Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ドント・ストップ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。アクションで無差別テロの恐怖を描く【未体験ゾーンの映画たち2022見破録16】

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第16回

映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。

傑作・珍作に怪作、社会問題をテーマにしたサスペンスなど、さまざまな映画を上映する「未体験ゾーンの映画たち2022」、今年も全27作品を見破して紹介、古今東西から集結した映画を応援させていただきます。

第16回で紹介するのは、ベルギーを舞台にしたノンストップ・パニック映画『ドント・ストップ』。

ブリュッセルの高校で無差別テロ事件が発生。多くの負傷者の救おうと救急車が呼び集められました。

しかし1台の救急車が搬送した負傷者の正体は、自爆ベストを身に付けたテロ実行犯の1人でした。周囲に死をもたらす危険を抱えた救急車が、白昼の大都会を走り抜けます。恐るべき事態はどのような結末を迎えるのでしょうか。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ドント・ストップ』の作品情報


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

【日本公開】
2022年(イタリア・ベルギー合作映画)

【原題】
The Shift

【監督・脚本】
アレッサンドロ・トンダ

【キャスト】
クロチルド・エム、アダモ・ディオニージ、アダム・アマラ、ヤン・ハメネッカー、スティーブ・ドリエセン、ミリエム・アクヘディオ、ジャメル・バレク、モスタファ・ベンケロム

【作品概要】
ベルギーを舞台に無差別テロの恐怖を通じ、現代社会の様々な側面を描いたパニック・サスペンス映画。イタリア映画界で助監督を務めていたアレッサンドロ・トンダの、初長編映画監督作となる作品です。

主演は『ショコラ 君がいて、僕がいる』(2016)、『女の一生』(2016)、Netflixドラマ『Lupinn ルパン』(2021~)のクロチルド・エム。

暗黒街』(2015)、『ドッグマン』(2018)のアダモ・ディオニージ、Netflixドラマ『マリアンヌ 呪われた物語』(2019~)のアダム・アマラらが共演している作品です。

映画『ドント・ストップ』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

その日の朝、バスには大勢の高校生たちが乗っていました。彼らはベルギーの首都、ブリュッセルにある聖ドミニク高校に通学する生徒たちでした。

バスから降りた多くの生徒たちは、いつも通り校舎に入っていきました。しかし突然、銃声が響き渡ります。

イスラム原理主義に染まった学生でしょうか、1人の若者が周囲の学生を狙って無差別に発砲します。生徒たちは逃げ惑い、次々と撃たれて倒れます。そして銃を持つ男の側には、もう1人若者が立っていました。

そして爆発が起きます。周囲の生徒たちも、テロの実行犯のそばに立っていた若者も傷付いて倒れます…。

同じ頃、救急隊員のイザベル(クロチルド・エム)は同僚のアダモ(アダモ・ディオニージ)と休憩をとり、談笑していました。

イザベルの夫はチュニジア人で、アダモは中東からの移民のようです。そして2人は救急車に乗り込みます。

すると本部から”コード・レッド”、緊急事態を告げる無線が入ります。聖ドミニク高校で爆発、負傷者が多数発生した模様。詳細は不明だが、どうやらテロ事件らしいとの連絡でした。

まだ休憩中でしたが、2人は負傷者の救護に向かいます。アダモが車を運転しますが、スマホで息子のカリムに連絡する不安そうな表情のイザベル。

テロの現場は彼女の息子の通学路にあたる場所でした。イザベルは息子の無事を確認しようとしますが、応答はありません。

仕方なく彼女は夫に電話して状況を伝えます。やがて救急車はテロの現場となった高校に到着しました。

現場には多くの警察車両、救急車が到着し混乱状態に陥っていました。ストレッチャーを用意し現場の校舎に向かうイザベルとアダモ。

生存者は呆然とした表情で校舎から外へ逃れていました。犠牲者と負傷者はまだ多数残されています。そして2人は意識の無い1人の若者を手当します。

この負傷者の容態は悪く、2人はドクターヘリに乗せようとします。しかしもう搬送者を乗せるスペースは無いと断られ、やむなく負傷者を自分たちの救急車に乗せる2人。

負傷者は16歳の少年だと無線で本部に報告し、どこの病院に向かうかの指示を求めますが、大量の負傷者の発生ですぐには決まりません。テロ実行犯は子供まで殺すのか、と口にして憤るアダモ。

走る救急車の中で少年を手当てするイザベル。彼女のスマホにカリムから連絡が入ります。息子の無事を喜び、イザベルは父が迎えに行くまで動かぬよう告げました。

イザベルが救護していた少年は意識を取り戻し、アブデルの名をうわ言のように口にします。少年を落ち着かせると、治療を続けようと服をハサミで切り開いたイザベル。

彼女は息を飲みました。少年は自爆ベストを身に着けていたのです。運転中のアダモもその事実を聞かされ動揺します。

少年を落ち着かせようと話しかけるイザベル。しかし彼は自爆ベストの起爆装置を握りしめました。

爆発すれば救急車の3人だけでなく、周囲の市民も巻き添えになるでしょう。イザベルは少年を刺激しないように、慎重にふるまうしかありません。

その頃、警察の対テロ本部は情報の収集に努めていました。イスラム過激派を監視していたものの、今回の事件の全体像は掴めずにいました。

しかし事件の生存者の証言から、無差別に発砲した後自爆した犯人は、アブドルという生徒だと判明します。

そしてアブドルが発砲する前に、校舎の扉を閉め避難を妨害した共犯者がいると判明しました。容疑者として浮上したのはエデン・プーファル(アダム・アマラ)という、同じ高校に通う生徒でした。

現在、エデンの所在は判明しません。対テロ本部の主任警視は、エデンの交友関係やSNSを調べるよう部下に指示します。

負傷者として救急車に乗せられたエデンは、起爆装置を示し救急車のサイレンを切れと要求します。傷の手当てが必要だ、病院に行く必要があると説得されても、頑なに拒絶するエデン。

自分のスマホが無いと気付いた彼は、イザベルのスマホを渡せと要求します。それを手にすると、エデンはどこかに電話します。しかしかけた相手は出ませんでした。

ブリュッセル市内には警察による検問が設けられていました。警官の姿に緊張するエデン。しかし自爆されてては大きな犠牲が出ます。

アダモはサイレンを鳴らし、救急搬送中を装い検問を通過します。エデンはユーセフ(モスタファ・ベンケロム)という人物に連絡しようと望んでいました。

ユーセフは見知らぬ番号からの連絡を警戒していましたが、ついに電話にでました。彼の指示で自爆テロを決行したエデンからの電話に驚くユーセフ。

生き残ってしまったエデンは、これからどう行動すべきか迷い彼の指示を求めたのです。ユーセフは彼を神の意志に従えと励まし、多くの人を犠牲にできる競技場に向かえと命じます。

ところが救急車に呼びかける本部からの無線が入ります。応答せねば怪しまれると説明したアダモは、エデンの前で無線を掴みました。

救急車の不自然な動きや、受け答えするアダモの態度は本部に不審がられますが、彼は何とか納得させました。なぜ本部が救急車の動きを把握しているとエデンに聞かれGPSが付いていると答えざるを得ないアダモ。

警察本部では、事件の黒幕としてマークしていたユーセフを追求していました。1年程前から失業し、その後思想が過激化したとのでは、と分析されるユーセフ。

彼はサッカーのコーチをしていました。それが若いテロ実行犯との接点だと思われます。一方イザベルは救急車に積まれた医薬品を使用し、何とか事態を打開できないか考えていました。

警察は行方不明のエデンの身柄を確保すべく、彼の両親に事情を説明します。当初息子をテロ犯と信じなかったものの、やがて恐ろしい現実を受け入れる父親。

イザベルは負傷しているエデンに、点滴など薬の追加が必要だと説明します。しかし警戒を緩めぬエデンは彼女の足を刺し、薬を投与するならまず先に自分自身に使い、安全だと証明しろと命じます。

本部から救急車に無線が入ります。動きを不審がる本部に、ガソリンを入れていたと説明しごまかしたアダモ。すると本部は近くで発生した、交通事故の現場に向かって欲しいと指示しました。

事故現場に向かうとユーセフから指示されたテロは実行できません。しかも事故現場には警察関係者が多数いるでしょう。しかしここで指令を拒否すれば救急車は疑われます。やむなく事故現場に向かうことを許すエデン。

警察に息子との関係を聞かれたエデンの父は、最近息子とはろくに話をせず、口論ばかりしていたと認めます。エデンの交友関係についても判らない、と力なく答えます。

テロ対策室の刑事は父の証言は信用できない、何か知っているはずと、さらなる追求を求めます。その意見を退け、エデンの両親に事件解決の協力を求める対策本部主任。

救急車はトンネル内の交通事故現場に到着しました。周囲には警官や消防士がいます。自分の存在に気付かれれば自爆しようと、エデンは身構えます。

しかし救護活動をせねば警官に疑われます。本部に到着を無線で報告すると、自爆ベストを付けた少年の許可を得て、救護隊員は車外に出ました。

隙を見て通報しようかと相談する2人。しかし負傷者を搬送しようとすれば、車内のテロ実行犯に警察が気付くでしょう。この場所で爆発が起きると多くの犠牲者が出ます。運を天に任せ、救護活動に向かいます…。

以下、『ドント・ストップ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ドント・ストップ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

不幸なことに事故の犠牲者は亡くなりました。救急車で搬送する必要は無く、車内のエデンは事故現場の警官たちに見られずに済みました。

警察のテロ対策班は、ついに高校の自爆テロ事件の共犯者をエデンと断定しました。、マスコミにも情報を流し、その行方を捜索させる主任警視。

救命士のイザベルとアダモが戻ってくると、負傷しても自爆ベストを着けたままのエデンは、救急車のGPSを外せと要求します。

ぞうすれば、いずれ本部はこの救急車の異変に気付くでしょう。それでも命じたエデンは、何か覚悟を決めたのでしょうか。彼に手当てさせて欲しい、と訴えるイザベル。

サッカーの話題で少年を落ち着かせようとするアダモ。しかし移民の子として差別されてきた、エデンが抱く怒りには根深いものがありました。

俺も移民だが、この国に受け入れられたとアダモは語ります、しかし好きなサッカーでも苦い挫折を味わったエデンは、救急隊員たちに心を開こうとせず、新たな目的地に車を向かわせます。

警察は少年たちをテロに走らせた黒幕は、ユーセフと判断し彼の元に特殊部隊を送り込みます。隠れ家に突入した部隊は、抵抗を試みる彼を逮捕できずに殺害しました。

その隠れ家の前を救急車が通過していました。エデンはこの後どう行動すべきか判断に迷い、イスラム過激思想の師とあがめたユーセフの元を訪れようとしたのです。

しかしそこには、出入りする警察の姿がありました。同じ思想を抱いてテロを実行した師と友人を失い、激しく動揺するエデン。

ユーセフの元にエデンはいなかった、と確認した警察。、アジトには様々な危険物があり、逃走中のエデンも自爆ベストを着けているのでは、と警戒を強めます。

途方にくれ自宅に連絡したエデンは、電話に出た父親に助けて欲しいと訴えます。帰って来い、何とかすると呼びかける父親。

その言葉に偽りは無かったでしょう。しかし家にはエデンを待ち受ける警察関係者が待機しています。その指示で父親は、話を長引かせようとしていました。

母と代わって欲しい、との息子の願いを、父は警察の指示で断ります。留守がちな父が家に居て、逆に母がいない。自宅の不自然な様子から何かを察し、電話を切ったエデン。

警察は電話が救急隊員のイザベルのスマホから発信された、と確認します。救急車に乗っているなら、テロ現場の学校から姿を消した理由も説明できます。

同時に疑念も浮かび上がります。イザベルの夫はチュニジア人、その同僚アダモは移民。2人はイスラム原理主義者のテロリストの協力者ではないか、と警察は疑いました。

仲間を失い家族からも孤立し、負傷の影響で意識が混乱し始め 動揺が隠せないエデンは、救急車を警察の特殊部隊が待ち伏せる、彼の自宅があるモーレンベーク地区に向かわせます。

もう意識を保てない状態のエデンを説得すると、イザベルは薬剤を投与しました。

警察はイザベルたちの救急車の捜索を開始し、テロ実行犯のエデンを発見しようと動いていました。息子の身を案じたエデンの父親は、逮捕する前に息子と話させて欲しい、と懇願しますが拒絶する警察。

どうする事も出来ず、事態の推移を見守るしかない父親は洗面所に閉じこもります。心配した妻が様子を見ると、彼は1人で泣いていました。

救急車は移民たちが多く暮らす、モーレンベーク地区を走ります。街の通りには人があふれていました。

自暴自棄なったエデンを落ち着かせようと話しかけるアダモ。しかし運転を誤り激しい衝突事故を起こした救急車。

車の周囲に人々が集まり、救急車の事故を知った警察は直ちに駆け付けました。事故の衝撃から立ち直ったものの、運転席のアダモは身動きしていない、と気付いたイザベル。

特殊部隊が救急車を包囲し、警官たちは住民が近づかぬよう周囲を規制します。必要に応じ犯人を射殺できるように配置につく狙撃手。

もう救急車は動けず、警察に完全に包囲されました。自分も怖い、どうか落ち着いて欲しいとイザベルは説得しますが、自分は戦士だとエデンはわめきます。

しかし彼の言葉はイスラムの狂信者というより、社会や親への不満を爆発させたに過ぎない、まだ幼さが残る1人の若者の言葉のように聞こえました。

テロ実行犯が自爆する最悪の事態にそなえ、攻撃を準備する警察。中にいる者に対し、抵抗せずに降りるよう呼びかけます。

イザベルは救急車を降り、自分だけでなく中の負傷した少年も撃つなと叫びます。そして自分が身動き出来ない状態だと気付き、叫び出したエデン。

彼女はエデンに体を麻痺させる薬を投与していました。意識ははっきりしている少年は、薬剤の効果が出るまで疑わなかったのです。

自爆ベストのボタンを押すことが出来ないまま、エデンの身柄は警察に確保されました。

少年の自爆を阻止し新たな犠牲者を出さずに、同時に少年の命を救う事に成功したイザベル。しかし移民の同僚であるアダモを失いました。彼女は空を見上げます。

前線で武器を使わずに、戦う者にこの映画を捧げる。この言葉と共に映画は終了します…。

スポンサーリンク

映画『ドント・ストップ』の感想と評価


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

キアヌ・リーブスの『スピード』(1994)のような、ノンストップ・アクション映画を想像した方は、大筋では同じでもシリアスな展開に驚かれたかもしれません。

イスラム原理主義者によるテロ、を題材にした作品です。冒頭の描写は「移民として暮らす方々への偏見を助長しないか?」、と心配するほどリアルで凄惨です。

しかし物語が進むにつれ、事件の背景が見えてくると共に様々な側面が見えてきます。本作はフィクションですが、さまざまなテロ事件とそれを生むヨーロッパ各国の事情が露わになる、社会派の側面が見えてきました。

起こりうる現実を突き付け、最初に観客に強いショックを与え感情を揺さぶり、その後時間をかけて事件を生む様々な側面を見せる。これぞフィクションの物語が持つ力といえるでしょう。

この映画の興味深い点は、ベルギーを舞台にした物語を、イタリアの映画監督が撮ったという事実です。映画に描かれた題材がヨーロッパ各国に共通するもの故に、それでも何の違和感も疑問も抱かせないとも言えます。

映画のクライマックスの舞台はブリュッセルのモーレンベーク地区。移民が多く暮らすエリアで多くの人々が日常生活を営む場所ですが、同時に犯罪多発地域としても知られています。

そして2015年11月に発生し、死者130名以上を出したパリ同時多発テロ事件の実行犯が、この地区の出身者であることが注目を集めました。

アレッサンドロ・トンダ監督は、本作を準備に取りかかるまでブリュッセルを知らず、モーレンベーク地区もテロ事件で聞いただけの場所だった、と語っています。

臨場感を追求する撮影技法の数々


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

この映画のアイデアの元は、ボランティアとして救急車に乗っていた私の父です、とインタビューに答えているトンダ監督。

自分のようなごく普通の人間が救急隊員として働いた時に、どのような状況に遭遇するだろうか。しかし同じ設定を持つ娯楽映画は無数に存在する。この設定にテーマ性を与えるには、特別なアプローチが必要だったと説明していました。

当初からジャンル映画、それもスリラー映画の製作を意識していたが、単なる娯楽映画に終わらない深みを与えなかった。同時にイスラム教は、テロやテロリストを意味するものでは無いと伝えたかった、と語っています。

他の映画を参考にせず、現実をベースに本作を作りたかったと話した監督は、ニュースやYouTubeの動画にインスパイアされて本作を作ったと証言していました。

ドキュメンタリー的な映像を目指し、準備期間中は警察官や消防士、テロ事件の被害者たちに話を聞き、冒頭の学校襲撃事件の描写は、リアルを求め警察関係者のアドバイスに脚本を合わせることが重要だった、と振り返る監督。

強烈な印象を残す冒頭シーンの臨場感は、このような作業を経て完成したものです。

その後は救急車の中という空間、ソリッドシチュエーションで展開する本作。リアリティの追及を目指した結果、セットを使用せず本物の救急車の中での撮影が行われました。

映画を見た方なら実感できたと思いますが、本作は多くのシーンが実際の道路上で撮影された作品です。撮影に使うルートを事前に設定し、当局の許可を得る必要があったと監督は解説しています。

車内の3✕2メートルに過ぎないスペースに、3人の出演者とスタッフを配置しての撮影は困難です。撮影に必要な、しかし映画には不要なものが画面に映らないよう、様々な工夫が必要でした。

360度あらゆる方向から撮影し臨場感を演出したい、しかし空間は限られている。そこで行われたのが、救急車の屋根にレールを取り付け、そこにカメラをセットしあらゆる方向からの撮影を可能にする方法でした。

なんといっても一番活躍するのはハンディカメラによる撮影です。本作においてカメラは常に登場人物、そしてストーリーに密着している必要があった、と語る監督。

そしてライティングも出来るだけ人工の照明を避けて、可能な限りリアルな映像を作ることに拘わりました。当たり前のように見えた劇中のシーン、その当たり前に見える光景を生むために、様々な工夫が行われていたのです。

リアルな演技を引き出したキャスティング


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

トンダ監督は本作の出演者は、カメラマンと密着した距離で照明やアングルなどの効果に頼らずに、自分自身でキャラクターの感情を表現する必要があったと説明しています。

自分は監督として、演出する自分の狙いを出演者に伝えた。しかし俳優たちは無理に演じるのではなく、自然体でいる必要があったと言葉を続けます。このような状況で、役柄を演じられる俳優を見つける必要があったと語る監督。

男性救命士アダモを演じたアダモ・ディオニージは、過去に共に仕事をして良く知っていたが、他の出演者を求めてパリ、ベルギーのリエージュやブリュッセルで何度もキャスティングを繰り返します。

その中で自爆ベストを着けた少年エデンを演じた、アダム・アマラを発見します。彼は街角で出会った本物の少年だ、と監督はインタビュアーに話していました。

彼の中に本物らしさ、そして怒りと恐れと繊細さを見い出した、と説明する監督。確かに彼が意図したものが、劇中に登場する少年から見い出せます。

これは救急車に乗る3人以外の人物、自爆テロを起こした少年の両親や、警察関係者の姿からも感じられます。ドキュメント調の映像の中に登場人物の心の動きが見える、実在感を与える描き方だと評して良いでしょう。

それでも自爆ベストを着けたテロリストを乗せた救急車が、こんなに長時間警察の目を逃れ、ベルギーの首都ブリュッセルを右往左往できるのか、という疑問を覚えた人もいるでしょう。

しかし救急車の中での出来事こそ、本作をスリラー映画として製作し、その上で通常のジャンル映画以上の深みを持たせようと望む監督が創作した展開です。

自爆テロに参加した、社会に大きな不満を抱いた少年。しかし迷いを抱えて何かに頼ろうとする彼の姿は、観客に様々な思いを抱かせたでしょう。

まとめ


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

リアルで臨場感ある映像でテロ事件を描き、その後のサスペンス展開を通じて現在の世界の多くの国、多くの場所、多くの家庭が抱える問題を描いた映画『ドント・ストップ』。

想像していた映画と異なりましたか?しかしラストシーンに至るまでの展開の中で、様々な事を考えさせらたでしょう。

少年は狂信の結果、自爆テロを起こしたのではありません。現在置かれた環境への不満、将来が見通せない絶望が、彼を凶行に駆り立てたのです。

そう理解するとイスラム原理主義者に限らず、社会に対して屈折した不満を抱く者の中から、同じ行為に走る者が現れる事実に気付かされます。我々の身近にそんな事件が起きていなかったでしょうか。

このような事態の当事者になった父親は苦悩します。その姿に共感または恐ろしさを覚えた方もいるでしょう。

またテロ対策班の主任以下、事件に比較的冷静に対処している警察関係者の姿も、リアリズムを追及した結果でしょうか、興味深いものがありました。

同時にそんな彼らが2人の救命士の身元を知ると、テロリストの協力者ではないかと疑う姿に、この問題の根深さが垣間見えます。

「私たちが違いを恐れている限り、何も解決することはできません。私たちは互いを、理解する事を学ばねばなりません」、とインタビューに答えているアレッサンドロ・トンダ監督。

その言葉に同意しつつも、異なる民族どころか自分の息子すら理解出来ない。それが我々人間です。この映画はジャンル映画のスタイルから、その事実を突き付けているのです。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」は…


(C)2020 CREATURE WITHIN PRODUCTIONS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

次回の第17回は、閉ざされた村に潜む人狼は誰だ!おなじみ人気ゲームの世界を映画した推理トーク&バイオレンスホラー『人狼ゲーム 夜になったら、最後』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

『ジャッジメントフライ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。チャリオット計画と飛行機内の密室で目覚めた7人|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー6

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第6回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT …

連載コラム

アニメ鬼滅の刃 遊郭編ネタバレ考察解説|三期刀鍛冶の里編の放送前に原作比較×オリジナル描写を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察34】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第34回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 2021年12月5日より放送 …

連載コラム

映画『ジャスト6.5』あらすじ感想と解説レビュー。イランでは稀なエンターテインメントを追究した作風|TIFF2019リポート17

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『ジャスト6.5』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日 …

連載コラム

映画『サタニックパニック』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ホラーな残虐バトルコメディでピザのデリバリー娘VS上級国民悪魔崇拝者を描く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録25

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第25回 世界の国の映画、まだ見ぬホラー映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第25回で紹介するのは『サタニックパニック』。 日本人 …

連載コラム

加納土映画『沈没家族 劇場版』感想と評価。だめ連・素人の乱の系譜から共同保育をとらえる|映画道シカミミ見聞録38

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第38回 こんにちは、森田です。 今回は4/6(土)よりポレポレ東中野にて公開される映画『沈没家族 劇場版』を紹介いたします。 90年代半ばの東京で、あるシングルマザ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学