な戦争へ行かされた孤独なビリーの無念、金網に閉じ込められた沖縄人たちの閉塞感。そして、それらを救ってくれたロックの眩しいほどの輝き。

1970年代のそれらのすべてが、現代のコザでの「インパクト」の演奏によって美しく昇華されていくラストは圧巻です。

伝説のロックバンド「紫」の演奏に酔う


(C)2021 Office Crescendo

本作の大きなみどころは、なんといっても沖縄に実在する伝説のロックバンド「紫」の奏でる迫力ある演奏です。

1970年に日本復帰前の沖縄で結成した「紫」は、ベトナム戦争に向かう米兵たちを熱狂させ、1975年の大阪万博記念公園での野外ライブで一躍全国で有名となりました。

現在も現役として精力的にライブを続けるレジェンドです。

本作のストーリーに共感したメンバーたちが代表曲を提供し、劇中でのバンドのライブ音源を新たにレコーディングして参加しました。

劇中に流れる演奏や、作品最後のステージライブの迫力と情熱にハートを撃ち抜かれ、思わず身を乗り出して聞いてしまうに違いありません。

1970年代当時に「紫」が体験した実際のエピソードも盛り込まれているそうなので、どこなのか想像しながら楽しんでみてください。

「紫」とは対照的な穏やかでハートウォーミングな主題歌を歌う沖縄県出身のバンド「ORANGE RANGE」の歌声にも癒されます。

まとめ


(C)2021 Office Crescendo

事故で死んだ祖父の魂と、孫の魂、そして1970年代の若き祖父の存在が入り混じって展開する、奇想天外なタイムスリップストーリー『ミラクルシティコザ』。

本土復帰前の沖縄の激しい感情が入り乱れる時代の生命の鮮やかな描写に思わず圧倒される一作です。

平和な時代にのほほんと生きていた主人公の翔太は、現在を生きる私たちの姿そのもののように思えてなりません。

厳しい時代に突然放り込まれて成長した翔太と同様、この作品を観てこれまで抱いていた生への感覚が変わる方もきっと多いことでしょう。

今日の命を心配することなく暮らせる平和の尊さ、人種で人を憎まずにいられる世界。現在あるそれらの宝は、苦難の時を生き抜き、平和を築いてくれた人々の力によるものであることを改めて実感させられます。

今も尚、世界中で戦争や紛争、差別などが続いています。しかしもし、敵軍の中に自分の大切な友人がひとりでもいたら爆撃などできるでしょうか。作中のビリーが沖縄とアメリカの架け橋となったように、人と人が心通わせることで解決できることがきっとたくさんあるはずです。

人間同士の絆の力を信じたくなる一作をぜひご覧になってください。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ロボット修理人のAi (愛)』ネタバレあらすじ感想と結末解説。AIBOと少年の“甦りの女神”伝説

“復活”をテーマに希望を失わない生き方を描いた作品 映画『ロボット修理人のAi(愛)』は、実在する旧型AIBO修理人の乗松伸幸さんをモデルにしたヒューマンドラマです。 不幸な生い立ちの16歳の少年、倫 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの徳川翔役は瀬戸利樹。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『男はつらいよ お帰り寅さん』ネタバレ感想と評価。50周年作品で山田洋次監督が描いたものとは

「ただいま」と帰る場所がある。 そして、「おかえり」と迎えてくれる人がいる。 山田洋次監督による「男はつらいよ」シリーズ50作目であり、50周年記念作品となった『男はつらいよ お帰り 寅さん』。 昭和 …

ヒューマンドラマ映画

『ビーストストーカー/証人』動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想レビュー!

現在U-NEXTで特集を組まれているダンテ・ラム監督作品。 日本では最近になって監督作が劇場公開され、評価を得たことをきっかけに過去作も続々とDVDなどリリースされるようになりました。 そんなダンテ・ …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】愛しのアイリーン|映画監督吉田恵輔×内田春菊トークショーリポート

閉鎖的な地方の農村に、フィリピン人女性が嫁いだ事で巻き起こる騒動を描く、映画『愛しのアイリーン』。 吉田恵輔監督が現代社会が抱える問題点を、手加減無しで描く『愛しのアイリーン』。 今回は2018年9月 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学