Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ジョージ・ワシントン』あらすじと感想。デヴィッド・ゴードン・グリーンが幻のデビュー作で描く人間の純粋な強さ|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館5

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

2018年3月から一時閉館していた京都みなみ会館が、2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活。

リニューアル記念イベントとして、2019年9月6日(金)からグッチーズ・フリースクール×京都みなみ会館共同企画『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』が開催されます。

ポール・トーマス・アンダーソンやウェス・アンダーソンの劇場未公開作品や、アカデミー賞に3部門で7回ノミネートされている常連監督のアレクサンダー・ペインの、デビュー作など、全ての作品が未公開作品で、中にはソフト化されていない作品も公開される、貴重な上映イベントです。

今回は、その中から、2019年公開の『ハロウィン』で、監督と脚本、製作総指揮を務めたデヴィッド・ゴードン・グリーンの長編デビュー作で、貧困と怠慢に呑み込まれた町で、力強く生きる少年の物語を描いた作品『ジョージ・ワシントン』をご紹介します。

【連載コラム】『ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館』記事一覧はこちら

映画『ジョージ・ワシントン』の作品情報

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
George Washigton

【監督・脚本】
デヴィッド・ゴードン・グリーン

【キャスト】
キャンディス・エヴァノフスキー、カーティスコットンIII、ドナルド・ホールデン、ポール・シュナイダー、エディ・ラウズ

【作品概要】
2008年の映画『スモーキング・ハイ』(日本劇場未公開)でカルト的な人気を獲得し、2013年のロードムービー『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』(日本劇場未公開)で、第63回ベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)を受賞したデヴィッド・ゴードン・グリーン。

彼が、2000年に友人たちと資金を出し合って制作した長編監督デビュー作です。

ニューヨーク批評家協会賞新人監督賞などを受賞し、完成度の高さが話題になっています。

映画『ジョージ・ワシントン』のあらすじ


映画『ジョージ・ワシントン』

かつては活気に溢れていた、ノースカロライナ州の田舎町。

出口の見えない貧困から、町には怠慢な空気が溢れており、男達は労働意欲を失い、女達は町から出る事を望んでいます。

家庭の事情で、叔父の家で妹と暮らしている少年ジョージ。

彼は頭骨が赤ん坊のように柔らかい事から、いつもヘルメットを被って生活しており「100歳まで生きる」「アメリカ合衆国大統領になる」事を夢見る少年です。

ジョージは、友人のバディ、バディの兄貴分のバーノン、いつも無表情の少女ソニア、そして、ジョージの大人びた雰囲気に憧れる少女、ナーシャ達と毎日を過ごしていました。

ナーシャが恋人関係だったバディと別れ、ジョージへ乗り換えた事で、若干関係がギクシャクしていますが、交友関係は良好です。

ジョージは年老いた野良犬を飼い始め、可愛がりますが、動物嫌いの叔父に見つかると殺されてしまう為、家の裏に隠します。

ある日、ジョージはバディとバーノン、ソニアとトイレでふざけあっていました。

ですが、ジョージに押されたバディが滑って頭を強打し、後頭部から血を流します。

突然の事に戸惑うジョージ達。

やがて、バディは激しく暴れた後に、倒れたまま動かなくなってしまい…。

ジョージを取り巻く残酷な環境

貧困と怠慢に呑み込まれてしまった、ノースカロライナ州の田舎町を舞台に、少年ジョージの成長を描く本作。

ジョージは友人たちと毎日を過ごしていますが、学校にも通っておらず、何をする訳でもなく、ただ日々を生きています。

彼は訳あって叔父の家族と暮らしていますが、叔父は日夜、黙々と薪を割り続け、ジョージと会話をしません。

荒廃した建物などから、明らかに終わりを感じる街並みと、その中で人間らしく生きている人達が対照的な環境。

ジョージは他の子どもたちがはしゃいでいる時も、どこか距離を置き、その目は遠くを見つめています。

ジョージたちには、常に気にかけてくれている青年グループがいますが、彼らは常に集まって冗談話ばかりをしており、その将来性の無さからか、町の女性達は周囲の男達にうんざりしている様子で、いつか町を出る事を望んでいます。

青年達には、人の好さと温かみを感じますが、町の倦怠感に呑み込まれ、ただ時間を潰しているようにも見えますし、この町で生き続けている以上、ジョージは同じ人生を歩むでしょう。

未来への可能性を感じず、打破する為のキッカケも掴めない絶望的な環境。

それが、本作の舞台となっています。

ジョージを変える死生観

未来への可能性を感じないまま、同じメンバーと、何をするでもない毎日を過ごしていたジョージですが、ある出来事により、物語は大きく動きます。

それは、ある人の死に直面したショックがキッカケとなります。

この出来事により、ジョージとバーノン、ソニアの言動が大きく変わり、ジョージはバーノン達と、決別したとも取れるセリフを終盤に話します。

また、ジョージは、ある人の命も救う事になり、ここからヒーローになる事を強く意識するようになります。

倦怠感に呑み込まれた町で、ジョージの人生観が変わる、2つの命に関わるエピソード。

本作中盤の軸となっているので、ここに注目していただきたいです。

貧困と怠慢を打ち砕く純粋な願い

2つの命に関するエピソードを経て、精神的な成長を見せるジョージ。

彼はヒーローになる為に、ある行動を起こすようになります。

その行動は、見ようによってはコミカルに映るかもしれませんが、彼の純粋な気持ちが反映されており、影響を受ける人間も現れます。

無力だったジョージが、未来を変える為に起こす、小さな、本当に小さな戦いの1歩。

また、黒人であるジョージが目指すのは「アメリカの大統領」。

アメリカで初の非白人の大統領、バラク・オバマが誕生したのは2009年で、本作が制作されたのは2000年。

黒人大統領の誕生は、遠い未来の話でした。

本作のタイトル『ジョージ・ワシントン』は、アメリカの初代大統領である事を踏まえると、未来に希望を持てない町で、誰もやらなかった事を始めた少年を描いた本作は、新たな価値観を創造する力を持つ、人間賛歌のように感じます。

つまりは「初めての事は難しいが、不可能な事など何も無い」と感じ、本作が長編デビュー作となった、デヴィッド・ゴードン・グリーンの、作品への意気込みを感じます。

まとめ


映画『ジョージ・ワシントン』

本作は、前述したように貧困に呑み込まれた町を舞台にした物語です。

ですが、貧困という感覚は、大人にならないと持ちえない感覚で、町で生まれ育ったジョージ達に関しては関係のないことですし、考えた事もないかもしれません。

大人からすると、将来に繋がらない生き方しかできないジョージ達は、可哀そうに感じるかもしれませんが、ジョージ達にすれば、町の廃墟を訪れるだけで冒険になり、毎日が発見の連続だったのかもしれません。

少年達の感性を反映させるように、町の描き方はスローモーションなどを多用し、幻想的に描かれています。

大人にとっては当たり前の事でも少年達にとっては新しい事、そして、その感覚を忘れなければ、常に新たな事は生まれ続けるはずです。

本作のタイトルにもなった「ジョージ・ワシントン」が、アメリカ建国の父と呼ばれている部分を考えても、本作は、人間の持つ創造性を描いた作品であると言えます。

【連載コラム】『ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『氷がすべてを隔てても』ネタバレあらすじ評価と結末の感想解説。実話の極地探検から描く2人の男の‟絆と信頼”|Netflix映画おすすめ88

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第88回 映画『氷がすべてを隔てても』はアイスランド・デンマーク合作の事実に基づくサバイバルヒューマンドラマ作品。 1909年にデンマークが …

連載コラム

『スウィンダラーズ』はヒョンビンの正統派アイドル映画|コリアンムービーおすすめ指南1

連載コラム「コリアンムービーおすすめ指南」第1回 はじめまして。このたび韓国映画に関するエッセイを書かせていただくことになりました西川ちょりと申します。 Cinemarcheでは通常の「あらすじ感想」 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第4講「喜劇的な行為について:ヘーゲルの喜劇論と映画」

講義「映画と哲学」第4講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第4講では、ヘーゲルの喜劇論とともに、1895年にリュミエール兄弟が上映した『水をかけられた水撒き人 …

連載コラム

『迫り来る嵐』ネタバレ解説と監督ドン・ユエの演出を考察。激動の中国で不安定な人間心理を描く|サスペンスの神様の鼓動7

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、香港返還に揺れる激動の中国を …

連載コラム

『キャノンフィルムズ爆走風雲録』感想と考察。大ヒット映画会社は何故崩壊したのか|だからドキュメンタリー映画は面白い10

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第10回 映画制作に情熱を注いだ2人の男の、友情と確執の果てにあるものとは、一体なんだったのか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第10回は、20 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学