Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/08
Update

映画『アンコントロール』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。クライムアクション!デンマークの暴動に荒れる街からの脱出|未体験ゾーンの映画たち2021見破録20

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第20回

世界の様々な国や地域で作られる、様々な映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第20回はデンマーク発のアクション映画『アンコントロール』。

移民問題に揺れるEU諸国。中でもデンマークは厳しい移民政策をとる国として知られています。

彼らにとって欧米各国で起きた、虐げられた環境に暮らす人種的に差別された人々と、治安を担う警察の対立に端を発する暴動は、決して他人事ではありません。

そんな暴動がデンマークで発生したらどうなるか。暴動に巻き込まれた警官の姿を描きつつ、差別と偏見の感情を抱いて生きる人間の姿を描いた社会派アクション映画を紹介します。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『アンコントロール』の作品情報


(C)2020 TOOLBOX FILM.

【日本公開】
2021年(デンマーク映画)

【原題】
Shorta / Enforcement

【監督・脚本】
フレデリック・ルーイー・ウイー、 アンデルス・オルホルム

【キャスト】
ヤコブ・ローマン、サイモン・シアーズ、ウズレム・サグランマク、タレク・ザヤット

【作品概要】
警官の暴力事件が引き金となり、大規模な人種暴動が発生。その渦中に取り残された警官の脱出劇を描くクライム・アクション映画。

2020年ベネチア国際映画祭に出品され、デンマーク映画アカデミーが開催するロバート賞に11部門ノミネート、内2部門受賞するなど高い評価を得た作品です。

TVドラマや短編映画を手掛けてきたフレデリック・ルーイー・ウイー、脚本家として活躍してきたアンデルス・オルホルムが共同で監督・脚本を手がけました。

『THE GUILTY ギルティ』(2018)のヤコブ・ローマンと、トーキョーノーザンライツフェスティバル2019で上映された、『ウィンター・ブラザーズ』(2017)のサイモン・シアーズが出演しています。

映画『アンコントロール』のあらすじとネタバレ


(C)2020 TOOLBOX FILM.

本作の原題”Shorta”は、アラビア語で”警察”を意味する言葉です。

とある場所で若者を拘束する警官たちの姿。首を押さえつけられた若者は、息が出来ないと訴えますが警官は手を緩めません…。

後日。武装した警官の乗るヘリコブターが、空からデンマークの街を監視していました。ニュースは昨日の抗議活動で、15名が逮捕されたと伝えています。

アラブ系移民の若者、タリーブ・ビン・ハッシが逮捕直後に病院の集中治療室に運び込まれて以来、移民たちの間で警察への怒りが高まっていました。

ヘリは本部に、現在街は平静だと報告します。移民の女の子が道路に描いた大きな目は、まるでヘリを見つめているようです。

警察署内でトレーニング中の警官のジェンス(サイモン・シアーズ)。ロッカールームで、何やら話し込んでいる同僚たちの姿を目撃しました。

トレーニングを終えた彼に、上司はマイクと組んでパトロールに出て欲しいと言いました。彼が無茶をしないよう見守る必要がある、と付け加える上司。

朝のミーティングに警官たちが集まります。彼らの責任者は盗難車を運転して逮捕され、その際の負傷で入院したタリーブの容態次第で、街の治安状況は一変すると警告します。

移民が多く住む地域、特にタリーブの地元スヴァルガルデンには近寄るなと指示しました。

ハッシに暴行を加えたとされる警官、コゥフォードとポールセンはどうなるのかという質問に、通常通り処分が決まるまで謹慎だと答えた責任者。

穏健な警官たちからは、過激に振る舞う警官たちの中心人物と見れらるマイク(ヤコブ・ローマン)と言葉を交し、ジェンスは同じパトカーに乗って出発します。

無口なジェンスに何かと話しかけるマイク。彼は結婚しているのに勤務中は指輪をしないジェンスを勘ぐり、冷やかしました。

パトロール警官として普段通りの職務をこなす2人。休憩中ラジオのニュースはタリーブの事件で、警官が逮捕時に不当な暴力を振るったと報じます。

ニュースを聞いて、タリーブは時速200㎞で車を走らせていた。事故になれば犠牲者が出たが、それを報じないのはフェアじゃないと言うマイク。

話題を変え何か失敗談は無いか聞いたマイクに、自分はミスをしないと答えたジェンス。しつこく問われ彼は、インターン中の失敗を語りました。

インターン中、倉庫で催涙弾を落とし煙を警察署内に充満させたと告白したジェンス。そして2人は大笑いします。

その時拘置所にはロマの男が2人いて、大変な目にあったと言うジェンスに、ロマをジプシーと呼ぶマイクは、奴らにいい教訓になっただろう、と話します。

ジプシーを犯罪者呼ばわりし、彼らはデンマークの税金を無駄にしていると言うマイク。

その話題に乗らないジェンスは、前を走る後部座席に少年が乗る車に目を付け、本部にナンバーの照会を求めます。

不審な車はスヴァルガルデンに入りました。緊張した表情で追跡する2人。

マイクが車を停めさせると、中から少年が逃げ出しました。車の中には移民のギャング団の幹部オスマンがもう1人の男といました。

警官たちは彼らが、少年を自分たちのギャング団にスカウトしていたと睨みますが、何の証拠も犯罪性もありません。

近隣に住む移民の住民たちが、遠巻きに彼らを見つめます。オスマンを解放した2人。

本部は無線で、2人に危険なスヴァルガルデンから早く離れろと指示します。

2人は情報を得ようと、移民たちの自警団の集会場に向かいます。そこにはリーダーのサミのように、パトロールに加わりたいと訴える少年イザがいました。

警官のジェンスは、移民の若者をギャングから引き離し、地域を改善する活動に参加させる団体のリーダー、サミとの協力関係を維持していました。

しかし今日の相棒のマイクは、移民たちが自ら治安を守る活動に関心がありません。オスマンが若者をギャングに勧誘していると告げるジェンス。

突然サミを呼ぶ声がします。外に出るとTVのレポーターが、移民の若者にタリーブの事件に関するコメントを求めていました。

番組に都合の良いことを喋らせようとしている、とレポーターに指摘する若者たち。サミはトラブルにならぬよう、若者たちをマスコミから遠ざけます。

レポーターは警官2人にも質問します。ジェンスはコメントを拒否し、我が国には報道の自由があると言うレポーターに、この地区はデンマークでは無いと告げるマイク。

馬鹿にした態度をとったカメラマンに迫るマイクを、ジェンスは落ち着くよう説得します。駐車していたパトカーには、「くたばれ警察」と落書きされていました。

走り出したパトカーの中で、移民の若者は犯罪者予備軍だと悪態をつくマイク。パトカーの前を横切った若者が、こちらを睨みつけた言い車を止めます。

マイクに職務質問された若者は、アモス・アル・シャミ(タレク・ザヤット)と名乗ります。高圧的な尋問をするマイクの顔を、スマホで撮影するアモス。

その態度に怒ったマイクは、アモスの所持品を乱暴に調べ、身体検査を行います。その光景はジェンスの心配をよそに、周囲にたむろする者の注目を集めます。

移民の若者たちが集まり始めますが、アモスを挑発するマイク。ジェンスの説得でようやく彼を解放しました。

パトカーに乗り込んだジェンスに、何か言いたい事はあるかと尋ねたマイク。その時パトカーに物が投げつけられます。

物を投げた若者グループを追うマイク。パトカーで回りこみ、アモスを捕えたジェンス。

2人は逮捕したアモスを後部座席に乗せ、車を走らせました。そこに警察本部から入院中のタリーブが死亡した、暴動に警戒せよとの連絡が入ります。

マイクが何か言おうとした時、パトカーに投石が命中します。脱出を試みますが、次々石が投げられました。ジェンスは状況を本部に報告しました。

視界を失ったパトカーは衝突して止まりました。車から出たジェンスは、迫ってくる暴徒の群れを目にします。

移動手段を失った警官2人は、アモスと共に近くのアパートに逃げ込みます。本部に無線で救援を要請するジェンス。

しかし警察は各所で発生した暴動の対応に追われていました。救援は回せず、自力でスヴァルガルデン地区を出て、救出ポイントに向かえと告げる本部。

ジェンスとマイクは、アパートの地下の洗濯室で制服を隠す衣服を調達します。逃げるには邪魔なアモスを解放しようと、ジェンスは提案しました。

必ず連行する、それに解放すればアモスは暴徒に我々の所在を告げると反論するマイク。やむなくジェンスは、アモスに協力を求め脱出ルートを聞き出します。

本部に対し、自力でスヴァルガルデン地区を出るので、指定した駐車場に迎えを寄越して欲しいと連絡するジェンス。

制服の上に服を着て変装した警官2人は、アモスと共に脱出を図りますが、その途中で略奪を受ける商店を目撃します。

暴徒たちを叩きのめした2人に、こっちへ来いと商店主が声をかけました。

アモスと共に逃げ込んだ商店には、アラブ人の経営者家族がいました。通報しても警察は来ない、守ってくれないと訴えます。

商店主らにとって、アモスのような移民の若者の一部に振る舞いは、生活を破壊する許し難いものでした。

生命維持装置につながれていた警察の暴力の被害者、タリーブは家族の決断で人工呼吸器が止められ、死亡したと伝えるTVのニュース。

それに怒った移民たちがデンマーク各地で暴動を起こし、すでに23名の逮捕者が出たと報じます。

厳しい状況を覚悟し、ネックレスに下げた婚約指輪にキスをしたジェンス。

2人だけになった時マイクは彼に、お前は信用できるかと訊ねます。死亡したタリーブが暴行された現場に、ジェンスはいました。

タリーブを死に至らしめた警官のコゥフォードとポールセンは、間違った行動をとったが、それは恐怖から起きた一瞬の判断ミスだ。

それは彼らの人生を破壊するに値せず、我々警官は互いを助け合わねばいけない、と説得するマイク。

彼はジェンスに、罪を問われている警官に不利な証言はしないよう求めます。ジェンスが黙っていると、自分たちの置かれた危険な状況が明らかになります。

それは暴動の起きたスヴァルガルデンの街を逃げる、ジェンスとマイクの映像がSNSで広がっている事実でした。

これを見た暴徒は2人の警官を襲いに集まるでしょう。この店に隠れていても暴徒が来るのは時間の問題、ジェンスとマイクは脱出を決意します。

3人は白昼の街の中を進みます。ジェンスは逮捕したアモスを知っていました。彼の友人がコーチをしていたサッカーチームで、アモスは活躍していた選手でした。

話題はサッカーに移ります。移民の若者はアーセナルが贔屓チームだと言うマイクに、警官が好きなのはレアル・マドリードだと言い返すアモス。

そのレアル・マドリードはスター選手をかき集める、金満チームだと指摘するアモス。サッカーの話で和んだ空気が漂います。

なぜチームを辞めたのかと聞かれ、揉めたチームメイトが自分にナイフで脅された、と訴えたと話しました。

それは嘘だが誰も移民の若者の言い分は信じない。争うだけ無駄だと悟り、サッカーを辞めたと話すアモス。

3人は目的の駐車場に着きました。民間車を装った警察車両が待っています。

無線で間違いなく迎えの車両だと確認したマイク。しかし近づこうとした時、暴徒が車に火炎ビンを投げました。

燃え上がる車を見て、動揺を隠し引き返す3人。その姿を暴徒の1人が、スマホで撮影していました。

彼らはスヴァルガルデン地区の住人に監視されています。そしてバイクの一団が迫ってきます。

以下、『アンコントロール』のネタバレ・結末の記載がございます。『アンコントロール』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 TOOLBOX FILM.

3人は逃げますがマイクが遅れます。迫りくる暴徒に対して発砲するマイク。

建物の地下室に隠れることが出来ました。しかし警察本部は救援は送れないので、自力で脱出しろと指示してきました。

ジェンスはこの地区に住むアモスの家に隠れようと提案しますが、マイクは反対します。

嘘をついてでも、同僚を守らないジェンス。そんなお前を信用できるものかと、今までの不満をぶつけるように詰りました。

2人の警官が争いを始めた隙に逃げようとするアモスを、マイクは簡単に捕らえます。殴り合いを始めた2人の警官を見守るしかないアモス。

彼はマイクに組み伏せられたジェンスに、催涙スプレーを持たせます。ジェンスはそれをマイクの顔に浴びせ、銃を奪いアモスと共に逃げました。

マイクは自分の顔を必死に水で洗います。彼の手には結婚指輪を下げたジェンスのネックレスがありました。

アモスの自宅のあるアパートの広場に出たジェンスとアモス。暴徒に対し怒った住人による高層階からの狙撃が始まり、慌てて逃げ出します。

同じ広場に出たものの、暴徒と間違えられ腕を撃たれるマイク。アパートの廊下に逃げますが、関わりを避けたい住民は助けようとせず、意識を失うマイク。

逃げ込んだ地下室で、君の安全を最優先に行動するとアモスに告げたジェンス。アモスはパトカーに物を投げたのは自分だと認めました。

マイクが意識を取り戻すと、彼は空の浴槽に寝かされ点滴を打たれていました。誰かが近づく物音にナイフを出し身構えます。

現れたのはアビア(ウズレム・サグランマク)と名乗る看護士の女性で、出血がひどく生理食塩水を点滴したと説明します。また気を失ったマイク。

次に目を覚ますと、目の前に幼いアラブ系の少女がいました。その子の母親アビアは、今いるのは怪我をして助けを必要とする人だと教えます。

マイクは母娘の会話で、この家の息子がアモスだと知ります。家には彼の写真や、片付けられたサッカーチーム時代の彼のトロフィーがありました。

アモスの話は真実だったと知るマイク。アビアは息子が間もなく帰ると信じていました。TVは激化する暴動と、警察の暴行で死んだタリーブを悼む人々を紹介します。

そしてタリーブの母が、自分の息子の名を利用して騒ぎを起こさないで欲しい、子を失う親をこれ以上増やさないで欲しいと訴える姿を放送するTV。

デンマーク全土に拡大した人種暴動で、既に60名以上の逮捕者と、30名以上の負傷者の発生していました。

アビアに聞かれ、マイクは自分にも子供がいると答えます。アモスは良い子だと彼女は話します。

しかし息子は怒りを抱いている。それは彼が何を行っても、正しく評価されることが無いからだと語るアビア。

人から認められないでいると、やがて自分自身が信じられなくなる。アビアの言葉に、あの子なら大丈夫だと答えたマイク。窓の外には暴動で発生した火災の炎が見えました。

一方夜の街を歩いていたジェンスとアモスの目前で、信号弾が打ち上げられます。

前に立つ男を警戒するジェンス。しかし背後から殴られます。いつの間にか暴徒に囲まれていました。

彼らはジェンスが警官だと知っていました。ガスマスクを付けた男に銃を突き付けられるジェンス。

その時アモスが預かっていた銃をギャングたちに向けました。彼らが動揺した時、上空のヘリコブターからサーチライトが照射されます。

隙をつき銃を持つ男を倒したジェンス。銃を奪いギャングのリーダーに向けました。

押さえつけた男のガスマスクを取ると、現れたのは子供の顔です。アモスに落ち着くよう説得され、そのまま立ち去ったジェンス。

帰らない息子を心配したアビアは電話をかけますが、息子のスマホはマイクが持っていました。彼がアモスを逮捕した時に取り上げたものです。

息子のスマホをマイクが持っていたと知り驚くアビア。彼は自分は警官だと告げ事情を説明しますが、逃げようと大声を上げたアビア。

何もしないと告げ、彼女の口をふさぐマイク。騒ぎを聞いた近隣住民が集まり、彼女の身を案じ玄関の扉を破ろうとします。

警察の防弾チョッキのみで、銃を持たないマイクは家にあったモデルガンを掴み、それを住民に向けて部屋を出ました。

住人たちはモデルガンを持つマイクを避難し、その姿をスマホで撮影しますが手は出しません。

マイクがエレベーターを待っていると、住人が放した猛犬が襲ってきます。エレベーターの中で犬をナイフで刺し殺すマイク。

エレベーターが開いた時、マイクを見つけたのはイザら移民の自警団の少年です。

彼らはマイクをジェンスらと合流させ、無事に脱出させると告げました。逃走するジェンスの姿は撮影されSNSに流れ、移民たちの知るところでした。

どうして自分たちを助けるのかと聞かれると、ここで警官が死んだら厄介な事になるだけだ、と答えるイザ。

車に乗せられたマイクはまず放棄されたパトカーに向かわせると、そのトランクから自動小銃と無線機を手に入れます。

マイクが本部に無線で現状を報告していると、イザは毛布を渡し隠れるよう告げました。

車はギャングたちに停められます。イザの仲間の少年は外に連れ出され、ギャングの幹部オスマンが中に乗り込みます。

サミらの自警団の活動は無益なものだが、俺たちは違うと言ってイザをギャングに引き入れようようとするオスマン。

彼に気付かれ襲い掛かるマイク。イザと共に逃げますが、足を痛めたマイクは早く走れません。ギャングに撃たれたマイクを車の陰に隠すイザ。

マイクは自動小銃で反撃し、ギャングたちは逃げ出します。負傷し取り残されたオスマンに、マイクは立ち去れと命じます。

重い防弾チョッキを脱き捨てたマイクの元にイザが駆けつけます。助けてくれた彼に自分の警察ワッペンを渡し、お前は良い警官になれると告げたマイク。

マイクにスマホに送られた、逃げるジェンスとアモスの姿の動画を見せるイザ。彼らの姿は撮影され共有され、暴徒に追い詰められていました。

マイクはイザにその場所への案内を頼み、マンションの建設現場に到着しました。遅れがちなマイクを置いて先に走るイザ。

すると銃声が響きます。警戒しながら駆けつけたマイクが目にしたのは、ジェンスと射殺されたイザの姿でした。

暴徒の1人と思い射殺した、刑務所には行きたくないと呟くジェンス。

マイクは黙ったまま、イザのポケットを探って渡したワッペンを回収し、彼の手に拳銃を握らせます。お前は身を守る行動をしただけだと、口裏を合わさせるマイク。

彼はジェンスにネックレスを返し、アモスはどこにいるか、彼はイザを射殺するところを目撃したか確認します。

隠れていたアモスを見つけたマイクは、彼に銃を向けました。

怯えたアモスに母親が待っていると言い、ここから立ち去れと叫ぶマイク。アモスが走って逃げると、彼は自動小銃を棄てて立ちつくします。

武器の無いジェンスとマイクは建設現場を出て走ります。背後からは暴徒のバイクの音が聞こえてきました。

ジェンスは足を止めました。ネックレスの結婚指輪を取ると、自分の指にはめたジェンス。

彼は覚悟を決めたのでしょうか。バイクの集団に追いつかれ、ジェンスの周囲から騒ぎ声が聞こえてきます。構わず走り続けるマイク。

アモスは無事に、母の待つ自宅に到着していました。息子を抱いて迎えたアビア。

夜が明け始める頃に、マイクはスヴァルガルデン地区の外に待機する、警察の非常線に到着しました。

暴動の一夜が終わりました。果たして今日は、どのような一日になるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『アンコントロール』の感想と評価


(C)2020 TOOLBOX FILM.

アメリカで度々発生している、警官の過剰な暴力に対して反発して起きる人種暴動。2013年にSNSで「ブラック・ライヴズ・マター」という言葉が拡散し始めます。

2020年5月にミネアポリスで発生したジョージ・フロイド事件をきっかけに、全米で大きな抗議運動が発生し、「BLM運動」は頂点に達します。

この運動に反発する動きも現れて全米を二分する対立が発生し、アメリカ大統領選挙にも大きな影響を与えました。

そんな警察と黒人の対立構造を、そのまま移民問題に揺れるデンマークで再現した映画が『アンコントロール』です。

「未体験ゾーンの映画たち2021」の上映作品『デンマークの息子』(2019)といい、デンマークのこの問題への関心の高さが感じられます。

結果として時代を反映したアクション映画


(C)2020 TOOLBOX FILM.

2020年9月にベネチア国際映画祭で上映され、10月に本国で公開された本作。誰もがジョージ・フロイド事件とその後の暴動、そして「BLM運動」と結びつけるのも当然です。

しかし当然ながら、この映画の企画はそれ以前に開始しています。2人の監督は企画から映画の完成までに、6年間の月日を費やしました。

デンマークで人気の犯罪映画のジャンルで、新たなスタイルの作品を作ろうと挑んだ2人。

フレデリック・ルーイー・ウイー監督は、本作は1992年末に警官が左翼活動家に暴行を加えた事件から着想を得た、と語っています。

結果として移民問題に揺れるデンマークや、同じ問題を抱える世界を風刺する映画となった本作。

ラストでそれぞれの立場に立つ者も、全て同じ人間。そんな希望を描けたのは良かったとアンデルス・オルホルム監督は語りました。

暴動と逃走劇の舞台となるスヴァルガルデン地区も架空の場所。デンマークの観客に「この場所なら起こりうる」といった印象を与えない舞台として、様々な場所で撮影して作り上げたものです。

警官映画・逃走劇映画としても楽しめる作品

参考映像:『ベルファスト71』(2014)

本作をあえて社会派映画として捉えず、犯罪映画として見つめましょう。

2人の警官、良い警官と悪い警官が犯罪地域をさまよう映画と見れば、デンゼル・ワシントンがアカデミー主演男優賞を獲得した『トレーニング デイ』(2001)を思い出させます。

孤立無援で”敵地”から脱出する主人公を描いた映画も多数ありますが、民族間の対立・暴動が背景にあり、途中住民に匿われるところなどは『ベルファスト71』(2014)に類似しています。

企画の出発点は、こういった映画のデンマーク版でしょうか。2人の監督は警官を主人公にした、見どころの多いスリルあるアクション映画を作りたかったと語っていました。

そして現在世界に渦巻く2極的な対立構造。それがなぜ固定化し継続するのか、それを映画はテーマとして追及します。

力を入れ何度も脚本を書き直して描いたのは、最初に警官のマイクがアモスを身体検査をするシーンだと振り返る2人の監督。

このシーンでマイクは加虐者として振る舞い、アモスは犠牲者になる。しかしそれを目撃する警官のジェンスは、どちらに付くべきかのジレンマに陥る。

周囲の目に晒されることで、彼は更に身動きが取れなくなる、その姿を描いた意味を監督は強調しています。

また脚本を書いた段階で音楽をイメージしたとも語っています。映画の舞台、架空のゲットーであるスヴァルガルデン地区は、同時に映画の主人公でもある。

街が一変して狂暴な姿を見せる場面などで、力を発揮するのはBGM。これらの表現も監督たちが、最初から強く意識したものでした。

まとめ


(C)2020 TOOLBOX FILM.

重い政治的なテーマを描いているようで、逃走アクション劇でもある『アンコントロール』。

本作は政治的テーマよりも、対立構造に置かれた人間が遭遇する、様々な状況を描いたことで、誰もが身近に感じるメッセージ性を与えられました。

両監督もアメリカのジョージ・フロイド事件以降の様々な出来事が、あまりにも自作と類似した事実に驚きます。

一連の事件が起きる1年前には撮影を終えていた、将にこれは現実が映画に追いついた結果だと思うと、インタビューに答えていました。

様々な立場の人々が対話を始める事、対話を続ける重要性を描いた本作。

それを娯楽映画で描いた事で、多くの人々が難しい問題を話題にするきっかけになれば良い。そう願っていると最後に語った監督たち。

その願いは、本作を見た方には伝わったのではないでしょうか。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)RTI 1962

次回第21回は、ヤコペッティ監督没後10年企画として、伝説のモンド映画が甦る!『世界残酷物語』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『イコライザー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【デンゼルワシントンが19秒で悪を消去する】|すべての映画はアクションから始まる11

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第11回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『クライマーズ』感想と考察評価。チョモランマに挑む中国登山隊の実話を描くアクションアドベンチャー|すべての映画はアクションから始まる21

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第21回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』ネタバレあらすじと感想。タイトルの意味を解説|未体験ゾーンの映画たち2020見破録44

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第44回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第44回で紹介するのは、異色のハンティング映画『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』。 …

連載コラム

映画『ヴァンプスVAMPS』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末まで吸血鬼小説の世界観をロシア版VFXで描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー37

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第37回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『二宮金次郎』あらすじと感想。小田原を出て功績を挙げた尊徳の人間性|シニンは映画に生かされて9

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第9回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第9回でご紹介する作品は、約200年前、600以上の村 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学