Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/09
Update

映画『ホテル・ムンバイ』あらすじとキャスト。テロ事件に迫る実話の日本公開日は9月27日に決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

2008年インドの5つ星ホテルで起きた無差別テロ。
惨状と化した“楽園”を救った、“5つ星”の勇気とは?

『ボーダーライン』製作陣が放つ、衝撃と感動の“実話”。

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

2008年、インド・ムンバイで起きた無差別同時多発テロ。

5つ星ホテルに閉じ込められた人質たちの奇跡の脱出劇を描いた感動の実話『HOTEL MUMBAI(原題)』の邦題が『ホテル・ムンバイ』に決定し、2019年9月27日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開する運びとなりました。

あわせて、本作のポスタービジュアル予告映像が到着しましたのでご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『ホテル・ムンバイ』について

実際に起きた事件を描く

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

本作は2008年にインドの商都ムンバイで実際に起きた、イスラム武装勢力による同時多発テロ事件と、そこで決断を下す人々を描きます。

歴史あるタージマハル・パレス・ホテルが燃え盛る映像は世界を震撼させました。

ですがホテルに3日間閉じ込められた500人以上の人質は、その多くが生還を果たしたんです。

そこにはプロとしての誇りをかけて、宿泊客を救おうとしたホテルマン達の知られざる真実の物語が存在しました。

『ボーダーライン』の製作陣が放つ、リアルに迫りくる映像、決して折れない登場人物たちの強き信念に、観る者は、恐れ、怒り、哀しみ、そして最後にはこの上ない希望に包まれます。

キャスト・監督紹介

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

主演は『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)で主演デビューし、『LION/ライオン~25年目のただいま~』(2016)でアカデミー賞にノミネートされたデヴ・パテルが務め、インドの5つ星ホテルで、自らの命を危険にさらしてまで宿泊客の守ろうとする給仕役を熱演。

また、『君の名前で僕を呼んで』(2017)、『ビリーブ 未来への大逆転』(2018)のアーミー・ハマーが、アメリカ人旅行客デヴィッド役として出演し、“名もなき英雄たち”に命を吹き込みました。

監督を務めるのは、これまで短編映画で世界的評価を得ているオーストラリア出身のアンソニー・マラス。本作が長編初監督作品にしてトロント国際映画祭正式出品作に選出されるほか、世界各国で映画賞を獲得。

ヴァラエティ誌が選ぶ「2018年注目すべき映画監督10人」にも選ばれる今最も注目を集める新進気鋭の監督です。

映画『ホテル・ムンバイ』の予告編

解禁された予告編は、テロが発生し、逃げまどう人々の姿を追った映像から始まります。

タージマハル・パレス・ホテルもテロリストたちに占拠され、銃声が鳴り響き、床には犠牲者の遺体が。

デヴ・パテルが演じるホテルの従業員が、自らの危険を顧みず、宿泊客たちを守ろうと決意を固めます。

ホテルレストランのシェフ役のアヌパム・カーが、従業員をまとめ、宿泊客を逃がすために動きはじめます。

従業員にも家族がおり、自分の人生があるにも関わらず、誰かのために恐怖に立ち向かっていく姿が感動的な予告編です。

そしてただの感動では終わらせず、「いつ誰の身にも起こりうること」として描ききった臨場感溢れる映像が恐怖を抱かせます。

スポンサーリンク

映画『ホテル・ムンバイ』の作品情報

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

【日本公開】
2019年(オーストラリア・アメリカ・インド合作映画)

【原題】
HOTEL MUMBAI

【監督】
アンソニー・マラス

【日本語字幕翻訳】
中沢志乃

【脚本】
アンソニー・マラス、ジョン・コリー

【キャスト】
デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ、アヌパム・カー、ジェイソン・アイザックス

【作品概要】
2008年に起きた、高級ホテルや鉄道駅、タージマハル・ホテルなどムンバイの複数の場所で起きた同時多発テロを、オーストラリア人監督のアンソニー・マラスが映画化。アンソニー・マラスは本作が長編映画デビュー。

5つ星のタージマハル・ホテルの従業員に『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)『LION/ライオン~25年目のただいま~』(2016)のデヴ・パテル、宿泊客に『ローン・レンジャー』(2013)『君の名前で僕を呼んで』(2017)『ビリーブ 未来への大逆転』(2018)のアーミー・ハマーが扮します。

映画『ホテル・ムンバイ』のあらすじ

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

2008年11月26日。

インドの5つ星ホテルがテロリストに占拠されました。

人質は、500人の宿泊客と従業員。特殊部隊の到着は数日後。宿泊客を逃がすため、ホテルに残った従業員たち。

部屋に取り残された赤ん坊を救うため、銃弾の中を行く父と母。

これは「誇り」と「愛」を懸けた、3日間の脱出劇です。

極限の状況下で、人はこんなにも人を想えるのか…。

スポンサーリンク

まとめ

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

“銃”に“信念”で立ち向かった、名もなき人々の真実の物語。

極限の状況下、胸をえぐられるような事実を丹念に描き出し、悲劇の中にも、光り輝く人間性が存在することを証明してくれます。

奇跡の感動作『ホテル・ムンバイ』は2019年9月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

本作に触れたら、決して他人ごとではいられなくなること必至です。

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC



関連記事

新作映画ニュース

【カルピス100周年】短編動画のメカニズム映画祭を開催!監督たちよる「カラダカルピス」の紹介映像とは

カラダカルピス・メカニズム映画祭の作品は、特設ウェブサイトおよびアサヒ飲料YouTube公式チャンネルにて配信中! アサヒ飲料が販売する乳酸菌飲料「カラダカルピス」の機能説明動画を原作に、4名の映画監 …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの田所院長役は高嶋政伸【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

映画『彼女はひとり』キャスト/劇場公開日/上映館。黒沢清・森崎ウィンのおすすめコメントも紹介!

映画『彼女はひとり』は田辺・弁慶映画祭セレクション2020で上映。 テアトル新宿にて2020年11月20日(金)から開催される田辺・弁慶映画祭セレクション2020。 田辺・弁慶映画祭セレクション202 …

新作映画ニュース

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』あらすじ/キャスト/公開日。セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作!

『猫が行方不明』『スパニッシュ・ アパートメント』などで知られる、セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作『おかえり、ブルゴーニュへ』の日本公開が決定しました。 11月17日(土)よりヒューマントラ …

新作映画ニュース

『戦場のメリークリスマス4K』『愛のコリーダ』劇場公開日/上映館。大島渚代表作がデジタルリマスターで蘇る!

鮮烈かつ、鮮明によみがえる。 大島渚監督、伝説の2作品が最後の大規模ロードショー。 ゴダール、スコセッシ、ノーラン、アリ・アスターらがリスペクトした大島渚監督史上、最大のヒット作と最大の問題作が鮮やか …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学