Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/26
Update

映画『キング・ジャック』あらすじと感想。チャーリープラマーがいじめられっ子を演じた青春ドラマ|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館3

  • Writer :
  • 松平光冬

背伸びする10代少年の成長を追った、みずみずしいジュブナイルストーリー。

2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活した映画館、京都みなみ会館。

そのリニューアルを記念して、9月6日(金)からは『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』が開催されます!

ポール・トーマス・アンダーソン、ウェス・アンダーソン、アレクサンダー・ペインといった、今や映画界の寵児となったフィルムメーカーのデビュー作を含めた9作品がラインナップ。

その中の一本、2015年製作の『キング・ジャック』(2019)は、『荒野にて』(2019)の演技で一躍注目された若手俳優チャーリー・プラマーが初主演した、みずみずしい青春ドラマです。

【連載コラム】『ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『キング・ジャック』の作品情報

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
King jack

【監督・脚本】
フェリックス・トンプソン

【キャスト】
チャーリー・プラマー、コリー・ニコルズ、クリスチャン・マドセン、ダニー・フラハティ、エリン・デビー、ヤニス・イノア、スカーレット・リズベス、クロエ・レヴィーン

【作品概要】
『荒野にて』(2019)の演技で、ヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)に輝いたチャーリー・プラマーが、2015年に初主演した青春ドラマ。

悩める少年の成長を描いた本作は、2015年のトライベッカ映画祭で観客賞を受賞しました。

主な共演者に、『クリミナル・タウン』(2017)のダニー・フラハティ、俳優マイケル・マドセンの息子クリスチャン・マドセンなど。

監督と脚本は、本作が初の長編映画となるフェリックス・トンプソンです。

映画『キング・ジャック』のあらすじ

映画『キング・ジャック』

ニューヨーク郊外にあるキングストンで、15歳の少年ジャックは、看護師の母カレンと自動車整備士の兄トムの3人で暮らしています。

ジャックは、学校で“かさぶた”というあだ名で呼ばれており、さらに上級生のシェーンに目をつけられ、事あるごとに嫌がらせを受けています。

ある日の朝、ジャックはそのうっぷん晴らしにシェーンの家に忍び込み、スプレーでいたずら書きをします。

しかし、その仕返しとして、片想いしているロビンの前でシェーンにスプレーを浴びせられる始末。

ロビンの女友だちのハリエットが心配して声をかけるも、ジャックは逃げるようにその場を去るのでした。

そんな中、ジャックの叔母にあたるカレンの妹が入院することとなり、彼女の息子ベンを家で数日預かることに。

年下のいとこの面倒を見ることがおっくうなジャックは、最初こそ邪険に扱うも、次第にベンと打ち解けていきます。

ところが、シェーン率いる悪ガキ集団と出くわしてしまい…。

スポンサーリンク

注目の若手スター、チャーリー・プラマーの初主演作

参考映像:『荒野にて』予告

本作『キング・ジャック』は、『荒野にて』(2019)の演技でヴェネチア国際映画祭の新人俳優賞に輝いた若手俳優、チャーリー・プラマーの初主演作です。

1999年に映画プロデューサーの父と女優の母という芸能一家に生まれたプラマーは、子どもの頃からモデルやテレビドラマで活躍。

2012年の『Not Fade Away』(日本未公開)で本格的に長編映画デビュー以降は、人気テレビドラマシリーズ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」などに出演します。

そして、初主演となる本作の演技が評判を呼び、リドリー・スコット監督作『ゲティ家の身代金』(2017)、リチャード・ギア主演作『冷たい晩餐』(2017)といった注目作に連続抜擢されることに。

また、マーベル映画の「スパイダーマン」の二度目のリブートシリーズでのピーター・パーカー役の最終候補に残るなど、映画界期待のホープとなっています。

余談ですが、本作の劇中でプラマー演じるジャックが好きなアメコミヒーローが誰かを問われるシーンがありますが、そこで挙げたのは、プラマー本人も大好きなキャラクターだったりします。

そして、そのキャラクターが実は、クライマックスにおける伏線にもなっています。

男らしさと子どもらしさが同居する先にあるもの

タバコを吸ったり、好きな女子の気を惹こうと筋トレしたての上半身裸の写真を送ったりと、男らしさをアピールするジャック。

さらに、面倒を見ることになった年下のいとこベンには、いかに自分が大人であるかを誇示しようとします。

実はそうした行動は、“子供らしさ”の裏返しであり、背伸びして大人になろうとしても、むしろ逆効果になります。

背伸びしすぎるジャックの前にあるのは、暴力の連鎖です。

何かにつけていじめられるシェーンによって、ジャックの顔は“かさぶた”というあだ名が意味するように、常に傷跡が絶えません。

しかし、実はそのシェーンも、ジャックの兄トムとの間に何らかの因果関係があることを暗に匂わせます。

監督のフェリックス・トンプソンは、本作に登場する少年たちは、自身が育った環境に居た少年たちがモデルになっていることを明かしています。

子どものいじめは、時として大人よりも陰湿で残酷なもの。

マチズモ的(男性優位)な考えがもたらす怯えと歪みを描く一方で、他人を思いやる気持ちを持つことも大人への一歩となることを、本作では提示します。

スポンサーリンク

異性に対する淡い目覚め

もちろん、10代の少年が主人公の映画ならではのシーンも用意されています。

劇中、ジャックとベンはハリエットら女友たちと「Truth or Dare(真実か挑戦か)」というゲームを行いますが、このゲーム、日本ではあまり馴染みがありません。

ルールは、指名された人が「Truth(真実)」か「Dare(挑戦)」を選び、ここで「Truth」を選べばどんな質問にも正直に答えなければならず、「Dare」だと相手からの命令を実行しなければならないという、いたってシンプルな内容。

しかしながら、欧米ではパーティの場などで遊ばれたり、子どもたちに生きていく上での自意識を芽生えさせる狙いから、教育プログラムの一環として取り入れたりもしています。

このゲームを通して、ジャックは淡い経験をすることになります。

まとめ

映画『キング・ジャック』

“かさぶた”というカッコ良くないあだ名で呼ばれるジャック。

しかし、ケガした皮膚を覆う“かさぶた”もいつかは剥けるように、常に弱くて怯えるジャックの“かさぶた”も、一皮もふた皮も剥けていきます。

終盤での彼に待ち受ける苦難は、大人になるためのイニシエーション(通過儀礼)。

誰しもが共感できるジュブナイルムービー『キング・ジャック』を、お見逃しなく!

『ルーキー映画祭 ~新旧監督デビュー特集~』は2019年9月6日(金)から京都みなみ会館にて開催です。

【連載コラム】『ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第10講「選択すること、あるいは実存の5つの様態:ドラマ『チェルノブイリ』とともに」

講義「映画と哲学」第10講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 (C)Home Box Office 第10講では、映画ひいては物語において不可欠な「選択する」と …

連載コラム

映画『ナイチンゲール』あらすじと感想レビュー。評価が大きく分かれたヴェネチア映画祭での前半30分の衝撃とは⁈|銀幕の月光遊戯 56

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第56回 映画『ナイチンゲール』が2020年3月20日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されます。 『ナイチンゲール』は、19世紀、英国植民地時代の …

連載コラム

松本大樹映画『みぽりん』感想とレビュー評価。“アイドルとは何か”を狂気なボイストレーナーとの恐怖の5日間で描く|サスペンスの神様の鼓動25

映画『みぽりん』は関西での熱狂上映を終え、東京での劇場上映開始。 池袋シネマ・ロサにて、2019年12月21日より公開! こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映 …

連載コラム

SF恋愛映画『メカニカル・テレパシー』感想と考察評価。男女3人のラブストーリーと「心を可視化する機械」とは?|映画という星空を知るひとよ26

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第26回 「心を可視化する機械」に揺れる男女3人の物語を映し出す、映画『メカニカル・テレパシー』。 2004年から大阪を拠点に、映像制作者の人材発掘を行っている …

連載コラム

映画『VAMP』あらすじと感想レビュー。 吸血鬼を新たに日本に蘇らせたコナカブラザーズ|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019①

映画『VAMP』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」オープニング作品として上映! 第6回目となる日本映画界の夏恒例のホラー作品上映イベント …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学