Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2023/07/28
Update

【短編映画無料配信】家族にまもられている|あらすじ感想評価レビュー。引きこもりの兄をめぐる家族の葛藤と深い絆を温かく描く《松田彰監督WEB映画12選 2023年8月》

  • Writer :
  • 谷川裕美子

「月イチ」企画の短編WEB映画第3弾『家族にまもられている』が無料配信中

『つどうものたち』(2019)、『異し日にて』(2014)、『お散歩』(2006)などの作品で数々の国内外の映画賞を受賞してきた松田彰による「月イチ」企画の短編WEB映画第8弾『家族にまもられている』が無料配信中です。

「月に1度のペースで映画を完成させて公開する」という大きなチャレンジに挑む意欲作です。ハンバーガーをひとつ食べ終われる程度の尺で、生活の隙間でクスリと笑ってもらえる作品を届けたいという松田監督の思いから生み出されました。

引きこもりの兄と、彼を支える家族の絆を描く一作、2023年7月28日(金)より無料配信される短編映画『家族にまもられている』の魅力についてご紹介します。

【連載コラム】「松田彰監督WEB映画12選」記事一覧はこちら

松田彰監督のコメント

いろんな理由から、 出来たはずなのにやらなかった事のいろいろを思ったとき、 何とも言えないやりきれなさに襲われました。 出来たはずのいろいろは自分の頭の中だけで朽ちていくだけなのか ─。 そんな感情に襲われたとき、 人はその感情とどのように向き合うべきなのでしょうか。
いま思うことは、 今回の企画である 「月イチ」 とは、 まさに、 そのような自分への私なりの回答であったのではないかということ。

決めたことは、 月に1度のペースで映画を完成させて公開すること。 そのために、 すこしだけ無理をすること。
ただ、 それだけのことですが、 続けることの難しさは早々に分かるものです。
ですが、 そのような状況であるからこそ、 視聴者様からの反響が得られれば、 喜びもひとしおで、 やりきることの原動力をいただけるのではないかと期待もしています。

シリーズ全9本を予定し、 尺はハンバーガーをひとつ⾷べ終われる程度に押さえることで、 人を待つ間や通勤中の電⾞内など、 生活の隙間でクスリと笑っていただける作品を作ってお届けしたい。

どなた様でも無料でご視聴いただけますので、 お気軽にお楽しみいただければ幸いです。 また、 作品を気に入っていただけた方には、 口コミやSNS等で周囲に広めていただけると有り難いです。

映画『家族にまもられている』の作品情報

下記のWeb映画は無料にて配信中!

【公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
松田彰

【出演】
奈良平愛実、池内智士、森川凛子、竹内亜美、鈴木兵太郎、山谷とも子、酒井絹子

【作品概要】
数々の国内外の映画賞を受賞してきた松田彰監督による、月に一本製作する「月イチ」企画の短編WEB映画第8弾です。

兄がひきこもりであることに悩んでいた妹が、宝くじに高額当選したことをきっかけにある決心をするさまをドラマチックに描きます。

葛藤を抱える妹と兄を、奈良平愛実と池内智士が熱演しています。

映画『家族にまもられている』のあらすじ

引きこもりの兄・崇と母・佐恵子と暮らす葵。つらい思いをしながらも、家族で支え合ってきました。

そんななか、葵が宝くじに当選します。

葵は崇をリビングに呼び出し、ある決心を告げますが…。

映画『家族にまもられている』の感想と評価

現代で大きな社会問題となっている引きこもりをテーマに、当人を支える家族の苦労と決心を描いた作品です

主人公の葵は母と兄と暮らしています。兄は13年ものあいだ引きこもりで、今も母に養ってもらい、お小遣いまでもらっている状況です。葵もその生活にいつの間にか慣れてしまい、諦めとともに生きていました。

そんななか、宝くじが高額当選したことをきっかけに、とある思いが葵の心の中に芽生えます。彼女は包丁を手に兄を呼び出し、自身の強い決心を語り始めました。

引きこもりの家族を持つ苦しみと、家族ゆえの愛情。なんとかして家族みんなでこの状況から脱出したいという切実な思いが、葵の口から発されます。同じ思いに苦しんでいる世の中の多くの人たちの思いを代弁しているかのようです

そんな重いシーンを、松田監督はどこかブラックなユーモアを感じさせるライトなタッチで描きだしています

思いがけない方向へとストーリーは展開しますが、監督自身が「危ういけど、骨太でたくましい、家族の話。」と語っているように、”家族の絆”の強さを実感させられる救いの物語となっています。兄と妹の向かう次のステージが楽しみになる一作です。

まとめ

家族の絆を見つめた物語『家族にまもられている』。引きこもりの兄を重荷に感じながらも、見捨てることなく13年間も支え続けてきた妹と母。その葛藤とともに深い愛情が温かく描かれます

自分の手で違う明日を手に入れるのだという主人公の強い思いに胸を打たれることでしょう。

「月イチ」企画の短編WEB映画第8弾『家族にまもられている』は無料配信中です。

【連載コラム】「松田彰監督WEB映画12選」記事一覧はこちら

松田彰監督の短編映画WEB配信中



関連記事

連載コラム

佐藤泰志の原作とともに映画『きみの鳥はうたえる』を味わう|映画と美流百科7

連載コラム「映画と美流百科」第7回 今回ご紹介するのは、2018年9月1日(土)から新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースなど全国にて公開予定の『きみの鳥はうたえる』です。 こちらの映画は、函館の映画館シネ …

連載コラム

映画『大コメ騒動』あらすじと感想レビュー。実話を基にロケ地の富山県で“女性たち”が声をあげた出来事の痛快さ!|映画という星空を知るひとよ40

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第40回 2021年1月8日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される『大コメ騒動』は、大正時代に富山県の海岸部で発生した「米騒動」に基づいた映画です。 『 …

連載コラム

映画『ゲート・オブ・キングダム』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ダークファンタジーな王の帰還をフィリップトッド監督が描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー35

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第35回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

村上由規乃映画『オーファンス・ブルース』感想と評価。工藤梨穂監督の描いた希望を与える光|銀幕の月光遊戯 32

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第32回 終わらない夏、汗ばむ肌、記憶が抜け落ちていく中、彼女は幼馴染を探す旅へ出かける。 「ぴあフィルムフェスティバル2018」にてグランプリを受賞した『オーファンズ・ブ …

連載コラム

映画『旅愁』あらすじと感想。演技経験のないキャストが豊かな表情で社会的な課題を問う【呉沁遥監督と出演陣のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭5

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・呉沁遥監督作品『旅愁』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2019年も開幕。今 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学