Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/04/27
Update

映画『ホテル・ムンバイ』キャスト【アーミー・ハマーのインタビュー:恐怖のホテルとは】FILMINK-vol.9

  • Writer :
  • FILMINK

FILMINK-vol.9「Armie Hammer: Hotel of Horror」

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。


© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

「FILMINK」から連載9弾としてピックアップしたのは、日本では2019年9月27日に公開予定の映画『ホテル・ムンバイ(原題)』出演のアーミー・ハマー

映画『ホテル・ムンバイ』はインドで実際に起きたテロ事件を描いた作品で、アーミー・ハマーはテロに居合わせてしまったホテルの宿泊客を演じました。

俳優アーミー・ハマーが『ホテル・ムンバイ』に出演した経緯、『ホテル・ムンバイ』に込めた思いを、ギル・プリングルのインタビューでご紹介します。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

撮影のためにオーストラリアに訪れた人気俳優

『ソーシャル・ネットワーク』、『ローン・レンジャー』、『コードネームU.N.C.L.E. 』、そして『君の名前で僕を呼んで』の俳優アーミー・ハマー。

彼は、ムンバイで起こった実際のテロ事件を扱った新作映画『ホテル・ムンバイ』の撮影のため、オーストラリアを訪れました。

『ホテル・ムンバイ』出演の経緯

──『ホテル・ムンバイ』にご出演された経緯を教えてください。

アーミー・ハマー:監督のアンソニー・マラスが、私のマネージャーに脚本を送ってくれたことがきっかけです。ムンバイでの事件は知っていましたが、脚本を読むと、その場にいるような感覚を受ける程に素晴らしかったんです

アンソニー監督の短編映画『The Palace』も観ました。たった15分の作品なんですが、短時間であそこまで衝撃を受けた経験は今までありませんでした。途中で一度止めて、部屋の中を歩き回って、「これは映画だよ、単なる映画。よし、観よう」と自分に言い聞かせながら鑑賞しました。

アンソニー監督は『ホテル・ムンバイ』を絶対に撮るべきだと思いましたし、私も出演を決めました。

──あなたが最も恐れているものは何ですか?

アーミー・ハマー:蜘蛛ですね。まだ蜘蛛にうじゃうじゃ囲まれる映画に出演していないのはラッキーです!

本作の恐ろしい要素は、飛び上がって驚くようなものでも、誰かがいきなり「わっ!」と驚かせるようなものでもなく、張り詰めた緊張感がただひたすら積み重なっていくことです。それは映画を理屈抜きに恐ろしくさせますし、観ている人々にも臨場感を与えることが出来ます。

スポンサーリンク

父親になって初めての父親役

──あなたが演じたキャラクターについて教えて下さいますか?

アーミー・ハマー:彼は愛する妻と子どもがいる男性です。妻の安全を保つか、子どもを守るかという非常に困難な状況に置かれています。絶対に経験したくないようなシチュエーションですね。

──ご自身にお子さんが生まれてから父親役を演じるのは初めてではないでしょうか?

アーミー・ハマー:はい。ですから、もし私がこの状況だったらどんなことを考えるだろうかと想像するのは易しいことでした。そしてとても苦しいことでした。

私のキャラクターは何も手放したくないのですが…、彼には下さなければならない決断がたくさんあります。私が同じ状況下に置かれたらどう決断するか考えると、演じるのはスムーズになりましたが、それはまた精神的に辛い作業でした。

実在の事件を描くという責任

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

──あなたのキャラクターは映画のために作られた人物でしょうか?

アーミー・ハマー:彼は事件に巻き込まれた2人の実在の人物を基に作られました。実在の人を演じるにあたっては、いつも大きな責任を感じます。特にこのような状況、信じられないほど悲惨でトラウマを抱えるような経験をした方たちです。場合によってはその方たちがこの映画を見ることも考えられますから、現実のシチュエーションで何が起こっていたかということを真摯に見せる以外には何もしたくなかったんです。

アンソニー監督は本作を作るにあたって、ジャーナリストたちについて取材し研究していました。ニュースの映像を見て電話をかけ、話を伺い、リアルを伝えることに責任を感じて挑んだんです。

台本や資料を読み込む長いリハーサル期間も過ごしました。何が起こったのかについての資料を読み、それについて話し合い掘り下げる…、というように。撮影を始めるまでにかつて無いほどの時間が確保されていましたし、作品世界へ引っ張っていくための多くの資料がありました。本作は残念ながら、非常に悲しい理由でタイムリーな映画です。

──『ホテル・ムンバイ』はテロについての話し合いにどのような貢献をもたらすと思いますか?

アーミー・ハマー:私が知っている、テロを扱っているほとんどの映画では、テロリスト側は名前や顔のない“エージェント”ですが、本作は違います。本作はテロリストたちの人間性も描いています。本作には「これを実行すれば家族にお金が入る」とか「手術が受けられる」などと騙されて(イスラム教徒の)聖戦をする子どもたちが登場します。子どもたちがどうやってこの状況に身を投じることになったか。現実が生々しく描かれるんです。

人質や攻撃に加担している人々の、また、残虐行為を犯すガンマンたちの感情面での痛みを映画で目にするのは、本作が初めてではないかと思っています。銃や爆弾を持ったテロリストたちは二次元の存在ではありません。彼らは人間なんです。

私は私たちアメリカ人が、自分たちへの攻撃を全て“テロ”という単語を使用しているのに気づくことが重要だと考えています。それから彼ら(テロリスト側)の動機はどのように位置付けられたのか、また彼らへの攻撃は何だったのかと考えることも。

──観客は本作から何を感じ取り、学ぶでしょうか。

アーミー・ハマー:ご覧になれば、この映画の中へ入っていくような気持ちになり、必ず何かを感じるでしょう。それは人々が感じたいと願うようなものでも、慣れているようなものでもなく、そして映画が終わったらすぐに切り替えられるような感情でもありません。

監督のアンソニーはこれが長編デビュー作なんですが、伝えるべきことを的確に形にして製作する手腕は、信じられないほど見事なものでした。

スポンサーリンク

ハリウッド大作は敬遠!?

──近ごろは非常に興味深い役を演じることが多いように感じます

アーミー・ハマー:全ての俳優はキャリアの初め、いろいろと自分で選択をすることはできませんし、機会を与えられていませんから、自身の進みたい方向に舵を切ることはできません。与えられるどんな仕事にも挑戦することが大切なんです。

私は毎回新鮮な役どころを演じるというのが大好きです。俳優業は、毎日同じことを繰り返すという仕事ではないんですから。異なる様々なこと、多様性は人生のスパイスと楽しんでいます。毎回同じことをする必要がなければ、毎回大きく異なったことに挑戦できます。

──意識的に大きなハリウッド作品からは距離を置いていますか?

アーミー・ハマー:意識しているわけではなく、ただ「これをやりたい!」と思う機会が与えられていないだけです。

たとえ小さな規模のプロジェクトでも、情熱があるものなら興味を惹かれますし、そこに飛び込んでみたいんです。これは私のちょっとしたワガママなのかもしれませんね。

FILMINK【Armie Hammer: Hotel of Horror

英文記事/ Gill Pringle
翻訳/Moeka Kotaki
監修/Natsuko Yakumaru(Cinemarche)
英文記事所有/Dov Kornits(FilmInk)www.filmink.com.au

本記事はオーストラリアにある出版社「FILMINK」のサイト掲載された英文記事を、Cinemarcheが翻訳掲載の権利を契約し、再構成したものです。本記事の無断使用や転写は一切禁止です。

映画『ホテル・ムンバイ』の作品情報

【日本公開】
2019年9月27日(オーストラリア・アメリカ・インド合作映画)

【原題】
Hotel Mumbai

【監督】
アンソニー・マラス

【脚本】
アンソニー・マラス、ジョン・コリー

【キャスト】
デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ、アヌパム・カー、ジェイソン・アイザックス

【作品概要】
2008年に起きた、高級ホテルや鉄道駅、タージマハル・ホテルなどムンバイの複数の場所で起きた同時多発テロを、オーストラリア人監督のアンソニー・マラスが映画化。アンソニー・マラスは本作が長編映画デビュー。

五つ星のタージマハル・ホテルの従業員に『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)のデヴ・パテル、宿泊客に『ローン・レンジャー』(2013)『君の名前で僕を呼んで』(2017)『ビリーブ 未来への大逆転』(2018)のアーミー・ハマーが扮します。

映画『ホテル・ムンバイ』のあらすじ


© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

2008年にインドのムンバイにて起きた同時多発テロ。

その標的の中心となったのが、インドの有名五つ星ホテル、タージマハル・ホテル。

ムンバイの街が襲われたとき、ホテルの中では何が起こっていたのか。

また、テロリストの少年たちは、何を思い、凶行に至ったのか。

本作は事件を様々な面から鮮明に描きだします。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

ゴダール作品『気狂いピエロ』ネタバレ感想とラストシーンの解説。 ある道化師の愛と言葉を永遠に|偏愛洋画劇場18

連載コラム「偏愛洋画劇場」第18幕 2018年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映、特別賞のスペシャル・パルムドールを受賞した作品が『Le Livre d’Image』。 日本語では『イメージ …

連載コラム

映画『響HIBIKI』感想と考察。平手の演じた鮎喰響はAI作家である|映画道シカミミ見聞録15

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第15回 (C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館 こんにちは、森田です。 秋分の日を迎えれば、さまざまな“秋”がやってきますね。 …

連載コラム

清原惟映画『網目をとおる すんでいる』あらすじと感想レビュー。短編作品ならではのフレキシブルな源泉|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り7

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が2018年に渋谷ユーロスペースで公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(き …

連載コラム

映画『カムバック』感想と考察評価。スポーツの意味と人気名作パロディを描くスウェーデン製コメディ|2020SKIPシティ映画祭7

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・パトリック・エークルンド監督作品『カムバック』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネ …

連載コラム

映画『凱里ブルース』感想レビューと考察解説。過去と現実と夢が混在するビーガン監督のトリッキーな世界|銀幕の月光遊戯 58

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第58回 映画『凱里ブルース』は2020年6月6日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定! 『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』で …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学