Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

社会派映画『金環蝕』『新聞記者』考察と比較解説。日本政治が腐敗する正体と産物を紐解く|おすすめ新作・名作見比べてみた7

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第7回

公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。

第7回のテーマは「政治の闇」です。今回のおすすめ新作・名作を見比べてみたは社会派映画の巨匠・山本薩夫監督が手がけた『金環蝕』(1975)と、昨年公開され第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた『新聞記者』(2019)を見比べます。

【連載コラム】『おすすめ新作・名作を見比べてみた』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『金環蝕』の作品情報

【公開】
1975年(日本映画)

【原作】
石川達三

【監督】
山本薩夫

【脚本】
田坂啓

【出演】
仲代達矢、宇野重吉、三國連太郎、京マチ子、大楠道代、高橋悦史、西村晃、山本學、峰岸徹、神山繁、永井智雄、内藤武敏、加藤嘉、大滝秀治、北村和夫、中谷一郎、神田隆、久米明、中村玉緒、鈴木瑞穂、前田武彦

【作品概要】
九頭竜川ダム汚職事件をモチーフにした石川達三の同名小説を、『白い巨塔』(1966)『不毛地帯』(1975)などで知られる社会派映画の巨匠・山本薩夫が映像化。仲代達矢をはじめ当時の名優・怪優たちが顔を揃えたオールスター作品となっています。

オールスターキャストによる混沌とした“政治の闇”

九頭竜川ダム汚職事件をモチーフにした映画『金環蝕』。本作の一番の特徴は当時の映画界・演劇界の名優たちが顔を揃えた、オールスター映画であるということです。

内閣官房長官・星野には仲代達矢、金融王の石原参吉に宇野重吉、政界の爆弾男こと神谷直吉議員には三國連太郎と、主要キャスト3人には名優たちが並んでいます。

また寺田政臣総理を久米明、総裁選を争った政治家・酒井和明を神田隆が演じています。寺田総理のモデルは池田勇人、酒井議員のモデルは佐藤栄作で、久米明と神田隆は2人に顔が似ていることからキャスティングされました。

翌年公開された同じく山本薩夫監督の『不毛地帯』(1976)でも2人は、池田勇人と佐藤栄作を思わせる閣僚役で登場しています。

本作『金環蝕』は石原参吉(宇野重吉)と新聞記者の古垣(高橋悦史)を狂言回しに、不正入札のメカニズム、政治の腐敗を様々な視点から克明に描写していく群像劇の構成となっています。

名優たちが政界の「怪物」たちを演じ、政治の内側に存在する混沌とした闇を醸成していました。

そして合間には竹田建設専務・朝倉(西村晃)の「芸術的」な踊りや、鈴木瑞穂と前田武彦が演じる新聞記者のシニカルな視点など、ユーモラスな描写を挿入することで映画の中に緩急を作り出しています。

題材的に政治的メッセージの強い本作『金環蝕』ですが、散りばめられたユーモアと適材適所のキャスティングによって、オールスターキャストの娯楽作品としても十分に楽しめる作品となっているのです。

スポンサーリンク

映画『新聞記者』の作品情報

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
藤井道人

【原案】
望月衣塑子『新聞記者』、河村光庸

【出演】
松坂桃李、シム・ウンギョン、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司

【作品概要】
東京新聞の記者・望月衣塑子の原案を映画化した社会派サスペンス『新聞記者』。自身の仕事に葛藤を覚える内閣情報調査室のエリート官僚・杉原を松坂桃李、杉原とともに政治の闇に挑む新聞記者の吉岡を韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のシム・ウンギョンが演じています。

監督は伊坂幸太郎原作の映画『オー!ファーザー』やテレビドラマ『新宿セブン』の藤井道人。本作『新聞記者』は第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞など、各映画賞を受賞しました。

姿が見えない政治家たち

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

では『新聞記者』と『金環蝕』を比較していきましょう。

まずモチーフとなった事件ですが、『金環蝕』の方は九頭竜川ダム汚職事件をモチーフにしていることが明確にわかりました。

一方『新聞記者』はここ数年に日本で起きた実際の事件のモチーフとして複数取り上げ、政府の命を受けた内閣情報調査室の暗躍として再構成しています。

しかし後半で物語は完全にフィクションへと移行してしまうため、どこか現実の政治への突っ込みの弱さを感じてしまいます。

『新聞記者』と『金環蝕』の一番の大きな違いは、『新聞記者』には「政治家」が映画の中に一切登場しないことでしょう。

『金環蝕』では名優たちが演じる政治家が顔を揃え魑魅魍魎の政治の世界を描いていましたが、『新聞記者』に政治家は登場せず、代わりに登場するのは内閣情報調査室をはじめとする「官僚」たちです。

内閣情報調査室の背後にいる政治家が全く登場しないことは、「政治の闇」の深さといった映画全体に漂う不穏な空気感を醸成するのに一役買っています。

特に田中哲司演じる内閣情報調査室の多田の存在感は、映画全体の雰囲気を牽引していました。

オールスターキャストの『金環蝕』に対して、『新聞記者』の方は登場人物が少なく、全体的に閉塞的で重たい空気が映画の中に漂っています。『新聞記者』は政治が作り出す閉塞的な闇を描いているのではないでしょうか。

本作『新聞記者』は自身の仕事に疑問を持ちはじめた内閣情報調査室の杉原(松坂桃李)と、新聞記者の吉岡(シム・ウンギョン)の2人が、政治の闇に挑んでいきます。

演出面では杉原と吉岡の2人がシンパシーを感じていく過程を、仕事観や家族の存在などを交えながら丹念に描いています。

ただしここで問題となるのは、杉原と吉岡の2人の立ち位置です。『金環蝕』で汚職事件を追求していた金融王の石原(宇野重吉)、国会議員の神谷(三國連太郎)の2人は清濁併せ持つ人物たちでした。

それに比べると『新聞記者』の杉原と吉岡は反権力の側に初めから立ったクリーンな人物です。

主人公たちと敵役にあたる内調たち官僚を二元対立的に描き、グレーゾーンにいる人物が登場しない点が、『新聞記者』という作品がどこか精彩を欠いたように思えてしまう一因なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

「政治の闇」に挑むという点で共通した『金環蝕』と『新聞記者』の2作品。

『金環蝕』がオールスターキャストを起用して政治の内側の混沌とした「闇」を描いたのなら、『新聞記者』が描いたのは政治がつくりだした閉塞した「闇」なのではないでしょうか。

次回の『映画おすすめ新作・名作見比べてみた』は……

次回のおすすめ新作・名作を見比べてみたは、「新選組」をテーマに、『燃えよ剣』(1966)と『沖田総司』(1974)を見比べます。お楽しみに。

【連載コラム】『おすすめ新作・名作見比べてみた』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

『バンクシーを盗んだ男』考察。価値観を揺さぶり問いただすアートとは|映画と美流百科4

連載コラム「映画と美流百科」第4回 今回ご紹介するのは、グラフィティ・アーティストとして最も有名な人物バンクシーと、その作品に迫ったドキュメンタリー映画『バンクシーを盗んだ男』(2017)です。 舞台 …

連載コラム

デンマークの息子|ネタバレ感想と結末の考察解説。近未来SFのポリティカル・サスペンスが描く移民と排他主義の現実|未体験ゾーンの映画たち2021見破録14

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第14回 世界各国の隠れた秀作映画を発掘する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第14回で紹介するのは、近未来を舞台に描く社会派サスペンス『デン …

連載コラム

講義【映画と哲学】第10講「選択すること、あるいは実存の5つの様態:ドラマ『チェルノブイリ』とともに」

講義「映画と哲学」第10講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 (C)Home Box Office 第10講では、映画ひいては物語において不可欠な「選択する」と …

連載コラム

映画『素晴らしき、きのこの世界』感想と考察解説。自然科学ドキュメンタリーが迫るキノコワールドの神秘|だからドキュメンタリー映画は面白い62

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第62回 今回取り上げるのは、2021年9月24日(金)より、新宿シネマカリテ・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開の『素晴らしき、きのこの …

連載コラム

映画『サンダーフォース 正義のスーパーヒロインズ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。無法地帯シカゴで正反対の2人によるヒーローチームの戦いを描く|Netflix映画おすすめ31

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第31回 超人的な能力を持つ悪の存在ミスクリアンにより、無法地帯となったシカゴを舞台に、2人の女性ヒーローの戦いを描いたNetflix映画『 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学