Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

映画『宮本から君へ』あらすじネタバレと感想。ドラマの最終回後を池松壮亮×蒼井優共演で「男・宮本の生き様」をふたたび

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『宮本から君へ』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開!

2018年にテレビドラマ化され、多くの反響を呼んだ新井英樹の漫画『宮本から君へ』(1990〜1994)。

この度公開される映画では、ドラマでは描ききれなかった原作漫画の後半部分を描きます。

ドラマに引き続き、監督を務めたのは真利子哲也。そして不器用だがトコトンまっすぐな主人公・宮本浩を引き続き演じたのも、近年数々の話題作に出演し、ドラマ以前から“人間・宮本”と向き合ってきた池松壮亮です。

スポンサーリンク

映画『宮本から君へ』の作品情報


(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
新井英樹

【監督】
真利子哲也

【脚本】
真利子哲也、港岳彦

【キャスト】
池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、柄本時生、星田英利、古館寛治、佐藤二朗、ピエール瀧、松山ケンイチ

【作品概要】
『ディストラクション・ベイビーズ』で国内外の映画賞を獲得した真利子哲也監督が、全話の脚本および監督を務めたテレビドラマ版を経て完成させた劇場版作品。

映画ではドラマでは描ききることのできなかったヒロイン・靖子との物語を描き、そこには原作漫画における屈指の名場面の一つである“非常階段での決闘”も含まれています。

主演はドラマからの続投であり、原作漫画とその主人公・宮本浩を敬愛してきた池松壮亮。

また柄本時生、星田英利、古館寛治、松山ケンイチもドラマ版から続投。さらにヒロイン・靖子の元恋人・裕二役の井浦新をはじめ、一ノ瀬ワタル、佐藤二朗、ピエール瀧が出演しています。

そして強さと脆さを併せ持つヒロイン・靖子を務めたのは、池松の激しい熱量を持った苛烈な演技に対し真っ向から対峙できるほどの実力を持つ女優・蒼井優です。

映画『宮本から君へ』のあらすじとネタバレ


(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

文具メーカーで働く若手サラリーマンの宮本浩。どうしようもなく不器用で社会では生きづらい性格を持ちながらも、その情熱と愚直さによってなんとか成長していきます。

その中で会社の先輩の友人である中野靖子と出会い、親しくなります。

やがて、靖子の家に呼ばれ夕食をごちそうになる宮本。するとそこに、靖子の元恋人の裕二が押しかけてきます。

ヒモ体質で浮気性の裕二との腐れ縁に疲れてしまっていた靖子は、宮本に救いを求めます。

そして靖子の気持ちに応えた宮本は、裕二に対し「この女は俺が守る」と言い放ちます。

それを機に二人は結ばれ、照れくさくも幸せな日々を過ごすことになります。


(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

ある日、営業先で気に入られた宮本は取引先の部長である真淵や大野と親しくなり、彼らが所属している草ラグビーチームの一員になることに。

靖子を連れて飲み会に参加した宮本は調子に乗って飲みすぎ、すっかり泥酔してしまいます。

そこで真淵は息子の拓馬を呼び出し、二人を送るように命じます。拓馬は100キロを超す巨漢で、「怪物」とも呼ばれていた大学ラグビーの経験者でした。

二人に好意的に接する拓馬は、靖子の部屋まで送り届けます。

以下、『宮本から君へ』ネタバレ・結末の記載がございます。『宮本から君へ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

ところが、宮本が泥酔したまま眠り込んだのを見ると拓馬は豹変。靖子に襲い掛かります。

翌朝、目覚めた宮本は、様子が一変している靖子に何があったのか問い詰めます。

靖子から前夜の顛末を泣きながら聞かされた宮本は怒りに震えますが、泥酔し、眠りこけていた宮本には怒る権利もないと靖子は突き放します。

それでも怒りが収まらない宮本は拓馬に食って掛かりますが、あっさりと返り討ちに遭います。

この一件で気まずくなった二人の間には溝ができてしまいます。

他に頼るあてもない靖子は祐二を頼ります。そして、祐二にあることを伝えます。

靖子は妊娠していたのです。

父親が祐二、宮本、はたまた拓馬なのかはわからない中、全てを飲み込んで宮本は靖子に結婚を申し込みますが、あっさりと断られてしまいます。

それでもあきらめきれない宮本は、拓馬との再戦に挑みます。

圧倒的な力の差で打ちのめされる宮本でしたが、拓馬の股間に掴みかかるとそのまま握り潰し、ボロボロになりながらも逆転勝利を収めます。

拓馬から勝利をもぎ取ったことで、「俺という男の凄さ」に気づいた宮本。

そして靖子に対し、「俺の人生はバラ色で、この凄い俺が靖子も子供もまとめて幸せにしていやる」と叫び、彼女を抱きしめるのでした。

両親へのぎこちない挨拶をすました二人は、少しずつ夫婦としての暮らしを始めます。やがて臨月を迎えていた靖子の陣痛が始まり、二人が暮らすアパートでそのまま出産を迎えます。

そしてしばらくすると、そこには無事出産を終えた靖子、そして二人の間に生まれた子どものために強く叫び続ける宮本の姿がありました。

スポンサーリンク

映画『宮本から君へ』の感想と評価


(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

塚本晋也監督が2018年に発表した映画『斬、』に続き、メインカップルを演じることになった池松壮亮蒼井優

その演技力に定評のある池松壮亮ですが、そんな彼をして“化け物”と評させる蒼井優の演技もまた圧巻です。

ドラマから続投して出演するキャスト陣の登場は抑えられていますが、代わりに映画から登場する井浦新佐藤二朗は流石の演技を見せてくれます。

『引っ越し大名!』に続いて、さり気なく出演しているピエール瀧もまた、良くも悪くもそのアクの強さは健在です。

そしてさらに注目すべきキャストは、巨漢・拓馬を演じるために体重を30キロも増量、文字通り「怪物」と化した一ノ瀬ワタル

元格闘家の俳優であり、これまでにも『HIGH&LOW』シリーズや『クローズ』シリーズなどアクション映画で活躍してきた彼は本作にて一世一代のベストアクトを見せ、映画全体の勢いを加速させるという重要な役割を果たしました。

蒼井優は本作について、撮影3日目でヘトヘトになり、今までの映画の現場で一番疲弊・消耗したと語っています。それほどまでに苛烈な、演技を超えた感情のぶつかり合いをこの映画で見ることができます。

まとめ


(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

映画『宮本から君へ』は、映画だからこそ成り立つ作品でもあります。

ドラマ版で描かれた原作漫画の前半部分は「サラリーマン編」とも呼ばれ、不器用な青年・宮本の熱すぎる成長の物語です。その過程を一つずつ描いてゆく方法として、話数を積み重ねてゆくテレビドラマという形は上手くはまっていました。

一方で、映画にて扱う後半部分のエピソード群は、テレビドラマにおける「物語を分割して描く」という方法にはあまりにも不向きな内容と言えます。

真利子哲也監督は映画化以前から「ドラマで前半、映画で後半を」と考えていたとのことですが、この選択は最良のものといえるでしょう。

映画という方法だからこそ、そしてR15指定だからこそ描ける『宮本から君へ』が映画『宮本から君へ』なのです。

スクリーン越しに伝わってくる圧倒的な熱量を全身で浴びたいという方は、ぜひ劇場に足を運んでみてください




関連記事

ラブストーリー映画

『クロエ』動画無料視聴はHulu!ネタバレあらすじと感想レビュー

『白い沈黙』『デビルズ・ノット』など、最近は怪しいげなサスペンスものに定評があるアトム・エゴヤン監督。 そんな監督のテイストに官能要素が加わると、どうなるのか。 ジュリアン・ムーア×アマンダ・セイフラ …

ラブストーリー映画

妻ふり映画あらすじと感想!榮倉奈々の『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日(金) 謎の〈妻ふり〉ロードショー! 日本人ならネットで誰もが一度くらいは見たことがあるだろうYahoo!知恵袋。 ここにあげた投稿から始 …

ラブストーリー映画

映画『君は月夜に光り輝く』あらすじネタバレと感想。キミツキで見せたヒットメイカー月川翔監督の手腕

映画『君は月夜に光り輝く』2019年3月15日(金)より公開。 佐野徹夜のデビュー作『君は月夜に光り輝く』を『君の膵臓をたべたい』『となりの怪物くん』『響―HIBIKI-』などの青春映画の新ヒットメイ …

ラブストーリー映画

映画『男と女、モントーク岬で』あらすじと感想。公開する上映館情報も

映画『男と女、モントーク岬で』は、5月26日(土)より全国順次公開。 ニューヨークのロングアイランド。そこは思い出の地であり、“あの日”に戻りと未来を選びなおす男と女…。 ドイツ・ジャーマン・シネマの …

ラブストーリー映画

アムール愛の法廷あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

「大人のラブストーリー」と「法廷劇」という、2つのプロットを巧みに絡み合せたストーリー展開。 2015年ベネチア国際映画祭で脚本賞を受賞した、『アムール、愛の法廷』をご紹介します。 ​ スポンサーリン …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP