Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

仮面ライダーオーズ(映画2022)ネタバレあらすじ感想と結末解説。10th復活のコアメダルでのファンが待ち望んだヒーロー復活とは⁈|邦画特撮大全107

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第107章

今回の邦画特撮大全は、Vシネクスト『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』を紹介します。

2022年3月12日(土)から期間限定上映されている『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』。

放送から10周年を迎えた『仮面ライダーオーズ』(2011~2012)の復活作品です。2021年11月5日、東京国際映画祭で『仮面ライダーオーズWONDERFUL 将軍と21のコアメダル』が上映された際に仮面ライダーオーズの復活、つまり本作『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』の製作が発表されました。

10年の時を経て描かれた仮面ライダーオーズの「欲望」とは、一体どんな内容だったのか見て行きましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』の作品情報


(C)2022石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・東映

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
田﨑竜太

【脚本】
毛利亘宏

【キャスト】
渡部秀、三浦涼介、高田里穂、岩永洋昭、君嶋麻耶、有末麻祐子、ヤマダユウスケ、橋本汰斗、松本博之、矢作穂香、甲斐まり恵、ゆかな、谷昌樹、日野聡、中田譲治、宇梶剛士

【作品概要】
平成仮面ライダー第12作目『仮面ライダーオーズ』の10周年記念作品。渡部秀、三浦涼介らテレビシリーズのオリジナルキャストが再結集。

脚本は映画『スーパーヒーロー戦記』(2021)の毛利亘宏。『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2016)でメインライターを務めた毛利ですが、実は「仮面ライダーオーズ」のテレビシリーズが彼の東映特撮初参加作品だったのです。

監督は同じく映画『スーパーヒーロー戦記』(2021)の田﨑竜太。「仮面ライダーオーズ」テレビシリーズでは1話・2話、最終回などの重要エピソードを数多く演出しています。

『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』のあらすじとネタバレ


(C)2022石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・東映

火野映司/仮面ライダーオーズたちとメダルの怪人・グリードの戦いから時を経て、2021年。

800年前メダルを創り出し、グリードを生んだ古代オーズが復活し、現代の人間社会を蹂躙していました。生き残った人類はレジスタンスとして古代オーズと戦っています。

映司の相棒だった鳥のグリード・アンクはコアメダルが割れたこと(テレビシリーズ最終回)によって、消滅していました。しかしアンクを呼ぶ声が聞こえます。その声の主は映司――。

右腕だけ復活したアンクが見たのは、泉比奈とその兄・泉信吾、伊達明と後藤慎太郎らかつて共に戦った人間たちがレジスタンスとしてグリードたちと戦う姿でした。

信吾は戦いの中で爆発に巻き込まれ命の危機に瀕しますが、アンクが信吾に憑依してその危機を脱します。

そして、肉体を手に入れたアンクの前に映司が姿を現し、かつての相棒が10年ぶりに再会しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・東映

映司はアンクに今の世界の状況を比奈や伊達たちから聞くように促します。

古代オーズとグリードの復活を一同から聞いたアンク。しかし彼らから映司は少女を古代オーズの攻撃から庇って生死不明だとも聞きました。

既に映司と再会しているアンクは、比奈を連れて映司の元へ。そこへアンクの持つコアメダルを狙ってグリードのウヴァが攻撃を仕掛けます。仮面ライダーオーズに変身し、ウヴァを撃退します。

庇った少女に対して「死んだよ、仕方なかった」と言う映司の言動に不信感を覚える比奈。

背後で見ていた伊達と後藤も映司の様子が違うことから別人と気付きます。アンクも映司からグリードの気配を察知していました。

映司の正体は人造グリード・ゴーダ。少女を庇ったことで既に死んでいる映司の肉体に、鴻上ファウンデーションの人造コアメダルを使ってゴーダを憑依させたのです。

ゴーダと映司を切り離せば映司の肉体が危ないということは、かつて瀕死の泉信吾の肉体に憑依していたアンクが一番よく知っていることです。

ショックを受ける比奈をアンクは自身の例を出して口が悪いながらも励まし、あくまでゴーダを利用すると宣言します。伊達と後藤もゴーダの存在を危険視しつつも、やはり現状手を出すことは出来ません。

一方、古代オーズはウヴァ、カザリ、メズール、ガメルの4体のグリードを吸収し強大化。ゴーダが憑依した映司が変身する仮面ライダーオーズと古代オーズが激突します。

古代オーズの強大な力にオーズは歯が立たない上に、アンクは古代オーズに取り込まれてしまいました。

しかしこれはアンクの策。取り込まれた古代オーズの体内からコアメダルを奪い、仮面ライダーオーズ・プトティラコンボに変身させます。

オーズ・プトティラコンボは古代オーズを見事撃破しました。そしてアンクも自身のコアメダルを手に入れてグリードの姿となります。

古代オーズとの戦いに勝ちましたが、ゴーダは古代オーズから放出されたメダルを体内に吸収し、人造コアメダルを利用して“仮面ライダーゴーダ”に変身!! 

ゴーダは映司の持っていた「力が欲しい」という欲望を都合よく捉え、古代オーズの力を手にしたのです。

アンクはゴーダにメダルを奪われ信吾の肉体と右腕が分離してしまい、映司の肉体もゴーダから切り離されてしまいます。

伊達は仮面ライダーバースに、後藤は仮面ライダーバースXに変身し、ゴーダを迎え撃ちますが歯が立ちません。

右腕のアンクは映司の肉体に憑依。アンクは精神世界の中で遂に本物の映司と再会します。映司が死の間際に望んだことは「アンクの復活」でした。その映司の最期の欲望が叶い、アンクは復活を果たしたのです。

アンクが憑依した映司は、“仮面ライダーオーズ・タジャドルエタニティ”に変身!! そして2人で仮面ライダーゴーダを撃破しました。

しかしすぐ後、映司はアンクの背中を押して自分の肉体から彼を切り離します。

帰ってきた映司を迎える仲間たちですが、すぐに映司との永遠の別れがやって来ます。

鴻上ファウンデーションの会長秘書・里中は映司が救った少女を連れて来て、映司が少女を救えたことを知らせます。そしてアンクと比奈に手を繋がれ、映司は息絶えました。

スポンサーリンク

『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』の感想と評価


(C)2022石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・東映

テレビシリーズ終了から10年の時を経て、製作された『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』。

この項では作品の核心部分に触れているため、まだ作品を鑑賞していない方、まだ作品の内容を知りたくない方は、ここから先をお読みになるのを推奨しません。

東映の特撮ヒーローの10周年記念作品は『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』(2013)に端を発しているように、これまでスーパー戦隊シリーズで4作品製作されていますが、仮面ライダーシリーズで10周年記念に新作が作られるのは本作が初です。

スーパー戦隊と仮面ライダー、それぞれのシリーズの色の違いから、本作『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』は、スーパー戦隊シリーズの10周年記念作品のようにテレビシリーズのキャストが再会する「ファンサービス」色の強い物ではなく、シリーズの「完結編」を選択したのです。

そのためファンにとって本作が「賛否両論」となるのは製作側も覚悟の上だったのではないかと思います。

一方で仮面ライダーオーズ、仮面ライダーバースの新フォーム、オリジナルの新ライダーの登場などファンサービスも盛り込まれています。

『仮面ライダーオーズ』の続編を作るにあたって起点になるのは、やはり「アンクの復活」です。

『仮面ライダーオーズ』とは火野映司/仮面ライダーオーズとアンクの歪なバディという関係性、テレビシリーズ最終回でアンクのメダルは割れ消滅しているという結末から続きを作るのであれば「どうアンクを復活させるのか」に尽きてきます。

実際テレビシリーズ終了後に製作された『仮面ライダー×仮面ライダーフォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX』(2011)、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(2017)では、アンク復活にかなり説得力のある理由づけがなされていました。

この2作品と本作の一番の違いは「視点」です。前2作では火野映司の視点に立ってアンク復活が描かれていました。

本作ではアンクの視点で物語が描かれ、彼が復活したのは映司が死の間際に願った最大の「欲望」だと理由が明かされます。

上記の『仮面ライダー×仮面ライダーフォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX』(2011)を見ればわかるように、テレビシリーズ後の映司はアンクの復活と再会を強く願って行動しているためこの理由づけ自体には納得です。

またアンク視点で物語が描かれていくのも新鮮で、本作を踏まえた上でアンク視点に沿って『仮面ライダー×仮面ライダーフォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGAMAX』(2011)を改めて鑑賞すると未来から来たアンクの台詞に色々な意味合いが見えてきます。

本作において好印象だったのが、やはりキャストの再結集です。10年の時を経てもテレビシリーズのイメージを損なっていない上に、ひと昔という年月を経て各キャラクターの成長や変化を内包した好演が見られます。

特に火野映司役の渡部秀は本物の火野映司、ゴーダが装った映司、ゴーダが憑依した映司、アンクが憑依した映司と実質1人4役でした。

本作の映司の初登場シーンはゴーダが装った映司、つまり映司であって映司でないキャラクターであり、観客に懐かしさと同時に違和感を覚えさせるという卓抜した演技力を見せてくれました。

まとめ


(C)2022石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・東映

10年の時を経て製作された新作『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』。

仮面ライダーシリーズ屈指の人気作『仮面ライダーオーズ』の続編という、キャストとスタッフ、そしてファンの強大な「欲望」は10年の時を経て結実した作品です。

Vシネクスト『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』は2022年3月12日からの期間限定上映です。「欲望」がどうのように結実したのか、未見の方は劇場で確認しましょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

鬼滅の刃名言/名シーン|最終章無限城編:ネタバレ有で猗窩座/狛治の過去と最後×善逸・獪岳戦を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察22】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第22回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回前回記事に引き続き、「無 …

連載コラム

韓国映画『世宗大王 星を追う者たち』感想評価と考察解説。ハンソッキュ×チェミンシクで描く身分を超えた男の友情物語|心を揺さぶるtrue story2

連載コラム『心を揺さぶるtrue story』第2回 日本ですっかりメジャーな存在となった韓国映画。特に時代物はテレビドラマも数多く放送されていることもあり、ファンだという方も多いことでしょう。 今回 …

連載コラム

『シュガーラッシュオンライン』あらすじ。映画で同様にゲームの世界を舞台にした作品を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車28

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile028 ゲーム好きなら一度は行ってみたい「ゲームの中の世界」。 2012年に公開されたゲームの中の世界を題材としたディズニー映画『シュガーラッシ …

連載コラム

映画『アジアの天使』感想評価とレビュー解説。池松壮亮×オダギリジョー×チェヒソを迎え石井裕也監督が家族を描く|映画という星空を知るひとよ68

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第68回 『舟を編む』などの話題作を手掛けてきた石井裕也監督が、オール韓国ロケで作り上げた映画『アジアの天使』。 本作は、それぞれが心に傷を持つ日本と韓国の家族 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】⑩

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2020年7月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学