Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

アニメーションの神様の深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』公開日決定

  • Writer :
  • 石井夏子

苦悩と情熱そして創造

アニメーション作家ユーリー・ノルシュテインの深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の公開日が2019年3月23日(土)に決定しました。

シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショーされる本作を、いち早くご覧になった方々からの推薦コメントも到着。

ユーリー・ノルシュテインが自身の心の内を語る貴重な映像の数々。

ノルシュテインを愛する作り手のコメントを読んだら、きっと本作を観たくなるはず。

スポンサーリンク

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』推薦コメント


©ふゅーじょんぷろだくと

ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン。

『話の話』『霧の中のハリネズミ』など数々の名作を生み出し、手塚治虫、宮崎駿、高畑勲監督ら日本の巨匠をはじめ世界中のアニメーション作家たちから敬愛されています。

ロードショー前に映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』を鑑賞した方々からのコメントをご紹介します。

アニメーション監督・片渕須直コメント


©ふゅーじょんぷろだくと

映画『この世界の片隅に』(2017)が大ヒットした、アニメーション監督の片渕須直は、本作への感想をこう語りました。

他人が見た夢の話には、いくら言葉を尽くされても触れることができない、彼だけが味わっただろう感触が潜んでいる。
この映像を通じて、ノルシュテインの見る夢を、ほんのかすかに垣間見る。
わたしたちに許された、小さな小さなのぞき窓。

なんて詩的な紹介文でしょう。

ユーリー・ノルシュテインの夢の断片を覗いてみたくなります。

前田エマコメント

©ふゅーじょんぷろだくと

モデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、その分野にとらわれない活動が注目を集める前田エマ。

ユーリー・ノルシュテインの絵への想いをこうつづります。

デッサンの素晴らしさに、なんども胸がぎゅうっと締め付けられました。
人の悲しさと不器用さを、暗闇の中、小さくて愛おしい光に当ててきた彼の手を、
私は食べてしまいたいくらい、ずっと見つめていたような気がします。

暗闇の中、誰にも気づかれなかったような人の営み。

それにスポットを当ててきたノルシュテインの手は温かみに満ちているに違いありません。

土居伸彰コメント


©ふゅーじょんぷろだくと

アニメーション研究者で、自身も国内外の優れた作品の紹介を、執筆や上映企画を通じて行なっている土居伸彰から届いた熱い推薦コメントは下記の通り。

見ず知らずの他人を妬み、富に憧れることが息を吸うように当たり前となっている時代を生きている私たちは、ノルシュテインの言葉に、ハッとするだろう。
これは、ノルシュテインによる、今も進行形の映画『外套』の新たな「上演」である。

観客をハッとさせるノルシュテインの言葉とは何なのか。

本作は、『外套』を製作するユーリー・ノルシュテインを追ったドキュメンタリーではなく、ノルシュテインの『外套』そのものなのかもしれませんね。

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の作品情報


©ふゅーじょんぷろだくと

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
才谷遼

【キャスト】
ユーリー・ノルシュテイン、ラリーサ・ゼネービチ、マクシム・グラニク、ターニャ・ウスバイヤスカ、ミハイル・アンダーシン、ミハイル・トゥメーリャ

【作品概要】
ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインが 30年以上かけても未だ完成に至っていない『外套』の制作の裏側を映したドキュメンタリーです。

監督はユーリー・ノルシュテインと古くから交流のある才谷遼。

『おくりびと』(2008)で日本アカデミー賞を受賞した川島章正が構成・編集で参加しています。

スポンサーリンク

映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』のあらすじ

©ふゅーじょんぷろだくと

ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン。

彼は30年以上の歳月をかけて、ロシアの文豪ゴーゴリの名作『外套』のアニメーション作品を制作しています。

しかし、未だ完成に至っていません。それどころか、近年は撮影が止まっているといいます。

2016年6月、カメラはモスクワにあるノルシュテイン・スタジオ“アルテ”に向かいました。

そこにはおびただしい数のスケッチ、キャラクターパーツ、埃をかぶった撮影台が。

世界が待望する『外套』はいつ完成するのか、なぜ『外套』なのか。

未完の映像を織り交ぜながら、ノルシュテインが自身の心の内を語ります。

まとめ

参考映像:『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映~アニメーションの神様、その美しき世界~』予告編

アニメーション『外套』を30年以上、幾度となく中断しながら制作を続けるユーリー・ノルシュテイン。

彼の苦悩と情熱、そしてアニメーションを創造していく姿を描いた映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は2019年3月23日(土)にシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショーされます。

一足早く本作を鑑賞した方からのコメントも届き、期待はさらに高まります。

また、本作の公開に合わせて『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映~アニメーションの神様、その美しき世界~』の同時再上映も開催されます。

どちらもぜひお運びください。

関連記事

新作映画ニュース

原作者ドナート・カリシが映画化!『霧の中の少女』予告編とキャラクター場面写真紹介

迷宮入りする少女失踪事件。 カリスマ警部が辿り着く、想像を絶する結末とは―。 イタリアのミステリー作家ドナート・カリシの同名ベストセラー小説をカリシ自身が映画化した映画『霧の中の少女』。 (c)THE …

新作映画ニュース

『テル・ミー・ライズ』ピーター・ブルック幻の反戦映画のあらすじと冒頭映像解禁!

フィクション? それともノンフィクション?? 巨匠ピーター・ブルックが手掛けた“究極の反戦映画”『テル・ミー・ライズ』は、8月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー、ほか順次公開 …

新作映画ニュース

キリング・ガンサー|シュワルツェネッガーの筋肉が衰えぬ格闘映像解禁!

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー。 主演のアーノルド・シュワルツェネッガー自ら製作総指揮に名乗り出た本作。 彼の役柄は、伝説の世界最強の殺し屋 …

新作映画ニュース

齋藤飛鳥と山田裕貴キミオイキャストのメイキング映像解禁『あの頃、君を追いかけた』

2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。 2018年、舞台を日本に移し、山田裕貴主演、ヒロ …

新作映画ニュース

山田裕貴&齋藤飛鳥【キミオイ】ロケ現場クランクアップ!涙の感想コメント動画『あの頃、君を追いかけた』

©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ 台湾で空前の大ヒットを記録した青春映画が、舞台を日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥、さらに松本穂香ら旬の若手俳優たちにより現代 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP