Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』高城さつき役は伊藤歩(あゆみ)。プロフィールと演技力の評価

  • Writer :
  • 谷川裕美子

『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男子!!』がついに待望の実写映画化。

監督を務めるのは、期待の新鋭・風間太樹。大ヒット映画『帝一の國』のスピンオフドラマ『帝一の國~学生街の喫茶店~』で商業作品デビューし、『恋は雨上がりのように』などを手がけています。

主演は、映画『兄友』『虹色デイズ』、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』の人気急上昇中の若手俳優・横浜流星。

W主演を務めるのは、映画『一礼して、キス』、ドラマ『はんなりギロリの頼子さん』の中尾暢樹(まさき)。

瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりかなど若手俳優たちに加え、伊藤歩、浅香航大といったベテランも共演。

この記事では、高城(たかぎ)さつき役を演じる伊藤歩(あゆみ)について詳しくお伝えしていきます。

映画『チア男子!!』の作品情報


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
朝井リョウ『チア男子!!』(集英社文庫刊)

【監督】
風間太樹

【キャスト】
横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩

【作品概要】

個性豊かな7人の男子大学生が、男子チアリーディング部「BREAKERS」を立ち上げる青春ドラマ。

直木賞作家・朝井リョウの同名小説で、2011年にコミカライズ、2016年にアニメ化・舞台化された人気作品。

あまり例のない「男子チアリーディング部」への固定概念や冷たい視線、そこから生まれる葛藤。それらを乗り越えていく姿を熱く描いた、ノンストップ青春ストーリーです。

横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋、伊藤歩など、若手を中心とした人気俳優らが出演します。

監督は新鋭の風間太樹。

映画『チア男子!!』のあらすじ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

柔道の道場の長男に生まれ、幼い頃から柔道を続けてきた晴希。

しかしやさしすぎる性格から強くなれません。常に勝ち続ける姉の晴子と比べて、自分に才能がないことに悩んでいます。

そんな中、試合中に肩をケガしたことをきっかけに柔道に距離を置く晴希。柔道仲間で、無二の親友・一馬は、「一緒に新しいことを始める」と宣言します。

なんとそれは、前代未聞の「男子チアリーディング部」の創設でした。

些細なことが大けがにつながるため、仲間を信頼することがチアの基本。

男子チア部「BREAKERS」はそれを守りながら練習に打ち込みますが、やがてメンバー内での歯車が狂い始め、決定的ともいえる亀裂を生んでしまい…。

映画『チア男子!!』高城(たかぎ)さつき役は伊藤歩(あゆみ)

参考映像:『スワロウテイル』(1996)

映画『チア男子!!』で高城(たかぎ)さつき役を演じる伊藤歩(あゆみ)は1989年4月14日生まれ、東京都出身。セブンス・アヴェニュー所属。

6歳の時から雑誌モデルなどの仕事を始め、その後、女優を志して1993年大林宣彦監督の映画『水の旅人-侍kIDS-』でデビュー。

1996年には岩井俊二監督の大ヒット映画『スワロウテイル』で重要な役を熱演。演技が高く評価され当時16歳ながら第20回日本アカデミー賞新人俳優賞及び優秀助演女優賞を受賞

この映画出演によって英語力の必要性を実感したことから、高校卒業後ニューヨークに10ヵ月留学しています。

1999年ドラマ『リップスティック』にメインキャストとして出演。

2005年映画『カーテンコール』では主演を務めました。

2010年『主演さまぁ~ず ~設定 美容室~』では初のコメディに挑戦。

同年森永乳業『マウントレーニア』CMに出演して、広く知られるようになります。

2014年社会現象を起こしたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、斎藤工演じる主人公の狂気あふれる妻を演じ、大きな注目を集めました。

2015年NHK『その男、意識高い系。』で連続ドラマ初出演を果たしています。

そのほかにも映画『リリイ・シュシュのすべて』『渾身KON-SHIN』『ソラニン』『関ケ原』、ドラマ『婚活刑事』『おひさま』『わたしを離さないで』『相棒season15スペシャル』など、多数の作品に出演する実力派です。

2019年にはWOWOWドラマWで『坂の途中の家』『マイディアレスト』が放送予定。

音楽活動も行っており、2001年にはYUKI、CHAEA、YUKARIE、ちわきまゆみらビッグネームと共に女性5人のバンド『Mean Machine』を結成し、ボーカルを務めています。

また、映画『ソラニン』で共演した近藤洋一の縁で、サンボマスターのゲストボーカルにも参加しています。

映画『チア男子!!』高城(たかぎ)さつきはどんな役?


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

さつきは、横浜流星演じる主人公・晴希が通う大学の女子チアリーディングチーム「DREAMS」のOGであるコーチ。

冷静で威厳のある外見ですが、笑い上戸。

伊藤歩(あゆみ)の演技力の評価は

参考映像:『昼顔』(2017)

16歳にして名匠・岩井俊二の記念碑的作品『スワロウテイル』に出演し、見事第20回日本アカデミー賞新人俳優賞及び優秀助演女優賞を受賞した伊藤歩。

ヌードも辞さず強烈な存在感を放ち、天才少女として演技力を高く評価されました。

同監督作品『リリイ・シュシュのすべて』では剃髪シーン撮影で実際に頭を丸め、映画『ふくろう』ではヘアヌードシーンにも挑むなど、女優魂をみせています。

その後、『チェケラッチョ!!』など青春映画や、『クリスマス・クリスマス』といったコメディにも出演。主演も脇役もこなせる演技派として、様々な作品で活躍中です。

近年では社会現象を巻き起こしたドラマ『昼顔』で、斎藤工演じる主人公の妻役を演じ注目されました。

不倫相手から夫を取り戻そうとするうちに、行動がエスカレートしていき狂気に落ちていく激しい役どころ。本来なら同情されるべき役のはずが、観る者が戦慄を覚えるほど恐ろしい役へと昇華させ、作品を大きく盛り上げました。

映画化された『昼顔』では更にパワーアップし、情念あふれる深みある演技を魅せて観客の心を見事にとらえています

伊藤歩(あゆみ)の公式SNSの紹介

伊藤歩(あゆみ)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

直木賞作家・朝井リョウの人気小説原作で、アニメ化・舞台化もされている人気作品『チア男子!!』。満を持して待望の実写映画化となりました。

キャストには、横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋といったフレッシュな顔ぶれを中心に、浅香航大、伊藤歩というベテランまで人気俳優たちが集結。

新鋭監督として注目されている風間太樹監督が作り出す、「日本中を笑顔にする」ノンストップ青春エンターテイメント。公開を前に期待が大きく高まっています。

社会現象を巻き起こした『スワロウテイル』『昼顔』に出演している実力派・伊藤歩が、女子チアチームの厳しいコーチ役で出演します。

観る人をみんな笑顔にする作品『チア男子!!』は2019年5月10日より全国ロードショーです。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ホロコーストの罪人』ネタバレ結末考察とラストの感想解説。ノルウェーの国家警察や一般市民による“最大の罪”と〈引き裂かれた家族の悲劇〉

ノルウェーの秘密警察がホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を描く ナチス侵攻の裏側でノルウェーの秘密警察がユダヤ人をベルグ収容所で強制労働をさせ、アウシュヴィッツ行きのドナウ号に強制収容させた事実 …

ヒューマンドラマ映画

映画『孤狼の血』ネタバレ感想と結末解説の評価。タイトルの意味から刑事と暴力団の歪な関係を解く

白石和彌監督×作家柚月裕子 役所広司・松坂桃李で描く映画『孤狼の血』 映画『孤狼の血』は、広島を舞台に「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を描いたものです。監督は『凶悪』(201 …

ヒューマンドラマ映画

映画『私は貝になりたい』ネタバレあらすじ感想と結末の評価考察。中居正広が戦争の狂気に翻弄された平凡な理髪師を演じる

無実にして極刑に処せられた男の悲しい運命 第二次世界大戦で過酷な任務に従事した兵士の悲劇を描き出す戦争ドラマ。 橋本忍が監督・脚本を務め、フランキー堺主演で1959年に映画化された同名作品を、福澤克雄 …

ヒューマンドラマ映画

石原裕次郎創刊第1弾『嵐を呼ぶ男』7/13発売!あらすじやDVDも

全93作品を網羅!『石原裕次郎シアターDVDコレクション』7月13日(木)創刊! 昭和のビッグスターとしてタフガイと呼ばれた石原裕次郎。 裕次郎映画の名作・傑作をDVDとマガジンで! 全号をそろえると …

ヒューマンドラマ映画

映画『センセイ君主』あらすじとキャスト。主題歌TWICEのオリジナル MVも話題に

『ヒロイン失格』に続く、幸田もも子原作コミックスの実写化。 冷静沈着でヒネクレ者の数学先生に恋をしてしまった、ちょっとおバカだけど何事にも全力投球なパワフル女子高生のPOPでキュート! そして少々イタ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学