Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/06
Update

『マーティン/呪われた吸血少年』あらすじ感想と考察解説。ロメロ監督がホラー映画で描く“元祖ガチ怖描写”|SF恐怖映画という名の観覧車152

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile152

数々のホラー映画の基礎を作り出し、ホラー映画界の巨匠と呼ばれる監督ジョージ・A・ロメロ。

彼が「ルーテル教会」の依頼によって製作したにも関わらず、あまりの過激な描写に封印されてしまった映画『アミューズメント・パーク』(2021)が2021年に遂に日本で劇場公開されます。

それに伴い、ロメロ監督がホラー映画としてのキャリアを積み上げるきっかけとなった2作が同時に劇場公開されることとなりました。

今回は、その中でも特にファン人気の高い作品である映画『マーティン/呪われた吸血少年』(2021)をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『マーティン/呪われた吸血少年』の作品情報


(C)1977 MKR Group Inc.

【原題】
Martin

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督】
ジョージ・A・ロメロ

【キャスト】
ジョン・アンプラス、リンカーン・マーゼル、クリスティーン・フォレスト、エレイン・ナデュー、トム・サヴィーニ、マイケル・ゴーニック、ジョージ・A・ロメロ

【作品情報】
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)や『ゾンビ』(1979)で現在の「ゾンビ映画像」を作り上げた巨匠ジョージ・A・ロメロが監督を務めた作品。

『クリープショー』(1986)や『死霊のえじき』(1986)など、ロメロ作品に多く出演するジョン・アンプラスが主演を務めました。

映画『マーティン/呪われた吸血少年』のあらすじ


(C)1977 MKR Group Inc.

人の生き血を啜りたいという強い吸血衝動を持つマーティン(ジョン・アンプラス)は、睡眠薬で相手を眠らせ冷静に犯行を重ねてきました。

ある日、マーティンの吸血衝動を知る親戚のクーダ(リンカーン・マーゼル)に引き取られ、田舎町で過ごすことになったマーティンはクーダの家族や町の住民と知り合います。

自身を信用していないクーダの監視や町での仕事によってマーティンの吸血衝動を抑え込まれていましたが……。

スポンサーリンク

残虐かつ官能的な吸血鬼伝説

ロメロ監督が自身の作品の中で最も気に入っている映画として挙げている映画『マーティン/呪われた吸血少年』。

本作はファンの中でも高い人気を保ち続けており、日本のファンによって新たに録音される吹替声優を豪華にするためのクラウドファンディングが実地されたほどでした。

しかし、その一方であまりに衝撃的な映像が問題となり、イギリスでは「1959年わいせつ出版物法」に抵触し押収されてしまいます。

本作の映像は映像技術が発展し、より残虐な映像が簡単に描けるようになった現代に観ても衝撃を覚えるほどであり、ロメロ監督の計算しつくされた「恐怖」へのこだわりを感じさせました。

性と血


(C)1977 MKR Group Inc.

性欲が生み出す興奮と人間の暴力性が満たされる際の興奮は脳内でリンクしていると言う研究が存在します。

その効果を知ってか知らずか、かつてより「ホラー」映画には性描写が付き物であり、本作もイギリスの法律に抵触するほどに性的シーンが描写されています。

しかし、本作での性描写は単なるベッドシーンには留まらず、残虐なシーンの中にも「性的」描写を取り入れていました。

主演のジョン・アンプラスの持つ青年吸血鬼としての美しさは吸血のシーンになるとより高まり、恐ろしいシーンでありながらもどこか性的な魅力を覚える背徳的な作品でした。

映像表現と特殊メイク


(C)1977 MKR Group Inc.

ロメロ監督の代表作である『ゾンビ』において特殊メイクを担当したトム・サヴィーニが、本作でも特殊メイクを担当しています。

トム・サヴィーニは『ゾンビ』以降、『13日の金曜日』(1980)や『死霊のえじき』と言った名作ホラーで特殊メイクを務めることとなり、その高い実力は当時から話題を集めていました。

もちろん、特殊メイクの技術は追随する技術が発展した現代の方が高く、特殊メイクの力だけで本作のクオリティの高い恐怖描写は成し得ません。

一方、全体的にセピア調の映像が映し出される本作は、町の映像からは静寂や平穏と言った印象を受けます。

しかし、主人公マーティンの重ねる凶行はその静寂を打ち破るように苛烈であり、昨年話題となった1980年の映画『アングスト』(1980)のような色による静寂を打ち破る「恐怖」がそこにはありました。

ロメロ監督の映像表現とトム・サヴィーニによる特殊メイクの技術が合わさり、本作の衝撃的な恐怖描写が生み出されたことが分かります。

マーティンは「人間」か「悪魔」か


(C)1977 MKR Group Inc.

さまざまな神話や伝承に登場する「吸血鬼」と言う存在。

その特徴や習性は諸説あるものの、現代の作品に登場する吸血鬼像は小説家のブラム・ストーカーによって1897年に執筆された「吸血鬼ドラキュラ」を下敷きとしたものが多いとされています。

しかし、本作では敬虔なキリスト教徒であるクーダがマーティンに吸血鬼の苦手なものとされる「にんにく」や「十字架」といったものでの対応を試みますが、マーティンには一切効果がありません。

マーティンは陽の光すらも気に留めてはおらず、吸血衝動は彼の言う通り「魔術なんかではない」と考えることもできます。

その一方で、マーティンは若い見た目から反した高齢であることも明言されており、「人間」であることも疑問視されます。

果たしてマーティンは「人間」なのか吸血鬼と言う名の「悪魔」なのか。

作中で明言されないこの問題に皆さんも挑んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ


(C)1977 MKR Group Inc.

静かな残虐性が描かれる「ホラー」でありながらも、そのシーンに美しさを覚える映画『マーティン/呪われた吸血少年』。

ゾンビ』と同様に不死の生物を描きつつも、理性を持っていることで苦悩する吸血鬼に共感も出来てしまう本作。

内に湧き出る衝動に抗うことの出来ない苦しみと、理性に身を任せることの快楽と後悔を描いた本作をぜひ劇場でご覧になってください。

本作は『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(2010)と併せて10月15日(金)より新宿シネマカリテで上映予定です。



関連記事

連載コラム

韓国映画『それだけが、僕の世界』感想と評価。イ・ビョンホン主演で何もかも違う兄弟の出逢いと家族の絆を描く|コリアンムービーおすすめ指南5

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 母の愛を求めながら孤独に生きてきた元ボクサーの兄と、母の愛を一身に受けて育った …

連載コラム

映画『日本沈没』1973森谷版と2006樋口版の比較解説と考察。特撮の視点を踏まえ新旧の名作の違いとは|おすすめ新作・名作見比べてみた5

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第5回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第5回のテーマは小松左京・ …

連載コラム

【シネマルNEWS】カルトな映画やドキュメンタリーの連載コラムが新スタート!海外の映画情報はFILMINKと連動リンクで発信も

2019年連載スタートの連載コラム&レビュー情報 ©️Cinemarche 2019年の新春のCinemarcheは、寒風に咲く白梅の如し。 新たな連載企画が専門的なコラムとし …

連載コラム

映画『私はヴァレンティナ』あらすじ感想評価と評価解説。トランスジェンダーとして生きる高校生から見えてくる‟痛みと希望”|タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」9

連載コラム『タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」』第9回 ブラジルの現在を生きる17歳のトランスジェンダーの痛みと希望を描いた青春映画『私はヴァレンティナ』。 ブラジルの小さな街に引越 …

連載コラム

映画『マイ・ツイート・メモリー』あらすじ感想と評価解説。松本卓也監督が男女の恋愛と“SNS”で独自の手法で描く|インディーズ映画発見伝11

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第11回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学