Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/02/27
Update

映画『GOLDFISH』あらすじ感想と評価解説。アナーキーのギタリスト藤沼伸一が終わらない“パンクな青春”を自叙伝として魅せる!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『GOLDFISH』は2023年3月31日(金)シネマート新宿・心斎橋ほか順次公開

パンクバンド「アナーキー(亜無亜危異)」のギタリスト・藤沼伸一の自伝的作品。自身で撮りあげた映画監督デビュー作『GOLDFISH』が2023年3月31日(金)シネマート新宿・心斎橋ほか順次公開となります。

主演の永瀬正敏をはじめ、北村有起哉、渋川清彦ら個性的な実力派が顔を揃えました。

1980年代に休止に追い込まれた伝説的バンドが、30年の時を経てもう一度派手な花火を打ち上げることを決意します。メンバーたちを待ち受けていたのは思いもかけない未来でした。

終わらない青春の喜びと悲しみを描く本作の魅力についてご紹介します。

映画『GOLDFISH』の作品情報


(C)2023 GOLDFISH製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【監督】
藤沼伸一

【脚本】
港岳彦、朝倉陽子

【編集】
福田浩平

【出演】
永瀬正敏、北村有起哉、渋川清彦、町田康、有森也実、増子直純、松林慎司、篠田諒、成海花音、山村美智、うじきつよし

【作品概要】
デビュー42周年を迎えたパンクバンド“亜無亜危異”のギタリスト、藤沼伸一が自身のすべてをモチーフにした一作。藤沼は監督に加えて音楽も担当しています。

多くのミュージシャンやアーティストに襲いかかる「死の波」を泳ぐ金魚のような者たちの苦悩を描き出しました。

宮本から君へ』(2019)などの港岳彦が脚本に参加しています。

主演は『あん』(15)、『パターソン』(16)、『』(17)でカンヌ国際映画祭に3年連続で公式選出された初のアジア人俳優となった永瀬正敏。

バンドメンバーのハルを北村有起哉、アニマルを渋川清彦が演じるほか、増子直純(怒髪天)、松林慎司、町田康、有森也実らが出演。

映画『GOLDFISH』のあらすじ


(C)2023 GOLDFISH製作委員会

1980年代に社会現象を巻き起こした人気のパンクバンド「ガンズ」は、メンバーのハルが傷害事件を起こして活動休止となります。

30年後、リーダーであるアニマルがイチに電話をかけ、バンドの再結成を呼びかけました。借金に困っていたアニマルは、ガンズで当てることを目論みます。

初めは旧友を相手にしなかったイチでしたが、ひとり娘のニコが言った言葉に影響を受けて再結成に乗り出しました。

イチは参加を渋るハルの説得に向かい、会社がフルメンバーなら出資すると言っていることを話します。

自分が必要とされていることを知ったハルは、音楽に居場所を求めて参加を決めました。恋人の雅美はそんな彼を心配します。

しかし、仲間たちの成長に追いつけず、焦りに追い詰められたハルは、かつてのように酒と女に溺れていき…。

映画『GOLDFISH』の感想と評価

変わらずにいることの悲しみ

パンクバンド“亜無亜危異”のギタリスト、藤沼伸一の自伝的ストーリー『GOLDFISH』。実際にあったことかと思うと胸が締め付けられます。友への鎮魂歌としての側面も持つ一作です。

藤沼監督は実話を色濃く反映させながらも、実際の人物像に近づけることを目的にせず、熱くパンクをしていた若者たちが歳をとってもがきながらもう一度トライする姿を純粋に映し出しました。

1980年代にカリスマ的人気を誇ったバンド「ガンズ」は、メンバーのハルの暴力事件によって空中分解したままでした。30年を経て、元リーダーのアニマルの声かけによって再結成することとなります。

ただひとの現役のミュージシャンである主人公のイチは、最初にアニマルから誘われて断りますが、ひとり娘・ニコの言葉によってもう一度ガンズをやることを決心しました。

永瀬正敏が年齢がいってもカッコいいオヤジ・イチを魅力的に演じています。愛する娘のニコの純粋な言葉に翻弄されるさまが印象的です。

ほかのメンバーたちはそれぞれ別の道を歩んでいましたが、熱心な誘いにこたえて再結成を誓い合いました。情熱が湧いたのは、彼らが不完全燃焼のままガンズをやめなければならなかったため、まだ心残りが火種として残っていたからに違いありません。

一度燃え尽きていたならば、30年の年を重ねた彼らはもう一度走り出すエネルギーを出せなかったのではないでしょうか。

中年オヤジたちの深い絆がぐっと胸に迫ります。演技達者の渋川清彦が、うざいけれどチームにひとりいてほしいムードメーカーの愛されキャラ・アニマルを魅力たっぷりに演じています。

実は一番ガンズの復活を願っていたのは、休止の元凶となったヒロだったのかもしれません。彼は歯が抜け落ち、女のヒモとなって自堕落な人生を送っていました。そんななか、自分が必要とされていることを知った彼は、仲間たちとともにもう一度ステージに立つ道を選びます。

しかし、繊細で傷つきやすいハルは、ずっとプロミュージシャンであり続けたイチへの羨望に打ちのめされてしまいます。

時とともに人はいやでも成長し変わっていきます。変わらずにいることの方が難しい世で、悲しくもハルだけは永遠の少年のままでした。

そんな彼の純粋さを誰より理解していた恋人の雅美の苦悩と愛情を、有森也実が凄みある演技で表現しています。

まとめ


(C)2023 GOLDFISH製作委員会

終わらない青春を追い求めるオヤジ世代のカッコいい男たちを描いた『GOLDFISH』。

それぞれ違う道を選んだはずの彼らが、もう一度愛するバンドを復活させようと奮闘します。

同じ志で一緒の舟に乗り込んだはずのメンバーたち。しかし、彼らが知ったのは、もう昔をそのまま取り戻すことはできないという事実でした。

ほろ苦くも胸を焦がす大人たちの青春映画『GOLDFISH』は2023年3月31日(金)シネマート新宿・心斎橋ほか順次公開です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『こはく』あらすじネタバレと感想。キャストの演技に横尾初喜監督の半自伝的ストーリーが温かく滲み出ている

「人は孤独とよ」。 母の言葉に込められた真実とは。 長崎の町を舞台に、幼い頃別れた父を探して歩く兄弟の物語。 映画『ゆらり』で長編監督デビューを果たした横尾初喜が、自らの半自伝的なストーリーを作り上げ …

ヒューマンドラマ映画

映画『こちらあみ子』あらすじ感想と考察解説。子役の大沢一菜(おおさわ かな)の演技力が光り、“応答せよ”と語りかける純粋と孤独さ

少し風変りな少女の物語『こちらあみ子』が2022年7月8日(金)に公開 芥川賞作家の今村夏子のデビュー小説を森井勇佑監督が実写化した映画『こちらあみ子』が2022年7月8日(金)より新宿武蔵野館他全国 …

ヒューマンドラマ映画

映画『男はつらいよ お帰り寅さん』ネタバレ感想と評価。50周年作品で山田洋次監督が描いたものとは

「ただいま」と帰る場所がある。 そして、「おかえり」と迎えてくれる人がいる。 山田洋次監督による「男はつらいよ」シリーズ50作目であり、50周年記念作品となった『男はつらいよ お帰り 寅さん』。 昭和 …

ヒューマンドラマ映画

『モーリタニアン/黒塗りの記録』感想解説と考察評価。実話をもとに政府の隠ぺいした事実に挑む弁護士

映画『モーリタニアン/黒塗りの記録』は、2021年10月29日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開! 2001年9月11日に起きた、アメリカ同時多発テロ。 このテロの首謀者とされ、不当拘 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ばぁちゃんロード』あらすじとキャスト。公開日と劇場はどこ

4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーの映画『ばぁちゃんロード』 結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の夏海は、両親が共働きだった彼女にとって、子どもの頃から側で見守ってくれ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学