Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/08/05
Update

『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』考察とネタバレ感想。どんでん返しが評価を受ける人間の心の闇を描くドラマスペシャル|SF恐怖映画という名の観覧車114

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile114

梅雨が明け、本格的な夏の暑さが日本中を包み始めた8月。

こんな暑さの日は夏の情緒を感じる作品を鑑賞するのも良いですが、真冬の寒さを感じる作品も観たくなります。

今回はSFオムニバスドラマシリーズ「ブラックミラー」の初のスペシャルドラマ『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』(2014)をネタバレ鑑賞を含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』の作品情報

【日本公開】
2014年(イギリスドラマ)

【原題】
White Christmas

【監督】
カール・ティベッツ

【キャスト】
レイフ・スポール、ジョン・ハム、ウーナ・チャップリン、ナタリア・テナ、ジャネット・モンゴメリー

【作品概要】
「ブラックミラー」シリーズを手がける脚本家チャーリー・ブルッカーによる脚本を『ブラックミラー シーズン2 シロクマ』(2013)のカール・ティベッツが手がけたドラマスペシャル。

主演として『ベイビー・ドライバー』(2017)のジョン・ハムが出演し、共演に「ハリー・ポッター」シリーズでニンファドーラ・トンクスを演じたナタリア・テナが出演しました。

ドラマ『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』のあらすじとネタバレ

クリスマスの朝、ジョーは雪原の中の一軒家で目を覚まします。

狭い部屋の中で恋人の写真をひと撫でしたジョーはいつもと違う雰囲気に気づきます。

リビングでは同居人のマットが「クリスマスだから」とジャガイモを茹でていました。

仕事の関係で周りに雪原しかない一軒家に閉じ込められている2人はジョーの会話嫌いの性質もあり数年間ろくに会話もしたことがありません。

クリスマスを理由にこの場所に閉じ込められた理由をマットはジョーに聞きますが、逆にジョーは同じ質問をマットに投げかけます。

かつてマットは他者の見ている映像と音声を共有するテクノロジーを使い、恋人のいない男性にリアルタイムでアドバイスする裏稼業を行っていました。

ある年のクリスマス、自分に自信のないハリーに雇われたマットは彼をある企業の開催するクリスマスパーティーに参加させます。

パーティー会場内でハリーは好みの女性である黒髪の女性ジェニファーを発見し、マットのアドバイス通り彼女にアプローチします。

自身以外にも多人数にハリーの目線を共有しているマットは、ジェニファーが普通の女性ではなく少し心を病んでいることに気づきます。

ハリーはマットの指示通りの発言を選したことで、ジェニファーと2人きりの空間を作り出すことに成功し、2人は急接近。

彼女は今の職場をやめたいと感じているようでハリーは彼女に同調し、思い切りのつかないことはやってから考えるべきだと断言。

ジェニファーがトイレに立っている隙にハリーはマットに接続を切りたいと話しますが、マットの仲間たちはジェニファーとのベットシーンを楽しみにしていることから言葉巧みにハリーに接続を続けさせます。

その会話を見ていたジェニファーはハリーを自宅の寝室へと誘い入れ、お酒を飲ませました。すると、ハリーは次第に吐血を始めます。

実はジェニファーは心を完全に病んでおり、やめたいと会話していたのは会社のことではなく人生のことでした。

ハリーとマットとの会話が、ジェニファーにはハリーが頭の中にいる「何か」に常に悩まされている同類の存在と見えており、ハリーと共に人生を終えるためにハリーに毒を飲ませていたのです。

ハリーの死を見届けると、ジェニファーは自分も毒をあおり自殺。その様子を見ていたマットは唖然とし、仲間に全てのデータの破棄を命じると自身も全てのデータを削除。

全ての証拠を隠滅しますがその様子を妻のクレアに見られたことで、今まで自分がしてきたことが全て露見し、その行為に嫌気の差したクレアはマットを「ブロック」します。

この時代は多くの人の目に「Z眼」と呼ばれるデバイスが組み込まれており、これによって写真や音楽など様々なアプリを利用でき、マットはZ眼を使いハリーの行動の監視などを行っていました。

クレアにZ眼でブロックされたことで、お互いに会話をすることが出来なくなりました。おまけに、ブロックされた人間を輪郭のみの「影」としか視認できなくなり、やがてマットはクレアと離婚します。

ここまでのことをジョーに話すマットは、次に自身の本業の話を始めます。マットの本業は他人の人格のコピーをプログラムとして作り出し、基となった人間の役立つように利用することでした。

マットはサービスを利用したグレタの例をあげ、自我のあるグレタのコピーに本人の意思に関係なく強制的に基のグレタに対して奉仕活動をさせていることをジョーに話すと、彼は自我のあるプログラムに物事を強制することを奴隷のような扱いであることを批難します。

ジョーのことを今までの話の相槌から善人だと話すマットはジョーの抱える闇を聞き出そうとします。マットのことを信用し始めたジョーはマットに少しずつ自身のことを話し始めます。

ジョーにはかつてベスという恋人がおり、彼女の父と上手くいっていませんでした。しかし、それでも2人の関係は良好で、ジョーは幸せな日々を過ごしていましたが、ある日ベスが明らかに不自然な態度を取り始めます。

ジョーはゴミを片付けるうちにベスが妊娠検査薬を使い陽性の反応が出ていることに気がつきました。

ジョーはベスの妊娠を喜び彼女に産むように言いますが、ベスが妊娠を望まず堕胎しようとしていることを聞くと彼女を口汚い言葉で罵ります。

ベスはジョーをブロックするとジョーの家を出たきり戻りませんでした。

数日、数ヶ月経ってもベスは戻らず、街で出会った際にもブロックを継続していることを知るジョーでしたが彼女が妊娠を継続し子供を産んだことを知ります。

ブロックは子供にも適用されるため、ジョーは彼女の子供も影でしか確認できませんでしたが、毎年クリスマスの日に遠くから見ることでベスとの子が女の子であることを知ります。

毎年クリスマスの日に遠くから娘の成長を見守るジョーでしたが、ある日ニュースでベスが鉄道事故で亡くなったことを知ります。

死亡するとブロックが解除され、バスの顔をニュースで久々に眺めたジョーはクリスマスの日、彼女の実家に行くことで娘の顔をようやく見れることを楽しみにもしていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』のネタバレ・結末の記載がございます。『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

クリスマスの夜、娘の容姿を初めて見るジョー。

しかし、ベスの娘はアジア系の顔立ちをしており、それはジョーの友人ティムとベスが当時浮気をしていたことを意味していました。

茫然自失の状態でベスの娘を追いかけベスの実家に押し入るジョーはそこでベスの父親と対峙します。

ベスの父親が娘はお前とは何の関係もないとジョーに言うと、カッとなったジョーは娘へのプレゼントのつもりで購入したスノードームでベスの父親を殴り殺害してしまいます。

逃げるようにベスの実家を出た数日後、警察に逮捕されたジョーは警察の尋問に対し事実を話すことで本当のことになってしまうことに怯え黙秘を貫いていました。

そこまで話すとジョーはマットと自分のいる空間がベスの実家に酷似していることに気づき取り乱し始めます。自身がなぜここにいるのかも思い出せず混乱するジョーをよそに、マットはベスの娘がどうなったのかを聞こうとします。

ジョーは混乱しながらもベスの娘はその後に助けを求めるために家を出て、雪の広がる雪原で力付き死亡したことを話し、ベスの実家で起きた全てを自供しました。

そのことを聞くとマットはゴーグルを外し、マットを見つめる警察官たちにジョーが自供したことを話します。

実はマットとジョーのいた空間は仮想現実であり、仮想現実の中のジョーはマットの作り出したジョーのコピーでした。

警察は黙秘を貫くジョーの罪を確定させるためにマットを雇いコピーに罪を自供させようとしていました。

マットはジョーを自供させることでジェニファーによるハリー殺害を通報しなかった罪や覗き行為を減刑させ釈放となりますが、一度罪を犯した人物はほぼ全ての人間に前科者と分かる形でブロックされることを伝えられます。

留置所から出たマットは全ての人間が「影」としてしか視認出来ず、前科者としての重みを身をもって知ることになります。一方、ジョーが子供の死に関わったことに憤る警察は、1分を1000年に体感するよう仮想現実を調整。

仮想空間の中でコピーのジョーは、自身の罪が残る実家で永遠と同じ時を繰り返し、発狂するのでした。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』の感想と評価

2020年現在、シリーズ内でも唯一のスペシャルドラマである『ブラックミラー ホワイト・クリスマス』。

本作はイギリスの公共放送「チャンネル4」で放映された最後の「ブラックミラー」作品であり、本シリーズは映像配信サービス「Netflix」に制作と放映が移行します。

本作は小説や映画における「信頼できない語り手」による語りを中心に物語が展開し、また演出においても最初に過去を語り始めるマットが「信頼できない語り手」であることを隠そうとしません。

そのため鑑賞者はどのような「どんでん返し」が巻き起こるのかと警戒を怠りませんが、想像の斜め上を行く展開に誰もが驚愕するはずです。

物語の内容も「ブラックミラー」シリーズらしく技術の進歩と人間の起こす「過ち」を悪意全開に描いており、シリーズの題材である世の中を黒く写す鏡を体現していると言えるスペシャルドラマでした。

まとめ

本作は「どんでん返し」が高い評価を受けているだけでなく、物語を展開させる役を担ったレイフ・スポールとジョン・ハムの演技も絶賛されています。

作中には脚本家チャーリー・ブルッカーによって「ブラックミラー」シリーズのオマージュ要素が大量に散りばめられており、ここまでシリーズを鑑賞した方はそれらの要素を探してみるのもオススメです。

本作はNETFLIXにて配信中、世界的に高い評価を受ける本シリーズをぜひ一気見してみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile115では、あのジョン・トラボルタが狂気のストーカーを演じた最新映画『ファナティック ハリウッドの狂愛者』(2020)の魅力をたっぷりとご紹介させていただきます。

8月12日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第7講「恋愛・性的欲望・性的行為について:サルトルの観点から『デカローグ6』を見る」

講義「映画と哲学」第7講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第7講では、恋愛・性的欲望・性的行為に対してサルトルが展開した「眼差し」論を踏まえた上で、彼の「眼差 …

連載コラム

映画『クライマーズ』感想と考察評価。チョモランマに挑む中国登山隊の実話を描くアクションアドベンチャー|すべての映画はアクションから始まる21

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第21回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

『朝が来る』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画で母としての女性の生き方はどう描かれるか考察|永遠の未完成これ完成である7

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第7回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷 …

連載コラム

映画『私というパズル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。亡き小さな命は親子の絆を誕生させる|Netflix映画おすすめ12

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第12回 死産という深い悲しみでバラバラになった心と家族。それはまるでパズルのようなものでした…。 Netflixのおすすめ映画『私というパ …

連載コラム

映画『461個のおべんとう』感想と評価レビュー。井ノ原快彦主演で“イノッチらしさ満載の愛情弁当”は必見|映画という星空を知るひとよ32

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第32回 2020年11月6日(金)に全国ロードショー公開を迎える映画『461個のおべんとう』は、高校へ行く息子のためにおべんとう作りを3年間、毎日欠かすことな …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学