Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/09
Update

映画『旅猫リポート』あらすじネタバレと感想。福士蒼汰が原作有川浩作品に挑戦!

  • Writer :
  • 村松健太郎

「図書館戦争」シリーズ『空飛ぶ広報室』などで知られる有川浩が、一生のうちで一本しか書けないと自負する物語『旅猫リポート』を映画化。

主演は今をときめく福士蒼汰。彼と共に旅をする猫のナナの声に高畑充希。

監督は『植物図鑑運命の恋ひろいました』ですでに有川原作を経験済みの三木康一郎。

脚本には原作者の有川浩自身が参加しているのも注目です。

映画『旅猫リポート』は10月26日(金)ロードショーです。

スポンサーリンク

映画『旅猫リポート』の作品情報


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
有川浩『旅猫リポート』

【監督】
三木康一郎

【脚本】
有川浩、平松恵美子

【音楽】
コトリンゴ

【キャスト】
福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、竹内結子、山本涼介、大野拓朗、広瀬アリス

【作品概要】
有川浩の原作ベストセラー小説を、人気若手俳優の福士蒼汰主演で実写映画化。心優しい青年サトルとツンデレ猫ナナが織りなすロードムービー。

愛猫ナナの声は高畑充希が務め、脚本には原作者の有川自身も参加。演出は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で知られる三木康一郎監督。

映画『旅猫リポート』のキャラクターとキャスト

サトル(福士蒼汰) 
ナナの飼い主、やさしく明るい青年。

ナナ(高畑充希・声の出演) 
サトルに拾われた三毛猫

法子(竹内結子)
サトルの叔母で判事。両親を事故で失ったサトルを引き取る。

コースケ(山本涼介) 
写真館の二代目、父親と妻の間に立って弱っている

スギ(大野拓朗) 
サトルの高校時代の同級生、子供ころからチカコに想いを寄せている

チカコ(広瀬アリス) 
スギ・サトルと高校で同級生だった。のちにスギと結婚。

スポンサーリンク

映画『旅猫リポート』のあらすじとネタバレ


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

野良の三毛猫ナナはサトルの車のボンネットがお気に入りの場所でした。

ある夜、車にはねられて大けがを負ったのをきっかけに、サトルの飼い猫となりました。

それから5年。

なぜか、サトルはナナを引き取ってもらう旅に出ることになりました。

最初に尋ねたのは小学校の時の親友コースケ。

写真館の二代目のコースケは、高圧的な父親と、妻の間で挟まれ、頭を抱えていました。

小学校のころ、サトルとコースケは捨て猫を拾い、ハチと名付けて、サトルの家で飼うことにしました。

小学生の二人はハチをかわいがります。ところが修学旅行の最中に、サトルの両親が交通事故で命を落としてしまったのです。

何処も引き取り手がいなかったサトルを引き取ったのは、叔母のノリコでした。

ノリコは厳しくも優しい叔母として、サトルとともに暮らしていきます。

ただ、ノリコは判事をしてることから転勤が多く、結果サトルも転校が多い青春時代を過ごしていくことになりました。

映画は現在に戻ります。

サトルはコースケの事情を聴くと、「ナナではなくて、奥さんとの間のまっさらな猫を探したほうがいい」と言って再びナナと旅に出ます。

サトルが去った後、コースケは実家に帰った妻に電話して「猫嫌いの父親に文句はもう言わせないから、一緒に猫を探さないか?」と問いかけるのでした。

次に予定していた農家のヨシミネの家は、タイミングの悪いことに茶トラの猫を拾ったばかりでした。

そこでサトルは、高校時代の同級生夫妻が経営しているペット可のペンションに向かいます。

ペンションのオーナーのスギと、妻のチカコ、そしてサトルは高校時代の同級生で、ちょっと微妙な三角関係にありました。

スギとチカコは幼馴染で、ずっと一緒に過ごしていました。

高校生のサトルはチカコに惹かれながらも、二人の関係をちゃんとわかっていて、「転校生族に恋愛は無理だ」と言って身を引いたのでした。

動物好きのスギ夫妻の家にならナナもなじむかと思いましたが、犬の虎丸とナナが大げんかをしてしまい、破談となりました。

もともとサトルのもとを去るつもりはなかったナナにとっては、ちょうどよい展開でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『旅猫リポート』ネタバレ・結末の記載がございます。『旅猫リポート』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

実はサトルは一年前に悪性腫瘍が見つかり、手術も失敗。

余命は一年という身体でした。

北九州で判事を辞めたノリコが待っていました。

最終的にナナをどこにもやれず、サトルは最期の場所にやってきます。

サトルは入院生活を送るようになりました。

ナナはノリコの元から逃げ出し、野良猫に逆戻り。

それでもそのおかげで、いつでも病院のサトルのもとにやって来られるようになりました。

そして、ノリコとナナに看取られ、サトルは静かに息を引き取ります。

北九州の家には、コースケにヨシミネ、スギ夫妻がやってきて、ペット自慢をしています。

サトルとナナの最期の旅でつながった人々には笑顔が溢れています。

スポンサーリンク

映画『旅猫リポート』のあらすじとネタバレ


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

有川浩映像化総まくり!!

多少突飛な設定でも、等身大の登場人物たちのおかげもあり、映像化が多い有川浩作品

映画化作品は『阪急電車片道15分の奇跡』から始まり「図書館戦争」シリーズ、『県庁おもてなし課』、『レインツリーの国』『植物図鑑運命の恋ひろいました』、そして本作が8作目

テレビドラマやアニメーションでも『図書館戦争』『フリーター家を買う』『三匹のおっさん』『キャロリング』『空飛ぶ広報室』と多数の作品が映像化されています。

映画から入っても、原作から入っても、どちらも楽しめる有川浩の世界。お薦めです。

“鉄板×鉄板”でもあざとくない


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

原作もベストセラーなので言ってしまいますが、これはいわゆる“難病モノ”です。

それに猫と犬という動物が重なってくるという、“鉄板×鉄板”の映画です。

この組み合わせはちょっと狙い過ぎなようにも見えてしまいがちです。

ところがこれをあざとく見せないのが三木監督の巧さです。

ドラマやバラエティのディレクションも経験している三木監督の絶妙な力加減を堪能できる一作です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

原作者の有川浩自身が脚本を担当し、映画化した『旅猫リポート』

自分が居なくなった後を心配する青年と、青年の側についていたい猫の、切ないけれど優しい物語に仕上がっています。

秋が深まり、寒さも増してきたこの頃。ぜひこの映画をご覧になって心から温まって下さいね。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ガンジスに還る』ネタバレ感想レビュー。死期を悟った父と息子の向き合う幸福の時間とは

母なるガンジス河の畔の聖地バラナシ。そこは幸福で安らかな死を迎えられる心のやすらぎの郷でした。 死期を悟った父と、それを見守る家族たちのかけがえのない日々を綴った珠玉の感動作。 誰にでも訪れる「死」と …

ヒューマンドラマ映画

映画『万引き家族』あらすじと感想レビュー。事件は実話?元ネタを調査

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した映画『万引き家族』は、6月8日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。 『誰も知らない』『そして父になる』『海街diary』『三度目の …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『スウィング・キッズ』ネタバレ感想とレビュー評価。タップダンスでミュージカルのごとくバンドとの掛け合いが必見!

朝鮮戦争の最中、捕虜収容所で結成された国籍も身分も異なる5人のタップダンスチーム! 『サニー永遠の仲間たち』で知られるカン・ヒョンチョル監督待望の新作『スウィング・キッズ』。 1951年、朝鮮戦争最中 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダーウォール劇場版』感想とレビュー評価。大学側と対立する学生らの心情を描き反響を呼んだドラマの劇場版

『ワンダーウォール 劇場版』は、2020年4月10日(金)より、全国順次公開 京都の片隅に存在する学生寮を舞台に、学生寮の存続を巡り、大学側と対立する学生達の心情を描いた群像劇『ワンダーウォール 劇場 …

ヒューマンドラマ映画

映画『世界は今日から君のもの』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『アットホーム・ダッド』や『結婚できない男』、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』など数々のTVドラマの脚本を手掛けてきた尾崎将也監督。 監督第2作目となる本作では、主演に門脇麦をむかえ“引きこもりの …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学