Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/11/09
Update

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』あらすじと感想評価レビュー。田辺聖子の青春恋愛小説をタムラコータローが描く|TIFF2020リポート3

  • Writer :
  • 星野しげみ

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』は東京国際映画祭2020の特別招待作品!

2020年実施の東京国際映画祭の特別招待作品として、上映された『ジョゼと虎と魚たち』。

芥川賞作家田辺聖子の同名小説が原作で、2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化もされた『ジョゼと虎と魚たち』ですが、今回はアニメーション映画となって登場です。

本作は、足の悪い女性と青年とのラブストーリー。30年以上の月日を得て今新たに“世界の輝き”を教える恋を、『おおかみこどもの雨と雪』の助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータローが、監督として手掛けています。

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』は、2020年12月25日(金)ロードショーです。

【連載コラム】『TIFF2020リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』の作品情報


(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)

【監督】
タムラコータロー

【脚本】
桑村さや香

【声の出演】
中川大志、清原果耶、宮本侑芽、興津和幸、Lynn、松寺千恵美、盛山晋太郎、リリー

【作品概要】
アニメ『ジョゼと虎と魚たち』は、2003年に犬童一心監督により実写映画化された田辺聖子の同名小説を、新たに劇場アニメ化したものです。テレビアニメ『ノラガミ』のタムラコータロー監督がアニメ映画初監督を務め、『ストロボ・エッジ』(2015)の桑村さや香が脚本を担当。

『坂道のアポロン』(2017)の中川大志が主役の恒夫、『デイアンドナイト』(2019)の清原果耶がジョゼの声を、それぞれ担当しています。

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』のあらすじ

(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

大阪の大学生鈴川恒夫は、大学で海洋生物学を専攻。

海と魚が好きな恒夫は、ダイバーショップでアルバイトをしながらも、お金を貯めるためにバイトをかけもちし、慌ただしい毎日を送っています。

それも全てメキシコの大学に留学して、メキシコに生息する幻の魚を見るという夢があるからです。

そんなある日、坂道を転げ落ちそうになっていた車椅子の女性・山村クミコことジョゼを助けます。

祖母・チヅと車椅子で散歩に出たとき、チヅが目を離したすきに、誰かにいたずらされ、車椅子を押されたそうです。

「外には悪い奴らがいっぱいいるんだよ」とチヅはジョゼに言います。

助けてもらったのに恒夫のことを「変態」と呼ぶ口の悪いジョゼとは反対に、チヅはお金のなさそうな学生の恒夫を見て、夕食を食べていくことを勧めます。

恒夫はジョゼと2人で暮らすチヅから彼女の相手をするバイトを持ち掛けられ、引き受けることにしました。

幼少時から車椅子で生活してきたジョゼは、一日の大半を家の中で過ごしています。外の世界に強い憧れを抱いているのに、人とうまくコミュニケーションが取れません。

恒夫のことも信用できないジョゼは、恒夫がバイトに来るたびに、雇い主として冷たく当たります。

けれども恒夫は、「なんだ、アイツは」とショップの仲間に文句を言いながらも、ジョゼに真っ直ぐにぶつかっていきます。

ある日恒夫は、ジョゼから「仕事だから、海へ連れていけ」と命令され、海へ連れて行きました。

久しぶりだという海を訪れ、海の水の味を知り、喜ぶジョゼ。恒夫は、初めてジョゼの可愛さと寂しさに気が付きます。

その後、「外出禁止」をうるさく唱えるチヅの目を盗み、恒夫とジョゼはたびたび外出して、次第に心を通わせていくようになります。

スポンサーリンク

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』の感想と評価

(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

本作の原作者田辺聖子は、大阪出身の芥川賞作家です。作品も関西弁で書かれることが多く、本作もそうなっています。

関西弁でしか表現できないニュアンスが、この作品のほんわりと漂う“優しさ”を演出しています。

微笑ましい大阪ムード

まず、全ての登場人物が話す関西弁に注目。黙っているとかわいいジョゼですが、口からでるのは辛辣な関西弁で、最初はそのギャップに驚くことでしょう。

しかし、物語が進むにつれ、インパクトの強い関西弁もかわいく思えてくるから不思議です。

ジョゼの祖母のチヅはかなりの高齢者ですが、シャキシャキした感じで車椅子のジョゼの世話をしています。

最初に出会った日、チヅが恒夫に夕食をごちそうするのですが、たまたまご飯が無く用意したのが“たこ焼き”でした。

初対面の恒夫に大阪名物“たこ焼き”を出すチヅ。このあたり、まさしく大阪の物語です。

また、チヅがジョゼの元気が出る証のポーズとして、「ジョゼは今にも走り出しそうや」と片足と両手をあげて、道頓堀にあるグリコ看板のポーズをします。

グリコ看板は大阪のシンボルみたいなものですから、「さすが、大阪」とクスリとします。

そしてもう一つの例。外出中にジョゼの車椅子に男性がぶつかり怒鳴られますが、その男性がまた別の年配女性にぶつかります。「ちょっとあぶないやん」。今度は年配女性から男性が怒られていました。

これが大阪のオバちゃんです。歯に衣着せぬ物言いではっきりと悪いところを指摘します。

年配女性は、とてもさばさばした感じで嫌味がなく、その勢いに「すんまへん」と頭をかいて謝る男性の姿に、そばで聞いていたジョゼと恒夫も思わず笑ってしまうほど。

ストーリーは、底抜けに明るい大阪らしさ満載。観る方もそれを楽しんでいるうちに、険悪ムードだったジョゼと恒夫もいつしか目を合わせて笑いあえるカップルへと変化していました。

伝えられる愛の真意

(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

田辺聖子の原作『ジョゼと虎と魚たち』は、2003年に実写映画化されていますが、今回はアニメーションとなって登場しています。

外出もままならないクミコことジョゼの憧れる海や空想の世界が、美しい映像で表されている作品です。

“ジョゼ”はクミコの大好きなフランソワーズ サガンの小説『一年ののち』に登場する人物の名前です。“虎”はクミコの恐れるものの代名詞、“魚たち”はクミコの仲間や好きなもの。

こんな意味合いを持つタイトルですが、ジョゼと恒夫の2人はこの先どうなるのか、とハラハラするストーリーが待っています。

大好きな人と一緒にいることと、夢を叶えることは同時にできるのでしょうか。もしもどちらかを選ばなければならなくなったら、どっちを選択すればいいのでしょう。

身体の不自由なジョゼと恒夫が自分たちの将来について悩む姿は、今も昔も決して変わるものではありません。

この作品は、相手にとって一番大切なことは何なのかと、相手へのおもいやりを切々と教えてくれています。

まとめ

(C)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project

「東京国際映画祭2020」の特別招待作品である大阪を舞台とした青春ラブストーリー『ジョゼと虎と魚たち』をご紹介しました。

主役の恒夫は『坂道のアポロン』(2017)の中川大志、ジョゼは『デイアンドナイト』(2019)の清原果耶が、それぞれ担当。

2人ともすれ違う恒夫とジョゼの思いを、もどかしさや苛立ちを交えた感情豊かな声で、アニメの主役たちに命を吹き込まれています。

アニメーションとなって新たに伝えられる『ジョゼと虎と魚たち』。

“青春恋愛小説の金字塔”と言われるその理由はどこにあるのかと、探ってみてはいかがでしょう。

映画『ジョゼと虎と魚たち』は、2020年12月25日(金)ロードショーです。

【連載コラム】『TIFF2020リポート』記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

『華氏119』ネタバレ感想。マイケル・ムーアが映画でトランプの真実を暴く|だからドキュメンタリー映画は面白い1

『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『華氏911』といったドキュメンタリー映画で、アメリカ社会が抱える歪みをアポなし取材で徹底的に追究してきた監督マイケル・ムーア。 そのムーア監督の最新作『華氏11 …

連載コラム

『パラサイト』考察。映画の結末を半地下の家族の“臭い”と“計画”から読み解く|コリアンムービーおすすめ指南17

半地下に住む家族と高台の豪邸に住む家族 ポン・ジュノ監督と名優ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年の第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した映画『パラサイト 半地下の …

連載コラム

2020年映画ランキングベスト5|大人の恋愛・夫婦映画たちに三賞を贈る!《シネマダイバー:森田悠介選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー森田悠介 年半ばに劇場が再開してからしばらく経ちましたが、感染症対策で外出する機会は減り、世評を知るための興行収入も『鬼滅の刃』の独走状 …

連載コラム

『迫り来る嵐』ネタバレ解説と監督ドン・ユエの演出を考察。激動の中国で不安定な人間心理を描く|サスペンスの神様の鼓動7

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、香港返還に揺れる激動の中国を …

連載コラム

劇場版「フリクリ」感想と考察。セカイ系をふりかえる|映画道シカミミ見聞録14

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第14回 (C)2018 Production I.G/東宝 こんにちは、森田です。 今回は当サイト「今週おすすめ映画!」で一推しされている劇場版「フリクリ オルタナ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学