Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

『フィッシャー・キング』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。テリー・ギリアムおすすめ!友情ファンタジーを“奇妙に美しく”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ジェフ・ブリッジスとロビン・ウィリアムズが奏でるファンタジックコメディ

『未来世紀ブラジル』(1986)のテリー・ギリアム監督によるファンタジックなヒューマンコメディ。

アーサー王伝説に登場する漁夫王フィッシャー・キングのエピソードをモチーフに、人気DJだった男とホームレスの出会いが互いの人生を変えていく様子をあたたかく描きます。

ジェフ・ブリッジスとロビン・ウィリアムズという名優ふたりが、切なくもおかしみある奇妙な友情を結ぶ主人公を演じます。

まるでおとぎ話のような心あたたまるヒューマンドラマの魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『フィッシャー・キング』の作品情報


(C)1991 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1992年(アメリカ映画)

【脚本】
リチャード・ラグラベネーズ

【監督】
テリー・ギリアム

【編集】
レスリー・ウォーカー

【出演】
ロビン・ウィリアムズ、ジェフ・ブリッジス、アマンダ・プラマー、マーセデス・ルール、マイケル・ジェッター

【作品概要】
『未来世紀ブラジル』(1986)、『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(2020)のテリー・ギリアム監督作品。1991年ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)受賞作。

主人公のジャックを『クレイジー・ハート』(2010)のジェフ・ブリッジス、ホームレスのパリーを『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』(1998)のロビン・ウィリアムズが演じています。

ジャックの恋人役を演じたマーセデス・ルールは、本作で第64回アカデミー賞で助演女優賞を受賞しました。

映画『フィッシャー・キング』のあらすじとネタバレ


(C)1991 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

ジャック・ルーカスは過激なトークが人気のDJでした。ある晩、ラジオだけが友人という孤独な青年から相談が寄せられます。「ヤッピーたちを殺せ」とジャックが言うのを間に受けた彼はレストランで銃乱射事件を起こし、7人を殺害して自殺してしまいました。

それから3年後。すっかり落ちぶれ人嫌いになったジャックは、恋人のアンの経営するビデオショップを手伝って暮らしていました。追い詰められたジャックは酔っぱらって海に飛び込もうとしますが、そこを突然暴漢に襲われます。

「その騎士に汚らわしい手をかけるな!」そう叫んで現れた奇妙なホームレスのパリーにジャックは助けられました。

パリーは自宅にしているボイラー室にジャックを連れて帰り、自分は神の門番でジャックに使命を果たす手伝いをしてほしいと頼みます。彼は富豪宅にある聖杯を求めていました。ジャックは自分にはできないと断って必死で逃げ出します。

部屋を出たところでボイラー室の管理人に会ったジャックは、実はペリーが乱射事件に居合わせ、彼の妻は殺されたことを聞かされます。

再びパリーのもとを訪ねたジャックは管理人から、パリーの本名がヘンリー・セイガンといい以前は大学教授だったこと、事件後入院していたが1年前から突然パリーとして話すようになったことを教えられました。

ジャックはアンにパリーとの事情を話し、苦しみを打ち明けます。アンは泣きじゃくる彼をあたたかく抱きしめました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『フィッシャー・キング』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『フィッシャー・キング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1991 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

パリーは毎日憧れの女性リディア・シンクレアを追いかけていました。リディアはいつも売り場の本を床に落とすし、水曜日にいつも食べる餃子は膝に落とすし、会社の回転扉には入りそびれるというとても不器用な女性でした。

パリーに振り回されるジャックは、聖杯をあきらめさせようとパリーは元大学教授だったことを話します。ショックで赤い騎士の幻影を見たパリーは、それを追って走り出しました。彼を追いかけたジャックはふらふらになります。

その後も、どうしてもパリーを見捨てられずつきあうジャック。パリーは素っ裸で公園に寝ころび、アーサー王伝説の漁夫王フィッシャー・キングと聖杯の話を始めます。

大学のことを思い出してまた幻影を見そうになったパリーに、ジャックは慌ててリディアを誘うようにと話題を変えました。 

リディアとの仲を取り持ちたいと話すジャックの気持ちを理解したアンは彼に協力します。ビデオショップのくじが当たったと話してリディアを店に呼び出し、その晩アンがリディアのネイルをしてあげることになりました。

家を訪れたリディアの人生相談に乗るアン。パリーはジャックに身支度を整えてもらい、4人で中華レストランに行くことになります。めちゃくちゃなテーブルマナーのリディアとパリーを見てアンはお似合いだと笑い、あたたかな時間が流れます。

今夜あなたは素晴らしいことをしたとアンはジャックをほめ、君のおかげだと言ってジャックは彼女を熱く抱きしめました。

これまで恋愛で痛い思いをしてきたリディアは逃げるように帰ろうとしますが、パリーはずっと彼女に一途に恋してきたことを告白します。愛してると何度も言われたリディアは心打たれ、キスをして笑顔で帰っていきました。

しかし、そこで元妻の記憶がフラッシュバックしたパリーは悪い騎士の悪夢を見てしまいます。リディアを失う恐怖に駆られたパリーは必死で逃げ出しました。幻影に怯えるパリーのもとに、いつかの暴漢たちが現れて彼を叩きのめします。

そんなことを知らないジャックは、上機嫌で仕事を再開する決心をしました。しかし、ひとりになりたいからという理由で家を出ると言い出し、アンをひどく苦しめます。

そこに、パリーが病院に担ぎ込まれたという連絡が入りました。ジャックが駆けつけると、包帯だらけになったパリーはショックで精神病を発症し、ただ虚空をみつめていました。

パリーを救いたい一心で、ジャックは壁をのぼって富豪の豪邸に忍び込み、聖杯を盗もうとします。部屋の椅子には酔って意識を失った高齢男性がいました。ジャックは彼を必死で揺さぶってから、警報が鳴るなかを逃げだします。

パリーの病室にたどり着き、眠っていた彼に聖杯を握らせるジャック。聖杯を手にしたパリーは喜びで心が回復します。

翌朝の新聞には、「強盗が事故死を阻止」という記事が大きく出ていました。

毎日看病してきたリディアはパリーが元気になったのを見て喜びに涙をこぼします。そんなリディアを自分の恋人だと言ってパリーがかたく抱きしめました。

一方、ジャックはアンのもとを訪れました。彼女を愛していることにやっと気づいたと言うジャック。アンは彼を一発殴ってから、熱いキスをして抱きしめました。

並んで素っ裸で公園に寝ころび、空の月を見上げるジャックとパリー。それから、いっしょに歌をうたってほがらかに笑い合いました。

スポンサーリンク

映画『フィッシャー・キング』の感想と評価


(C)1991 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

聖杯に救われる男たち

男同士の奇妙で深い友情をユーモラスにあたたかく描いた『フィッシャー・キング』は、1991年ベネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)ほか数々の映画賞を受賞した名作です。

主人公のジャックは売れっ子DJで、栄光や成功を強く求めるタイプの男性でした。しかし、彼の不用意なことばが若者の心をあおり、とんでもない乱射事件を引き起こしてしまいます。

その後彼は、その事件で愛妻を亡くして精神に異常をきたしてしまった気のよいホームレスのパリーと偶然出会いました。良心の呵責に苦しむジャックは、パリーを幸せにすることでその苦悩から抜け出したいと奮闘することになります。

子どものように純粋な魂を持つパリーが、フィッシャー・キングの物語をジャックに語ります。それはこんな物語でした。

王子は人の傷をいやす聖杯を託されます。しかし、彼が求めたのは権力と栄光の夢でした。炎の中の聖杯に手を伸ばした少年は大やけどをしてしまい、成長につれ傷は悪化していきます。彼は自分がなぜ生きているのかわからず、人も自分も信じられなくなり、愛し愛されることを知ることもありませんでした。

そんなある日、城に迷い込んだうつけ者が苦しむ彼に声をかけました。水を求めた王子に、男はそばにあった盃に水を入れて渡します。飲むと痛みは和らぎます。それは長年探し求めていた聖杯でした。なぜおまえが?と聞かれたうつけ者は、自分はただ、あんたに水をあげただけだとこたえます。

ジャックはまさにフィッシャー・キングのような男でした。ずっと自分の名声や栄光を求める生き方をしており、素晴らしい女性であるアンの深い愛情に見向きもせず、愛し愛される幸せを理解できずにいたのです

しかしそんな彼が、暴漢に襲われて心が壊れてしまったパリーを引き戻すために、富豪宅にある聖杯を盗むという無茶な行動に臨みます。

「やるとしたら君のためだ」そうパリーに言って聖杯をとりにいくジャックの姿は感動的です。うつけ者が王子に水を入れた盃を渡したことで王子が回復したように、聖杯を渡せばパリーは治るとジャックは信じたのです。そしておとぎ話である本作では見事にその願いが叶います。

目を覚まして笑顔を見せるパリー。しかし、本当に救われたのはジャックの方でした。呪いが解けたかのようにジャックは自分の心に素直になり、アンへの深い愛を初めて自分で自覚して彼女とともに本当の幸せを手にします

胸を打つ美しすぎるふたつの恋


(C)1991 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

ジャックとパリーの友情物語に加え、本作ではジャックとアン、そしてパリーとリディアとの美しい恋も大きなみどころとなっています。

前述したとおり、女性に対して不実だったジャックは、パリーのために聖杯を持ち帰ったことで自身の心にも向き合い、自分が持つアンへの深い愛に初めて気づきます。

アンという女性は本当に素敵なキャラクターです。パリーにつき合って帰って来ないジャックに女ができたのではないかとやきもちを焼き、苦しみながらも純粋に彼を愛し続け、彼が嫌がらないようにと過度に干渉しないけれど言いたいことはきちんと言う、そんな女性です。

彼女は恐ろしい事件を引き起こしたことに苦しむジャックを支え、やさしく包み込みます。あぜんとするほどひどい理由であっさり彼女のもとを去ろうとした彼が戻ってきたときも、一発頬を殴って許すというかっこよさです。

素敵なアンを演じたマーセデス・ルールの演技は素晴らしく、見事アカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

しっかり者のアンとは対照的に、パリーが恋したリディアの不器用ぶりは見事です。4人で中華レストランを訪れるコミカルな場面は最高です。転がる餃子にブロッコリ、ずるずるすすって焼きそばを食べる姿を見て、アンやジャックといっしょに笑いころげてしまいます。

不純な動機を持つ男性としか付き合ったことがなく恋愛に傷ついてきたリディアに、パリーが純粋な愛を告白するシーンは本当に美しく、何度も観返したくなります。

こんな風に愛されたらどんな境遇にあっても幸せになれないはずがありません。愛することの素晴らしさに素直に感動できる名シーンとなっています。

まとめ


(C)1991 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

ひとつの銃撃事件によって人生を狂わされた男たちに芽生えた友情をあたたかくユーモラスに綴り、愛することの素晴らしさを教えてくれる名作『フィッシャー・キング』。

不条理に襲いかかる暴力、失った愛する妻、狂気のなかに現れる騎士の悪夢など辛いワードがたくさん出てきますが、テリー・ギリアム監督が描き出したのは明るく美しい希望ある世界でした。

抜け出せないと思える苦しみでも、きっといつか人はそれを乗り越えられるという強烈なメッセージが貫かれています。苦しみから解放された主人公たちの笑顔が心に残り、幸せな気持ちになれるに違いありません。

愛し愛される幸せについて改めて考えさせられ、自分を支えてくれる人たちにもっとやさしくなりたいと思わせてくれる作品です。



関連記事

コメディ映画

韓国映画『僕の中のあいつ』あらすじネタバレと感想。ジニョン(B1A4)初主演作の演技力に注目!

韓国で190万人を動員!抱腹絶倒の入れ替わりコメディ映画! 韓国のアイドルグループ「B1A4」にて、リーダーを務めるジニョンの初主演作『僕の中のあいつ』。 韓国で大ヒットし、2019年初の損益分岐点を …

コメディ映画

中村友則映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。大迫茂生の演技力が輝く個性的な存在感

映画美学校出身である中村友則監督の映画『ケイタネバーダイ』は、12月15日から池袋・シネマロサにて初上映となります。 暴力と不条理に満ちた現世、夢も希望もない来世、漂流し続ける主人公ケイタが選んだ道は …

コメディ映画

チャップリン映画のお笑い初期短編!没後40周年を吹き替えで楽しむ

2017年12月25日は、喜劇王と呼ばれたチャップリンの没後40年の命日。 洋画専門CS放送ザ・シネマは、20本以上のチャップリンの初期傑作短編無声映画のデジタルリマスター版に、豪華声優陣が声をあて日 …

コメディ映画

三谷幸喜映画『記憶にございません!』あらすじネタバレと感想。キャストの演技力が光る【記憶喪失の総理大臣】

映画『記憶にございません!』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開! 脚本家・演出家・映画監督として、数多くの笑いあり涙ありのコメディ作品を手がけてきた三谷幸喜。 彼の通算8作目となる長 …

コメディ映画

映画『エキストロ』あらすじネタバレ感想と結末の評価解説。モキュメンタリーコメディの中にも“人生の主役を問う”

人生には脇役も主役もない。 唯一の主役はあなたです。 茨城県つくばみらい市のロケ施設「ワープステーション江戸」を舞台に、市民エキストラたちにスポットを当てた、現実と虚構の境界線が曖昧なモニュメンタリー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学