Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画プリレジェ『PRINCE OF LEGEND』ネタバレ感想。LDHのブランド拡大とキラキラ映画へのアンチテーゼ

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『PRINCE OF LEGEND』は3月21日(木・祝)より全国東宝系にて公開!

「HiGH&LOW」のチームが再結集!大型企画プリンスバトルプロジェクトの一つの節目になる劇場版『PRINCE OF LEGEND』。

ある日、白馬に乗った王子が現れたらというシンデレラ願望に徹底的に挑んだ企画作品。

プリンスバトルプロジェクトでは、2018年秋のテレビドラマや映画版に加え、ゲームでの展開も始まっています。

各王子たちを演じるのは、EXILE以下多数のグループを擁するLDH所属のイケメン組。

また主題歌と王子グループのイメージソングをm-flowが担当しているのも話題です。

スポンサーリンク

映画『PRINCE OF LEGEND』の作品情報


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

【公開】
2019年(日本映画)

【エグゼクティブプロデューサー】
EXILE HIRO

【脚本】
松田裕子

【監督】
映画パート監督:守屋健太郎
ドラマパート監督:河合勇人

【キャスト】
片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久、鈴木伸之、川村壱馬、佐野玲於、関口メンディー、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、町田啓太、清原翔、遠藤史也、こだまたいち、加藤諒、大和孔太、白石聖

【音楽】
中野雄太

【主題歌・挿入歌】
m-flow『Piece of me』

【作品概要】
「EXILE TRIBE」のメンバーが出演して話題となったを「HiGH&LOW」プロジェクトの製作陣が、再びドラマ、映画、ゲーム、ライブなどを連動して新たに展開する「プリンスバトルプロジェクト」の長編映画。

キャストは片寄涼太、鈴木伸之、佐野玲於、清原翔、町田啓太、飯島寛騎たちが参加。ヒロインの果音を務めるのは新進女優の白石聖。

映画『PRINCE OF LEGEND』のキャラクターとキャスト


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

成瀬果音(白石聖)
様々な事情から多くの王子たちに好意を寄せられることになる女子高生

TEAM奏
通称セレブ王子朱雀奏(片寄涼太)率いるチーム。
メガネ王子久遠誠一郎(塩野瑛久)と下克上王子楠本元(飯島寛騎)が脇を固める。

TEAM京極
ヤンキー王子兄京極尊人(鈴木伸之)とヤンキー王子弟京極流(川村壱馬)。

TEAM生徒会
生徒会会長の綾小路葵(佐野玲於)が中心のチーム。
金髪SP王子ガブリエル笹塚(関口メンディー)が支える

TEAMネクスト
下級生TEAMダンス王子レッド天堂光輝(吉野北人)ゴールド日浦海司(藤原樹)ブラック小田島陸(長谷川槙)

TEAM3B
彼氏に指定はいけない職業美容師王子嵯峨沢ハル(清原翔)バーテンダー王子翔(近藤史也)バンドマン王子TAICHI(こだまたいち)の卒業生トリオ

TEAM先生
伝説の王子を目指す先生王子結城理一(町田啓太)

TEAM理事長
王子研究の第一人者である理事長実相寺光彦(加藤諒)と秘書官服の部悠太(大和孔太)朱雀俊哉(六角精児)奏と京極尊人の父。初恋の相手は果音の母


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

スポンサーリンク

映画『PRINCE OF LEGEND』のあらすじとネタバレ


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

総資産数兆円ともいわれる朱雀グループの御曹司の奏は、父親の俊哉に頼まれ、俊哉の初恋の相手の忘れ形見果音の前に現れ、生活の援助を伝えます。

果音に一瞬にして心奪われた奏でしたが、正当な理由ではないと援助を断る果音とは、言葉のやり取りではどうしても反発しあってしまいます。

その状況を知った俊哉は、奏の異母兄弟京極尊人を呼び出して果音のことを頼みますが、奏も尊人に任せられないと言って自分こそが果音を守れるといって引き下がりません。

奏。京極兄弟に加えて果音の兄代わりだった嵯峨沢ハルや年下ながらも果音に想いを募らせます。

天童光輝、奏をライバル視し続ける生徒会長の綾小路翔が果音の前に現れました。

さらに王子研究の第一人者を自認する学園五理事長の実相寺光彦の策略もあって、果音を取り巻く王子たちは伝説の王子を決める“プリンスバトル”に参加することになります。

以下、『PRINCE OF LEGEND』ネタバレ・結末の記載がございます。『PRINCE OF LEGEND』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

各バトルを乗り越えて最終的に三代目伝説の王子の称号を得たのは奏でした。

これで果音の心を手にできると思った奏ですが、これはお金のために実相寺から頼まれた演技だったと言って奏の告白を断ります。

しかし、断った直後に果音が右の頬をつねっているのを尊人は見てしまいます。

尊人は本心を偽っているとき、心が浮き立ちそうな時、冷静でいるために果音は、自分の頬をつねっているのでは果音に尋ねます。

実は奏は覚えてすらいませんでしたが、果音は奏が現れるはるか以前に、奏と出会っていて密かに思いを寄せていました。

それでも、住む世界が違うと考えた果音は、わざと奏に素っ気ないふりを見せていたのです。

全てを知った奏は独り、果音のもとに駆け付けしっかりと彼女を抱きしめるのでした。

映画『PRINCE OF LEGEND』の感想と評価


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

LDHのブランド拡大とキラキラ映画へのアンチテーゼ

同じスタッフ・キャスト陣で作られている「HiGH&LOW」シリーズが少年マンガ的世界を極端な描写で映像化させたのに対して、この『PRINCE OF LEGEND』の企画では少女コミック的な世界を同じ熱量で極端に映像化しました。

ただ、その一方で数多く制作された青春恋愛モノ(大半がコミックかライトノベル原作)の映画作品に対してアンチテーゼ的な作品でもあります。

過去に恋愛モノで多くの相手役を輩出してきているLDHがある意味、自分で落とし前をつけに来た恰好になります。

LDHとしても人材と体制が整い始めたことも大きいといえるでしょう。

新作が予定されている「HiGH&LOW」シリーズでの実績も生きていると思います。


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

LDHは女性グループE.G.familyも含めて国際的な活動を進めています。

欧米に拠点を作り、英語圏の作品にも出演するメンバーも増えてきました。

音楽にとどまらず映画・ドラマ・舞台などのエンタテイメントの面でももはや無視できな一大勢力になりつつあります。


(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.

スポンサーリンク

まとめ

本作プリレジェこと、『PRINCE OF LEGEND』は、さまざまの14人の王子たちが登場し、各キャラクターがなぜ伝説の王子を目指すことになったのかを描いています。

2018年に放送されたテレビドラマシリーズ「PRINCE OF LEGEND」のクライマックス的な作品です。

14人の王子たちによる“3代目伝説の王子の座”を賭けた激しいバトルはファンならずとも必見です。

映画『PRINCE OF LEGEND』は3月21日(木・祝)より全国東宝系にて公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

舘ひろし映画『終わった人』あらすじと評価感想!エキストラ募集も

俳優の舘ひろしと黒木瞳が2018年公開の映画『終わった人』でダブル主演すること発表されました! 昔からの知人ではあったものの意外なことに映画では初共演の顔合わせ。しかも夫婦役を務めることで話題になりそ …

ヒューマンドラマ映画

三宅唱映画『Playback』あらすじネタバレと感想。村上淳×渋川清彦×三浦誠己の演技力がモノクロームに輝く

ひとりの俳優の人生の岐路を、美しくも刹那的なモノクロームの世界で描く映画『Playback』。 東日本大震災から間もない水戸市。人の住む気配のない共同住宅の前の道を、少年がスケボーで通り過ぎる。 主人 …

ヒューマンドラマ映画

オムニバス映画『21世紀の女の子』ネタバレ感想。若き女性監督たちの邦画アンソロジー

21世紀の女の子の、女の子による、女の子のための、とびっきりの映画たち! 山戸結希監督が企画・プロデュース・共同監督を務めた本作。 1980年代後半~90年代生まれの新進女性映画監督15人が演出を務め …

ヒューマンドラマ映画

ダンサーインザダーク動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は、第53回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルム・ドールを受賞して、ストーリー展開のあまりに衝撃さに賛否両論が巻き起こり、大きな反響を呼んだ作品。 努力が報われない。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルビノの木』あらすじと感想レビュー!ロケ地紹介も

自然と人間の関係を真摯に見つめ直した金子雅和監督の『アルビノの木』は、農作物を喰い荒らす害獣駆除に従事する若者が、山に生きる人たちにとって、長きにわたって特別な存在として敬ってきた一頭の白鹿を撃つため …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP