Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/10/12
Update

映画『ベル・カント』ネタバレ感想と評価。渡辺謙×加瀬亮らは原作小説とテロ事件が生んだ“絆”に向き合う

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ベルカント とらわれのアリア』は2019年11月15日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー公開!

2001年に出版され、PEN/フォークナー賞とオレンジ賞(現在のベイリーズ賞)のフィクション部門最優秀賞、Amazonベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーを受賞したベストセラー小説を映画化した『ベルカント とらわれのアリア』。

1996年に実際に起こったペルー日本大使公邸占拠事件を題材に、テロ事件の最中で確かに生まれた人々の心の交流と、それによってもたらされた哀しみと感動を描きます。

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮、クリスチファー・ランバートといった国際色豊かなオールスターキャストが結集しました。

スポンサーリンク

映画『ベル・カント とらわれのアリア』の作品情報

(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Bel Canto

【原作】
アン・パチェット

【監督】
ポール・ワイツ

【脚本】
ポール・ワイツ、アンソニー・ワイントラーブ

【キャスト】
ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮、クリストファー・ランバート、セバスチャン・コッホ

【作品概要】
2001年のAmazonベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝いたアン・パチェットのベストセラー小説『ベル・カント(Bel Canto)』の映画化作品。

『アリスのままで』(2014)ではアカデミー賞・ゴールデングローブ賞のW受賞を果たした演技派女優のジュリアン・ムーアが主演を務めたほか、共演には国際的に活躍する日本人俳優の渡辺謙と加瀬亮、『サブウェイ』(1985)「ハイランダー」シリーズ(1986〜1994)で知られるクリスチファー・ランバートなど、国際色豊かなキャストが集いました。

映画『ベル・カント とらわれのアリア』のあらすじとネタバレ


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

南米・某国の副大統領公邸。海外にも多くの工場を展開する実業家であるホソカワは、政府から直々にパーティーへと招かれます。

某国での工場の開業には消極的なホソカワでしたが、彼をもてなすために招待された世界的オペラ歌手ロクサーヌ・コスによるサロンコンサートも開かれると聞き、通訳のワタナベゲンを伴って遠い国へと来訪しました。ホソカワはロクサーヌ・コスの長年のファンだったのです。

まさにコスが歌声を披露しようとしたその時、銃声が鳴り響きます。

銃声の主は、パーティーに出席予定だった大統領の命を狙うテロリストたちでした。ところが、当の大統領は直前に出席をキャンセルしていました。

目論見が外れたテロリストたちは、ホソカワやコス、フランス大使ら各国のVIPたちを人質にして立てこもります。


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

政府側は「テロリストとの交渉は行わない」という態度をとります。それに対し、テロリストたちはコスに外に向かって歌声を披露させ、中にいる人質は重要人物であることを知らせます。

事態が刻一刻と進む中、公邸の中では奇妙な連帯感生まれつつありました。

ホソカワとコスはファンと歌手以上の距離感を持ち始め、ゲンもまたテロリストの少女カルメンと惹かれ合います。


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

人質たちは貧困と格差からまともな教育を受けてこず、それ故といえる少年テロリストたちの勤勉さと純粋さを誉めます。そしてテロリストたちも、教養と優れた人格を併せ持つ人質たちに敬意と親愛を抱くようになっていきました。

確かな絆が育まれてゆき、かりそめの家族のような形を創り上げてゆく人質とテロリストたち。

ある、天気の良い日。テロリストたちは温かい日の光が差す庭に人質たちを連れ出します。そして、転がっていたサッカーボールで即席のサッカーゲームに興じ始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ベル・カント とらわれのアリア』ネタバレ・結末の記載がございます。『ベル・カント とらわれのアリア』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

ですがその時、爆音が公邸に響きます。特殊部隊による強行突入が始まったのです。

隙を突かれたテロリストたちは次々と銃弾に倒れていきます。

かろうじて最初の第一波をしのいだテロリストたちは、報復として一度は人質に銃口を向けます。ですが家族同然の関係となった人質たちを殺すことはできず、銃を下げてしまい、そのせいで次々と撃ち殺されていきます。

人質の中には「少年テロリストたちが丸腰だ」と訴えて特殊部隊に銃を下げるように求める者もいましたが、無情にもテロリストたちは一人、また一人と死んでいきます。

恐怖におびえるカルメンは銃を捨てて一人逃げ続け、ゲンはその後を追います。

一方、公邸の中にいたコスを守るために室内に飛び込んだホソカワ。そしてコスと銃口を向けらたカルメンを見つけると咄嗟にカルメンを庇い、コスの目の前で銃弾に倒れます。

一年後、コスは復帰コンサートを開催します。傍らにはゲンがマネージャーのように寄り添い、客席には一命をとりとめたホソカワ、そしてカルメンの姿がありました。

スポンサーリンク

映画『ベル・カント とらわれのアリア』の感想と評価


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

実際に起きた日本大使公邸占拠事件をベースにしていることもあり、本作を通じて渡辺謙と加瀬亮という『硫黄島からの手紙』のコンビが再共演を果たしました。

さらに実力派女優ジュリアン・ムーアやフランスのベテラン俳優クリスチファー・ランバート、Netflixドラマ「ナルコス:メキシコ編」などメキシコ映画界で活躍するテノッチ・ウエルタやグアテマラ出身の新進女優マリア・メルセデス・コロイなどが揃いました。

「どの物語も白人俳優に脚色し直す」というハリウッドの慣例“ホワイトウォッシュ”への批判もあり、近年では非白人のキャラクターはそのまま非白人系の俳優が演じることが当たり前になってきました。

その一方で、「元々の原作に描かれている非白人系のキャラクター自体が、フィクションの度合いが強い」というパターンも多かったようにも感じてます。忍者、サムライ、芸者、旧日本軍、ジャパニーズヤクザ、コギャルJKなどがその分かりやすい典型です。


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

ですが本作における日本人キャラクターは、比較的現実感を感じられる、むしろ現実にも存在し得るであろう日本人として描かれています

本作における渡辺謙の「日本人実業家」というキャラクターは『インセプション』でも演じているので定型的な日本人キャラクターではありますが、ホソカワは「冷徹なビジネスマン」と言うよりは「どこにでもいる中年男性」です。企業の長であるためそれ相応のバイタリティは持ち合わせていますが、決して飛び抜けた個性を持つ人間ではありません。

英語の壁がありますが、もっと普通の日本人が普通に観られるような作品が増えてくるのかもしれません。

まとめ


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

中盤から展開するテロリストと人質の交流劇は、よど号事件やパトリシアハースト事件などでも見られたと言われている「スットクホルム症候群」やモデルになった事件から名付けられた「リマ症候群」、極度の緊張状態における「つり橋効果」などの言葉で語ってしまえばそれまでのことです。

ただ、そこにあったのは「人の心と心の触れ合い」であったこともまた真実です。


(C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

本作はフィクションであることからもよりドラマティックになっていますが、根本の部分では決して変わっていないのでしょう。それゆえに、突撃後のテロリストの表情の切なさが際立ちます。

実際の事件では全員死亡し、人質にも死者が出ていますが、映画ではテロリストグループの少女・カルメンが生き残ります。そこからは、「せめてフィクションの中では一筋の希望の光を残しておきたい」という作者の想いを感じることができます。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画MR.LONG/ミスター・ロン|あらすじと感想。チャン・チェンが座頭市のような勇姿を見せる!

2017年公開される映画のなかで文句なしにベスト級な作品なのが『MR.LONG/ミスター・ロン』。 ドイツ・香港・台湾・日本合作で製作された本作は、ベルリン映画祭コンペティション部門に正式出品され、主 …

ヒューマンドラマ映画

『億男』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説。お金の意味と運用の金言書の紹介も

あなたは、お金とどう付き合っていますか? お金で買えるもの。お金じゃ買えないもの。分かっているようで分かっていないお金のこと。 『億男』の原作は、2014年に雑誌『BRUTUS』で連載された後、刊行さ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ルーム』あらすじネタバレと感想。動画無料視聴はHulu!

映画「ルーム』で、2016年に米アカデミー賞の主演女優賞を受賞して以来、一気にスターダムにのし上がった女優ブリー・ラーソン。 彼女の魅了もさることながら、ハリウッドの子役ジェイコブ・トレンブレイの幼い …

ヒューマンドラマ映画

映画『あいあい傘』あらすじネタバレと感想。親子の絆を倉科カナ&立川談春の共演で描く

夫婦で歩くということは「あいあい傘」で歩くのと一緒。肩を寄せ合い、一歩一歩、歩いて行くのです。 25年前に姿を消した父を探しにやってきた娘は、新しい家族を築き幸せそうに暮らす父の姿を目の当たりにします …

ヒューマンドラマ映画

映画『海賊とよばれた男』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も【岡田准一×山崎貴おすすめ代表作】

2013年度本屋大賞第1位を獲得した百田尚樹のベストセラー小説を映画化『海賊とよばれた男』 映画『海賊とよばれた男』は、出光興産の創業者の出光佐三をモデルにした主人公を国岡鐵造を岡田准一が演じ、そのほ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学