Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ホテル・ムンバイ』あらすじとキャスト。テロ事件に迫る実話の日本公開日は9月27日に決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

2008年インドの5つ星ホテルで起きた無差別テロ。
惨状と化した“楽園”を救った、“5つ星”の勇気とは?

『ボーダーライン』製作陣が放つ、衝撃と感動の“実話”。

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

2008年、インド・ムンバイで起きた無差別同時多発テロ。

5つ星ホテルに閉じ込められた人質たちの奇跡の脱出劇を描いた感動の実話『HOTEL MUMBAI(原題)』の邦題が『ホテル・ムンバイ』に決定し、2019年9月27日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開する運びとなりました。

あわせて、本作のポスタービジュアル予告映像が到着しましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『ホテル・ムンバイ』について

参考:『HOTEL MUMBAI』のアメリカ版ツイッター

実際に起きた事件を描く

本作は2008年にインドの商都ムンバイで実際に起きた、イスラム武装勢力による同時多発テロ事件と、そこで決断を下す人々を描きます。

歴史あるタージマハル・パレス・ホテルが燃え盛る映像は世界を震撼させました。

ですがホテルに3日間閉じ込められた500人以上の人質は、その多くが生還を果たしたんです。

そこにはプロとしての誇りをかけて、宿泊客を救おうとしたホテルマン達の知られざる真実の物語が存在しました。

『ボーダーライン』の製作陣が放つ、リアルに迫りくる映像、決して折れない登場人物たちの強き信念に、観る者は、恐れ、怒り、哀しみ、そして最後にはこの上ない希望に包まれます。

キャスト・監督紹介

参考:アーミー・ハマーのインスタグラム

この投稿をInstagramで見る

Wife: I put a new filter system in the shower. You’ll barely notice it. Me: ….

Armie Hammerさん(@armiehammer)がシェアした投稿 –

主演は『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)で主演デビューし、『LION/ライオン~25年目のただいま~』(2016)でアカデミー賞にノミネートされたデヴ・パテルが務め、インドの5つ星ホテルで、自らの命を危険にさらしてまで宿泊客の守ろうとする給仕役を熱演。

また、『君の名前で僕を呼んで』(2017)、『ビリーブ 未来への大逆転』(2018)のアーミー・ハマーが、アメリカ人旅行客デヴィッド役として出演し、“名もなき英雄たち”に命を吹き込みました。

監督を務めるのは、これまで短編映画で世界的評価を得ているオーストラリア出身のアンソニー・マラス。本作が長編初監督作品にしてトロント国際映画祭正式出品作に選出されるほか、世界各国で映画賞を獲得。

ヴァラエティ誌が選ぶ「2018年注目すべき映画監督10人」にも選ばれる今最も注目を集める新進気鋭の監督です。

映画『ホテル・ムンバイ』の予告編

解禁された予告編は、テロが発生し、逃げまどう人々の姿を追った映像から始まります。

タージマハル・パレス・ホテルもテロリストたちに占拠され、銃声が鳴り響き、床には犠牲者の遺体が。

デヴ・パテルが演じるホテルの従業員が、自らの危険を顧みず、宿泊客たちを守ろうと決意を固めます。

ホテルレストランのシェフ役のアヌパム・カーが、従業員をまとめ、宿泊客を逃がすために動きはじめます。

従業員にも家族がおり、自分の人生があるにも関わらず、誰かのために恐怖に立ち向かっていく姿が感動的な予告編です。

そしてただの感動では終わらせず、「いつ誰の身にも起こりうること」として描ききった臨場感溢れる映像が恐怖を抱かせます。

2019年9月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

スポンサーリンク

映画『ホテル・ムンバイ』の作品情報

【日本公開】
2019年(オーストラリア・アメリカ・インド合作映画)

【原題】
HOTEL MUMBAI

【監督】
アンソニー・マラス

【日本語字幕翻訳】
中沢志乃

【脚本】
アンソニー・マラス、ジョン・コリー

【キャスト】
デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ、アヌパム・カー、ジェイソン・アイザックス

【作品概要】
2008年に起きた、高級ホテルや鉄道駅、タージマハル・ホテルなどムンバイの複数の場所で起きた同時多発テロを、オーストラリア人監督のアンソニー・マラスが映画化。アンソニー・マラスは本作が長編映画デビュー。

5つ星のタージマハル・ホテルの従業員に『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)『LION/ライオン~25年目のただいま~』(2016)のデヴ・パテル、宿泊客に『ローン・レンジャー』(2013)『君の名前で僕を呼んで』(2017)『ビリーブ 未来への大逆転』(2018)のアーミー・ハマーが扮します。

映画『ホテル・ムンバイ』のあらすじ

2008年11月26日。

インドの5つ星ホテルがテロリストに占拠されました。

人質は、500人の宿泊客と従業員。特殊部隊の到着は数日後。宿泊客を逃がすため、ホテルに残った従業員たち。

部屋に取り残された赤ん坊を救うため、銃弾の中を行く父と母。

これは「誇り」と「愛」を懸けた、3日間の脱出劇です。

極限の状況下で、人はこんなにも人を想えるのか…。

スポンサーリンク

まとめ

“銃”に“信念”で立ち向かった、名もなき人々の真実の物語。

極限の状況下、胸をえぐられるような事実を丹念に描き出し、悲劇の中にも、光り輝く人間性が存在することを証明してくれます。

奇跡の感動作『ホテル・ムンバイ』は2019年9月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

本作に触れたら、決して他人ごとではいられなくなること必至です。

関連記事

新作映画ニュース

ヴィクトリア女王 最期の秘密|あらすじとキャスト。ジュディ・デンチ主演最新作とは

©2017 FOCUS FEATURES LLC. 主演:ジュディ・デンチ×スティーヴン・フリアーズ監督で贈る、人生の愛おしさが詰まった真実の物語。 映画『Victoria&Abdul』の邦題が『ヴィ …

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの天野千日役は石橋静河。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』が2019年7月5日より全国で公開されます。 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの唄』。 主演は古舘佑太郎 …

新作映画ニュース

【第14回大阪アジアン映画祭2019】ロイ・チウが『先に愛した人』の演技で受賞!トークイベント開催

ロイ・チウが【オーサカ Asia スター★アワード】受賞決定! 優れたアジア映画の鑑賞機会を市民へ提供すること、大阪での映像制作活動促進を支援すること、およびアジア映画人の来阪を促進すること等を通じて …

新作映画ニュース

中野量太監督が記憶と愛を描く。最新作『長いお別れ』の映画公開日と予告解禁

映画『長いお別れ』2019年5月31日(金)公開 中野量太監督の映画『長いお別れ』の公開日が2019年5月31日(金)に決定しました! (C)2019『長いお別れ』製作委員会 映画『湯を沸かすほどの熱 …

新作映画ニュース

大ヒット映画が韓国で再び感動の恋愛作品に生まれ変わる!『Be With You 〜いま、会いにゆきます』特別映像解禁

公開わずか15日で韓国動員200万人突破の大ヒット作! 2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」。 日本 …

映画『天気の子』特集
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP