Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/11/01
Update

『ピンク・クラウド』あらすじ感想と評価解説。ディストピアの閉塞空間を通して描いた“感情の変化”

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ピンク・クラウド』は2023年1月27日(金)より全国ロードショー!

突然、世界に訪れた「ピンクの雲」により、閉ざされた空間での生活を余儀なくされる人類。その風景の中に見えたものとは…?


(C)2019 Luminary Productions, LLC.

「ピンクの雲」という脅威をモチーフに、外には一歩も出られず、部屋の中でしか生きられないというディストピアに見える人間の感情を追った『ピンク・クラウド』。

コロナ・ウィルスの感染拡大が始まる前の2019年に、本作が長編デビュー作となったブラジルのイウリ・ジェルバーゼ監督が本作を作り上げました。

スポンサーリンク

映画『ピンク・クラウド』の作品情報


(C)2019 Luminary Productions, LLC.

【日本公開】
2022年(ブラジル映画)

【原題】
A Nuvem Rosa

【監督・脚本】
イウリ・ジェルバーゼ

【キャスト】
ヘナタ・ジ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、カヤ・ホドリゲス、ジルレイ・ブラジウ・パエス、ヘレナ・ベケル

【作品概要】
突然現れた謎の現象「ピンクの雲」により、部屋の中での生活を余儀なくされた人々の姿を、絶望的な思いへと変化していく感情を軸に描いていきます。

本作が長編デビュー作となったブラジルのイウリ・ジェルバーゼ監督が2017年に脚本を執筆、2019年に撮影を行い作品を作り上げました。

映画『ピンク・クラウド』のあらすじ


(C)2019 Luminary Productions, LLC.

ある日世界に突然現れた、毒性を持った正体不明の現象、「ピンクの雲」。やがて、人間はその雲に触れると10秒間で死に至ることが判明します。この事実をニュースが報じると人々の生活は一変、街はロックダウン状態となります。

一夜の関係で知り合ったジョヴァナ(ヘナタ・ジ・レリス)とヤーゴ(エドゥアルド・メンドンサ)も例にもれず高層アパートに引きこもることに。

当初は長くても数週間で収まると思われたこの騒動でしたが、月日が流れこの現象が収束しないことを薄々感じ始めたころ、ジョヴァナとヤーゴは閉塞空間の中で現実的な生活を余儀なくされます。

やがて二人の間には子供も生まれ、父となったヤーゴも新しい生活に適応しているように見えます。

しかし一方で、ジョヴァナの中の歪みは、日々その大きさを拡大していくのでした…。

スポンサーリンク

映画『ピンク・クラウド』の感想と評価


(C)2019 Luminary Productions, LLC.

突然に表れた人類への脅威、そしてその恐怖の中生き残ろうとする人間たち。

本作はその発表の時期がコロナウィルスのパンデミックと時期的にオーバーラップすることからも、「まさにウィルス感染拡大の未来を予見した作品」という所感が多く語られていますが、本作のテーマはもっと普遍的なものであるような印象も見受けられます。

物語上で人類の脅威となるピンクの雲は、そのタイトルイメージなどからはまさにホラームービーで描かれる謎の現象的なもののようにも見えますが、劇中でこれは何らかの象徴的なものとして置かれていると見ることが妥当でしょう。

そして物語の主軸であり、主に描かれているのは、まさにこの脅威によって行動を制限された人類、人々の生活の姿。

人々は最初に、その驚異に戸惑いながらもどこか「不便を楽しむ」的な方向で時を過ごしますが、閉塞された生活環境はそんな人々を徐々に追い詰め息苦しくさせてゆきます。

ここまで見ると、まさに感染症の恐怖により人類が追い詰められていく姿を捕らえたもの、というアウトラインが印象として残ります。


(C)2019 Luminary Productions, LLC.

しかしポイントとして「なぜ人類がこのような状況に陥ったのか」「なぜ人類はこのような生活を余儀なくされたのか」という点を、物語上ではそれほど強く言及していません

その意味で、本作ではもっと局所的なポイントである「オンラインに依存するコミュニケーション社会への危惧」的なイメージが強く浮き彫りにされているようにも見えます。

エンディングに見られる人物の衝動的な行為は、まさしくこの危惧されるイメージを最大限の警告、映像のメッセージとして描いているともいえます。

「ピンクの雲」というショッキングな現象を扱う一方で、閉塞された空間で「いつも通りの生活をしている」つもりでいる人々の日々を描いた物語には、生々しい人間の本心までもリアルに描いており、迫りくる未来への課題を突き付けられたような気分にもなることでしょう。

まとめ


(C)2019 Luminary Productions, LLC.

この作品が発表されたブラジルという国では、コロナ感染が急速に広がりを見せた2020年には、世界第三位の感染者数を排出と、コロナ禍対策において「後進国」的なレッテルを貼られてしまいました。

その意味で本作のような物語がこの国より発表されたという事実は不思議な現象でもあり、見方を変えると「まさに感染拡大で遅れを取った国だからこそに見えたテーマを捕らえた」と感じることができるかもしれません。

物語のエンディングはショッキングなものですが、その理由は案外事象を大半の人が「まさにその通り」「自分でもそうするだろう」と、理解してしまえる空気感を醸し出しているところに見えてきます。

映画『ピンク・クラウド』は2023年1月27日(金)より全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』あらすじと感想レビュー。ロケ地である岩手花巻の“まちづくりの精神”

来るのかな?新幹線!花巻に!? 映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語』は、東北新幹線の新花巻駅設置を巡り、奮闘した花巻市民たちの14年間に渡る活動を描いた作品です。 当時の …

ヒューマンドラマ映画

映画『アポロ13』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【トム・ハンクス代表作】

アメリカの月面探査船計画、アポロ11号から16号のなかで一機だけ月に到達できなかったアポロ13号。 なぜその一件は、“輝かしい失敗”とまで言われるようになったのか。 月面に到着することなく、地球へ帰還 …

ヒューマンドラマ映画

映画『STAND STRONG』ネタバレ感想と考察評価。スケボーのリアルライフで描いた永遠の友情

何度転んでも、イメージする、着地する瞬間を! 映画『STAND STORONG』が2020年7月24日(金)より、TOHOシネマズ池袋他にて全国公開されています。 映画『STAND STORONG』は …

ヒューマンドラマ映画

ソフィアコッポラ監督の新作公開はいつ?カンヌ受賞作『ビガイルド欲望のめざめ』

カンヌ国際映画祭で大注目されたソフィア・コッポラ監督作品『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』。 めでたく!ソフィア・コッポラ監督は、カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞しました! ©20 …

ヒューマンドラマ映画

映画『トールキン 旅のはじまり』ネタバレ感想とレビュー解説。指輪物語などを生んだ原作者の知られざる青年期

映画『トールキン 旅のはじまり』は2019年8月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー公開中! 不朽の傑作ファンタジー小説にして、現在もあらゆる創作物に影響を与え続ける『ホビットの …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学