Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/26
Update

ネタバレ感想|仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー。シリーズのヒーローが総出演で魅了する【邦画特撮大全100】

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第100章

今回の邦画特撮大全は、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(2017)を紹介します。

今年2021年夏に開催され好評を博した特集上映「KAMEN RIDER FILM ARCHIVE vol.1」。その第2弾となる「KAMEN RIDER FILM ARCHIVE vol.2」が渋谷TOEIにて2021年11月26日(金)より開催されます。

今年2021年は『仮面ライダーフォーゼ』放送10周年ということもあり、仮面ライダーフォーゼの登場する映画作品が多数ラインナップされています。

本作『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』は、当時放映されていた『仮面ライダービルド』(2017)と前作『仮面ライダーエグゼイド』(2016)のクロスオーバー作品ですが、福士蒼汰演じる仮面ライダーフォーゼの主人公・如月弦太朗も登場していました。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』の作品概要


「ビルド&エグゼイド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

【公開】
2017年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【脚本】
武藤将吾、高橋悠也

【監督】
上堀内佳寿也

【キャスト】
犬飼貴丈、飯島寛騎、渡部秀、福士蒼汰、佐野岳、西銘駿、赤楚衛二、高田夏帆、瀬戸利樹、松本享恭、岩永徹也、松田るか、小野塚勇人、甲斐翔真、黒崎レイナ、土屋シオン、柳喬之、滝裕可里、木山廉彬、三浦涼介、田中卓志、水上剣星、前川泰之、大槻ケンヂ

【作品概要】
『仮面ライダービルド』と『仮面ライダーエグゼイド』のクロスオーバー作品。両作のメインキャストで現在多数の話題作に出演する犬飼丈貴、飯島寛騎、赤楚衛二、瀬戸利樹らが総出演したほか、渡部秀、福士蒼汰、佐野岳ら歴代仮面ライダーもゲスト出演。敵役となる最上魁星にはバンド「筋肉少女帯」の大槻ケンヂがキャスティングされました。

脚本は『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』(2019)の武藤将吾、アニメ『ルパン三世 PARTⅣ』(2015)の高橋悠也の共同執筆。監督は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019)のパイロット監督の上堀内佳寿也。

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』のあらすじとネタバレ


「ビルド&エグゼイド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

桐生戦兎/仮面ライダービルドは夢の中で、仮面ライダーエグゼイドと戦い、その力をフルボトルに収めます。

目を覚ました戦兎にはそんな記憶はありませんでしたが、“エグゼイド”のボトルは手に入れていたようで、戦兎と行動を共にする石動美空の手によって浄化されていました。

そんな中、敵であるスマッシュが出現し、戦兎と相棒の万丈龍我/仮面ライダークローズは急行。しかし敵の姿はいつもと異なっており、戦兎の夢に現れたものと同じ姿をしていました。戦兎は仮面ライダーエグゼイドのボトルを使って敵を倒して行きます。

そこへ新たな敵・カイザーが現れました。カイザーを追う万丈でしたが、カイザーの操る謎の巨大装置“エニグマ”によって、どこかへ飛ばされてしまいます。

敵・バグスターの出現に宝条永夢/仮面ライダーエグゼイドたちは出動しますが、永夢はビルドに力を奪われたため変身できません。仲間たちがバグスターを一掃した後、リバースカイザーと名乗る敵が現れます。

リバースカイザーはエニグマを起動させ、仮面ライダービルドの世界と仮面ライダーエグゼイドの世界を融合し世界を滅ぼそうと計画していたのです。

カイザーは永夢の仲間全員から変身能力を奪って去って行きました。そして永夢たちの前に、エニグマによってエグゼイドの世界へ飛ばされた万丈が現れます。

一方、戦兎の前にはエグゼイドの力を返すよう、永夢の仲間パラド/仮面ライダーパラドクスが迫っていました。

パラドは2年ものあいだ戦兎を探していたようで、どうやら2つの世界で時間の流れが違っているようです。戦兎はその間の記憶を失っているため身に覚えが全くないのでした。

そんな戦兎とパラドの前に石動惣一が現れました。美空の父であり戦兎の後見人でしたが、敵組織・ファウストの幹部ブラッドスタークの正体であり、戦兎たちの前から姿を消していたのです。

石動によればカイザーの正体は最上魁星という研究者。並行世界の存在を提唱し、並行世界移動装置エニグマを開発していたのです。そして最上の助手がライダーシステムを完成させた悪魔の科学者・葛城巧でした。

戦兎は調べていく中でエグゼイドの持つ“ムテキゲーマー”の力がエニグマの障害となることに気付きますが、葛城も2年前にそのことに気付き最上の計画を止めるためエグゼイドの力を奪ったのです。

戦兎とパラド、永夢と万丈はエニグマを止めるためそれぞれの世界で活動を開始。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』ネタバレ・結末の記載がございます。『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

戦兎の前に姿を現したビルドの世界の最上魁星。最上はエニグマの誤作動によって分離し、ビルドの世界とエグゼイドの世界それぞれに存在することになったと語ります。

最上の真の目的は分離した自身を再び融合し、“バイカイザー”となることで不老不死を得ることだったのです。

一方、戦いの中でピンチに陥った永夢と万丈の前に姿を現したのが、火野映司/仮面ライダーオーズでした。最上の計画に財団Xの影を察知した映司は独自に動いていたのです。

しかし3人の行く手を最上魁星/リバースカイザーが阻みます。最上はコピーしたコアメダルから怪人グリードを召喚し、3人を襲わせます。

その中には映司のかつての相棒・アンクもいました。偽物とは言え手を出せないでいる映司。映司が持っていた割れたオリジナルのメダルに反応して、偽のアンクの中にかつてのアンクの記憶が宿ります。映司はアンクの手を借りて、仮面ライダーオーズに変身。

永夢と万丈にリバースカイザーの攻撃が迫りピンチのところを、如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼが駆けつけ助けます。弦太朗はエニグマが彼の母校・天ノ川学園高校にあることを告げ、2人を案内します。

戦兎とパラドも葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武の助力を得てエニグマに辿り着きました。戦兎はエニグマの出力を最大にして、わざと2つの世界の融合を早めます。

エニグマを伝って永夢たちに合流した戦兎とパラド。戦兎は永夢にエグゼイドの力を返しました。

桐生戦兎、宝条永夢、天空寺タケル/仮面ライダーゴースト、葛葉紘汰、如月弦太朗、火野映司、仮面ライダーが集結。

戦兎と永夢は融合してバイカイザーとなった最上の元へ向かい、他のライダーたちは最上が召喚した大量の怪人たちと戦います。

永夢は仮面ライダーエグゼイドムテキゲーマーに、戦兎は万丈が届けた新アイテムで仮面ライダーラビットタンクスパークリングフォームに変身。

2人がエニグマの起動を早めたのは、不完全な状態でバイカイザーを誕生させるためだったのです。2人はバイカイザーを撃破し、世界滅亡の危機は退けられました。

スポンサーリンク

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』の感想と評価


「ビルド&エグゼイド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

仮面ライダービルド』(2018)は異なる2つの要素を用いて変身する仮面ライダーでした。そして前作『仮面ライダーエグゼイド』は医者とゲームのダブルモチーフの仮面ライダーです。

そのため本作『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』は、異なる2つの要素を合わせるというコンセプトのもとに製作されています。

まず物語は仮面ライダービルドの世界と仮面ライダーエグゼイドの世界を強制的に融合させ、世界を滅ぼそうとする敵の野望の打倒でした。敵の最上魁星もそれぞれの世界に存在し、最終的には合体を果たします。

また最上の融合体であるバイカイザーは右半身が赤、左半身が青で、仮面ライダービルドと対応したカラーリングです。

本作で桐生戦兎/仮面ライダービルドと行動を共にするのが『仮面ライダーエグゼイド』の登場人物パラド/仮面ライダーパラドクスですが、仮面ライダーパラドクスも赤と青の配色のライダーであり、こちらもビルドに対応した選定であると思われます。

最上が開発した並行世界移動装置“エニグマ”。巨大な腕に大きな目を持つ異形のデザインですが、これは『宇宙鉄人キョーダイン』(1977)に登場する闇将軍ガブリンがモチーフです。

仮面ライダーフォーゼが登場するということから、過去の石ノ森作品のキャラクターをリファインしたものとなりました。

『仮面ライダーフォーゼTHE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』(2012)には、前述の宇宙鉄人キョーダインをはじめ、『大鉄人17』(1977)などをモチーフとしたキャラクターが登場しており、エニグマのデザインはそうした経緯によるものです。

本作の最大の特徴はやはり仮面ライダーオーズや仮面ライダーフォーゼら、歴代仮面ライダーの客演です。本作の歴代仮面ライダーの登場場面は非常に巧緻なものでした。

本作は『仮面ライダービルド』の第14話・第15話に間に位置するエピソードです。この時、赤楚衛二演じるビルドの相棒、万丈龍我/仮面ライダークローズは仮面ライダーになったばかりの時期でした。

本作の主人公・桐生戦兎の立ち位置は、歴代ライダーの同じくすでにヒーローです。本作は万丈龍我の成長物語として構成されており、歴代ライダーの多くは万丈を導くメンターとして単なる顔見世にとどまらず有機的にその効果を発揮しているのです。

まとめ

歴代仮面ライダーが大集合した『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(2017)。

単なる顔見世にはとどまらず、物語の導き手という重要な役割を担っていました。歴代ライダーは設定やキャラクターをしっかりと理解した上で登場しているため、各作品のファンが納得する形での登場となっています。

本作『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』が多くのファンから愛されているのも納得です。

仮面ライダー映画の特集上映、「KAMEN RIDER FILM ARCHIVE vol.2」は渋谷TOEIにて2021年11月26日(金)より開催。

本作『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』は、2021年11月26日(金)~11月28日(日)の3日間の上映です。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『漂うがごとく』あらすじと感想。ベトナム人のブイ・タク・チュエン監督が描く孤独と欲望|銀幕の月光遊戯24

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第24回 ベトナム映画ニュー・ウェーブを牽引するスタッフ・キャストが集結! 「ベトナム映画祭2018」で好評を博した『漂うがごとく』が3月23日(土)より新宿K’Sシネマほ …

連載コラム

映画『ハウス・イン・ザ・フィールズ』感想評価レビュー。モロッコの田舎に生きるアマズィーグ人の少女がカサブランカの都会へ嫁入りする“心柄”|映画という星空を知るひとよ59

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第59回 アトラス山脈の四季折々の自然風景と、モロッコの山奥で暮らすアマズィーグ人の姉妹の慎ましくも美しい日々の営みを記録したドキュメンタリー映画『ハウス・イン …

連載コラム

『夏への扉』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画化で猫のピートなど注目点を解説|永遠の未完成これ完成である22

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第22回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、1956年発行、アメリカのSF作家ロバート・A・ハイ …

連載コラム

『ブラックパンサー』感想と考察。黒人ヒーローはワカンダから差別の歴史は塗り替える|最強アメコミ番付評7

連載コラム「最強アメコミ番付評」第7回戦 こんにちは!野洲川亮です。 2018年に公開され、全米興行収入歴代第3位、世界歴代第9位と異例の大ヒットを記録した『ブラックパンサー』。 今回は、作品から垣間 …

連載コラム

石野理子映画『ファーストアルバム』あらすじと感想。赤い公園メンバーの新ボーカルの貴重な歌声|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り2

ちば映画祭2019エントリー・頃安祐良監督作品『ファーストアルバム』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 ここで上映された …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学