Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『椿三十郎(1962)』ネタバレあらすじ感想と評価解説。黒澤明監督が魅せるラスト血しぶきの決闘は“必見活劇”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

名作『用心棒』の続編的作品で再び世界のミフネが登場

名匠・黒澤明監督による名作『用心棒』の続編ともいえる作品。前作に続き世界的人気を誇る三船敏郎が主演を務めます。

より人間味が増した三十郎が、上役の不正を暴こうと立ち上がった9人の若侍を助けて、ユーモアと知略を駆使して奮闘するさまを生き生きと描きます。有名なラストの決闘シーンは必見です。


(C)1962 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

今作でも敵方の不敵な用心棒役を仲代達矢が好演。加山雄三、田中邦衛らが血気にはやる若侍を演じます。

荒っぽい気性ながら、若者たちを見捨てられない温かな性格の三十郎が魅力的に描かれます。殺陣のみどころたっぷりの本作の魅力をご紹介します。

映画『椿三十郎(1962)』の作品情報


(C)1962 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
1962年(日本映画)

【原作】
山本周五郎

【監督】
黒澤明

【脚本】
菊島隆三、小国英雄、黒澤明

【キャスト】
三船敏郎、仲代達矢、加山雄三、入江たか子、伊藤雄之助、団令子、志村喬、久保明

【作品概要】
名匠・黒澤明監督による名作『用心棒』(1961)の続編ともいえる作品です。前作では桑畑を名乗った三十郎が、「椿三十郎」として活躍します。

凄腕の三十郎、不敵な敵の用心棒、頼りない9人の若侍、朗らかな城代家老の奥方と娘、それぞれの個性が光ります。

加山雄三、田中邦衛ら演じる、不正を暴こうとする若侍たちをうまく制御しながら助け、仲代達矢演じる敵方の用心棒・室戸と知恵比べしながら敵を討つ三十郎が魅力的に描かれます。『用心棒』に引き続き、三船敏郎と仲代達矢の壮絶な一騎討ちがみどころです。

映画『椿三十郎(1962)』のあらすじとネタバレ


(C)1962 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

森の中の社殿で、9人の若侍たちが密談していました。リーダー格の井坂は、次席家老の汚職について叔父である城代家老・睦田に告げたものの、意見書を破り捨てられたと話します。その後、大目付・菊井の賛同を得られたと聞いた若者らは喜びました。

しかし、そこに突如浪人が現れ、菊井こそが黒幕だと見抜いて教えます。まもなく菊井がこの社殿にやってくると聞いた浪人が慌てて外を見ると、案の定、菊井の懐刀である室戸半兵衛率いる大勢の敵が取り囲んでいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『椿三十郎(1962)』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『椿三十郎(1962)』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)1962 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

浪人は機転を利かせてひとりで社殿にいた風を装い、若者たちを軒下に隠して助けてやります。

次は城代が危ないという浪人の心配が的中し、すでに睦田は菊井によって連れ去られた後でした。

浪人らは見張りの隙をついて睦田の奥方と娘を助け出し、敵方・黒藤の屋敷の隣にある寺田家に匿います。奥方から人を斬ってはいけないと叱られた浪人は、人質にした見張りを殺さずに一緒に連れて行きました。

奥方から名を聞かれた浪人は、椿屋敷と呼ばれるほど見事な黒藤の庭を見て、「椿三十郎」と名乗ります。

菊井は自分の汚職を睦田になすりつけようとしますが、睦田は応じようとはしませんでした。若侍らをおびき寄せるために、菊井らは空の駕籠を使います。三十郎の警告を聞かずに若者たちは飛び出して行きましたが、すんでのところで罠だと気づいて助かりました。

睦田の行先を探るために、三十郎は室戸のもとを訪れます。室戸は菊井の悪事を知りながら、自分の利益のために菊井を利用しようとしていました。

ところが、三十郎を信用しきれない保川らが後をつけてきており、室戸にみつかって囚われたために計画は破綻します。三十郎は室戸が味方を呼びに行った隙に、菊井の家来を皆殺しにして若者らを助け出しました。その後、戻った室戸には大勢の襲撃を受けたと三十郎は嘘をついて去ります。

椿屋敷から流れる小川に、井坂が書いた意見書の破片が流れてきたのを見て、三十郎らは睦田が黒藤屋敷に囚われていることを知ります。

屋敷から離れた場所に敵を誘い出すために、三十郎は若侍らを町はずれの寺で見たと、菊井一味に嘘を言います。三十郎から送る襲撃の合図は、色は何でも構わないから小川にたくさんの椿を流すことに決まりました。

しかし、三十郎は寺の山門の上で寝ていたときに若侍らを見かけたと室戸に話します。しかし、椿を大量につんでいるところを室戸にみつかって怪しまれ、捕らえられました。

その後、刀についた血脂を見られ、寺に山門がないことがばれた三十郎は縛り上げられてしまいます。

室戸がいなくなった後、三十郎は菊井の手下たちに隣屋敷に襲撃を準備中の仲間がいることを教え、赤い椿は襲撃の合図、白い椿は中止の合図だと嘘を教えました。手下らは驚いて慌てて白い椿を大量に小川に流します。椿を見た井坂らが、すぐに黒藤の屋敷に乗り込み、睦田を救い出しました。

睦田は祝いの席で若侍らに感謝を述べた後、菊井らが厳しい処分を受けたこと、そして本当は穏便な処遇にしてやりたかった思いを話します。

三十郎は祝宴につかないまま、姿を消していました。若者たちは慌てて彼を探しに飛び出します。

すると、三十郎が室戸から決闘を申し込まれているところに遭遇しました。戦いを拒もうとする三十郎でしたが、室戸は引き下がりませんでした。

決闘が始まった瞬間に三十郎の刀が室戸の胸を切り裂き、勝負はつきました。三十郎は室戸を自分と同じく抜身の刀のような男だったと話し、若者たちにそうならないようにと諭します。

それから「あばよ」と言い捨てて、三十郎は去って行きました。

映画『椿三十郎(1962)』の感想と評価


(C)1962 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

生き生きとした登場人物たち

大ヒット作『用心棒』の続編ともいえる本作は、さらに登場人物たちの魅力が際立ち、誰もが楽しめる傑作です。

主人公の三十郎は、剣の達人で荒っぽい気性ながら、実は人情味あふれる心優しい男です。名を聞かれた彼は、美しい椿を見て「椿三十郎」と名乗ります。腹から吠えるような声で話し、凄みあるオーラを発する野生的な主人公を、三船敏郎が今作でも魅力たっぷりに演じています

彼は偶然、不正を正そうとしている9人の血気盛んな若侍と遭遇し、彼らのあまりに危なっかしいさまを見て思わず力を貸すことになります。

若者のリーダー格・井坂を加山雄三、三十郎を信じ切れずいつも突っかかる青年を田中邦衛が、生き生きと演じています若き日の彼らを観ることができるのも本作のみどころのひとつです。

若者たちは、誉めたいときも悪口しか言えない三十郎という男を、理解できる人間とできない人間に分かれてしまいますが、やがて彼の本質に気づいて従うようになっていきます。

入江たか子演じる、三十郎らに助けられた城代の奥方のキャラクターが素晴らしく魅力的です。浮世離れしたお姫様のような女性で、必死の思いで自分たちを救出してくれた三十郎に向かい、殺生はいけないと諭します。三十郎の困り果てた顔や、仕方なく人質を斬らずにつれて逃げる様子に思わず笑ってしまうことでしょう。天衣無縫な面がありながらも品のある女性を、入江たか子がつややかに演じています。

その後、人質までが奥方のやさしさにすっかり参ってしまい、三十郎らに協力するようになっていきます。このくだりもとてもコミカルで楽しく、作品に温かみをもたらしています。

そして、今作でも敵役を演じる仲代も負けていません。ギラギラとした目で隙のない腕の立つ男で、しかも主君の悪事を知りながら目をつぶって自分に利益が入ることをもくろむ切れ者の室戸をこの上なく魅力的に演じます

ストーリーの面白さとともに、それぞれのキャラクターの魅力を存分にお楽しみください。

見事な殺陣の連続に魅了される

見事な殺陣のシーンも本作の大きな見どころとなっています。三船敏郎の流れるような剣さばきに見惚れるばかりです。

どんなに大勢の敵がいようとも、三十郎は一瞬で斬り捨てていきます。そんな彼を、「鞘におさまらない刀のように危険」だと表現した城代の奥方の目は見事です。

奥方に殺生を諫められてからは、できるだけ人を斬らないように心に留めようとする三十郎ですが、若者たちを守るためにやむなく敵を倒していきます。棋士が素人に決して負けることがないのと同じように、三十郎も危なげなく勝ち続けます。

三十郎の凄さは剣の腕だけではありません。かなりの知恵者である三十郎は、敵を欺くことにも長けています。彼の話術や芝居は、痛快としか言いようがありません。

彼は敵の強さを測ることにも確かな目を持っていました。菊井の懐刀の室戸の力量にいち早く気づいた三十郎は、決して真っ向勝負を仕掛けずに、知恵を使って立ち回ります。

しかし、とうとう最後、室戸から一対一の決闘を申し込まれます。三十郎は、自分と似たところのある室戸との勝負を拒みますが、何度も出し抜かれたことに怒りを抑えられない室戸はがんとして受け付けませんでした。

一瞬で決着のつく血しぶき上がるラストの決闘の場面は、映画史に残る名シーンです。

まとめ


(C)1962 TOHO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

三船敏郎の魅力がまぶしいほどに輝く名作『椿三十郎(1962)』まだ青い若侍9人を守りながら奮闘する剣士・三十郎に、いつの間にかすっかり魅了されてしまいます

笑いあり涙ありの人生を懸命に生きる人々の姿からも、片時も目が離せません。

三十郎の生き方に感動し、9人の若者たちと共に思わず彼に深く頭を下げたくなります。去り行く背中に、「男の美学」の重みを感じるに違いありません




関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】線は、僕を描く|あらすじ結末感想と評価解説。水墨画の描き方に心情を乗せることで映画ならではのカタルシスを魅せる

すべてを失った青年が出会う水墨画の世界 古来に中国から日本に伝わり、室町時代に独自の進化を遂げた「日本水墨画」。 しかし、水墨画は日本の文化の歴史を紐解く重要な要素である一方で格式高いイメージもあり、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星】

映画『虹色デイズ』は、7月6日(金)より全国公開! 水野美波の同題人気コミックの映画化した。佐藤令於、中川大志、高杉真宙、横浜流星といった若手のホープが揃った男子生徒目線で描く学園ラブストーリー。 ま …

ヒューマンドラマ映画

『香港の流れ者たち』あらすじ感想と評価解説。ジュン・リー監督がホームレスたちの尊厳をかけて闘う人間模様を描く

映画『香港の流れ者たち』が、2023年12月16日(土)よりユーロスペース、2024年1月6日(土)より大阪シネ・ヌーヴォほかで全国順次公開! 香港アカデミー賞11部門、台湾アカデミー賞12部門を席捲 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガザの美容室』あらすじとキャスト。双子監督タルザン&アラブ・ナサールの思いとは

映画『ガザの美容室』は、2018年6月23日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 パレスチナ自治区に飛び地としてあるガザ地区、それでもオシャレして、メイクして、おしゃべりして …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンドラの小さな家』あらすじ感想と評価解説。キャストのクレア・ダンが実話を基に人生の再出発を描く

映画『サンドラの小さな家』は2021年4月2日(金)より公開。 アイルランド出身の女優クレア・ダン。舞台出身の彼女が、家を失った友人の話から着想を得て脚本を書き上げた『サンドラの小さな家』。 その脚本 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学